ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

伊勢志摩国立公園 志摩

232件の記事があります。

2021年03月18日令和2年度 伊勢志摩国立公園「子どもパークレンジャー」

伊勢志摩国立公園 小川美代子

 伊勢志摩国立公園管理事務所では、「横山ビジターセンター自然観察会」や「子どもパークレンジャー」などの自然ふれあい事業を行っています。

 3月14日には、コロナ禍のため延期されていた「子どもパークレンジャー」を開催しました。伊勢志摩国立公園の「子どもパークレンジャー」は、①子供たちが生活している伊勢志摩国立公園の特徴やパークレンジャーの活動について知る。②レンジャーと一緒に活動しながら、地域の自然や生きものを調べ、記録する。③活動での発見や気づきを多くの人に伝え、自然を守る仲間を増やす。を目的に実施しています。

 コロナ禍の影響で参加人数は11名でしたが、小学1年生から6年生までの幅広い年齢構成になりました。

まず、国立公園のことやレンジャーの活動ついての話からスタートしました。「今日は、きみたちもレンジャーだよ」と言われて、ちょっと戸惑っている子供もいました。

<レンジャーの話>

 次は、遊歩道を歩いて横山天空カフェテラスへ、グループごと(3グループ)に向かいました。遊歩道には、普段から3つの「自然ふれあいクイズ」が用意されています。この季節のクイズは、「ウラジロとコシダ、伊勢志摩地方のしめ縄の飾りに使われているのはどちら?」「冬に英虞湾にみえる緑色の網は、何を養殖しているの?」「ウバメガシはある名産品の材料だけど、それは何?」です。このクイズをやりながら、横山の自然や英虞湾などについて話をしました。高学年の子供たちにとっては、クイズは簡単だったようで、直ぐに「はい!○○やろ。」「ヒイラギ(しめ縄飾りに出てきた)は節分のときにも使うよ。」と発言していました。

 横山天空カフェテラスでは、伊勢志摩国立公園の位置や自然、英虞湾の地形などの解説をして、一緒に英虞湾の景色を見ました。風の強い日でしたが、天気もよく、英虞湾の奥の方までよく見え、とてもきれいで、しばらくみんなでその景色を見ていました。

<きれいな景色・・・>

 横山展望台へ行った後は、みんなが楽しみにしていたビオトープ周辺での生きもの探しの時間でした。「カエルおるかな。」「カエルの卵を見るのが楽しみ。」と話してくれたり、ズボンが濡れるのも気にせず水に入り、生きものを探してすくったり、「○○がとれたよ!」とうれしそうに報告しにきてくれたりと、楽しい気持ちがこちらにも伝わってきました。

 30分後、バケツには水辺のいろんな生きものが集まりました。

 ホトケドジョウ、クロゲンゴロウ、ヒメゲンゴロウ、ヨシノボリ、カワムツ、アカハライモリ、コヤマトンボやコシボソヤンマのヤゴ、ヘビトンボの幼虫、ヤマトヌマエビなどのエビ、ツチガエル、アカガエルの卵やおたまじゃくし等々。

 室内に戻ったあとは、調査を記録し、伝える時間。まずは、今横山で数を調査しているアカガエルの卵塊一つにどれだけの数の卵があるのかをグループごと、メンバーで助け合って数えました。タピオカみたいな卵を10個ごとに分けて数えます。一番多かったグループは427個でした。その後は、採集したお気に入りの生きものを観察して、その特徴をワークシートにまとめました。どの子供もその生きものの色や形、動きや様子などをよくとらえ、記入していました。最後は、みんなの前で自分の記録を発表!「発表ができない子がいたら・・・」とスタッフで対応を考えていたのですが、その配慮も全く必要なく、みんなしっかり自分の調べたことを発表できました。

<まとめの話>

 気がつくと終了の時間。あっという間でしたが、様々な活動ができ、中身の濃い時間になったように思います。子供たちの感想をもっとたくさん聞くことができるとよかったのですが、その時間もなく、終了となったことが心残りでした。(感想は後日、まとめて聞かせてもらえるそうです。)

ページ先頭へ↑

2021年02月08日アカガエル調査

伊勢志摩国立公園 小川美代子

 伊勢志摩国立公園パークボランティア連絡会では、公園内の自然に関わる調査を実施しています。

 ここ数年来、1月~3月頃には「モニタリングサイト1000里地調査アカガエル調査」を行っています。

 アカガエルの生息には、わき水が流れ込み、冬でも水が涸れることのない田んぼ、カエルの移動を遮ることのない土水路、夏でも気温や湿度が安定した十分な広さの森林というように、水辺と森の環境が連続して存在することが必要です。このため、アカガエル類の生息状況を長期的にモリタリングすることで、水辺や森のそれぞれの広さや連続性を評価することができるそうです。

 今期の調査は1月21日(木)にスタートしました。調査地区は創造の森横山の「しょうぶ園」「ビオトープ」「めだかの学校」の3地区です。各地区で水温、水位を計測し、その後アカガエルの卵塊の個数を数えます。この日は気温が低く、水たまりには氷が残っている状態でした。水温は約2~7度、水位は約3~10㎝、この日はアカガエルの卵塊を見つけることはできませんでした。しかし、ビオトープの梅が開花していたり、メジロが頻繁に木々を行き来していたりと調査の中で春のきざしを感じる機会となりました。

 

<しょうぶ園>            <ビオトープ>

 

<めだかの学校>

 調査はおおむね一週間ごとに行いますので、次の調査は1月28日(木)でした。この日の天気は、今にも雨が降りそうなどんよりとした空、ほとんど風のない日でした。卵塊数を数える際に、重複して数えないように、木の枝に日付をつけた旗を作成し、その旗で卵塊をとめていくのですが、前回が「0」だったので、「40本ほどで十分」と思い用意して調査に臨んだところ、予想を大幅に越える「118」もの卵塊がありました!「一週間の間にこんなに増えるなんて・・・」とあまりの多さにびっくりしてしまいました。長年、中心になってこの調査をしているパークボランティアの方が「雨がふって、暖かい日が続いていたから、きっとたくさん産んでいると思っていたわ。」と話されていました。

 

<アカガエルの卵塊>

 横山で確認できるアカガエルの卵塊は2種類、1つは「ニホンアカガエル」、もう一つは「ヤマアカガエル」です。見た目はほぼ同じような卵塊ですが、卵塊を持ち上げ、崩れなければニホンアカガエル、崩れてしまうものはヤマアカガエルです。見つけた卵塊ひとかたまりずつ、手ですくって判別します。それぞれの場所で産卵するのにお気に入りのところがあり、どうしてこの場所に卵塊が固まっているのだろうと不思議に思いました。

 3回目の調査は2月5日(金)。「あたたかくなる」との天気予報だったので、100本の旗を用意し、調査に臨んだところ・・・なんと「172」。今回も予想を大幅に越え、旗作りもしながら調査を続けました。今回、調査範囲の外にある田んぼにも20もの卵塊があったので、ビオトープに避難させ様子をみることにしました。

<一かたまりずつ確認>

 「ときには、400もの卵塊があったりするのよ。」「今はピークかもしれないね。」とのパークボランティアさんの言葉に、次の調査のときは、少なくとも150の旗を準備して臨みたいと思いました。また、卵塊の中の一つ一つの卵の様子が変化している(卵をとりまく液体が以前より濁り、黒の丸い粒の形が楕円に変わってきました。)ので、それを観察するのが楽しみです。

 調査は3月まで続きます。

ページ先頭へ↑

2021年01月07日しめ飾り

伊勢志摩国立公園 志摩 小川美代子

 伊勢志摩国立公園パークボランティアでは、自然保護に活用するための調査や研究活動を行っています。

 12月には、伊勢志摩地域の「しめ飾り」調査の一環で、しめ飾り作りを行いました。

 しめ飾りは神域や善良な人の家を魔物に示し、近づかないように知らせる印です。

 材料ですが、わら、ダイダイ、アセビ、ユズリハ、ヒイラギ、ウラジロ、シデ(半紙で作った紙の飾り)などです。志摩地方の米の収穫は8月が中心。しめ飾り作りにわらが必要だと気づいたときには米の収穫が終わっていて、確保できるかどうか心配でしたが、パークボランティアが集めてきてくださいました。他にも、ヒイラギやダイダイなども提供していただきました。アセビ、ユズリハ、ウラジロは確認しながら収集したり、シデを作ったりしました。

 伊勢志摩地域のしめ飾りは、横綱と垂れの大きく二つに分かれます。わらをきれいに整えて、横綱として50本程を3束、垂れとして30本程を5束作ります。横綱は3束をねじりながら編み込み、垂れはその横綱につけていくという行程になります。

<横綱>            <垂れ>          <完成>

  

 私は、力まかせに作業をして形がいびつになってしまいましたが、パークボランティアは作り慣れていて、短時間にきれいなしめ縄ができていました。ここまでにおよそ90分、思ったよりも時間がかかりました。

 次は飾り付けです。

 それぞれの飾りにも、意味があることが分かりました。

わら・・・日本人の主食である米に感謝し、豊作を願います。

ダイダイ・・・ユズリハとあわせて「代々ゆずる」。子孫繁栄を願います。

アセビ・・・毒のある葉で魔物をよせつけないようにします。

ウラジロ・・・葉の裏が白いことから、清い心を表します。

ユズリハ・・・新葉が成長してから、旧葉が落ちるので、スムーズな世代交替を祈ります。

ヒイラギ・・・魔物が入らないように葉の鋭いとげで退散させます。

シデ・・・神域であることを魔物に知らせます。

木札・・・家内安全や商売繁盛などを祈ってつける守り札です。

 飾りは、飾る順番が特に決まっているようではありませんが、飾る位置はおおむね決まっていました。ユズリハ、ウラジロ、木札は中央の垂れに、アセビ、ヒイラギは左右の端の垂れに、シデは間の2・4番の垂れに、ダイダイは横綱の太い方から1・2番目の垂れの間、横綱につけます。

 志摩地域は木札に「笑門」が記されているものが多いですが、伊勢鳥羽地域では「蘇民将来子孫家門(そみんしょうらいしそんかもん)」(旅の途中の須佐之男命(すさのおのみこと)に宿を貸して、もてなした蘇民将来の子孫である)と記されたものが多いです。

<ウラジロ>          <ユズリハ(ヒメユズリハ)>   <アセビ>

  

<ヒイラギ>         <木札・蘇民将来子孫家門>

 

 出来上がったしめ飾りは、端がふぞろいだったり、ほつれていたりなどいつも買ってくる既製品とは違っていますが、自分で作ると愛着が生まれるものです。最後に下手な字で木札に「笑門」を書いて仕上げ、自宅の玄関に飾りました。

<完成したしめ飾り>

 年が明けて3日、玄関の戸を開けたら、ヒイラギが落ちていました。「魔物が入り込む・・・」とあわてながら「このしめ飾りで一年間大丈夫だろうか。きちんと玄関についているだろうか。」と不安になりました。実は、この伊勢志摩地域は一年中しめ飾りが玄関などで飾られている風習があり、私の家でもずっとそうしてきました。この先、嵐や台風が来るたび、しめ飾りは大丈夫かなと悩む年になりそうです。

ページ先頭へ↑

2020年12月15日第3回「クスノキ学習」~東大淀小学校出前授業~

伊勢志摩国立公園 志摩 小川美代子

 伊勢志摩国立公園管理事務所では、伊勢志摩国立公園の自然について楽しく体験しながら学べる講座「レンジャー出前授業」を行っています。

 12月8日、伊勢市立東大淀小学校で3回目の「クスノキ学習」を行いました。

 <冬のクスノキ>

 今回はクスノキの冬の様子を観察しました。

 まずは、校庭に出て、5分間各自でクスノキを観察しました。「葉や実、枝や幹は秋と変化したかな?周りに落ちているものはないかな?」と問いかけると、すぐに地面に落ちている実を見つけ、その様子を観察したり、幹の分かれ目に生えているノキシノブというシダ植物の様子を観察したり、クスノキから少し離れて、上の方にある葉っぱを観察したりしていました。今回は、校庭にある他の木も紹介して、サクラのように葉がない時期がある木を「落葉樹」、クスノキのように常に緑色の葉がある木を「常緑樹」ということも話をしました。

 クスノキは夏に剪定し栄養剤を入れてもらったおかげで、秋の観察の際に、春の頃に見られた赤っぽい葉や黄色い若葉を見つけることができましたが、今回(冬)は、緑色が濃くなっていました。黄緑色だった実は、ほとんど黒っぽくなり、地面にたくさん落ちていて、柔らかくなったもの、しょぼしょぼしたもの、堅いもの(これは実の中の種)がありました。

  

<クスノキの実>                <落ちている実を調べる児童>


 教室に戻って、観察したことをまとめた後は、クスノキの「芽」を詳しく観察をしました。色、形、長さ、においを調べたり、うろこのようなものを外側からどんどんはずしてみたりしました。観察し始めた頃はそれほどにおいを感じなかったのに、うろこのようなものをはずしていく都度、「クスノキのにおいやー」とか「くさーい!」「薬みたい」と声が出ました。観察の終わりに、これを「芽」といい、「次の年の葉や花になるんだよ」と話をしました。

<クスノキの芽>

 今回が、今年度最後の出前授業だったので、最後に3回行ったクスノキ学習を振り返り、各季節の変化を確認し合いました。そして、児童からクスノキ学習の感想を聞きました。

 今回学習した「芽」のことやクスノキが「常緑樹」であるということがわかってよかったという感想が多かった中、ノキシノブが生えていることや、クスノキのにおいが虫よけに使われていることを知ることができてよかったという児童もいました。

 学習の始まりに「東大淀小レンジャーとして、くすのきさん(観察したクスノキの大木)のことを調べ、そして、調べたことを記録し、記録したことを周りのみんなに伝え、自然を守る仲間を増やしていこう」と伝えていたので、どの学習の後にも、記録カードを新聞にまとめ、廊下に掲示し、学校の他の学年にも見てもらえるようにしました。

 今回が最後の授業でもあったので、「みんなが調べたことをもっといろんな人に伝えようよ!どうしよう?」と児童に問いかけたら「放送は?」という案が出ました。3回行った学習の内容(クスノキの季節の変化)をまとめ、校内放送で紹介されるかもしれません。(そうなったら、うれしいなあ・・・)

 どうなったかは、学校からの連絡を楽しみにして待ちたいと思います。

ページ先頭へ↑

2020年11月16日第2回「クスノキ学習」~東大淀小学校出前授業~

伊勢志摩国立公園 志摩 小川美代子

 伊勢志摩国立公園管理事務所では、伊勢志摩国立公園の自然について楽しく体験しながら学べる講座「レンジャー出前授業」を行っています。

 10月28日、伊勢市立東大淀小学校で2回目の「クスノキ学習」を行いました。

<10月6日 クスノキ>

 今回は校庭のクスノキの身体測定とクスノキの実の観察が中心の活動でした。

 身体測定ではクスノキの身長(高さ)と木の周りの長さを計測しました。上に伸びるものさしをどんどん伸ばし、一番てっぺんの枝に到着したら、離れて見ていた児童が「ストップ」と合図してくれました。高さは12m55㎝。

 木の周りの長さは、身体尺である「ひろ」(両手を広げ、一方の指先からもう一方の指先までの長さはおよそ身長の長さ)を使って計測してみました。児童が両手を広げ、木の周りを囲みます。5人の児童が計測に協力してくれたので、その児童たちの身長を足してみると7m5㎝でした。

 その後は、クスノキを5分間各自で観察。上の方にある枝を見ている児童、幹にあいた5㎜ほどの穴に棒をつっこんで中を確かめている児童、幹に生えていた草を観察している児童などさまざまでした。

 東大淀小学校のクスノキは夏に剪定をしてもらったおかげで、少しスリム(児童の感想です。)になり、背の高いかっこいいクスノキになりました。また、いろんなところから若葉が生え、枝が以前より元気そうに見えました。この季節(秋)に若葉を見ることができたのは、剪定し栄養剤を入れてもらったおかげだと児童に話をしました。

<10月6日 クスノキの若葉>

 

 次に体育館に入り、実の観察をしました。

 7月に直径5㎜ほどの黄緑色だった実は、今回は直径7~9㎜ほどまで育ち、黄緑が濃くなった実、灰色みたいな実、黒っぽい実などがありました。特に「つぶすとすごくくさい!」そうで、黒っぽい実より、黄緑色の実の方がにおいもきつく、「手についたにおいがとれない!」と言っている児童がいました。実をむいてみる(割ってみる)と中にはタネのようなものがありました。黄緑色の実の中にあるタネのようなものは、黄土色のような色でむきにくい。しかし、黒色の実は、中のタネのようなものが灰色で、むきやすかったそうです。

 観察に時間がかかってしまい、結果をまとめることができずに終了の時間となってしまいました。(また、やってしまいました・・・)次回の学習は、秋の変化を確認してからになります。

<10月6日 クスノキの実>

 今回は、屋外でのクスノキの観察や実の観察を通して、クスノキが7月の頃に比べて変化していることに気づくことができました。

 次回の第3回は12月8日なので、あまり大きな変化が見られないかもしれませんが、さらに観察を継続したいと思います。

 

ページ先頭へ↑

2020年09月19日創造の森横山しょうぶ園ため池の外来植物駆除活動

伊勢志摩国立公園 天満理恵

伊勢志摩国立公園には希少な在来植物が生育していますが、在来植物に悪い影響を与える外来植物も生育しています。そこで、伊勢志摩国立公園パークボランティア活動のひとつとして、希少種の保護と外来植物の駆除をおこなっています。