ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年10月25日白馬五竜高山植物園

中部山岳国立公園 福澤春彦

こんにちは、中部山岳国立公園管理事務所の福澤です。

先日の鹿島槍ヶ岳から五竜岳縦走で遠見尾根を下山しましたが、その際に五竜テレキャビン(ゴンドラ)のアルプス平駅にある白馬五竜高山植物園に立ち寄ることができました。

高山植物園責任者の坪井さんにお会いすることができ、園内を案内して頂きました。

<白馬五竜スキー場のゲレンデ内に造園された植物園>

白馬五竜高山植物園は長野県で初の「(公社)日本植物園協会」加盟植物園で、スキー場のアルプス平パノラマコース上に設園されています。

植物園と坪井さんには環境省も大変お世話になっており、ライチョウ保護増殖事業においてもライチョウの餌となる高山植物の栽培、(公社)日本植物園協会の保全事業として白馬山域における絶滅危惧種の保全、栽培、研究調査にもご協力頂いています。

<手入れ風景>

この植物園は、標高1500mを越えるスキー場の斜面、また白馬山系蛇紋岩の地質から高山植物が好む環境に近い適地だそうです。高山の花のエリアでは、長野県で標高2500m前後に生育するコマクサが見られ、最盛期にはコマクサ通りと名付けられた散策路で淡いピンクの絨毯が間近で観賞することができます。

また吃驚したのは、高低差数メートルの小山の地形を利用して標高3000mまでの植生を再現しているエリアです。その小山の頂上には標高3000mの標柱が建っています。山名は「白馬五竜岳」(有りそうな山名ですが実際はありません)。標柱をよく見ると"3000m相当"と書いてありました。ハイマツ帯があり、その上は森林限界を超えた地帯でイワギキョウ、イワベンケイ、タカネツメクサなど表札が立っていました。この植物園に来れば3000mまで登山した気分になるのは間違い有りません。

<高山の環境を再現した小山>

<標高3000m、相当>

ハイマツ帯にはライチョウも居ました!(ライチョウはくば君)

もう一つの特徴は、絶滅危惧種の栽培です。

北アルプス白馬周辺の限られた場所でしか生育しなくなってしまった植物を環境省と(公社)日本植物園が進める植物保全事業による許可のもと種子を採取し、この植物園で栽培しています。代表的なものは、タカネキンポウゲ、クモマキンポウゲなど。

<絶滅危惧種の栽培>

<様々な希少植物が栽培実験されていました>

このように希少植物の栽培にも実績があり、例えば動物園から餌としての植物栽培を依頼されることもあるそうです。実際、環境省のライチョウ保護増殖事業における餌を資源を確保する面からムカゴトラノオの提供をお願いしています。

<栽培されたムカゴトラノオ>

坪井さんにトラノオの栽培地を見学させて頂きました。そこは植物園を降りた里山にあり、マルチシートが張られた畑に栽培実験が始められていました。

高山植物は高山の厳しい環境でのみ育つと思っていましたが、標高1500mでも地質や斜面や手入れ次第でその環境を再現でき栽培もできることを知りました。

海外の高山植物もエリア化されており、ヒマラヤやヨーロッパアルプスの植物も観賞することができます。

登山しなくとも高山植物が間近に見たい方にはお勧めの場所です。

また遠見尾根を下山される方は是非ともご鑑賞下さい。

植物園は、綺麗な植物を観光客に観てもらう業務と同時に、その地の貴重な植物を保全するための研究も行っていることを知り大変勉強になりました。

坪井さんありがとうございました。

*======================*

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2021年10月25日白山国立公園『刈込池』の紅葉状況は・・・?

白山国立公園 大石佳織

皆さん、こんにちは。
白山自然保護官事務所の大石です。
冷え込む日が続きますが、皆さん、体調を崩されていませんか?暖かくして、風邪などひかないようにしたいですね。

さて、
冷え込みが続いた白山は、1021日に初冠雪したと金沢地方気象台から発表がありました。


(冠雪した白山。1024日勝山市内から撮影)
紅葉前線も山麓へと歩みを進めています。

福井県大野市に位置する刈込池では、もうじき見頃を迎えそうです。
10
15日はまだ色づいていませんでしたが・・・


(刈込池。1015日撮影)

10
21日にはほんのり色づいています。
見頃は今月末くらいからでしょうか???皆さんはどう思われますか?


(刈込池。1021日迫保護官撮影)
池の奥に見えるのは
標高2,128mの三ノ峰です。山頂付近は雲の中ですが、冠雪していますね。雪化粧した山と紅葉の景色はとてもきれいなので、皆さんにも ぜひ見ていただきたいのですが、刈込池で雪化粧した山と紅葉のコラボレーションは毎年見られるわけではありません。今年も池の周りが紅葉する時に、山頂付近が冠雪することを祈りましょう!

なお、紅葉シーズンの刈込池は大変混雑し、週末は渋滞が発生したり駐車場が満車となったりします。アクセスする道路は道幅が大変狭いため、ゆずりあい、スピードは控えめで、十分注意して通行してくださいね。

また、服装についてもご注意ください。刈込池のハイキングコースは、高低差が累積で350mほどあり、足場が悪い場所やぬかるむ場所もあるので、しっかりとしたトレッキングシューズで行くことをおすすめします。標高は1,000mを超えるため、この時期はお天気が良くても日陰や風が吹くと非常に寒いです。さらに、北陸は晴れ予報でも時雨れることがあるので、防寒具や雨具もお忘れなく!

★お知らせ★
刈込池へアクセスする道路の近くには、道の駅「越前おおの荒島の郷」があります。
ここでは1031()
までレンジャー写真展を開催中です!入場・観覧は無料なので、刈込池ハイキングの後は、ぜひお立ち寄りください♪

(チラシ表面)

詳細はこちらの記事をご覧ください。
2021年10月24日 道の駅『越前おおの荒島の郷』でレンジャー写真展開催中!10/31まで。

★刈込池については過去にも紹介しています。こちらもぜひご覧ください★
2020年05月01日 #STAYHOME おうち de 白山国立公園の旅!その1 刈込池

ページ先頭へ↑

2021年10月24日道の駅『越前おおの荒島の郷』でレンジャー写真展開催中!10/31まで。

白山国立公園 大石佳織

皆さん、こんにちは。
白山自然保護官事務所の大石です。

急に寒くなりましたね。
18日は業務で標高2,000m付近まで登りましたが、1,700m付近からササの葉の上に雪がうっすら積もっていました。

(ササ葉の上にうっすら雪。10月18日楽々新道標高1,700m付近で撮影)
21日の朝も通勤途中、雪化粧した白山が見えました。お天気次第ではありますが、三段紅葉(山頂の雪山頂付近は雪、中腹は紅葉、山麓はまだ緑・・・という景色)が見られるカラフルな季節になってきました。

紅葉がだんだんと山を下り始めた白山国立公園が位置する大野市でレンジャー写真展が始まりました。場所は道の駅「越前おおの荒島の郷」、10月21日(木)から10月31日(日)の10日間、開催しています!入場・観覧は無料です。

(チラシ表面)
詳細はコチラ↓↓↓
令和3年度環境省レンジャー写真展開催(10月分)のご案内


写真展会場は、建物中央のメインエントランスを入って右側の「産直コーナー」へ入り、そこから左奥へ進んだところにある「文化伝承室」です。
会場では、白山国立公園、伊勢志摩国立公園、藤前干潟鳥獣保護区で日々奮闘しているレンジャーとアクティブ・レンジャーが、皆さんに見てもらいたい自然の姿を写真に収め、展示しています。

(写真展会場の入り口はこんな感じです。)
山、川、干潟、海、動植物、人・・・写真展に来れば、国立公園や国指定鳥獣保護区のいろんな景色が見られます。


会場である道の駅「越前おおの荒島の郷」はその名の通り、百名山「荒島岳」のふもとにあり、登山口へのアクセス抜群の立地です。施設内にはアウトドアショップもあるので、登山や刈込池などのハイキングの帰りに道の駅に寄って、写真展を見て行くのもいいプランだと思います。

また、大野では今、里芋が旬を迎えています。これがとっても美味しいんですよ♪道の駅内の産直コーナーに並んでいると思うので、写真展を見た後はチェックしてみてくださいね。様々な地元の味を楽しめるフードコート・テイクアウトコーナーもあるので、お腹が空いていても安心です。
道の駅「越前おおの荒島の郷」へお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね!

ページ先頭へ↑

2021年10月21日紅葉のさなかに雪化粧

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

標高約1,500mにある事務所周辺では紅葉がまだ見頃です。

しかし、10月21日朝にうっすらと積雪がありました。

雪は、事務所辺りでは気温の上昇とともに溶けましたが、午後になっても標高の高い所や標高が低くても日当たりの悪い所などでは残っています。

<10月21日の午前と午後の写真。左は午前8時30分頃、右は午後2時30分頃に撮影。右側の東館山のスキーコースのうち標高の高い所は雪が残っているので白く見えます。>

さて、この日は、標高約1,880mの四十八池湿原近くにある公衆便所で閉所作業を行いました。積雪前のつもりでこの日に設定したのですが、結果、このような天気での作業になりました。

来春(例年6月中旬)までこのトイレは使えなくなります。

<作業を終えた帰路で午後1時30分頃に撮影。積雪はくるぶしまで届かない程度です。北斜面の雪は溶けませんでした。写っているのは作業関係者。>

さて、志賀高原の紅葉の状況です。

標高の高い所にある横手山(標高2,307m)や渋峠(標高約2,170m)では、色あせ始め、散り始めになっています。

渋峠を通過する国道292号は、先の週末辺りから積雪凍結による通行止めとなることが多くなりました。これからの時期に渋峠を経由して志賀高原にお越しになる際は、気象情報や道路情報を確認して、必要に応じて冬用タイヤの装着やチェーンを携行し、気を付けてお越しください。

四十八池湿原でも紅葉が散りきらないうちに今日の降雪となりました。早い時期の降雪なので、今後いったん溶けるだろうと思います。

<四十八池湿原。木道にも雪。池塘(池の中の水たまり)の水は凍っています。>

標高約1,500mにある蓮池では紅葉が見頃です。

<雨風により落葉してしまった木もあるのですがまだ見頃だと感じます。中央奥に見える焼額山の山頂部は白く見えるので、雪は溶けなかったようです。事務所の駐車スペースから蓮池を望む。>

さて、志賀高原及びその周辺へのアクセス道路の冬季閉鎖情報が発表されています。

11月上旬から中旬にかけて冬季閉鎖が行われます。長野県側の道路の冬季閉鎖の詳細は次のサイトをご覧ください。

主な道路では、国道292号の「山ノ内町陽坂から群馬県草津町天狗山ゲートまで」の区間が「11月12日(金)13時から」冬季閉鎖されます。冬季閉鎖解除は来年4月22日(金)10時の予定です。

長野県北信建設事務所<https://www.pref.nagano.lg.jp/hokuken/doro/20191014.html>

長野県須坂建設事務所<https://www.pref.nagano.lg.jp/suzakaken/doro/heisa.html>

栄村<http://www.vill.sakae.nagano.jp/docs/964.html>

【環境省の報道発表資料から】

「日本の国立公園フォトコンテスト2021」が開催されます。

・国立公園ならではの景観・環境や地域の伝統文化が伝わる写真など、魅力あふれる情景を募集します。

・期間は、令和3年10月15日(金)から令和4年1月13日(木)までです。

・受賞された方には特典をお送りいたします。

・過去に撮影した作品も募集しておりますので、多くの方の御応募をお待ちしております。

応募方法等の詳細は次のサイトをご確認ください<https://nationalparks.tokyocameraclub.com/contest2021/>

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、引き続き、「三つの密」を徹底的に避ける、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」及び「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染対策の実施をお願いします。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ