ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

上信越高原国立公園

115件の記事があります。

2019年10月09日志賀高原の紅葉 始まっています

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

標高1,500mにある志賀高原自然保護官事務所の周りでも、紅葉が始まっています。

<事務所から東館山(ひがしたてやま)を望む。山の標高の高いところではダケカンバが少し黄色くなり、冬でも色が濃い緑のままの針葉樹との色の違いがはっきりし始めました。2019年10月9日撮影。>

<左の山頂から白っぽい帯状に伸びるのがスキーコース。スキー場のオープンを控えてコースの下草刈りが終わっています。>

<一沼(いちぬま)です。低木の赤色が目立つ紅葉スポットです。多くの方が撮影に訪れていました。この左手の車道沿いの歩行者用通路にも多くの方がいました。2019年10月9日撮影。>

<蓮池(はすいけ)です。事務所の目の前に広がる池です。低木の赤色が目立ち始めています。高木は少しずつ色づき始めています。>

<蓮池は、駐車場や「山の駅」に隣接しているので鑑賞しやすい場所です。「山の駅」は食事、売店、休憩などに利用できます(水曜日休み)。また、バスターミナルなのでバス利用でも鑑賞しやすい場所です。2019年10月9日撮影。>

一番赤く色づいていたのは事務所の空き地にあるヤマブドウでした。2019年10月9日撮影。

志賀高原の紅葉は、まだ始まったところです。紅葉を見に志賀高原へお出かけください。

そして、国立公園である志賀高原の自然と風景を楽しんでください。

志賀高原へのアクセスや紅葉情報などは志賀高原観光協会のページをご覧ください。

<https://www.shigakogen.gr.jp/>

なお、アクセスで国道292号をご利用の場合、次のページで道路状況を確認の上お出かけください。<https://www.facebook.com/gunma.R292>

ページ先頭へ↑

2019年10月08日TSUMAGOI Hoku! Hoku! Marché, 大盛況!

上信越高原国立公園 万座 小林 直樹

嬬恋村は日に日に秋が深まってきており、山の上の方は木々の葉が色付きはじめています。

そんな穏やかな日曜日、鹿沢インフォメーションと鹿沢園地で嬬恋村主催のイベント

TSUMAGOI Hoku! Hoku! Marché」(嬬恋ほくほくマルシェ)が開催されました!

嬬恋村では大学等と連携して農業と観光を基軸にした地域づくり事業として昨年

「キャベツーリズム研究:キャベツ(農業)×観光(ツーリズム)の造語」を立ち上げました。

キャベツーリズム研究会は、農業、観光業、商業、地域おこし協力隊、地域づくり団体など

さまざまな関係者で構成されており、環境省万座自然保護官事務所も参加しています。

昨年この研究会でメンバーから「マルシェ」イベントのアイデアが出されたこと、

そして今年は上信越高原国立公園が制定から70周年の年でもあること。

これらが合わさって、国立公園内の環境省施設である鹿沢園地を舞台に、

ここの豊かな自然と地域のさまざまな魅力をPRするイベントが初めて開催されることとなりました。

【マルシェのポスターとエントランスのデコレーション】     

 

会場では出店者がそれぞれ自慢の食品や農産品、その他商品をテントやキッチンカーで販売します。

同時に鹿沢インフォメーションセンター内では、上信越高原国立公園や吾妻郡の写真展を開催。

また、環境省レンジャーとパークボランティアによる園地内ガイドウォーク、

オリエンテーリングやクラフトなども行われ、鹿沢園地全体を楽しめる内容となっています。

来場者にはもれなくジャガイモが配られ、その場で焼いてじゃがバターにしてほくほく食べるもよし、

そのまま持ち帰ってもよしということで好評でした。

【キッチンカーやテントを使った出展】  

  

【インフォメーションセンター内の写真展】   【園地内をガイドするパークボランティアと参加者】

  

来場者は子どもからお年寄りまで様々で、地元の方もいれば遠方から来られた方もいて

鹿沢園地は今までにないほど大賑わいとなりました。

フリーテントサイトにはラグやハンモック、白樺の丸太のベンチなどを配置したので、

ここで食べたり寝たり読書したりと、みなさん思い思いにこの鹿沢の自然を楽しんでいました。

【屋外で読書を楽しむ子どもたち】        【屋外でくつろぐ人々】

  

そして会場の各地では、アイリッシュ・ミュージックバンドのライブ演奏が行われ、

屋外での素敵な演奏に来場者は聴き入っていました。

【アイリッシュ・ミュージックのライブ演奏と観客】

結局、朝から続々とお客さんが訪れ、1日で約500人の方に来ていただくことができました。

地元の方から「こんな素敵な場所があったなんて初めて知ったわ」と言われるなど、

なかなか認知されていない国立公園の魅力を知っていただくきっかけにもなったようです。

今回は、国や村といった行政だけでなく農家さんや主婦、宿泊業者や飲食店、デザイナーなど、

普段の仕事上ではあまり関わりの少ない人達や年齢の異なる人達が集まって知恵を出したことで、

この地域に新鮮な風を吹き込み活気が生まれたのではないかと思います。

キャベツーリズム研究会では来年度以降も引き続きイベントの開催を計画しています。

ぜひ今後もみなさんに地元の自然や国立公園を活用していただきたいです!

※鹿沢インフォメーションセンター http://www.kazawa.jp/

※嬬恋ほくほくマルシェ https://www.vill.tsumagoi.gunma.jp/soshiki/sogoseisaku/hokuhokumarche.html

ページ先頭へ↑

2019年09月04日米子大瀑布への道路 通行止め(9月9日から9月13日)

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

須坂市の米子大瀑布(よなこだいばくふ)へのアクセス道路で、落石防護網の設置作業が行われます。これに伴い9月9日(月)から9月13日(金)までの期間は通行止めとなり、米子大瀑布へは行けなくなります。ご注意ください。

詳細は須坂市観光協会のページをご覧ください。

また、このことについてのお問合せは須坂市役所道路河川課農林道係(026-248-9006)へお願いします。

<https://blog.suzaka.jp/kanko/2019/08/28/p36790>

米子大瀑布は2019年7月5日の記事でも紹介しましたが、

上信越高原国立公園の見どころの一つで、「日本の滝100選」に選ばれており、また、「米子瀑布群(よなこばくふぐん)」という名称で国の名勝に指定されています。

不動滝(落差85メートル)と権現滝(落差80メートル)の2滝がメインです。

10月中旬から下旬は紅葉の時期です。どうぞお出かけください。

紅葉の時期やアクセスの案内は、須坂市のページをご覧ください。

<https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/item.php?id=59630d66466f0>

ページ先頭へ↑

2019年08月28日志賀高原 池めぐりコース工事中。通行可能です。

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

志賀高原の「池めぐりコース」で歩道の工事が行われています。

しかし、通行できますのでご安心ください。

今回の工事区間は、前山リフトの山頂駅から四十八池湿原方面に約500m行った辺りで、渋池を過ぎた辺りから始まります。

工事の目的は、雨水が歩道を流れる状態を解消するためです。

下の写真は今回の工事区間の一部です。

写真の下のほうに歩道を横切るよう設置してある丸太は水切工(みずきりこう)と呼ばれるもので、もともと溝状になっており、左上のほうから流れてきた水を受け止め、歩道外に出す役目をしていました。しかし、現状では土砂に埋まって機能していないため、水はそのまま歩道を流れ下っています。

池めぐりコースの工事区間の一部

<令和元年6月11日撮影。最寄りのアメダス観測所「笠岳」で前日に21ミリの降水量が観測された。>

上の写真でもう一つの問題は、この水切工に流れてくる水量が多いことです。

写真の左上のほうでは流れにより土砂が流されて、流路ができているようにも見えます。この上流にも水切工を作ることが計画されています。

8月27日は四十八池公衆便所の点検のために工事区間を歩きました。

油圧ショベル(バックホウ)と小型クローラーで、既設の丸太などを撤去する作業が行われていました。

機械による作業が行われている際には、機械の脇を通る形になりますが、利用者の安全を第一に作業が行われるので、安心して通行ください。

なお、雨の後は多少ぬかるむかもしれませんのでご注意ください。

工事区間のおおよその位置です。

池めぐりコースの工事区間の位置図

<前山リフトの営業は10月20日までですが、火曜日と水曜日は運休です。しかし、リフトを使わなくても上の地図の赤線のように前山リフト山頂駅まで行けます。>

ページ先頭へ↑

2019年08月11日上信越高原国立公園指定70周年イベント、篭ノ登山登山

上信越高原国立公園 万座 小林 直樹

山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する祝日「山の日」である8/11、

鹿沢インフォメーションセンター主催の上信越高原国立公園指定70周年イベント

「篭ノ登山(かごのとやま)登山」にサポート・スタッフとして参加しました。

篭ノ登山は、浅間山の西に位置する標高2,227mの山です。

数日前に浅間山が小規模な噴火をしましたが、人や建物に被害はなく、

篭ノ登山は浅間山の火口から6kmほど離れており、噴火の影響はなく安心して登れます。

各地から計8名の方々に参加いただき、数名のパークボランティアの方がサポートしました。

【出発前の開会式】

登山前にウォーミングアップとして登山口近くの池ノ平湿原を散策します。

池ノ平湿原は標高2,000mに位置する湿原で、この時期は様々な高山植物や

高山蝶を見ることができます。

【ヤナギランやニッコウキスゲなどの高山植物が見頃】

【スタッフのインタープリテーションを聞きながら散策を楽しむ参加者】

湿原散策の後は、登山口から東篭ノ登山の山頂を目指して本格的な登山開始です。

樹林帯から岩場、そして急登を登ります。

【カラマツの樹林帯】

【岩場の登山道】

天気もよく、麓の景色もよく見えます。

時折吹く風も爽やかです。

そして最後の急登を登り切ると東篭ノ登山の山頂に到着!

登山口から約1時間の登り、お疲れ様でした。

【山頂での記念撮影】

山の日ということもあって山頂は大賑わいでした。

【賑わう山頂】

山頂でゆっくり昼食をとり、下山は来た道を引き返して

昼過ぎに全員無事登山口に到着しました。

浅間山の噴火警戒レベルは3なので、前掛山や黒斑山などは立入禁止ですが、

篭ノ登山、湯ノ丸山、高峰高原など周辺地域は通常通り楽しんでいただけます。

詳しくは、気象庁や各自治体のHPをご確認ください。

http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/306.html

皆さんも夏の登山や高山植物観察にぜひ訪れてみてください!

、「に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」

ページ先頭へ↑

2019年08月02日公園区域と地種区分の境界線をハンディGPSで表示する

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

作業メモです。

タイトルからは省内向けのように感じるかもしれませんが、登山ルートをハンディGPSに取り込んで、現地で利用したい方も参考になるはずです。

また、ハンディGPSではなく、登山用のGPSアプリを入れたスマホでの表示という応用もできると思います。

左は公園計画図。これに書かれた公園区域と地種区分の境界線をハンディGPSで表示します。

右は作業を行い、左の図と同じ場所をハンディGPSで表示しました。地種区分の境界が赤い線で表示されています。

地種区分の境界線をハンディGPSで表示した例

<場所は志賀高原地域の魚野川源流域です。ハンディGPSの北が画面上向きではなく少しずれているので、GPSで表示された線が傾いて見えます。>

■注意

この記事は情報提供が目的です。作業を推奨するものではありません。

■準備

○用いるソフトウェア

・QGIS(QGIS Development Teamによるオープンソースのフリーソフト。ライセンスはGPL。)

・カシミール3D(DAN杉本によるフリーソフトウェア。Windows用。)

○公園区域及び地種区分のshp(シェープ)ファイル

○ハンディGPS

○ハンディGPSとカシミール3Dをインストールした端末をつなぐケーブル(ハンディGPSに付属のもの)

■作業概要

次の3段階の作業からなります。

A.QGISでshpファイルをgpxファイルとして書き出す

B.カシミール3DでgpxファイルをハンディGPSにアップロードする

C.ハンディGPSでgpxを表示させる

(参考)

登山ルートをハンディGPSで表示する場合は、

Aの作業の代わりに、登山ルートのgpxファイルを、山行記録の載っているサイトなどから入手した後に、

B、Cの作業を行います。

■作業手順

A.QGISでshpファイルをgpxファイルとして書き出す

1.QGIで地理院地図を表示させる

①「QGIS 地理院地図」で検索して、そのサイトを参考に作業してください。

②表示させたい地域の辺りを画面に表示させる。

2.公園区域及び地種区分の境界のshpファイルを表示させる

①[レイヤ]-[レイヤの追加]-[ベクタレイヤの追加]をクリック。

②「データソースマネージャー|ベクタ」ウインドウが開く。

→ファイルのある場所を指定→ファイルを指定→「開く」をクリック。

③「ベクタデータセット」の枠内に、指定したファイル名が表示される。

④「追加」をクリック

⑤「閉じる」をクリック。

⑥表示したい地域が画面に表示される。

⑦必要に応じて不要部分を消す。

3.shpファイルの座標系の変更

①「レイヤ」の「保護規制区域」を右クリック→「プロパティ」をクリック。

(2②の作業で「保護規制区域.shp」を開いたため「保護規制区域」という名を使う。)

②「レイヤプロパティ」ウインドウが表示される。左端の上から2つ目「ソース」をクリックし、「ソースの座標参照系の設定」の内容を確認する。

 「WGS84」以外の場合は、③以降の作業を行う。「WGS84」の場合は作業不要。

③上のウインドウを「キャンセル」で閉じる。

④「プロセッシング」をクリックすると、「プロセッシングツールボックス」が開く。

 検索窓で「再投影」と入力→「レイヤの再投影」をダブルクリック

⑤「レイヤの再投影」ウインドウが開く。

・「入力レイヤ」は「保護規制区域」が自動入力されている。

・「変換後のCRS」は「WGS84」を選ぶ。▼で出るメニューにない場合、その右のアイコンを押して、「フィルター」で「4326」と入力すると「WGS84」が出るのでダブルクリック。

・「実行」をクリック。

4.shpファイルのポリゴン→ラインの変換

①[ベクタ]-[ジオメトリツール]-[ポリゴンを線に変換]をクリック。

②「ポリゴンを線に変換」ウインドウが開く。

・「線レイヤ」の右のアイコンをクリック→「ファイルに保存」をクリック。場所とファイル名を指定→「保存」をクリック。

・「実行」をクリック→「閉じる」をクリック。

5.shpファイルをgpxに変換

①[線レイヤ]を右クリック。[エクスポート]-「地物の保存」をクリック。

②「ベクタレイヤを名前を付けて保存」ウインドウが開く。

・「形式」は「GPX」

・ファイル名と保存場所を指定。

・GPX_USE_EXTENSIONSを「YES」

・RORCE_GPX_TRACKSを「YES」

→「OK」をクリック

③指定したフォルダを開いて、gpxファイルが保存されていることを確認する。

B.カシミール3DでgpxファイルをハンディGPSにアップロードする

1.カシミール3Dで地理院地図を表示

①[ファイル]-[地図を開く]で、「地図を開く」ウインドウが表示される。

②「地理院地図(新版)」から「地理院地図(新版)レベル10」くらいを指定して、「OK」をクリック。(数字が大きくなると詳細な地図になる。)

2.カシミール3Dでgpxファイルを表示

①gpxファイルが保存されたフォルダを開く。gpxファイルをクリックアンドドラッグし、カシミール3Dの画面にドロップする。

3.カシミール3Dでトラックの名前を編集

①[編集]-[GPSデータ編集]で、「GPSデータエディタ」ウインドウが開く。

②「トラック」をクリックすると、たくさんのgpxファイルが表示される。

③名前を編集する。名前のところを長押しすると編集できるようになるので適当な名前に変える。

今回は特別地域については「地種区分+地区名」とし、普通地域については普通+通し番号とした。

④すべてのトラックの名前を変更したら、「ctrl」と「A」の同時押しで、すべてのトラックを選択する。

→トラック名のところがすべて青地に白文字に変わる。また、画面上の地種区分線が点滅する。

⑤「GPSデータエディタ」ウインドウの[ファイル]-[選択したGPSデータの書き出し]で「GPSファイルに部分書き出し」ウインドウが表示される。保存する場所とファイル名を指定して、ファイルの種類が「GPX」になっていることを確認して、「保存」をクリック。

⑥「GPSエディタ」ウインドウを閉じる。

⑦[ファイル]-[閉じる]-[GPSファイル]と進み、ファイルを閉じる。

・「GPSデータファイル(GDB)を保存しますか?」は「いいえ」でよい。

→地理院地図だけが表示されている状態になる。

4.gpxファイルをハンディGPSにアップロード

①ハンディGPSと端末をケーブルでつなぐ。

② B3⑤で保存したgpxファイルをダブルクリックし、カシミール3Dで開く。

③[通信]-[GPSへアップロード予約]-[すべて]で、「アップロード/ダウンロードリスト」ウインドウが開く。

④[アップロード]-[トラックデータ]と進む。

⑤「○○との通信」ウインドウが表示される。(○○にはGPS機器メーカーの名前が入る)

※使用している機種に応じて設定する。

→「開始」をクリック

→ファイルがコピーされた

⑥次のメッセージが出る。

「転送を完了しました。GPSのUSBケーブルをはずして、GPSの電源を入れ直してください。電源を入れたときにGPSのデータが更新されます。」

 →「OK」をクリック

⑦「アップロード/ダウンロードリスト」ウインドウを閉じる。

⑧カシミール3Dを閉じる。

⑨ケーブルを抜く。

C.ハンディGPSでgpxを表示させる

※使用している機種で多少の違いがあるかもしれない。

①ハンディGPSを起動する。起動に時間がかかるかもしれない。

②「軌跡管理」を押すと、アップロードしたデータの一覧が表示される。

③まず試しに一つのファイルで次の作業

・ファイルを選択

・地図上に表示を押す

④GPSの地図を確認する。

(表示したい線が現在地から離れている場合、画面には公園計画図が表示されていないように見えるかもしれないが、カーソルを公園計画図のある場所のほうに移動すると、公園計画図が見えてくるはず。)

⑤ハンディGPSで表示されていれば、すべてのファイルについて②、③の作業を行う。

ページ先頭へ↑

2019年07月29日赤とんぼの避暑

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

標高1,500mにある事務所の周りには、トンボがたくさんいます。

アキアカネという名前のトンボです。

事務所で撮影したアキアカネの写真

<事務所の駐車スペースで撮影。>

アキアカネは、赤とんぼと呼ばれる体の色が赤いトンボの仲間です。

初夏に標高の低い所で羽化した成虫は、7月から8月の夏の盛りの時期には標高の高い涼しい所に移動して、秋になると標高の低い所に下りていきます。

標高の高い所にある志賀高原は、アキアカネにとって格好の避暑地になっているようです。

さて、写真を見て不思議に思うことがありますよね。

「赤とんぼのはずなのに、体の色が赤くない!」

メスや、未成熟のオスは、写真のように地味で黄色っぽい色をしているとのこと。

皆さんも、志賀高原に避暑に来られてはいかがでしょうか。

そして、国立公園である志賀高原の自然と風景を楽しんでください。

志賀高原へのアクセスは志賀高原観光協会のページをご覧ください。

https://www.shigakogen.gr.jp/access/index.php

ページ先頭へ↑

2019年07月24日夏休みは志賀高原へどうぞ、いろいろ楽しめます。

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

夏休みは国立公園でいろいろなイベントが行われます。上信越高原国立公園へどうぞお出かけください。

宿泊すると、より楽しめると思います。

志賀高原自然保護官事務所の担当している市町村の国立公園区域で、夏休み期間に行われる主なイベントを紹介します。

■山ノ内町

志賀高原 天空フェス(予約必要)

「志賀高原 天空フェス」が8月から9月にかけて行われます。

夏休み中では8月31日(土)に熊の湯で開催されます。リフトで標高1,960mまで上り、夜景と星空観察をします。レジャーシートが用意されているので寝そべって夜空を楽しめるようです。下山後にワークショップが行われる予定です。

(詳細は志賀高原観光協会のページをご覧ください。)

志賀高原カレッジコンサート

志賀高原には音楽合宿のため大学生が訪れます。成果発表の場としてカレッジコンサートが毎年開かれています。場所は志賀高原総合会館98です。

<日時と団体>

第1回 8月10日(土) 16:30開演 慶應義塾大学ウインドアンサンブル

第2回 8月13日(火) 16:30開演 東邦音楽大学フルートオーケストラ ベルソナ

第3回 8月19日(月) 19:30開演 早稲田吹奏楽団

第4回 8月22日(木) 16:30開演 國學院大學フォイエル・コール混声合唱団

第5回 8月30日(金) 16:30開演 東京工業大学管弦楽団

第6回 8月31日(土) 16:30開演 東洋大学管弦楽団

(詳細は山ノ内町のページをご覧ください。)

大蛇祭り

8月24日(土)と25日(日)に志賀高原蓮池の周辺で開催されます。

志賀高原の大沼池(おおぬまいけ)に棲むといわれる大蛇と黒姫の物語をモチーフにしたお祭りです。大沼池での入魂祭のほか、花火、ミス志賀高原コンテストなどが行われます。

大沼池はエメラルドグリーンの水面が特徴の志賀高原で最も大きな池です。

■須坂市

破風高原の大自然と高山蝶ベニヒカゲに会おう(事前申し込み必要。定員になり次第締め切り)

8月10日(土)に開催されます。五味池破風高原(ごみいけはふこうげん)で高山植物と高山蝶ベニヒカゲなどを観察しながら、片道1時間程度の山道を歩きます。

(詳細は須坂市のページをご覧ください。)

■野沢温泉村

ナイトゴンドラツアー

ゴンドラで標高高1,400mまで上り、夜景と星空観察をします。

開催日は、7月27日(土)と8月は3日(土)、10日(土)、11日(日)、12日(月)、17日(土)、24日(土)。

(詳細は野沢温泉スキー場のページをご覧ください。)

これらのイベントに来られる際に、国立公園の景観や自然も楽しんでください。

志賀高原のトレッキング

志賀高原には多くの池や湿原があり、それらを巡るトレッキングコースがあります。また、多くのコースがあるので、体力・技術や時間に応じてコースを選ぶことができます。ガイドと一緒に歩くと、志賀高原の自然をより楽しめるかもしれません。

(詳細は志賀高原観光協会のページをご覧ください。)

志賀高原石の湯のホタル観察

「石の湯のゲンジボタル」は、日本で最も標高の高い所で発生するホタルです。見頃は7月から8月上旬で、それ以降は数が少なくなりますが観察できます。

(詳細は志賀高原観光協会のページをご覧ください。)

今年(2019年)は、上信越高原国立公園が1949年に指定されてから70周年を迎えます。記念の年に上信越高原国立公園にお出かけください。

大蛇神社に関係のある大沼池の写真

<大沼池。今回の水の色はコバルトブルーです。2019年6月11日撮影。写真中央の奥に見える鳥居は大沼池の大蛇神社の鳥居です。>

ページ先頭へ↑

2019年07月23日須坂市などで写真展開催中

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

長野県須坂市で「上信越高原国立公園70周年記念写真展」を開催中です。

 場所:須坂駅前ビル2階 市民ギャラリー

 期間:8月9日(金)まで。休館日なし。

 観覧時間:9時から17時まで

須坂駅前ビルで写真展を開催しています

須坂駅の改札から会場のある建物を写した写真

<須坂駅の改札を出たら観光案内所を目指してください。写真展の会場も同じ駅前ビル2階で、観光案内所の奥にあります。改札は2階にあるので階下に下りずに歩道橋を渡り、正面の建物の2階入口からお入りください。民間の会社名はぼかしてあります。>

今年(2019年)は、上信越高原国立公園が1949年に指定されてから70周年を迎えます。これを記念して、公園に関係する市町村で写真展を行っています。

7月から8月にかけては、須坂市のほかにも次の場所で開催しています。

■長野県上田市の「上田市菅平高原アリーナ」8月19日まで

■新潟県津南町の「津南町役場」8月16日まで

展示している写真は各会場で同じものなので立ち寄りやすい会場でご観覧ください。

なお、写真展についての問合せは開催会場ではなく、環境省信越自然環境事務所(電話026-231-6570)へお願いします。

ページ先頭へ↑

2019年07月19日志賀高原のニッコウキスゲが見頃です

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

7月10日の記事の続報です。ニッコウキスゲが見頃になっています。

ニッコウキスゲは志賀高原のいろいろな場所で見ることができます。

この記事では、群生して咲く場所の中でも、歩く時間が短くて観察できる場所を紹介します。

ここで紹介する以外にも、スキー場のゲレンデなどでニッコウキスゲの群生を見ることができます。

■丸池付近のスキー場のゲレンデ

見頃の状態が続いています。

ニッコウキスゲは花が複数あり順々に咲いていくので、一つの株で長い期間花が咲いています。このため、現在も見頃です。

■蓮池付近のスキー場のゲレンデ

国道292号の蓮池の交差点を草津温泉方面へ進んですぐ右側です。国道292号脇の駐車スペースがニッコウキスゲの咲くゲレンデに接しています。

蓮池スキー場でもニッコウキスゲが見頃です。

■田ノ原(たのはら)湿原(しつげん)と木戸池(きどいけ)の間の丘の斜面

遠目にも咲いているのが分かるくらい咲いています。

上の場所から国道292号をさらに草津方面へ進みます。田ノ原湿原側にも、木戸池側にも駐車スペースがあり、ともに15分ほど歩きます。

田ノ原湿原でもニッコウキスゲが見頃です

<田ノ原湿原側の斜面に咲くニッコウキスゲ。ニッコウキスゲの群生は丘の上まで続く。遊歩道(自然探勝コース)が丘の向こうの木戸池に通じている。>

■前回紹介した場所のうち次の場所は、確認していません。改めてお伝えします。

・高天ヶ原地区、一の瀬地区

・東館山(ひがしたてやま)高山植物園(こうざんしょくぶつえん)

上信越高原国立公園は今年(2019年)国立公園に指定されて70周年となります。

記念の年に上信越高原国立公園へお出かけください。

志賀高原でニッコウキスゲの見られる場所

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ