ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

中部山岳国立公園 上高地

124件の記事があります。

2018年05月14日新緑@上高地

中部山岳国立公園 佐藤怜子

上高地にも一足遅れて新緑の季節が訪れました。

ヤナギの若葉、カラマツの若葉、シラカバの若葉、みなそれぞれ違います。

足を止めてゆっくり見てみると素敵な発見があるかもしれません♪

【カラマツの若葉】

【ケショウヤナギの若葉】

【シラカバの若葉とカラマツの若葉の窓~穂高を望む~】

【若葉の道~その先には焼岳~】

木々の緑を眺め、鳥のさえずりを聞き、ゆったり上高地を散策するのもいいですね☆

ページ先頭へ↑

2018年05月10日上高地で「アクティブ・レンジャー写真展」開催中!

中部山岳国立公園 佐藤怜子

上高地では、木々が徐々に芽吹き始めました。

連休は終わりましたが、本日も河童橋周辺はにぎわっておりました!

さて、新緑の季節を迎えつつある上高地で「平成30年度アクティブ・レンジャー写真展」を開催しております。

美しい景色や植物に加え、我々の仕事の様子を伝える写真やパネルを40点ほど展示しています。

【展示会場の様子】

【来場者の様子】

写真についてお話されながら、ゆっくりと見て下さる方もいます。

開催者としては嬉しいかぎりです(^^)

【クイズも人気です】

写真の他に、上高地に関係するクイズコーナーを設けました。

この日は、仲良し兄弟がクイズに挑戦していました! 全問正解したかな?!

〔会場〕上高地インフォメーションセンター2階

〔会期〕4月23日~5月27日(無休)8:00~16:00

新緑と併せて、写真展を楽しみに上高地へ遊びにいらして下さいね☆

ページ先頭へ↑

2018年04月27日50回目を迎えた上高地開山祭

中部山岳国立公園 佐藤怜子

上高地よりこんにちは。

今日は、第50回上高地開山祭の様子をお伝えいたします。

平成30年4月27日、第50回上高地開山祭が執り行われました。

今年は第50回記念ということもあって、例年に増して賑わっているように感じました。

【アルプホルンの演奏と賑わう河童橋のたもと】

【穂高連峰に向かって祝詞をあげる】

【環境省信越自然環境事務所長あいさつ】

信越自然環境事務所長のあいさつでは、我々の着用しているレンジャー服(緑色)のことや、仕事についての紹介がありました。みなさん、緑色の服(※胸元に「Ranger」と「環境省」の文字があります)の人を見かけたら「あれが、レンジャーだな!」と思って下さい。また、お気軽にお声がけ下さいね。

【開山祭後の穂高連峰】

まさに "日本アルプス発祥の地" に相応しい!!

今シーズンも皆様の安全を願います。

山や自然に感謝。 訪れて下さる皆様に感謝。 上高地関係者や地元の人々に感謝。

これから、徐々に上高地の花々が咲いていきます。

もうじきニリンソウの見頃を迎えます。愛らしいニリンソウの咲く上高地を散策してみてはどうでしょうか。

ページ先頭へ↑

2017年12月06日山岳フォーラム

中部山岳国立公園 上高地 関根陽太

こんにちは。

先日、松本市内で開かれた山岳フォーラムに出展してきました。

    

環境省ブースのテーマは、

「生きものや自然、国立公園に親しもう!」

    

触れる剥製や折り紙、塗り絵、貴重な映像など、盛りだくさんの内容。

  

   

クマ、キツネ、テンの剥製を気に入った子は何度も何度も触りに来ていました!

   

触れる剥製

   

大好きになった動物の塗り絵も夢中でぬりぬり。

解説写真をじっくり見る子もいました。

   

塗り絵コーナー

    

塗るだけでなく、スタンプも押しちゃいます。

このスタンプ、佐藤ARと丸山ARの手作りです!

   

   

塗り絵完成

  

今度は、自然があふれる国立公園に遊びに来てくださ~い!

ページ先頭へ↑

2017年11月24日*上高地ROは冬期閉所中*

中部山岳国立公園 佐藤怜子

大野田よりこんにちは。

上高地の閉山に伴い、上高地自然保護官事務所(上高地RO・・・Ranger Office)は冬期閉所いたしました。

それに伴い、上高地ROで働く我々は、松本自然環境事務所が勤務地となります。松本自然環境事務所のある場所が松本市安曇大野田という地区なので、冒頭の"大野田より"になるわけです。

前置きが長くなりましたが、11月16~17日の閉所の様子をお知らせします。

16日は前日から降り続いた雪で、すっかり冬景色の中、閉所に向けた作業を行いました。

【河童橋にて *雪* 】            【雪の積もった園路】

  

翌17日は晴。こんな良いお天気では、閉所して下山することに対してますます後ろ髪を引かれる思い。

【河童橋からの景色】

【上高地RO(インフォメーションセンター)を振り返る】 【閉所日の大正池を目に焼き付けて・・・】

           

「今年度お世話になりました」という気持ちを込めて掃除を行い、「来春、無事に上高地に春が訪れること」を願い上高地ROを閉めました。

今シーズン共に働いた全ての皆様に感謝。自然に感謝。

また、冬期期間中の上高地利用については注意事項がございますので、ご確認下さい。

リンク:http://chubu.env.go.jp/nagano/mat01.pdf  中部地方環境事務所

   http://www.kamikochi.or.jp/this-month/winter/ 上高地公式ウェブサイト

ページ先頭へ↑

2017年11月15日上高地閉山式 ~平成29年度も無事に閉山を迎えられました~

中部山岳国立公園 上高地 佐藤怜子

本日、北アルプスの自然の恵みへの感謝と穏やかな来春の到来を願い、上高地閉山式が行われました。

上高地閉山式は今回で20回目。寒々しい曇り空でしたが、それがまた山々の荘厳さを引き立てると同時に、まさに〝閉山〟に相応しいものでした。

【穂高神社神官による神事】           【人の集まる河童橋のたもと】

【環境省・松本自然環境事務所長挨拶】     【鏡開き後、振る舞われたお酒】

【河童橋から見た梓川と穂高連峰】まさに〝閉山〟に相応しい!!

閉山式後、雪が降り始め、夕方にはすっかり雪に覆われ真っ白な世界に・・・

上高地にいよいよ冬の到来です。

上高地さん、今シーズンもお世話になりました。来春までゆっくり休んで下さいね。

ページ先頭へ↑

2017年10月25日雪化粧

中部山岳国立公園 上高地 関根陽太

こんにちは。

    

各地から冠雪の便りが届くようになりましたが、

上高地から見える穂高連峰も冠雪しています。

    

上高地は今朝から雨でしたが、

雨上がりの夕方に雪をまとった穂高連峰が顔を出しました。

   

カラマツの黄葉と山の雪、

素晴らしい季節です。

   

11月15日に閉山式を迎え、バスやタクシーの今年の運行は終了となります。

まだ間に合います!

季節の移り変わりを体感しにいらしてください。

   

河童橋と雪化粧した穂高連峰

河童橋と穂高連峰

ページ先頭へ↑

2017年10月14日アクティブ・レンジャー写真展☆上高地で開催中!! 

中部山岳国立公園 佐藤怜子

秋も深まり、上高地のカラマツも黄色く染まってきております。

本日はあいにくの雨ですが、雨の日は木々の葉がしっとり濡れて光沢が増すので、晴れの日には見れない美しさを見ることができます♪

また、黄色に関しては、雨や曇の日の方がより一層くっきりと輝いて見えますよ(^^)

※あくまで佐藤の個人的な意見です。晴れの日は、当然美しいです。

  

さて、只今上高地インフォメーションセンターの2階展示スペースではアクティブ・レンジャー写真展を開催しております。美しい景色や、仕事の様子などの写真に併せて、環境省の仕事や取り組みの紹介、国立公園の説明などのパネルを展示しております。

紅葉のピークを迎えた上高地と一緒に、ぜひ写真展開場へも足をお運び下さい!

【展示の様子】写真やパネル、ライトの配置にも気を配って展示しました。

 

【階段登り口】お気軽に昇って下さい!  【来場者の様子】じっくり見てくれています。

 

「これは○○だね」「こっちは○○なんだね」などと指さしながらじっくり見て下さる方もいて、とても嬉しく思い、思わず「後ろから写真撮ってもいいですか!?」と声を掛けました。※それが掲載写真です。

ぜひ、紅葉と写真展併せて〝秋の上高地〟を満喫しに来て下さい!

ページ先頭へ↑

2017年10月05日さわやかな秋

中部山岳国立公園 上高地 関根陽太

こんにちは。

   

上高地は冷え込む日も多くなってきました。

皆さんのところはいかがでしょうか。

   

さわやかな秋空の下、自然をたっぷり感じながら散策しませんか?

上高地は場所によっては木々が色づき始めています!

山肌の色合いも美しいですし、落ち葉の香りもとても心地いいものです。

   

上高地は標高1,500m。

バスやタクシーでどなたでも気楽に行けます。

ぜひ、秋を楽しみに来てください!

   

朝晩は5℃以下になることも多いので防寒着をお忘れなく!

   

焼岳とカラマツの黄葉 

    

明神岳

色づき始めた明神岳 

ページ先頭へ↑

2017年09月19日安曇小学校上高地学習~5・6年生の木道修繕活動~

中部山岳国立公園 佐藤怜子

少し前の話になりますが、9月6日(水)に地元の松本市立安曇小学校5・6年生の上高地学習を行いました。

6年生は昨年に引き続き外来植物に関してしっかり学習してきたので、今回は、今までとはちょっと違って、傷んだ木道を修繕する活動を行いました。木道の穴の空いた部分に、上から板を貼って塞ぐ簡易な修繕方法です。

今日の活動内容を話した後、活動現場まで歩く中で、児童たちは「あ!ここ修理してあるよ。」「お!こっちも修理してあるよ。」と、ところどころで木道の修繕か所を発見。

以前、同じ木道を歩いた時、誰も修繕か所に気を留めていませんでした。違う活動を行うことによって、目線をこれまでと少~し変えてみると、今まで気が付かなかったことに気付くものですね(^^)

さて、活動現場へ着き、実際の穴を見てみました。自分の足を上に重ねて「危ないよ。」「足が穴に入って落ちちゃう。」と歩く人の立場で危険を考えてから、修繕活動開始!

【6年生で協力して板を1枚貼りました】

【5年生で協力して板を1枚貼りました】

【最後に自分たちで修繕した木道の上で記念にパシャリ】

雨の中での活動でしたが、みんなよく頑張りました!

その後、雨のため予定を変更して、木片に焼きごて(電気)を押す体験を行いました。

私たちの仕事の中で、現場で使用する物に焼き印を押したりすることもあるという話をしてから(みんながいつも使用している外来植物除去の道具も「環境省」の焼き印が押してあるのですよ)、一人一個ずつ作成しました。

【どきどき・・・うまく押せるかな!?】

  

今後も、様々な活動を通して〝中部山岳国立公園上高地学習〟を持続させていけたらいいなと思います。

最後になりましたが、今回はちょっと大変な活動でしたが、インターン実習生や担任の先生方のご協力のおかげで無事に活動できました。ありがとうございました。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ