ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

妙高戸隠連山国立公園 妙高

12件の記事があります。

2017年04月21日春の訪れ

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

こんにちは。妙高高原自然保護官の帖地です。

17日には妙高山に春の訪れを告げる「跳ね馬」の雪形が現れたというニュースがありましたね。事務所付近の雪も随分溶けてきています。雪が溶けたそばから顔を出すのは・・・

 

雪解けに顔を出すふきのとう

ふきのとう

 

福寿草

福寿草

 

また、ペアで行動する鳥たちやツバメの姿を見かけるようになり、春を感じます。

藪の中を動き回る物体をよく見ると・・・

 

餌を探すウグイス

 

ウグイスに出会いました。このあと、今年初の「ホーホケキョ」の第一声を聴かせてくれました。

一方、いもり池ではミズバショウが咲き始めています。現在3分咲きくらいでしょうか??

 

いもり池周辺に咲き始めた水芭蕉

 

今年は例年通り積雪があったのでこのあとGWくらいまで見頃を楽しめそうです。いもり池の遊歩道は一部残雪がありましたが靴でも充分回れそうです。

 

422(土)から57(日)にかけて環境省パークボランティアによるミズバショウ解説活動をおこないます。いもり池の遊歩道のところどころに立って、訪れたみなさまにミズバショウや周辺の自然につい解説している活動で、どなたでも無料で聞いていただけます。お気軽に声をお掛けくださいね。

 

昨日は下見のためいもり池遊歩道を歩いてきましたが、水鳥やカラ類のほか、獲物をねらうモズや、コムクドリ、キセキレイなどの鳥たちの姿や歌うクロツグミなど、春のにぎわいを見せていました。池の畔にある妙高高原ビジターセンターでは双眼鏡の貸し出し(100円)もあるので、双眼鏡片手にのんびり散策するのもおすすめですよ!

ページ先頭へ↑

2017年03月03日アクティブ・レンジャー写真展@休暇村妙高開催中

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

アクティブ・レンジャー写真展開催のおしらせです。

いよいよ今年度最後の開催となりました。3月は妙高市にある「休暇村妙高」のスペースをお借りして開催します。

 

40点の写真を展示中

 

本館から徒歩1分の場所にあるルンルンスキー場

 

休暇村妙高の建物の目の前は「ルンルンスキー場」があり、初心者の方やファミリーに人気のゲレンデ。積雪は300cm!まだまだ雪たっぷりあります!

 

越の湯からの妙高山の展望

 

また、休暇村のある関温泉は妙高高原温泉郷のひとつで江戸時代に開湯したとされる赤い湯の花が特徴のお湯。休暇村妙高にある「展望温泉越の湯」は百名山妙高山を眺めながら湯につかることができ、日帰り入浴も可能です。妙高高原のスキー場、温泉巡りと併せて是非こちらにも足をお運びください。

 

会場では妙高戸隠連山国立公園の展示写真の撮影場所がわかる撮影地マップの展示と妙高戸隠連山国立公園内の6つの登山ルートを紹介している「山登りマップ」の配布を行っています。気になる場所を見つけたら山登りマップを手にぜひフィールドに出かけてみてください!

1.会場

休暇村 妙高

〒949-2235 新潟県妙高市関山 TEL 0255-82-3168

2.開催日時

平成29 年3月1日(水)~3月25日(金)

10:00~17:00(休館日なし)

3.入場料

無料

4.主催

  環境省 長野自然環境事務所

5.お問い合わせ先

妙高高原自然保護官事務所(担当:帖地)

TEL:0255-86-2441

ページ先頭へ↑

2017年01月27日糸魚川ってどんなところ??

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

今週末129日は糸魚川市において昨秋にヒスイが国石に選定された記念と、糸魚川市駅北大火からの「復興がんばろう」の意味合いを込めて、ヒスイフォーラムが開催されます。

私たち環境省もブース出展させていただくことになりました!

 

当日は国石となったヒスイについての講演やパネルディスカッションなどに加え、「ヒスイ王国館」と糸魚川ジオステーション「ジオパル」の両会場においてヒスイさがしやまがたま作りなど楽しく学べる体験イベントも実施されます。

  

環境省では「ジオパル」会場にて、国立公園にすむいきものをおりがみで作って学べる「どうぶつおりがみ」の体験ブースを出展します。また、国立公園でもある糸魚川の魅力や見どころを知っていただけるような展示ができるよう現在準備をすすめています。体験に参加してくださった方に国立公園グッズもプレゼント予定です。

 

どうぶつおりがみ

 

そして、あわせて訪れたいのがこちら!現在糸魚川市でおこなわれている「糸井川荒波あんこうフェア」。日本海の荒波にもまれたアンコウ・・・おいしいに違いない!会場から車で25分の道の駅マリンドリーム能生でもちょうど当日「糸魚川荒波あんこう祭り」が開催されるようなのでこちらも見逃せないですね!

 

「糸魚川ってどんなところ??」「いままで行ったことなかったな」という方にとって糸魚川の魅力に触れるよい機会になるのではないでしょうか。会場でお待ちしています!

詳細はこちら

ヒスイフォーラムポスター.pdf

ヒスイとあそぼうポスター.pdf

 

ページ先頭へ↑

2016年11月02日妙高高原冬だより

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

この頃は気温が10度を下回ることも多くなってきました。1030日は妙高山・火打山の初冠雪でした。当日はガスがかかり麓から冠雪している様子を見ることはできなかったのですが、今日は麓からもばっちり冠雪している様子を見ることができました。

いもり池から見る雪化粧をまとった妙高山

妙高山の好展望地「いもり池」から雪化粧をまとった妙高山と神奈山の風景です。いもり池では夏の作業に続き、地元の池の平温泉地区の皆様にご協力いただき、環境省グリーンワーカー事業として103日、4日、17日、18日にいもり池の外来スイレン駆除を行ないました。4日間で池の約半分にあたる量を駆除することができ、水面に「逆さ妙高」を見ることができています。その姿をおさめようと朝早くからカメラやキャンバスを手に多くの方が足を運んでくれていました。

また一方で

スイレンの上を歩いて移動するオオバン

このオオバンは水面を覆うスイレンが邪魔をし、泳いでも進まないことにしびれをきらしたのかスイレンの上をなんと歩いて移動していました。このように今回駆除できなかった場所や、残った根から再生してくるスイレンもあるので来年以降も継続して作業していかなければなりません。

さて、上空を見上げると、、、、

妙高高原に訪れたツグミとアトリ

ツグミやアトリなどの冬鳥が妙高高原にやってきました。旅鳥のマミチャジナイもこの時期やってきて姿を見せてくれ、次第に秋から冬に向っていることを実感させてくれます。11/6(日)にはいもり池そばの妙高高原ビジターセンターにて冬鳥観察会のイベントがあるそうなので、冬の便りを感じに是非足を運んでください。

妙高高原ビジターセンターHP

ページ先頭へ↑

2016年08月05日夏休み自然教室in妙高 今年も開催!!

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

夏休み何しよう??とお考えのみなさま!

今年も開催しちゃいます「夏休み自然教室」in 妙高

夏でも涼しい妙高にあそびに来ませんか?

 

夏休み自然教室チラシ.pdf

 

811日(木)~821日(日)まで毎日開催しています。

妙高高原の自然を知り尽くした環境省パークボランティアが皆様をご案内します。

クラフト教室で体験できる一例をあげると・・・

 

レザーと自然素材でつくる木のバッチ

 

レザーと自然素材でつくる「木のバッチづくり」や

 

スゲで編むぞうり

 

スゲで編む「ぞうりづくり」!

難しそう?大丈夫です。パークボランティアさんが優しく教えてくれますよ。

スゲの香りがとっても良い香りで癒やされます。

 

竹とんぼ

 

そして夏といえばこれ!作って飛ばせる「竹とんぼづくり」!

(私も小学生の頃自然教室で作った竹とんぼを夏休み中持ち歩いて飛ばしてたなあ・・・)

などなど日替わりで体験頂ける工作メニューが揃ってます!

竹とんぼを久しぶりに作って飛ばしたい!という大人の方も大歓迎です。

皆様のお越しをお待ちしております☆

日ごとのクラフト教室のメニューや材料費について知りたい方はこちらまでご連絡ください。

妙高高原自然保護官事務所 電話0255-86-2441(平日8301715

妙高高原ビジターセンター 電話0255-86-4599(平日9001630

 

ページ先頭へ↑

2016年08月05日ジオパーク新潟国際フォーラム開催報告

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

妙高高原は梅雨が終わり、気持ちの良い青空がひろがるようになり、夏休み本番といった感じです。

夏休み序盤の7/277/28に朱鷺メッセでジオパーク新潟国際フォーラムが開催され、環境省では「体験!国立公園とジオパーク」のブース出展を行ないました。

国立公園にすむライチョウなどの動物をおりがみでつくる「どうぶつおりがみ」、国立公園で楽しめるお花や動物のスタンプを使ってオリジナルのカードを作成する「記念カード」、国立公園に詳しくなれる「国立公園クイズ」の3種類を用意していざ!本番!

どうぶつおりがみを体験する子供達で大賑わい

どのスタンプを押そうかな記念カードづくり

 

ごらんのとおり、ブースは常に満員、満員の大盛況で

環境省ブースには約1000名のこどもたちが遊びにきてくれました!

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

レンジャーが折り紙の作り方をレクチャー中

 

苦労して作った分、いきものの名前をたくさん覚えたね。

体験を通して覚えたたくさんのいきもの達に実際に出会える妙高高原にもぜひ遊びにきてくださいね。

 

国立公園にすむどうぶつおりがみ

 

このイベントでこどもたちに大人気だった「どうぶつおりがみ」はこちらの山の日イベントでも体験できますよ。「ライチョウ」「オオルリ」「モリアオガエル」「アカショウビン」をおりがみで作ることができます。新潟は遠くて行けなかった!という長野方面の方はぜひこちらにも足を運んでください。

ページ先頭へ↑

2016年07月04日いもり池環境改善中!!

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

7月4日朝のいもり池のようすです。

 

いもり池を覆うスイレン

 

このようにスイレンがびっしりと池を覆ってしまい水面が見えません。

スイレンは派手な花をさかせることもあり、訪れる方の中にはスイレンを楽しまれる方もいらっしゃるのですが、このスイレン・・・外来種なのです。

 

外来スイレンは繁殖力が強く、①日本の在来種で可憐な花を咲かせるヒツジグサなどを駆逐してしまう②水面を覆ってしまうことで水中の光条件の悪化③枯死堆積物による水質の悪化など生態系に与える影響が大きいのです。

 

いもり池と逆さ妙高

 

そして以前はこのように来訪者を出迎えてくれた「逆さ妙高」が見られなくなるなど景観にも悪影響を与えてしまっています。

 

そこで、7/4から7/5にかけて妙高市役所、妙高高原ビジターセンター、地元の池の平温泉観光協会、NPO法人e-myoko、環境省妙高高原自然保護官事務所で外来スイレン駆除作業を実施しています。

 

手刈りで丁寧にスイレンを駆除しています

 

 

スイレン駆除に使用するジョレン

ボートから1つ1つ手刈りで行なう方法に加え、昨年より実施しているのがこのジョレンを用いて行なう方法。地元の方がこの作業のために作成してくれた秘密兵器です。

 

みんなでロープをひきジョレンを回収中

 

 

ボートで池の中ほどまで運び、水中に落としたものをこのようにひいてきます。地下茎ごと回収でき、効率よく駆除ができます。

 

水面に少しだけ顔をのぞかせる妙高山

 

1日目の作業を終えた状態です。みなさんのがんばりの甲斐があり、妙高山が水面に見えてきました。

明日も引き続き作業を行います。

ページ先頭へ↑

2016年06月29日妙高高原地区パークボランティアに新しい仲間が増えました

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

こんにちは。妙高高原より帖地です。

6/25-26にかけて妙高高原地区パークボランティア養成研修会が行われました。

追加募集に申しこみいただいた候補者のみなさまにお集まりいただき、国立公園やパークボランティア活動について、妙高戸隠連山国立公園妙高高原地区の特徴や課題、取組について研修を行いました。

2日間の研修を経て、自然保護官より認定証が手渡されパークボランティアとしての活動が始まります。

パークボランティア認定証を受け取る新規パークボランティア

 

 

妙高高原地区のパークボランティアは夏休み自然教室や雪上観察会をはじめとする自然観察会でガイドとしての活動や、外来生物の除去活動、自然歩道の草刈りや危険木除去などさまざまな活動を行なってくださっています。

今回、新たにパークボランティアとして8名の仲間が増え、妙高高原地区のパークボランティアは46名となりました。パークボランティアさんのご協力をいただきながらよりよい公園になるよう共に頑張っていきます!

ページ先頭へ↑

2016年04月18日妙高高原春だより

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

このたびの熊本地方の地震により被災された皆様には心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復旧をお祈りいたします。

 

妙高高原は最近暖かくなってきました。事務所付近ではこの土日で冬の間降り積もった雪がすっかり姿を消しました。今年は本当に少雪でしたね。 

 

さて、この時期になると妙高高原池の平にあるいもり池ではミズバショウ達が顔を出しています。

いもり池に咲くミズバショウの群生

 

ミズバショウの開花にあわせていもり池では4/165/8までの間、ミズバショウ祭が開催されています。

遊歩道に立つミズバショウ祭りの看板

 

いもり池の遊歩道沿いでは、環境省のパークボランティアによるミズバショウ解説をおこなっています。散策の際はお気軽にお声かけください!解説を担当するパークボランティアは深緑色のキャップが目印です!

訪れた方に解説をする環境省パークボランティア

いもり池は一周20分ほどで廻ることができ、名峰「妙高山」を間近に感じられるスポットです。この日は散策中にシジュウカラやエナガ、ヤマガラやカワラヒワ達のかわいい姿を見かけました。ウグイスもとてもいい声で鳴いていましたよ。

いもり池のすぐそばの妙高高原ビジターセンターではバードウォッチングなどのイベントを開催している日程もありますのでミズバショウとあわせて楽しまれてはいかがでしょうか。暖かくはなってきましたが、曇りの日や風の強い日などは冷えますので羽織ものをお持ちになっておでかけください。

 

ミズバショウ祭・イベント情報につきましては

妙高高原ビジターセンター(TEL:0255-86-4599)までお問い合わせください。

ページ先頭へ↑

2016年02月22日おいでよ!妙高の雪の森へ

妙高戸隠連山国立公園 妙高 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

こんにちは。2/20の土曜日、妙高高原では環境省と妙高高原ビジターセンターの共催イベント「雪上観察会」が実施されました。環境省パークボランティアの案内でいもり池周辺の森の中をスノーシューや歩くスキーでのんびり周りながら冬にしか見られない自然を楽しむイベントです。

「スノーシューとかやったことないし、道具も持ってない」という場合でも問題ありません。

ビジターセンターでレンタル可能なスノーシュー

受付場所のビジターセンターでスノーシューや歩くスキーをレンタルできます。「かんじき」で歩いてみるのも楽しいかも!!

スノーシューの履き方を教えてもらう女の子

スノーシューの履き方や歩き方をパークボランティアさんが丁寧に教えてくれるので初めての方でも安心して参加できますよ。

準備ができたら雪の森へ出発!!

「この足あとは何の動物のあしあとかな??」足跡を観察するガイドのパークボランティアと参加者たち

雪上にオレンジ色に染まった雪を発見!「これなあに?」

オレンジ色に染まった雪を手に説明をするガイドのパークボランティアさん

何が住んでいたのかな??

枝に作られた虫のすみか枝にぶら下がる繭

「この糞はもしかして・・・」

雪の上に落ちている動物の糞

「この芽は何か知ってる?きっと食べたことあるよ」「あっ、わかった!!」

タラの冬芽を前に参加者に質問するガイドさん

いろんな事を教えてもらったね。木の種類いくつ覚えられたかな?

雪上観察会帰りみち

夏の間は藪や草で決められたところしか歩くことができませんが、雪に覆われているこの時期は思いのままに歩くことができ、目の前でじっくり観察できる絶好の季節です。森に棲む動物や虫たち、木や植物についてパークボランティアが詳しくガイドしてくれるのでより自然が身近に感じられるのではないでしょうか。

この「雪上観察会」は2/273/5の土曜日にも開催する予定です。冬にしか体験できない妙高高原の自然を体感しにぜひいらしてください。

雪上観察会ポスター.pdf

「雪上観察会」に関する詳しいお問い合わせ・お申し込みは妙高高原ビジターセンターまでお電話ください。(電話0255-86-4599)受付時間9001700 定休日毎週水・木曜日)

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ