ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

妙高戸隠連山国立公園 妙高

67件の記事があります。

2021年05月06日【妙高戸隠連山国立公園に関係する希少種保護条例について】

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

絶滅の危機に瀕する希少種保護のため、新潟県及び妙高市で新たに2つの条例が制定されました。指定された種の捕獲等(捕獲・採取・殺傷・損傷)が禁止され、違反すると罰則(1年以下の懲役又は50万円以下の罰金)が摘要されます。希少な野生動植物を保護し、次世代へ継承していくため、ご協力をお願いします。
■新潟県希少野生動植物保護条例(令和3年5月1日施行)
指定される種:【両生類】ハクバサンショウウオ【昆虫類】オオモノサシトンボ、チャマダラセセリ、クモマツマキチョウ、ゴマシジミ【植物】オキナグサ、ツクモグサ、ベニバナヤマシャクヤク、サルメンエビネ、ユウシュンラン、コアツモリソウ、キバナノアツモリソウ、クマガイソウ、サギソウ、ムカゴソウ、トキソウ
問い合わせ・連絡先:新潟県環境企画課自然保護係
■妙高市希少野生動植物保護条例(令和3年4月1日施行)
指定される種:【昆虫類】ヒメギフチョウ、クモマツマキチョウ、ヒメシロチョウ、ゴマシジミ、クロシジミ、オオルリシジミ、アサマシジミ、コヒョウモンモドキ、ベニヒカゲ【魚類】キタノメダカ、シナイモツゴ【植物】オキナグサ、トガクシショウマ、ヤマシャクヤク、オオサクラソウ、オオシラヒゲソウ、クマガイソウ【鳥類】ライチョウ、イヌワシ、クマタカ、ミゾゴイ、チゴモズ
問い合わせ・連絡先:妙高市環境生活課
※指定される種は今後の状況により追加される可能性があります。
※学術研究・繁殖・教育・調査を目的とした捕獲等は許可される場合があります(要申請)。

ページ先頭へ↑

2020年06月26日いもり池・外来スイレン枯らそう大作戦!

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

6/2224、いもり池での外来スイレン駆除を目的に、妙高市事業で遮光シートを設置しました。

このシートを設置することにより、成長に必要な太陽光を遮り、2~3年でスイレンを根から枯らす

ことができます。

いもり池のシート設置区域

赤枠部分がシートを設置する候補地で、設置面積は10m×60m600㎡の範囲。

作業には生命地域妙高環境サポーターズ、地元の池の平温泉区の皆さんが集まり実施しました。

作業はまず、設置箇所の下刈りと遮光シートの連結作業に分かれスタート。

設置作業のようす

スイレンの繁茂する池は行きたい方向へ進むのも難しいのですが、スイレン刈り取り用の鎌だけで漕ぎ入れる強者の下刈り部隊の皆さん。スイレンを刈る、ボートを漕ぐを鎌だけでこなすという達者っぷりで、みるみる刈り取りが進みます。

一方のシート連結では昨年度環境省の事業で行ったシート敷設試験の中で比較した3種類のシート中から、強度、施工の効率等をふまえ選定したシートを面積にあうよう結束バンドで固定していきます。

昨年の試験では、隣り合うシートどうしを1m間隔に連結しましたが、シート下のスイレンの光を求めようとする力は想像以上で、隙間をぬって葉を広げるスイレンも多くいたことから間隔を25㎝に設定し、更に重ねしろを多くとるよう改善を図っています(その分労力もたくさん必要なので、ボランティアの方の力はありがたかったです)。

シートを設置する様子1

完成したシートの先端を3艇の船に乗せ、対岸から牽引ロープで引っ張ります。

いもり池のシート設置の様子2

岸からは引っ張る速度にあわせシートを送りだしていき、最後に上から重しを設置して作業完了です。

これから経過を観察し、うまくいけば次年度以降で設置面積を広げ、部分的にはなりますが、グリーンシーズンを通して逆さ妙高を楽しめるいもり池になるかもしれません。また追って状況をお伝えしていきます。

ページ先頭へ↑

2020年06月26日いもり池・外来スイレン枯らそう大作戦!

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

6/2224、いもり池での外来スイレン駆除を目的に、妙高市事業で遮光シートを設置しました。

このシートを設置することにより、成長に必要な太陽光を遮り、2~3年でスイレンを根から枯らす

ことができます。

いもり池のシート設置区域

赤枠部分がシートを設置する候補地で、設置面積は10m×60m600㎡の範囲。

作業には生命地域妙高環境サポーターズ、地元の池の平温泉区の皆さんが集まり実施しました。

作業はまず、設置箇所の下刈りと遮光シートの連結作業に分かれスタート。

設置作業のようす

スイレンの繁茂する池は行きたい方向へ進むのも難しいのですが、スイレン刈り取り用の鎌だけで漕ぎ入れる強者の下刈り部隊の皆さん。スイレンを刈る、ボートを漕ぐを鎌だけでこなすという達者っぷりで、みるみる刈り取りが進みます。

一方のシート連結では昨年度環境省の事業で行ったシート敷設試験の中で比較した3種類のシート中から、強度、施工の効率等をふまえ選定したシートを面積にあうよう結束バンドで固定していきます。

昨年の試験では、隣り合うシートどうしを1m間隔に連結しましたが、シート下のスイレンの光を求めようとする力は想像以上で、隙間をぬって葉を広げるスイレンも多くいたことから間隔を25㎝に設定し、更に重ねしろを多くとるよう改善を図っています(その分労力もたくさん必要なので、ボランティアの方の力はありがたかったです)。

シートを設置する様子1

完成したシートの先端を3艇の船に乗せ、対岸から牽引ロープで引っ張ります。

いもり池のシート設置の様子2

岸からは引っ張る速度にあわせシートを送りだしていき、最後に上から重しを設置して作業完了です。

これから経過を観察し、うまくいけば次年度以降で設置面積を広げ、部分的にはなりますが、グリーンシーズンを通して逆さ妙高を楽しめるいもり池になるかもしれません。また追って状況をお伝えしていきます。

ページ先頭へ↑

2020年06月12日モリアオガエルに恋の季節

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

昨日梅雨入りした妙高高原。梅雨入りでモリアオガエルの産卵が盛んになった模様です!

乾燥に弱い皮膚をもつカエルたちにとっては、待ちに待った梅雨の到来。

つい最近までは夜のうちに産卵していることが多かったのですが、

しとしと雨の降っていた今朝、ついに!モリアオガエルの産卵シーンを見ることができました!

モリアオガエル集団で産卵

池にせり出した樹上に卵を産み付ける独特な繁殖行動をとるモリアオガエル。

ペアを見つけたメスが樹上で産卵に入ります。

モリアオガエルのメスとオス

(大きいのがメスで背中に乗っているのがオスです)

あぶれたオスたちもあきらめてはいません。メスはどこだ!と大移動。

メスはどこだモリアオガエル

割り込もうとするオスが群がり産卵が続きます。

群がるオスモリアオガエルのオスたち

(ここにはモテモテのメスがいる模様)

モリアオガエル産卵中

産卵シーンは初めて見ましたが、とても感動しました。(一生分のカエルを見た気がする・・・)

梅雨時の風物詩、妙高高原を訪れた際には、池をのぞいてみてはいかがでしょう。

休暇村妙高近くの五最杉園地の池もおすすめです。

ページ先頭へ↑

2020年06月04日むしの日記念~妙高高原のちょうちょ編~

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

今日6月4日はむしの日!虫たちにとっては最高の季節!

ということで妙高高原の春を満喫する昆虫たちを紹介したいと思います。

後編はいもり池やその周辺で見られるちょうちょ編。

何のちょうちょかな?を予想しつつご覧下さい。答えは最後です!

なお、動きの速い、とまらない系のちょうちょは撮影できませんでした。。

(アゲハファンのみなさん、すみません。。)

1.

ウスバシロチョウ

2.

アカタテハ

3.

モンキチョウ

4.

アサギマダラ

5.

コミスジ

6.

ダイミョウセセリ

7.

ヤマキマダラヒカゲ

8.

ヒメウラナミジャノメ

9.

ベニシジミ

10.成虫のまま冬を越すので羽が痛んでしまっています。

ルリタテハ

■□■ 答え ■□■

.ウスバシロチョウ 2.アカタテハ 3.モンキチョウ 4.アサギマダラ 5.コミスジ 6.ダイミョウセセリ 7.ヤマキマダラヒカゲ 8.ヒメウラナミジャノメ 9.ベニシジミ 10. ルリタテハ

~おわび~

この名前は昆虫初心者のARが図鑑を片手に調べたものです(蝶はレンジャーも専門外でした)。

間違いがあるやもしれませんがご容赦願います。

昆虫初心者でも「むしの目」になるとたくさんの昆虫が見つかりました。

妙高高原は池や湿原、スキー場の草原の豊富さと植生の豊かさで、昆虫の種類も豊富です。

今回紹介した以外にもたくさんの昆虫たちが場所をわけあって生活しています。

ぜひ、みなさんも「むしの目」で探検してみてください!!

ページ先頭へ↑

2020年06月04日むしの日記念~妙高高原のトンボ編~

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

今日6月4日はむしの日!虫たちにとっては最高の季節!

ということで妙高高原の春を満喫する昆虫たちを紹介したいと思います。

今回はいもり池やその周辺で見られるトンボ編。

何のトンボかな?を予想しつつご覧下さい。答えは最後です!

なお、動きの速い、とまらない系のトンボは撮影できませんでした。。

(ヤンマ科のファンのみなさん、すみません。。)

1.

ヨツボシトンボ

2.

エゾイトトンボ

3.5/28 羽化したばかりの時に出会いました

オオシオカラトンボ

オオシオカラトンボと抜け殻

4.

アオイトトンボ

5.

コサナエ

6.

クロイトトンボ

7.いもり池のベンチでひとやすみ

コフキトンボ

8.♂

シオヤトンボ♂

♀ このロープはトンボの心を離してやまないようです

シオヤトンボ♀

9.私のイチオシです!

カワトンボ

10.おそらく未成熟個体です

オオシオカラトンボ

オオシオカラトンボ♂

 

■□■ 答え ■□■

.ヨツボシトンボ 2.エゾイトトンボ 3.オオシオカラトンボ 4.アオイトトンボ 5.コサナエ 6.クロイトトンボ 7.コフキトンボ 8.シオヤトンボ 9.カワトンボ 10. オオシオカラトンボ未成熟

 

~おわび~

この名前は昆虫初心者のARが図鑑を片手に、レンジャーが小学生時代のトンボ知識をひっぱりだしてもらいつつ調べたものです。間違いがあるやもしれませんがご容赦願います。

次回はちょうちょ編です!

ページ先頭へ↑

2020年06月01日高谷池ヒュッテ営業開始

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

本日61日より高谷池ヒュッテの営業が始まりました。

5/29(金)にはその準備として、ヘリコプターでの荷揚げが行われました。

高谷池ヒュッテヘリでの荷揚げ
荷ほどきして運び入れ
(写真:妙高市提供 まだまだ雪がたくさん!)

昨年度に増築部分の工事を終え、今季から新館に広めの食事スペースができ、

宿泊可能人数も最大100人まで増えました。

新たにできた食堂スペース

(新たにできた食堂スペース)

新館2階には新たに個室が2部屋設けられ、最大6人までのグループでの宿泊も可能です。

新館にできた個室

(新館にできた個室 富士見平方向に窓があります)

高谷池ヒュッテ新館

(高谷池ヒュッテ新館部分 2019年秋撮影)

新型コロナウイルス感染対策として宿泊者数の制限や当面は宿泊のみとし、食事提供を行わない等の制約もあります。詳しくは妙高観光局のHPをご覧下さい。(感染対策についても詳しく掲載されています)

妙高ノートFacebookで荷揚げの様子(2019)を動画で見ることができます。

高所恐怖症でない方はぜひ!他にもきれいな動画が紹介されています。

ページ先頭へ↑

2020年05月28日#STAYHOME ご当地マンホールのあの花は?

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

その土地でしか見ることができないご当地マンホール。

ここ、妙高高原のデザインは実はとってもおしゃれ!

 

妙高高原にあるマンホール

 

妙高山の山並みと手前にお花がデザインされています。妙高高原のフォントもいい味だしてる!

 

レンゲツツジの花

このマンホールは旧妙高高原町時代に設置されたもので、

描かれている花は当時、町の花にも指定されていたレンゲツツジ。

 

街中のレンゲツツジ

現在でも妙高高原の至るところで見ることができ、今はちょうど花まっさかりです。

このマンホールは合併前の旧妙高高原町エリア(笹ヶ峰や杉野沢温泉、いもり池、赤倉温泉の一部)

で見ることができます。

コロナが収束したらマンホール風に写真が撮れるスポットも探してみたいですね。

旧妙高村エリア、糸魚川のマンホールも気になる・・・追って調査したいと思います!

ページ先頭へ↑

2020年05月27日#STAYHOME おうちで苗名滝

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

巡視で苗名滝を訪れたので、様子をお伝えしたいと思います。

遊歩道沿いの樹木

 

ユキツバキは終わってしまいましたが若葉が繁り、

若葉をゆらす心地よい音とともに肌に触れる風がなんとも気持ちの良い季節になりました。

 

川沿いの歩道を歩きます

 

渓流沿いのミソサザイ

川の中ほどの岩の上からミソサザイの軽快な鳴き声。

 

ラショウモンカズラ

足元にラショウモンカズラ、

頭上にはトチノキの豪奢な花が咲いています。

トチノキの葉と花序

 

5月の苗名滝

江戸時代の放浪画家、東洋越陳人は苗名滝を好んで題材にしたそうです。

彼の作品を通して昔と今との風景を見比べてみるのも面白いかもしれません。

ページ先頭へ↑

2020年05月22日#STAYHOME 今日のいもり池

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

満開のズミの花

池のまわりではズミの花が満開になりました。

 

いもり池のミツガシワ

ミツガシワの見頃は過ぎてしまったようですが、

 

いもり池に咲くサワオグルマ

湿原の奥ではサワオグルマが色鮮やかに咲いています。

 

しばらくぶりの晴れ間でカルガモさんもひなたぼっこ&ストレッチ。

ストレッチ中のカルガモ

右脚ビヨヨーン♪

 

ストレッチ中のカルガモ

からの、左脚ビヨヨーン~♪

自粛中で運動不足になりがちですが、ストレッチしてのりきりたいですね☆

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ