ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

妙高戸隠連山国立公園 妙高

46件の記事があります。

2019年03月20日2018年の戸隠事務所を振り返って(ロングトレイル編:前編)

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

3月も残すところあと10日!

いいづな編に続き・・・今年度を振り返って『ロングトレイル編』はじまります。

 

○これまでの流れ

妙高戸隠連山国立公園連絡協議会の構成員である「戸隠登山ガイド組合」さんからの提案で検討が始まった『妙高戸隠連山国立公園ロングトレイル構想』。

構想が明確になったのは2年前。2017年3月に開催された総会の時でした。

2017年3月27日のAR日記参照>

 

2017年9月に初めての『歩く利用部会』が開催され、具体的に動き始めました。

2017年9月5日のAR日記参照>

 

第1回:待ちに待った踏査開始!

そしてロングトレイル構想2年目の今年度、部会で検討してきたコースの踏査が始まりました!初めての踏査は2018年5月15日に実施しました。

 

菅川林道から象の小径を経由して野尻湖畔へ。

とっても天気が良く、良い道&楽しい踏査で明るい未来到来の予感でした。

01象の小径を歩く~ 02明るい未来へ!

 

 

しかし・・・この頃の私たちはまだ知りませんでした・・・。

まさかこの踏査を皮切りに、こんなに沢山の藪を漕ぐことになろうとは・・・(=_=)

 

第2回:藪こぎとの戦い・・・開始!"

斑尾山から古海地区を通って野尻湖へ出るルートを歩きました。

前半、ほんと~~~に素晴らしい道だったのですが・・・

03斑尾山へ~ 04楽しく踏査!いえーい!

 

なんといっても後半の藪。そう『やぶ』です。「この回のやぶこぎはまじで辛かった・・・」と今でもよく語り草になるほどのNO1.藪でした。゚( ゚^∀^゚)゚。

05つらかった藪 06一寸先は藪

 

そんなわけで後半の藪がすごすぎて、維持管理も大変ということで、

後々の部会の際、このルートは候補から外れました(笑)

 

第3回:鬼教官の登場!!

3回目の踏査で最も印象的だったのは鬼教官(桑原レンジャー)の登場!!!

みんなヘロヘロでお腹すいていましたが、ズンズン歩きました~(ToT)

 

野尻湖~関川関所~野尻湖の後に、関所~いもり池~杉野沢。

距離は17km程度ですが、雨で体力奪われる中よく歩いた一日でした(笑)

07雨でつらかった・・・ 08でも妙高山はサイコー

 

第4回:そして踏査参加者最大に!

戸隠牧場~氷沢避難小屋。藪漕ぎなしはこれが初!

このルートは国立公園の自然部分を満喫するという意味でも最高の道です。

道中蜂蜜を分けてくれたおじちゃんにも会えて、始終幸せあふれる一日でした。

09この日はとってもハイキング日和 10蜂蜜を分けてくれました!

 

●第5回:渓谷沿いを歩く(前編後編

杉野沢から笹ヶ峰まで歩いたこの回、再び鬼教官登場!

体重制限のあるスリリングな橋と素敵な渓谷の景観とで、物理的にも精神的にもアップダウンのある踏査でした(笑)

11渓谷を歩く 12気持ち良かった木道

 

第6回:大学生と全編やぶこぎ!

やぶ&雨のダブルパンチの中、乙見峠越えの全編やぶこぎ踏査開始・・・。

やぶから出てきた時は、達成感もひとしお!

13この時は前編やぶこぎ! 14やっとでてきたー!!!

 

第7回:トレイルエンジェル出現!

善光寺~葛山~芋井~静松寺~善光寺を歩いたこの回、リンゴ農家の横を通ったら、収穫中のおばちゃんがリンゴを分けてくれました!まさにトレイルエンジェル!

帰り道ではヤギとも触れ合えて、ほっこりが多い回でした。

15リンゴ美味しかったです♡ 16ヤギとも戯れる

 

第8回:ブナとキノコを堪能

笹ヶ峰・夢見平を歩き回りました。

終始すばらしいブナ林の中を歩けるこのエリアはまさにトレイルのハイライト。

その中でも一番印象深かったのは製材所跡地。こんな山奥に集落があったなんて!と驚かされる場所でした。

17キノコとブナなロード 18製材所跡!ここは行ってみて感じる場所!

 

H30年度に実施した踏査はこれで全部!

振り返るとやっぱり毎回毎回ドラマがありますね・・・!

 

踏査を重ねるにつれ、踏査メンバーの結束も強くなり、

歩くことで色んなドラマや交流が生まれる。そんなことを感じます。

 

後編は踏査以外の動きについて詳しく書いていきます^^

乞うご期待☆

○番外編(外部評価 前編後編

 

ページ先頭へ↑

2019年02月26日雪の森を歩こう!スノーシュートレッキングin妙高高原

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

216日から毎週土曜日に開催しているスノーシュートレッキング、たくさんの方に参加いただきありがとうございます!残すところ32日の回が今年度ラストとなります。

スノーシューコース入り口の雪の壁

スノーシューコース入り口の雪の壁

 

写真をご覧いただいてわかるとおり、いもり池周辺の積雪は約2m半~3mくらい。

と、言うことは、普段では見られない高さのところを歩けるということなんです!

なので、動物たちが食べものを貯食するための隠し場所を間近に見れたり、

どんぐりの隠し場所

クマさんのごはんポイント「クマ棚」も夏より近い位置で見ることができます。

 

また、いもり池周辺はウサギやキツネ、リスなどたくさんの動物たちが棲んでいるのであしあと探しも楽しいですよ!

ガイドをしてくれるパークボランティアさん

ガイドをしてくれるパークボランティアさん

 

3月2日の回はまだ定員に余裕があるので、お申し込み可能です!

ぜひ、おでかけください♪

 

雪の森を歩こう!開催概要

ページ先頭へ↑

2019年02月22日信濃町の一茶記念館で第2回幹事会を開催しました。

妙高戸隠連山国立公園 アクティブレンジャー 前田久美子

2月18日(月)、信濃町にある一茶記念館

妙高戸隠連山国立公園連絡協議会のH30年度第2回幹事会を開催しました。

01一茶記念館です

 

 

今回は事務局席の後ろに信濃町役場の方が垂れ幕を用意して下さいました!

そのおかげで会場レイアウトがなんだかポップで素敵に♪

02今回の会場はポップ!

 

まずはH30年度の協議会の活動報告がありました。

内容は・・・こんなにいっぱい!盛りだくさんです!

 

 ①生物多様性保全(火打山のライチョウ保全、外来種対策など)

 ②良好な景観形成(赤倉での勉強会など)

 ③ロングトレイルの設置(踏査、事例収集など)

 ④サインの統一(標識の統一デザイン基準作成)

 ⑤登山の活性化(登山道整備講習会の実施、携帯トイレ普及啓発など)

 ⑥エコツアー活性化(ガイド勉強会)

 ⑦情報発信の強化(夏期イベント実施、Facebookの運用、写真展開催など)

 

この活動報告をベースに来年度の計画について、出席者の皆さんからご意見いただきました。

 

こんなこともできないかという提案から、今後の会議のあり方まで多岐にわたりご意見いただき、当初手探りで始めたこの協議会も役割や方向性を見直すタイミングに来たのかなぁという印象でした。

 

来年は妙高戸隠連山国立公園ができてから5年目の年です。

どんな風に動いていくのか、暖かく見守っていただけると嬉しいです。

 

 

ところで・・・今回の会場だった一茶記念館には、

ちょっとカワイイ置物がいっぱいありました。

 

館内入ってすぐ、一茶や一茶と関わりの深い動物のチェーンソーアート。

良い顔してるのでほっこりしますね!

03かわいい置物いっぱい♪

 

 

リリーフランキーさんが館内の解説をしてくれるタブレット式音声端末もあります!

優しい大人な声にメロメロです♪♪♪

04タブレット音声端末も!

 

 

館内の展示を見るとわかるのですが、小林一茶という人は

とってもチャーミングで魅力のある方なのです。

俳句自体を少し身近に感じられるようになり、けっこー面白い施設なので、ぜひ足を運んでいただきたいです♪

 

そうそう、一茶記念館の2階ラウンジからは

"一目五山(ひとめござん)"の景色を楽しむことができます♪

05ラウンジからは一目五山

 

一茶記念館の外にでても一目五山!すんばらしい景色ですね^o^

06もちろん外からも一目五山

(左から飯縄山、戸隠山、黒姫山、妙高山)

 

一茶記念館は冬期も平日のみ開館しています(しかも入場料半額!)。

ご興味ある方もない方もぜひ一度足を運んでみて下さい!

ページ先頭へ↑

2019年02月07日「アクティブレンジャー写真展in糸魚川」はじまります!

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

今回は糸魚川市にあるフォッサマグナミュージアムを会場に2/72/27で開催します。

中部山岳国立公園、上信越高原国立公園、妙高戸隠連山国立公園の各アクティブレンジャーが撮影した写真40点を展示します。お近くの方はぜひご参加ください。

アクティブレンジャー写真展@フォッサマグナミュージアム

フォッサマグナミュージアムは石と大地の博物館で、国石ヒスイをはじめ、様々な岩石、鉱物、化石が展示され、日本列島の誕生やフォッサマグナについて詳しく学べる施設です。

フォッサマグナミュージアム館内のようす

なかでも、日本列島の誕生やフォッサマグナについて映像で楽しめる巨大スクリーンは迫力満点!!!

また、石の種類も豊富で一日いても楽しめるくらい充実した展示内容で、お子様連れでも楽しい施設です♪

ゆるキャラ「ジオまる」のグッズもこちらで手に入りますよ!

おでこの勾玉をなでるとジオパーク力をアップできるらしいので受験生のお守りにもいいかも!?

 

糸魚川駅から車で10分とアクセスの良い場所にあり、路線バスもあります。

みなさまのお越しをお待ちしております!

 

詳細はこちら:H30AR写真展_フォッサマグナミュージアム.pdf

ページ先頭へ↑

2019年01月31日H30年度第2回歩く利用部会&情報発信部会を開催しました

妙高戸隠連山国立公園 アクティブレンジャー 前田久美子

1月25日(金)、妙高戸隠連山国立公園連絡協議会の

"第2回歩く利用部会"と"情報発信部会"を開催しました。

 

≪歩く利用部会≫

ロングトレイルのルート検討などを行ってきたこの部会。

この日の会議では、まず今年の踏査結果の振り返りを行いました。

01踏査のふりかえり~

(ちなみに前回の様子はこちら

 

ルートを確定させる部分はさせて、土地所有者との調整作業に入ります。

確定できていない部分は来年度再度踏査を実施します。

 

来年度は未確定の部分が残った野尻湖周辺や善光寺周辺と、

未踏査の小谷温泉・雨飾方面で調査を行うことが決まりました。

 

その他に・・・見て下さい!このピクトグラム!

なんだかわかりますか?

02携帯トイレのピクトグラム

 

正解は~~~~~~~~!!?『携帯トイレ』のピクトグラム!!!

上が回収ボックスで下がブースです。

 

実はあるようでなかった携帯トイレピクトグラム。

一般化されると、このピクトグラムは全国初の運用になります。

まだわかりにくい部分もあり、今後の検討課題です。

 

 

そして今回の部会・・・ご覧の通りミッチミチ。。。

参加者が増えてきたのは嬉しいことですが、そろそろ別の会場を検討しないと・・・ですね。笑

03みっちみちです!!!

 

 

≪情報発信部会≫

歩く利用部会が終わった後は、情報発信部会がありました。

04情報発信部会も~

 

情報発信部会では、今年度夏に実施した2Daysイベントの結果や

協議会HPの開設、FBの運用、一目五山写真展について・・・各活動の報告がありました。

 

今年度実施した活動を、来年どのように広げていくか、

議論を深める部分はどこか・・・様々な意見を出していただきました。

 

来年で指定5年目を迎える妙高戸隠連山国立公園。

今後の動きに期待です!

 

○妙高戸隠連山国立公園のオンタイムな情報はこちら

妙高戸隠連山国立公園Facebook

ページ先頭へ↑

2018年12月18日雪、ここにあります!!

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

冬を待ちわびているスキーヤー・スノーボーダーの皆様は今年の暖冬でやきもきされていることでしょう。

豪雪地で知られる、ここ、妙高高原も12月に入っても今年は雪が・・・少ない・・・

そんな中、1212日、事務所近くの池の平温泉スキー場でスキー場安全祈願祭が執り行われました。当日はまだコース整備のための圧雪車が入れない程の積雪しかない状態。スキー場のオープンに不安がよぎります。

12月12日時点ではリフト架線下には草の頭がチラホラ

神主さんのご祈祷と関係者の祈りが通じたのか、雪が降ってきました!!!

その後もモリモリと降り続き、

妙高高原自然保護官事務所前の積雪

先週末には池の平をはじめ妙高高原の大半のスキー場がオープンを迎えることができました。

平成30年度スキー神社祭

一の宮妙高高原スキー神社

1215日妙高高原のスキー場合同で行われたスキー神社祭でもスキー場の安全といい雪がさらに積もるようしっかり祈願してきました。

雪を待ちきれない方は妙高へおいでませ!!!

ページ先頭へ↑

2018年11月30日ロングトレイルのこれから Part②

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

2日目は戸隠を歩きました。

この日の朝はみぞれが降るぐらいに少し冷え込んでいました。

 

◆2日目◆ 戸隠中社~奥社~鏡池~中社

戸隠古道を通すか、鏡池を通すかで悩んでいる部分を歩いていただきました。

まずは中社に集合して歩き始めます。

01まずは中社でおまいり

 

古道を歩きますが、野尻湖よりも一歩秋が進んでいる戸隠。

落ち葉いっぱい。ザクザクザクザク軽快な音が気分を盛り上げてくれます。

02あしもとざっくざく

 

奥社へ寄った後は、ささやきの小径を通りました。

どどーんと近くに戸隠山が見え、みなさんの心に大ヒット!

03ささやきの小径からの戸隠山

 

キャンプ場についてからは折り返して鏡池へ向かいます。

途中、プクプクと水が湧く念仏池をながめていると・・・

04念仏ぷくぷく

 

「水の濾過のしかた」の話題に。水の確保にハイカーは『浄水器』を使います。

実際のものを見せていただきましたが、とってもコンパクト!

もっとゴツいものだと思っていました。道具の日々の進化を感じます・・・。

05浄水器の進化

 

鏡池に着きました。この日は戸隠連峰がばっちり見えます。

環境省の看板&西岳とパチリ。こうやって写真を撮りましょう。

06鏡池ではいポーズ!

 

鏡池から中社を目指して、硯石(すずりいし)経由で歩きます。

硯石からは絶景が望めて、みなさん驚嘆!

07硯石の絶景!

 

中社まで戻ってきてからは、最後に歩いた道の振り返りを行いました。

2時間半ほど時間をとりましたが、時間が足りないくらい白熱のトークに!

06最後にふりかえり

 

今回、みなさん口を揃えて

「この地域はアクセスも良く、ポテンシャルは非常に高い」と言って下さいました。

 

ロングトレイル設定にあたっても、前向きになれるご意見を沢山いただき私たちも驚いた部分や考えが変わった部分もあり、とっても有意義な視察になったと思います。

 

やることは山積みですが、今後もロングトレイル開通へ向けてひた走っていきたいと思います!

ページ先頭へ↑

2018年11月28日ロングトレイルのこれから Part①

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

妙高戸隠連山国立公園で検討を始めたロングトレイルづくり。

今年度は計7回の踏査を実施しました。

 

○今年度実施した踏査結果

第①弾第②弾第③弾第④弾、第⑤弾(前編後編)、第⑥弾第⑦弾

 

地元と環境省でどんなコースが良いかなど考えていますが・・・

実際のロングトレイルを歩いたことがない人が多く、みんな素人!

 

『一度ロングトレイル玄人のみなさんの意見を聞いてみたい!』

 

ということで、ロングトレイル有識者である海外トレイルも歩いたハイカーの方・旅行会社の方・外国人ガイドの方・教育関係者の方を集めて、現在の構想ルートの視察を組みました。

 

そうそうたる面々に集まっていただいたのですが・・・みなさんとっても気さく!

顔を合わせたばかりですが話がはずみます!

01野尻湖で集合!

 

今回の視察では、コース設定で悩んでいる部分を優先的に見ていただきました。

1日目は野尻湖、2日目は戸隠を歩きます。

 

◆1日目◆ 野尻湖畔~象の小径~荒瀬原集落

歩き出してすぐ・・・白鳥の遊覧船に注目!

廃屋ですが、使い道は無限大!とさっそく大盛り上がり。

02あひるさん!

 

象の小径に入ると・・・ちょうど紅葉まっさかり!

天気にも恵まれ、葉っぱがキラキラ光ってとってもキレイ(*´艸`)

03象の小径は紅葉まっさかり

 

夏は葉っぱがありますが、秋は見通しが良く斑尾山もキレイに見えます。

有識者のみなさんも口々に良い道だ!とつぶやきます(^^♪

04斑尾山がすっきり!展望抜群!

 

象の小径を抜けて、お次は荒瀬原へ。

集落を通すか、林道を通すか悩んでいる箇所です。

 

荒瀬原集落の田んぼと一目五山な"景観の良さ"に、

皆さんまた一つテンションが上がります。

05荒瀬原集落はとってもきれい~

 

いわゆる単調で面白みのない林道とは違った雰囲気があり、こちらも良いな・・・と悩み顔。

06荒瀬原林道も良い道です

 

最後に妙高のいもり池や苗名滝にも足を伸ばして、

コース途中や入口の雰囲気なども見ていただきました。

07いもり池にも行きました

 

親睦も深まり、1日目は終了!

次回、2日目のレポートにつづきます!

ページ先頭へ↑

2018年08月14日自然の不思議を教えてもらおう!

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

811日から始まった夏休み自然教室ですが、すでにたくさんの方に参加いただいています!

クラフト教室も大人気で、この日の竹笛づくりの教室は、超満員で2回に分けて開催するほど。竹のパーツで組み立てていくと、フクロウとウグイスの鳴き声のする笛が完成するのだとか。作った竹笛から音がなると、みなさんとてもうれしそう!

工作は日替わりで内容を変えて開催しているので、毎日参加する!というのもアリです。実際に「明日も来ます!」というご家族の方も。

竹笛を手作り中

また、ガイドウォークではパークボランティアさんが自然解説をしてくださいます。いつも来ている場所だけど、パークボランティアさんと歩くと普段気づかないことにも気づかされます。

この日の新発見は・・・このバッタ!

草の先端につかまるバッタ

遊歩道沿いの草木につかまっているバッタがあちらこちらにいるのに気づきます。

よく見るとどれも草木の高いところにとまって死んでいるみたい・・・

実はこの行動はバッタに寄生する菌によるものなんだとか。

病原菌が自らの胞子を高いところから飛散させるべく、宿主のバッタを操って、高いところへ登らせるそうです。そしてその場所で息絶えたバッタから胞子を飛ばし、また別のバッタのところへ移動していく・・・

菌の戦略とはすごいものですね。

↓いまにも胞子を飛ばそうとする様子(閲覧注意)

高いところから胞子を飛ばします

詳しい人と歩くと、自分が見えている世界と全く違う世界を見せてくれます。みなさんもぜひガイドウォークに参加してみてくださいね~♪

●番外編●

わらじ作り教室やります

パークボランティアさんが19日の池の平会場で行われるわらじ作り教室の準備をしていたのでスゲをよるところを見せてもらいました。

すげをよる手さばきがものすごい

「は、はやい!!!!!」

週末、この神業を目の当たりにしたら思わず見入ってしまうこと間違いなしです!

スゲを用意するのも大変らしく、今年のような参加費でできるのはもうありません。

どうぞこの機会をお見逃しなく!定員は20名なので確実に参加したい!という方は妙高高原ビジターセンターまで予約をお願い致します。(電話:0255864599

夏休み自然教室についてはこちらの記事をご覧下さい

ページ先頭へ↑

2018年08月10日笹ヶ峰のオオハンゴンソウの分布を調べる

妙高戸隠連山国立公園 桑原大

84日(土)、環境省パークボランティアのみなさんに集まっていただき、

笹ヶ峰にどのくらい特定外来生物オオハンゴンソウが広がっているのか調査を行いました。

オオハンゴンソウ

 

オオハンゴンソウを見つけたら群落の規模や株の大きさを記録していきます。パークボランティアさんにGPSを持ってもらうことで分布場所を詳細に把握できます。

 

沢沿いのオオハンゴンソウの広がりを調べるボランティアさん

 

沢沿いは種が流れ、広がりやすいポイントなので念入りに確認。

 

草刈り後の場所で赤ちゃん苗を発見

 

さすがは慣れたものでベテランのパークボランティアさん、発芽したばかりの赤ちゃん苗も見逃さずチェックしてくださいました。

 

登山道沿いにオオハンゴンソウがないかを確認

 

別の班では、一番侵入して欲しくない妙高山・火打山登山道の確認をお願いしました。可憐な高山植物をいつまでも楽しみたいですからね!!!

今回まとめたデータは824(金)に妙高市主催で行われる「笹ヶ峰オオハンゴンソウ駆除作業」での要点駆除箇所を選定する基礎資料として活用していきます。

笹ヶ峰オオハンゴンソウ駆除作業ではオオハンゴンソウ除去ボランティアを募集しています。ご協力いただける方は以下の妙高市HPご確認の上、参加申し込みをお願いします。

妙高市HP

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ