ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

上信越高原国立公園 谷川

64件の記事があります。

2020年12月25日大寒波到来のみなかみ

上信越高原国立公園 谷川 増田 多美

こんにちは!

いくつになっても初雪にテンションが上がってしまう谷川管理官事務所の増田です。

皆さまの地域で雪は降りましたか?

事務所や、現在展示工事を進めている谷川岳インフォメーションセンターは、大雪が降ったとニュースで話題になったみなかみ町にあります。


18()の谷川岳インフォメーションセンター

さて、谷川岳の麓にあるインフォメーションセンターではどのくらい雪が積もったでしょう?


すごい雪の壁ですね。

人が横に立ってみると...


背丈くらいでした!

場所によっては背丈を超えるくらいだったので、170cm前後積もったようです。

 

金曜日に除雪を頑張ったのに土・日曜日にまた雪が降り、月曜日には180cm以上の積雪になっていました。

月曜日は雪の降る中、火曜日は暑いくらい良い天気の中、除雪作業をしました。






▲「疲れた~!」「休憩だ~!」の様子

頑張って除雪をしていると、こんなお客さんが現れました!

鹿!!

除雪は大変な作業でしたが、息を切らしながら雪の中を進む鹿に癒やされました~

インフォメーションセンターがオープンするのは来年度だよ!

来年度また来てね(^_^)/

先週末には谷川岳天神平スキー場や苗場スキー場など国立公園内にあるスキー場が続々と営業を開始しました。

▼すべて1224()撮影

↑谷川岳山頂

↑気持ちよさそうに滑る人

↑レストランから見える武尊山や白毛門などの綺麗な山々

↑スノーシューを履いて登山に向かう団体

これからウィンタースポーツが楽しい季節ですが、雪崩や遭難などに気をつけて楽しみましょうね。

それでは、佳いお年をお迎えください!

ページ先頭へ↑

2020年12月15日上信越高原国立公園の魅力を発信!!

上信越高原国立公園 谷川 増田 多美

皆さまこんにちは。

今年も残り半月ですね。

4月に群馬に来て、あっという間に過ぎた8ヶ月を思い出しながら年の瀬を感じている谷川管理官事務所の増田です。

突然ですが、上信越高原国立公園の公式SNSアカウントを開設しました!

(↑QRコードを読み込むと上信越高原国立公園インスタグラムのページに飛べます)

アクティブ・レンジャー日記にはないリアルタイムな情報や日記には載せきれなかった綺麗な写真など上信越高原国立公園の魅力を発信していきます!

ぜひぜひ見てみてください!

フォロー、いいね!していただけますと、すごく嬉しいです(^^)

ページ先頭へ↑

2020年11月20日国道291号閉鎖しました!

上信越高原国立公園 谷川 増田 多美

皆さまこんにちは。

昼は暖かくても、朝・晩は冷え込み、最低気温が0度を下回る日が出てきました。

この時期は雪が降るギリギリまでストーブを点けるか迷うので、一年で一番部屋の中が寒い、谷川管理官事務所の増田です。

谷川岳麓の一ノ倉沢周遊道路(国道291号)が1116()に冬季閉鎖となりました。

来年度春のオープンまでは徒歩でも原則通行止めとなります。

1110()には電気バスが運休になるほどの大雪が降りましたが、巡視に行った13()にはかなり雪が解けていました。

↑マチガ沢

↑一ノ倉沢

1017日に初冠雪を記録した谷川岳ですが、解けたり積もったりを繰り返し、ここ数日の暖かさで雪はほぼ解けてしましました。


1117()撮影

↑トマノ耳、オキノ耳のアップ

1130()には群馬県谷川岳登山指導センターが閉所し、今年の業務を終えます。

令和3218日の開所式までは休憩舎も利用できなくなりますので、ご注意ください。

↑谷川岳登山指導センターと休憩舎

12月上旬には天神平スキー場がオープンする予定です。

谷川岳では日本海からやってくる雪雲が谷川連峰を越えるときに多くの湿気を落とすため、雪質がサラサラのパウダースノーなんだそうです

谷川連峰の絶景を見ながら滑るのは気持ちが良さそうですね!


1117日(水)に天神平にいたぐんまちゃん。他にも思わず写真を撮りたくなる雪だるまなどがいました☆

ページ先頭へ↑

2020年10月23日苗場山登山道

上信越高原国立公園 谷川 増田 多美

皆さま、こんにちは。

寒い日が増えてきましたね。

休日は家でぬくぬく過ごすことが増えた谷川管理官事務所の増田です。

谷川・苗場地域では紅葉が見頃を迎え、多くの方が訪れています。

1014日(水)に苗場山祓川コースを巡視した際も紅葉登山を楽しまれている方がたくさんいました。

(↑山頂にはベンチやデッキもあり、のんびりと過ごすことが出来ます。)

苗場山には祓川コース、小赤沢コース、赤湯コース・・・といくつか登山コースがありますが、今年度廃道となった登山道が2つありますのでお知らせします。

まずは、ドラゴンドラ、田代ロープウェイを利用する田代ルート。(下図黄色いルートです。クリックすると大きくなります)

ゴンドラから山頂へ軽装での登山者が目立ち、毎年の心配事となっていました。

現在は登山道入り口、祓川コースとの合流地点にロープと閉鎖案内が設置されています。

  

(祓川コースとの合流地点に設置された閉鎖案内)

湯沢町側から苗場山登山を計画されている方は「祓川コース」または「赤湯コース」をご利用ください。

祓川登山口に通じる苗場林道は山麓より2.8km間、道路災害復旧工事のため10月29日(木)まで(土日除く)8:30~12:00、13:00~16:30の間は車両通行止めとなっていますので、ご注意ください。

次に大赤沢新道です。

このコースは登山口が分かりにくく、つづら折りの急登が続く長い距離を歩くコースでしたが、今年廃道となりました。

秋山郷方面から苗場山に登るには小赤沢コースをご利用ください。

↓大赤沢新道には看板が設置されています。

  

田代コース・大赤沢新道は今シーズン刈払いがされていません。

道迷い等の心配もありますので、絶対に通行しないようにお願いします!

苗場山では1016日(金)に初冠雪しました。

また、山頂ヒュッテは1025日(日)までの営業となりますので、登山を考えている方は安全に楽しむために装備のチェック・行動計画をしっかりと立ててくださいね

☆おまけ☆

14日の巡視で撮った写真です。紅葉が綺麗だったので紹介します!


道中見えるカッサ湖(田代湖)と紅葉


富士見坂から見える苗場山


金色に輝く山頂の湿原(風の谷のナウシカ気分になりました( 'ω' )♪)


ページ先頭へ↑

2020年09月18日谷川岳周辺の豪雨による被害について③

上信越高原国立公園 谷川 増田 多美

みなさまこんにちは。

朝は肌寒い日が増え、もうすぐ食欲の秋だとウキウキの谷川管理官事務所の増田です。

今回も99日の豪雨被害の状況について書かせていただきます。

まずは、916日に清水越新道の様子です。

 
左:20.4.15撮影  右:20.9.16撮影

入り口にあった看板は土砂に流されずに済みましたが、橋はどこにあったのか分からなくなっていました。

520日に架けた橋です。(522日に投稿した日記の橋参照)



520日撮影


916日撮影

黄色の丸で囲った部分が橋台です。

矢印で指した岩は同じ岩なので、かなり流路が変わってしまったことがわかります。設置した橋は流され、もう一方の橋台は基盤の岩とともに下流に崩れてしまいました。マチガ沢、一ノ倉沢、幽ノ沢、芝倉沢はどこも沢の流れが大きく変わっており、

一晩降った雨でこんな事になるなんて...やっぱり自然の力は恐ろしいなと感じました。

豪雨災害以降通行止めとなっていた清水越新道ですが、現地確認が終了し、19日(土)より通行可能となります。

通行可能とはなりますが、各沢には橋がかかっておらず雨の際には急な増水にご注意ください。

その場で雨が降っていなくても山の上で降っている場合は沢が増水します。

また、豪雨以降も雨が続いており土砂が安定していない箇所もあるかと思いますので、くれぐれもご注意ください。

続いて国道291号線の様子です。


9月10日にこんな状態だった道路ですが...

通れるようになりました!!

(同じ角度からの写真がなくてすみません。)

一ノ倉沢へ向かう、マイカー規制を行っている区間は、16日に現地調査へ行った際にはまだ土砂が残っていましたが、19日(土)から電気バス・歩行者の通行が可能になるそうです。


(みなかみ町HPに電気バスについて書かれていますのでご覧ください。https://www.town.minakami.gunma.jp/life/13machi_fuukei/tanigawa/2016-1031-1253-11.html

マチガ沢前にあるベンチも無事でしたので、のんびりと素晴らしい岩壁を見ることができますよ☺

清水越新道にドングリやトチの実、ヤシャブシの実が落ちていました。

今年はトチの実↓が豊作のようです。


ページ先頭へ↑

2020年09月10日谷川岳周辺の豪雨による被害について②

上信越高原国立公園 谷川 増田 多美

みなさまこんにちは。

谷川管理官事務所の増田です。

谷川岳周辺の99日の豪雨による被害状況を追加でお知らせします。

上↑の地図で黄色に塗りました国道291号は土砂崩れが多く危険なため、歩行者は通行止めです。

これに伴い、巌剛新道・西黒尾根コースを利用しての谷川岳登山はしばらくお控えください。

紫色に塗りました田尻尾根コースも土砂が安定しておらず危険なため、登山はお控えください。

 

土合口駅手前の道路。


田尻尾根コース

また、緑色に塗りました清水越新道も通行止めとなっています。

入り口にはロープが張ってありますので入らないようにお願いします。

矢印の辺りに橋があるはずですが、土砂に埋もれていました。

ページ先頭へ↑

2020年09月10日谷川岳周辺の豪雨による被害について

上信越高原国立公園 谷川 増田 多美

みなさまこんにちは。

谷川管理官事務所の増田です。

谷川岳周辺の99日の豪雨による被害状況をお知らせします。

ロープウェイ手前の道路が陥没し、通行不可となっています。

動画(↓下記URL)を山岳指導センターさんに頂きましたので、ご覧ください。

https://d.kuku.lu/4b033b8641

910日はロープウェイが運休となります。

明日以降の運休再開については、下記HPでご確認ください。

http://www.tanigawadake-rw.com/item/7820

国道291(一ノ倉沢までの道)は土砂崩れ・倒木等により国道が埋まっている箇所があります。

また、土砂が安定していないため更に崩れる恐れのある危険な状態です。

それによって国道291号は通行不可、土合口駅~一ノ倉沢の電気バスもしばらく運休となります。

登山道・清水越新道は未確認ではありますが、土砂崩れや倒木、登山道の崩壊等が予想されます。

山岳指導センターHPに豪雨被害について随時更新されていますのでチェックしてみてください。

http://tanigawadake.ec-net.jp/index.htm

夏の山沿いは上昇気流が発生しやすく、積乱雲ができやすいため夕立・ゲリラ豪雨が降りやすいです。

谷川岳含め山へ行かれる際は情報収集をしっかりとし、無理のない行動計画を立ててくださいね(._.)

ページ先頭へ↑

2020年08月25日秋の気配がする谷川岳

上信越高原国立公園 谷川 増田 多美

皆さまこんにちは。

谷川管理官事務所の増田です。

暦の上では立秋を過ぎましたが、まだまだ暑い日は続きそうですね。

でも谷川岳ではすでに秋の気配を感じることができます。

今回は819日に秋の気配のする谷川岳に登りましたので、その様子をご紹介します。

谷川岳には登山コースがいくつかありますが、この日は巌剛新道から登りました。

(↓黄色く塗ったのが今回登ったルート)


まず、↑地図上①と書いてある場所。

  

巌剛新道はマチガ沢を右手に見ながら登ることができ、第一見晴ではマチガ沢が目の前に見えます。

そして、振り返ると白毛門が見えます。写真で見てもかっこいいですね。

(↑地図には記載がない場合が多いですが、巌剛新道にも鎖場やハシゴがあります。)

森林限界を越える辺りで西黒尾根コースと合流します。

稜線に出るので視界が一気に開けます。

黄色い矢印の所よーく見てください。あの形は...

そうです!富士山です!!

天気が良いと富士山や八ヶ岳まで望むことができますよ

続いて地図②の地点では、お花がたくさん咲いていました。

  

左:ハクバブシ 右:ワレモコウ

  

左:ミヤマシャジン 右:ツリガネニンジン

ツリガネニンジンは夏の終わりから秋の始めに咲く植物なので、もし見つけたら秋が近づいているんだなぁと季節の移ろいを感じてください(^^)

この可愛いお花たちが咲いている地点②ですが、高度感のある岩場の急坂が続きます。

高所恐怖症の私には厳しいルートでした。

ルートには黄色の印が付けられていますが、下山時には傾斜がきついため印が見えづらく道迷い遭難が毎年発生しているそうです。

装備や体力を確認し、少しでも不安があれば天神尾根から下山するようにしてください。

次に③の地点です。

  

左:主脈とススキ 右:ヤマハハコ

山小屋付近では早くも秋の気配を感じられました。

秋の七草であるススキ、秋の到来を告げるヤマハハコが咲いていました。

最後に④の地点です。

来年度春オープン予定の谷川岳インフォメーションセンター展示用の撮影を行いました。

天気が悪く綺麗な景色が見られなかった人や山を登ることが難しい人等が、登山や山頂の様子を楽しめる臨場感のあるVRなどを作成します

お天気にも恵まれ最高の撮影日和となった819日ですが、谷川岳は気象の変化が激しい山です。

落雷の影響で運休していた谷川岳ロープウェーは825日に復旧しましたが、登られる際には余裕を持って行動してくださいますようお願いします。

※運行状況はHP等でご確認ください。<http://www.tanigawadake-rw.com/>

ちなみに...

  

↑落雷にあったと言われるトマの耳の標識。真っ二つにヒビがが入ってしまいました。

左:6月23日撮影 右:8月19日撮影


ページ先頭へ↑

2020年07月31日シカ対策

上信越高原国立公園 谷川 増田 多美

みなさまこんにちは。

谷川・苗場地域でたくさんのアジサイが咲いていました。

長引く梅雨に嫌になりますが、アジサイと雨の組み合わせが好きな谷川管理官事務所の増田です。

  

  

左上:谷川温泉 恋沢ガーデン  谷川岳南面のマナイタグラを見ることが出来ます。

右上:谷川富士浅間神社の手水舎  江戸時代以前からの山岳信仰の参拝道があります。

左下:山鳥原公園  新潟県湯沢町にある公園。ヤマアジサイの八重咲きが咲いていました。

右下:一ノ倉沢トレッキングコース  谷川岳の見所である一ノ倉沢を楽しめるコース。歩道脇にはヤマアジサイが多く咲いていました。

突然ですが皆さん、↑上の写真の植物が何か分かりますか?

???なんだこれって感じですね。

実はこの植物...

シカに食べられてしまったニッコウキスゲです。

本当は↓下の写真のように鮮やかな黄色い花をつけます。

今回は、そんなニッコウキスゲをシカによる食害から守るため侵入防止柵を設置しましたので、その様子をご紹介します。

7月13日、当日のメンバーは赤谷森林ふれあい推進センター、関東森林管理局、日本自然保護協会、赤谷プロジェクト地域協議会、三国山の会、平標山の家、、環境省職員です。

みんなでシカ柵の資材をそれぞれカバンに詰め、支柱を持ち、いざ!出発!

途中休憩をとりながら登っていきます。

設置場所に到着しました。ニッコウキスゲの様子はどうでしょう。

黄色の矢印で示した所はシカに食べられたニッコウキスゲです。

以前はたくさん咲いていたニッコウキスゲですが、シカの摂食とササの侵入等により数がかなり減ってしまいました。

さぁ、いよいよ柵の設置開始です!

まずは3m間隔で支柱を設置し、ネットを張っていきます。

  

次にアンカー杭を地面に打ち込みシカがネットの下から潜り込むのを防ぎます。支柱補強ロープを張り、

  

ネットを支柱に固定し、最後にシカ柵設置についての貼り紙をし、完成です!

  貼り紙→ 

さらっと書きましたが、最初はネットをピンッと張りすぎてしまい、アンカー杭を地面に打ち込む際にネットの丈が最後足りなくなってしまい、ネットの張り直しをしたり...と実は大変でした。

ニッコウキスゲは種から花をつけるまで約7年かかると言われており、お花畑が復活するには非常に時間がかかります。

いつか以前のようなニッコウキスゲの群落が戻るといいなと思います。

********

上信越高原国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。上信越高原国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2020年07月17日密です

上信越高原国立公園 谷川 増田 多美

みなさまこんにちは。

ここ最近巡視や現地調査の度に雨に降られ、梅雨明けが待ち遠しい谷川管理官事務所の増田です。

人間界ではソーシャルディスタンスを保ちましょう。と言われていますが、

植物の世界では関係なしにくっついています。

今回はそんな可愛らしい密になっている植物の姿を紹介していきます!

まずは、623日に谷川岳で見つけた可愛い密な植物です。

 

左:マイヅルソウ  右:ミヤマキンポウゲ

 

左:ホソバヒナウスユキソウ  右:ハクサンイチゲ

ホソバヒナウスユキソウは谷川岳と尾瀬の至仏山にのみ分布する珍しいお花です。

 ←ヨツバシオガマ(手前のお花)とミヤマキンポウゲ

谷川岳は初級者向けのコースから上級者向けのコースと様々なコースがあるので、登山レベルに応じた楽しみ方のできる日本百名山の一つです。

ホソバヒナウスユキソウのほかに、ジョウシュウアズマギクやオゼソウなど分布が限られているお花がいくつか生育していますよ☺

次に626日に平標山で見つけた密なお花です。

 

左:ゴゼンタチバナとツマトリソウ  右:アカモノ

 

左:ハクサンコザクラとチングルマ  右:ミヤマキンバイ

お花の山として人気なだけあって、このほかにも多くのお花が咲いていました。

写真を撮るのに夢中でお花畑に踏み込まないよう、気をつけましょう。

踏み荒らされてしまうと裸地化してしまい、綺麗なお花がみられなくなってしまいます(._.)

次に72日に苗場山で見つけた密なお花です。

 

左:イワカガミと2匹のモンシロチョウ  右:ワタスゲ

 

左:ベニサラサドウダン  右:オオシラビソの葉芽

山頂には環境省が定める日本の重要湿地500にも選ばれている自然豊かな湿原が広がり、たくさんの池塘が点在しています。

そこはまさしく「天空の楽園」でした!

↑苗場山山頂

いかがでしたか?

これからの時期人間が密になっていると暑苦しく感じますが、お花だと可愛らしくて癒やされますね

********

上信越高原国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。上信越高原国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ