ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

上信越高原国立公園 志賀高原

168件の記事があります。

2022年05月16日志賀高原 少しずつ春

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

志賀高原では、新緑が標高の高いほうへと移っています。

坊平橋から坊寺山を望む

<標高約1,200mにある坊平(ぼうだいら)橋から坊寺山(ぼうでらやま:標高1,839m)を望む。新緑の木々による淡い緑が標高の高いほうへ上っていますが、山頂に近づくほど新緑がまばらになります。手前の濃い緑は常緑樹。5月12日撮影。>

標高1,500mにある志賀高原管理官事務所近くにある蓮池(はすいけ)では、若葉の展開が始まっている木もありますが、全体としては枝が目立ちます。

事務所から蓮池を望む

<事務所から蓮池を望む。奥の山の斜面も標高の低いところでは葉が展開して、緑に見えます。5月16日撮影。>

また、事務所近くのスキー場ではミズバショウが見頃です。

ミズバショウ

<積雪期は滑走コースとなる場所です。右奥に残雪があります。5月16日撮影。>

ニッコウキスゲの若葉

<すぐ近くではニッコウキスゲが群生しています。まだ若葉です。花の見頃は6月下旬から7月上旬です。5月16日撮影。>

■新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご旅行にあたっては、出発前後の健康観察を徹底していただくようお願いします。また、旅行中もマスク着用、手洗い、「密」の回避など、基本的な感染対策の徹底をお願いします。

ページ先頭へ↑

2022年05月11日志賀高原 池めぐりコースの状況

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

志賀高原では、まだ営業しているスキー場があります。

多くのスキー場は先のゴールデンウイークで営業を終えましたが、最も標高の高い所にあるスキー場は、6月5日までの営業を予定しています。

お出かけの際は、出発前後も含めて、健康観察や新型コロナウイルスへの感染対策を行っていただくようお願いいたします。

また、標高の高い所では、路面の凍結や積雪の可能性がまだあります。冬用タイヤを装着するか滑り止めを携行するなど準備をお願いします。

一方、トレッキングコースは、まだ積雪が残っているので、グリーンシーズンの装備ではトレッキングに適さないコースが多い状況です。

トレッキングコースの状況は、志賀高原観光協会のページ<https://www.shigakogen.gr.jp/news/trekking.html>で発信されています。

さて、5月10日に「池めぐりコース」のうち、硯川から四十八池(しじゅうはちいけ)湿原までを往復しました。四十八池湿原近くにある環境省の整備した公衆便所が、雪で損傷を受けていないかどうかを確認することが目的でした。

この日は1組2名とすれ違いました。

区間のほとんどに積雪がありました。

雪の状態は、沈むようなところがあったり、蹴り込まないと足場ができないようなところがあったり、まちまちです。

池めぐりコースには残雪があります

<積雪があるので慣れていないと進行方向を見つけづらいです。雪が白いのは前日5月9日に雪が降ったため。この場所の標高は約1,850m。道は北向き斜面の中腹にあり、植生は常緑の針葉樹が主なので、日影が多いです。>

残雪は1mくらいあります

<残雪の深さの目安。手前の円柱は地上の高さが150cmくらいの誘導標識で、30cmほどが雪の上に出ています。奥の誘導標識も地上の高さが150cmくらいで、半分ほどが雪の上に出ています。左の雪囲いのある建物が四十八池公衆便所です。>

四十八池湿原の残雪

<四十八池湿原の残雪の状況です。地面が見えたり、木道が見えたりしています。左が志賀山、右が裏志賀山。>

四十八池湿原の西にある元池

<四十八池湿原の西側にある「元池」。奥に見えるのは裏志賀山。火山活動によってできたと言われています。雪のある時期には近くまで行けます。>

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、引き続き、「三つの密」を徹底的に避ける、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」及び「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染対策の実施をお願いします。

また、ご旅行にあたっては、出発前後の健康観察を徹底していただくようお願いします。

ページ先頭へ↑

2022年03月09日志賀高原でナイトシャトルバスを運行

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

直前の情報になりますが、志賀高原では期間限定の「ナイトシャトルバス(無料)」が運行されます。

ご乗車の車内でクーポン券やプレゼントの配布があり、ご乗車のアンケートに答えていただいた方には抽選でのプレゼントもあります。

また、ナイトシャトルバスの運行時間に合わせた、店舗・施設の特別営業もあります。

志賀高原内で宿泊いただき、ナイトシャトルバスでお出かけください。

なお、ご利用の際は、新型コロナウイルス感染対策を行なっていただくようお願いいたします。

ナイトシャトルバスや店舗の詳細は志賀高原観光協会のwebページをご覧ください。

<https://www.shigakogen.gr.jp/news/2027.html>

概要は次のとおりです。

■運行日

3月10日(木)・11日(金)・12日(土)及び

3月17日(木)・18日(金)・19日(土)・20日(日)

■運行路線

ブルーライン

横手山スキー場(陽坂)→志賀高原山の駅→志賀山温泉(ジャイアント)→志賀高原山の駅→横手山スキー場(陽坂)

レッドライン

奥志賀高原ホテル→志賀高原山の駅→奥志賀高原ホテル

「志賀高原山の駅」で両路線を乗り継ぎできます。

■運行時刻

ブルーライン

主なバス停

1便

2便

3便

4便

横手山スキー場(陽坂)

18:20

19:50

21:30

22:50

志賀高原山の駅 着

18:41

20:11

21:51

23:11

同 発

18:42

20:24

22:06

志賀山温泉

18:49

20:31

22:13

志賀高原山の駅 着

18:58

20:40

22:22

同 発

19:03

20:45

22:27

横手山スキー場(陽坂)

19:24

21:06

22:48

 

レッドライン

主なバス停

1便

2便

3便

4便

奥志賀高原ホテル

18:00

19:42

21:24

23:05

志賀高原山の駅 着

18:40

20:22

22:04

23:45

同 発

19:00

20:42

22:24

奥志賀高原ホテル

19:40

21:22

23:04

 

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、引き続き、「三つの密」を徹底的に避ける、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」及び「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染対策の実施をお願いします。

また、ご旅行にあたっては、出発前後の健康観察を徹底していただくようお願いします。

ページ先頭へ↑

2022年03月07日野沢温泉と志賀高原の積雪

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

志賀高原管理官事務所は長野県山ノ内町志賀高原にありますが、担当する国立公園の区域は6市町村にまたがります。そのうちの一つが野沢温泉村です。

3月5日の野沢温泉村の国立公園内にあるスキー場の様子です。業務ではなく個人的な旅行です。

野沢温泉村のスキー場の道路標識

<スキー場の標高約1,390mにある道路標識です。撮影の順番待ちの方に話を聞くと、「年によって多い少ないがあるけれど、ここまで標識と積雪が近いのは何年ぶりかな。標識まで手が届かない年もあるし。」ということでした。>

野沢温泉村のスキー場の利用者

<スキー場上部の緩斜面のゲレンデ。土曜日で天気が比較的良かったので、多くの人に利用されていました。>

さて、事務所周辺の積雪の様子です。事務所は国立公園内の標高約1,500mにあります。

事務所建物の周囲の様子です。写真右の建物が事務所です。

地面に積もった雪と屋根から滑り落ちた雪がたまって、軒先に迫る高さになっています。

手前の方は一度排雪したので雪の量が少ないです。

志賀高原管理官事務所の周囲の積雪

<雪囲いで事務所入口に通じる階段への雪を防いでいるのですが、板の隙間から雪がはみ出ています。>

事務所の進入路付近では、バックホーが、道路除雪車が道路脇に投げ飛ばしてたまった雪を取り除く作業を行っています。奥の道路が国道292号です。この作業は今シーズン2度目です。

事務所進入路付近の排雪作業

さて、長野県では「この冬どこ行く?ウェルカム信州アクティビティ割!」というスキーリフト券の割引が行われています。

旅行前後も含め新型コロナウイルス感染拡大防止対策をして、どうぞお出かけください。

直接リンクを貼れないので、上の文章をコピペするなどで検索してください。

そのwebページによると、3月8日からは

・割引対象者は「まん延防止等重点措置区域がない都道府県にお住まいの方」に拡大

・割引対象期間は5月31日まで延長

とのことです。

また、新型コロナウイルスの感染状況に応じ、予定を変更する場合があるとのことです。

ただし、志賀高原の全18スキー場共通券の割引期間は5月5日までです。

また、発売時期によって利用できる期間が決められています。お気を付けください。

志賀高原では5月5日以降も営業を予定しているスキー場があります。

この雪の量なので、多くの方に来ていただき、できるだけ長い期間スキー場営業ができると良いと思います。

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、引き続き、「三つの密」を徹底的に避ける、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」及び「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染対策の実施をお願いします。

また、ご旅行にあたっては、出発前後の健康観察を徹底していただくようお願いします。

ページ先頭へ↑

2022年01月19日志賀高原(蓮池)の紅葉の推移

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

1月19日の志賀高原は、久しぶりに、朝からずっと青空を見ることができます。

この日記では、標高1,500mにある志賀高原管理事務所の駐車スペースから蓮池(はすいけ)方面を望む定点撮影した写真を載せてきました。

でも、1月19日には、自然降雪と除雪した雪が高く積もって壁のようになり、蓮池を望むことはできません。

志賀高原管理官事務所前の雪の壁

<いつもの地点から蓮池方面を撮影しましたが、雪が高く積もって蓮池を見ることができません。ポールは長さ2mで赤白それぞれ20cmずつ塗り分けられています。雪の高さはだいたい160cmくらいです。>

続いて、事務所への進入路で、奥が国道292号です。1月19日に撮影した写真と約1か月前の昨年12月20日に撮影した写真を並べます。

志賀高原管理官事務所の進入路の雪の壁

<左が1月19日、右が12月20日。こちらも雪が壁のようになりました。>

このように今年の志賀高原は雪が豊富にあり、ほとんどのスキー場で全面滑走可能です。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ対策をして、志賀高原にお出かけください。

さて、先日まで山ノ内町の楓の館で写真展を行っており、今年度の蓮池の紅葉の推移を整理したものを展示していました。

整理した結果、10月の約1か月は紅葉を見ることができ、10月下旬が紅葉の盛期であったことが分かりました。

蓮池付近での紅葉の見頃は10月上旬から中旬と言われています。それと比べると、今年度の紅葉は長く、遅くまで見ることができたと言えます。

写真は上から、9月27日、10月8日、15日、21日、28日、11月5日、10日に撮影したものです。

蓮池では10月28日頃が紅葉の盛期だったようです。

紅葉が10月下旬で、約3か月経って一番上の写真のように深い雪となりました。

9月27日

池のほとりの低木が赤く色付く

紅葉の推移_10月8日撮影

10月8日

高木が少し色付く

志賀高原蓮池の紅葉の推移_10月15日撮影

10月15日

紅葉が徐々に進み、黄色に色付いた高木が多くなる

志賀高原蓮池の紅葉の推移_10月21日撮影

10月21日

まだ色付きの浅いものがある一方で、落葉し幹や枝が目立つものもある。

この日の朝にも蓮池で降雪があり、奥に見える山の山頂部には雪が残っている。

志賀高原蓮池の紅葉の推移_10月28日撮影 10月28日

奥の山など全体的に紅葉が見られる

志賀高原蓮池の紅葉の推移_11月5日撮影 11月5日

多くの木が色あせる

志賀高原蓮池の紅葉の推移_11月10日撮影

11月10日

ほとんどの木が落葉する

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、引き続き、「三つの密」を徹底的に避ける、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」及び「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染対策の実施をお願いします。

ページ先頭へ↑

2021年12月23日山ノ内町でも写真展を開催中です

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

山ノ内町で開催中の写真展をご案内します。

「国立公園 アクティブ・レンジャー展」は、上信越高原、妙高戸隠連山及び中部山岳の3つの国立公園に所属するアクティブ・レンジャーが、日々の活動で撮影した景色や動植物、国立公園に関わる方々の活動の様子などを展示する写真展です。

■会場 楓の館(長野電鉄湯田中駅旧駅舎) 長野県下高井郡山ノ内町

■期間 令和4年1月16日(日)まで

    休館日1月4日(火)です。ご注意ください。

■時間 10時から20時まで

会場の「楓の館」は、志賀高原の麓にあります。

また、会場の隣には日帰り入浴施設があります。そのついでにでもご覧ください。

志賀高原でスキー → 日帰り入浴 → 写真展観覧 という流れはいかがでしょうか。

写真展の会場は湯田中駅の旧駅舎

<会場は、駅舎として使われていました。この小窓は切符の販売窓口だったのだろうと思います。アーチ型の窓枠に時代の流れを感じます。>

※写真展をご観覧の際は、アンケートにご協力をお願いします。

<山ノ内町に特化したコーナーを作っています。今後、写真を増やす予定です。>

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、引き続き、「三つの密」を徹底的に避ける、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」及び「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染対策の実施をお願いします。

ページ先頭へ↑

2021年12月21日スキー場の滑走可能エリアが広がっています

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

国立公園のイメージは、尾瀬や屋久島のような自然の大風景を思い浮かべるかもしれません。他方、志賀高原のようにすぐれた自然もあり、スキー場のようなレクリエーションに適した場所もあるという地区もあります。

志賀高原のスキー場は11月19日にオープンし、その後の自然降雪や人工降雪により滑走可能エリアが広がっています。どうぞお出かけください。

なお、お出かけの際には、新型コロナウイルスの感染拡大防止の対策をお願いします。

■自家用車でお出かけの際はスタッドレスタイヤを装着してください。タイヤチェーンの場合は麓の上林(かんばやし)での装着をおすすめします。

■志賀高原までの雪道運転に不安を感じる方は、長野駅、湯田中駅または上林などからバスを利用する手段もあります。

■志賀高原や周辺箇所のほぼリアルタイムの道路状況は、長野県の道路気象情報のページで確認できます。<http://hokushin.pref-nagano-roadcamera.jp/>

このページでは、気温、路温、降雪状況またはライブカメラ映像などが表示されます。天気予報のサイトなどとともに確認いただくとお出かけの参考になると思います。

(直接リンクは禁止されているので、上のアドレスを入力するか、「道路気象情報 北信」で検索してください。)

さて、志賀高原管理官事務所は国立公園内の標高約1,500mにあります。

事務所の辺りでは11月下旬にまとまった降雪があり、その後の降雪により今日まで地面が見えることなく雪の積もった状態が続いています。

12月20日正午頃に撮影。

・中央下の左右方向に国道292号があります。気温がプラスになったり、除雪車が雪かきしたりすると、路面が見えるようになります

・中央右よりに蓮池(はすいけ)という池があるのですが、11月下旬の降雪以降、水面は見えないままです。

・右奥に見えるスキー場は滑走可です。

道路や池の場所の参考のために8月6日に撮影した写真を載せます。四季がはっきりしている場所だと感じます。

事務所から蓮池を望む。8月6日撮影。

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、引き続き、「三つの密」を徹底的に避ける、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」及び「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染対策の実施をお願いします。

ページ先頭へ↑

2021年11月22日赤とんぼとエビのしっぽ

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

■赤とんぼ

志賀高原管理官事務所の近くにある蓮池(標高約1,500m)で、11月17日に赤とんぼを見ました。

11月17日に蓮池で赤とんぼ

<打水産卵をしていました。このほかに単独の2個体(同一個体かもしれません)を確認。種類を同定できる写真は撮れませんでした。>

蓮池では、既に降雪が何度かあり、最低気温が0℃前後の日が続いています。

このトンボはいったいどこで過ごしていたのでしょう? とても不思議です。

寒さに強い種類なのか? 志賀高原には温泉があるので、寒さをしのげるような環境が局所的にできているのか? と考えたりしますが。

■エビのしっぽ

岩菅山(いわすげやま、標高2,295m)の山頂部で撮影しました。

岩菅山山頂のえびのしっぽ

<11月18日撮影。手前は志賀高原の山々。奥の山並みは北アルプス(≒中部山岳国立公園)。>

「エビのしっぽ」は、空気中の過冷却な水滴(0℃以下の水滴)が木などにぶつかった衝撃で瞬間的に凍り付き、次々にぶつかり長く伸び、エビのしっぽのような形になったものです。霧氷(むひょう)と呼ばれる現象の一つです。

この岩菅山のエビのしっぽがさらに成長するかどうかは天候次第です。この日は太陽が見え隠れする天気で、歩いていると氷が落ちる音がしていました。

エビのしっぽがさらに成長したり、降雪で雪が付着したりすると「樹氷」や「スノーモンスター」と呼ばれるものになります。

根子岳の樹氷

<根子(ねこ)岳の山頂部のスノーモンスター。根子岳は長野県須坂市と上田市の境に山頂があります。平成27年2月12日撮影。>

岩菅山も根子岳も歩いて上って写真を撮影しました。

でも、志賀高原やその周辺のスキー場ではリフトやゴンドラを使って、ほとんど歩くことなく霧氷や樹氷を見ることができます。その時期が来たら情報発信します。

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、引き続き、「三つの密」を徹底的に避ける、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」及び「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染対策の実施をお願いします。

ページ先頭へ↑

2021年11月16日志賀高原 スキー場のオープンまでもう少し

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

志賀高原では、標高の低い所でも紅葉が終わりました。

また、志賀高原や周辺では冬期閉鎖区間の規制が始まったので、志賀高原へのアクセスは、山ノ内町市街地から国道292号を通るルートのみになりました。

さて、志賀高原の琵琶(びわ)池では、先日まで水位が低い状態が続いていました。

水位の下がった琵琶池

<水位の下がった琵琶池。11月10日撮影。>

琵琶池の水は発電に利用されています。発電所への取水口での作業のため水位を下げていました。

なお、国立公園の特別地域内の河川、湖沼の水位・水量の増減については、自然公園法の許可を要する行為です。行為をお考えの際は相談ください。

琵琶池の取水口での作業

<取水口での作業の様子。11月10日撮影。>

琵琶池周辺の地図です。

これを見ると、琵琶池には、東(地図の右側)にある横湯川からと、南(地図の下側)にある角間川からの2つの水路があることが分かります。角間川からの水は丸池をいったん経て琵琶池に流入します。

取水口は琵琶池の北西側にあり、発電所へ導水されます。発電所との標高差は約400mです。

琵琶池への水路

<地理院タイルに琵琶池と発電所への水の流れを説明する語句を追記した>

ちなみに、琵琶池からの水を利用している平穏(ひらお)第一発電所は、岡鹿之助さん(洋画家、1898年-1978年)の「雪の発電所」(1956年)のモデルになったものです。この作品に描かれたのと同じ建物が現在も使われています。この発電所も国立公園内にあります。

では、本題。

志賀高原のスキー場では、人工降雪機のあるスキー場でも気温が下がらないので雪づくりには苦労されているようです。それでも、志賀高原で最も標高の高い所にあるスキー場では19日に一部コースをオープン予定とのこと。

ウインターシーズンが始まります。

志賀高原など上信越高原国立公園の標高の高い所へは、冬用タイヤ装着やチェーンを携行してお出かけください。

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、引き続き、「三つの密」を徹底的に避ける、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」及び「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染対策の実施をお願いします。

ページ先頭へ↑

2021年11月02日志賀高原の紅葉は標高の低い所へ

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

今年も長い期間、紅葉を楽しめています。

11月になり、標高の高い所では紅葉の終盤です。紅葉の見頃の場所は標高の低い所に移っています。写真は11月2日撮影。

■蓮池(標高約1,500m)

蓮池の紅葉は終盤

<色あせや落葉した木が目立ち始めました。紅葉の見頃を過ぎたように感じます。志賀高原管理官事務所から蓮池を望む。>

■琵琶池(標高約1,400m)

琵琶池の紅葉は見頃をやや過ぎた

<紅葉の見頃を少し過ぎたように感じますが、日が当たるとまだ見栄えがします。奥に見える坊寺(ぼうでら)山の山頂部の木々は落葉しています。>

・池の水が発電に使われるので水位の増減があります。水位が少なく岸が現れています。

■坊平(ぼうだいら)(標高約1,200m)

坊平付近は紅葉の見頃

<紅葉の見頃なのですが、落葉した木も目立ちます。坊平橋から坊寺山(右)を望む。>

・この近くには色付いたカラマツも見られます。

・中央の谷間に「澗満滝(かんまんだき)」があります。滝の落差は100mを超えると言われています。国道292号沿いの駐車場から徒歩2分で展望台があります。

さて、志賀高原及び周辺では道路の冬季閉鎖の日時が迫ってきました。

■11月4日(木)10時から 野沢温泉村、木島平村及び栄村から志賀高原への道路

■11月10日(水)15時から 高山村の山田牧場から志賀高原への道路

■11月11日(木)15時から 須坂市の五味池破風高原に通じる道路

■11月12日(金)15時から 国道292号の長野県山ノ内町陽坂から群馬県草津町天狗山ゲートの区間

■11月12日(金)15時から 高山村牧から群馬県万座方面への道路

(情報源は長野県北信建設事務所の道路情報、長野県須坂建設事務所の道路情報及び栄村の道路情報)

この時期、志賀高原など上信越高原国立公園の標高の高い所では、天候により道路が積雪や凍結することがあります。お車でお出かけの際は冬用タイヤの装着やチェーンの携行をしてください。

また、積雪や凍結により道路が一時的に通行止めになることがあります。事前に道路情報や気象情報をご確認ください。

【上信越高原国立公園instagram】

アカウント名「joshinetsukogen_nationalpark」、下の画像からどうぞ。

上信越高原国立公園のインスタグラムのコード

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、引き続き、「三つの密」を徹底的に避ける、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」及び「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染対策の実施をお願いします。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ