ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

中部山岳国立公園 松本

147件の記事があります。

2017年04月18日= ミズバショウが咲き始めました @乗鞍高原 =

中部山岳国立公園 丸山由起子

乗鞍高原にもいよいよ春が訪れました。

 

(2017年4月13日撮影)

観光センターから奈川方面へスーパー林道を少し入った車道脇の湿地にミズバショウが咲き始めていました。

4月8,9日あたりの5月のような陽気に誘われ、いっきに花を咲かせたようです。

しかし、その後寒気が入ってしまって霜に当たり、上の方が茶色く変色して可哀想な状態に・・・

少々気が早かったようですね。

 

こんなにたくさん咲いているのに茶色い変色が残念。

 

けれど一ノ瀬の奥の方のミズバショウ群生地はまだ雪の下。

これから綺麗な花をたくさん咲かせてくれることでしょう。

 

 

冬の間は道路の雪がいっぱいで行くことができなかった一ノ瀬駐車場も道路が除雪され、

雪もぐんぐん融けて、車で行くことができるようになりました。

これは4月13日撮影ですが16日には駐車場の雪はほぼ無くなっています。

 

雪の状況は日々変化しています。

暖かい雨や陽気で雪融けがみるみると進んでいるので、またお知らせしますね。

 

 

あざみ池ではアカゲラをみかけました。

   

今は木の葉が無く、鳥たちを見つけやすい季節です。

ぜひ小さい双眼鏡を片手に乗鞍高原を訪れてみてください。

鳥たちの恋の駆け引きを見ることができるかも?

咲き始めたミズバショウを発見して歩くのも楽しいですよ。

 

※まだ雪が残っているところも多く、長靴等が必要になりますのでご注意ください。

ページ先頭へ↑

2017年02月23日> 冬の乗鞍高原を楽しみませんか? <

中部山岳国立公園 丸山由起子

「冬の中部山岳国立公園は雪に閉ざされてハードルが高い!」とお思いの方、

ぜひ乗鞍高原に冬のアクティビティを満喫しに来て下さい。

信州の春は遅いので、まだ間に合いますよ!

 

乗鞍高原では、国立公園内にあるスキー場はもちろんのこと、

無雪期(夏)の散策路をスノーシューなどで歩くスノートレッキングも人気です。

 

そんなフィールドのひとつが 「一ノ瀬」

 

【 一ノ瀬を見下す 】

平らな広い空間が広がっている場所が「一ノ瀬」です。

小さな起伏はありますが、ほぼ平らな地形のため危険箇所が少なく

スノートレッキング初心者にもおすすめな場所です。

 

 

~ 一ノ瀬の見どころをいくつがご紹介 ~

 

【雪に埋もれたあざみ池】

池の上を歩けてしまうのが冬の醍醐味。

ただし気温が高くなると氷が割れることがありますのでご注意ください。

 

 

【ヤドリギで花が咲いているように見えるシラカバ】

冬はヤドリギがとっても目立ちます。

 

 

【一ノ瀬は歩くスキーで巡るのが楽しい場所】

平らな場所なのでスノーシューよりも実はスキーの方がラクだったりします。

 

 

【乗鞍岳を望む雄大な風景】

 

 

【小さな起伏をスキーで滑り降りるのも楽しい】

こんな楽しみ方はスキーならでは。

子どもたちはソリでも遊べそうですね。(大人が遊んでもいいですが・・)

 

「スキーはやったことがないから・・・」という方、ここ乗鞍の一ノ瀬で

ネイチャースキー(歩くスキー)を楽しんでみませんか?

初めてスキーをするという方もすぐにできるようになると思いますよ。

 

 

【ご注意点】

グリーンシーズンと違って積雪のため道がわかりづらくなっています

最初は地元で設定している冬の散策コースや、ガイドツアーなどでお楽しみいただければと思います。

(乗鞍観光案内所で情報をご確認ください)

レンタルやガイドをやっているところもありますし、地元のお宿で自然体験企画をやっている

ところも多いので、温泉を楽しみつつ冬の乗鞍をのんびり楽しんでみてはいかがでしょうか?

トイレが不自由です

携帯トイレのご持参にご協力ください。(回収BOXが観光案内所に設置されています)

観光案内所では携帯トイレの販売もしております。

※一ノ瀬で現在使用可能なトイレは1箇所(ネイチャープラザ横のトイレ)です。

その1箇所もかなりワイルドな使い心地ですが、冬期仕様ということでご了承ください。

ページ先頭へ↑

2016年11月22日上高地閉山式!

中部山岳国立公園 上高地 佐藤怜子

木々の葉は落葉しはじめ、すぐそこまで冬が近づいてきている 松本からこんにちは。

   

上高地は、今年も11月15日に閉山いたしました。

閉山式も無事に行うことができ、上高地自然保護官事務所も無事に閉所することができました。

来年の4月、上高地自然保護官事務所を開所するまでの期間、私たち上高地事務所職員は松本自然環境事務所勤めとなります。

だから、「松本からこんにちは」となるのです。以後、よろしくお願いいたします。

     

さて、上高地閉山式の話に戻りますと、閉山式は河童橋のたもとで執り行われました。

当日、朝は雨降り。少しずつ天気は回復し、式が始まるころには曇空となりました。

【曇天の開式前】

    

    

閉山式に立ち会おうと、多くの人々が集まりました。

式の初めを告げた時、丁度光が差し込んできて、まるで無事に閉山式を行えたことを祝うかのようでした。

【日の光が差し込みました!!】

    

    

神事では、穂高岳方面に向かって穂高神社の宮司さんが祝詞をあげ、参列者が玉串を供えました。

【我らが環境省の玉串奉納の様子】     【祝詞をあげる様子】

無事に閉山式を行うことができたこと、また、そこに立ち会うことができたこと、ありがたい限りです。

山々への感謝の気持ちを込めて、佐藤も頭を下げました。

【河童橋のたもとに集まった人々】       【環境省長野事務所所長の挨拶】

その後には、河童橋の上で樽酒が振る舞われました。

橋の上は混み合い、残念ながら樽を割る瞬間を写真に撮ることが出来ず・・・。

【樽酒を割る瞬間~音だけ楽しめました~】 

上高地を訪れて下さるみなさま、また来年元気でいらして下さいね!!

そして 我々は、

冬山の安全や、また来年無事に上高地開山を迎えられることを願い、上高地をあとにしました。

ページ先頭へ↑

2016年09月28日> 速報!紅葉情報@乗鞍 <

中部山岳国立公園 丸山由起子

乗鞍からこんにちは。

紅葉情報のお知らせです。

 

<9月26日撮影 冷泉小屋付近>

 

 

<9月26日撮影 冷泉小屋前の沢>

 

<9月17日撮影 冷泉小屋前の沢>

 

上の<冷泉小屋前の沢>写真ですが、26日は熟成された色合いに変わっています。 

今まさに見頃をむかえています!

 

 

今年は天候不順のため紅葉の色づきが心配されました。

乗鞍でも霜にあてられたり紅葉する前に枯れてしまった葉も多く見られていますが、

秋色に衣替えした木々もたくさんあり綺麗に色づいています。

現在、三本滝から位ヶ原山荘までのエコーライン沿いでは、熟成された深い色合いの

紅葉が楽しめます。

<9月26日撮影 三本滝~冷泉小屋間にて>

 

 

位ヶ原山荘より上ではピークを過ぎた感がありますが、遠目に見ればまだまだ綺麗です。

<9月26日撮影 肩の小屋口~位ヶ原山荘間にて>

 

  

エコーライン沿いだけでなく、上から見ても綺麗です。

<9月26日撮影 畳平~肩の小屋へ行く歩道にて>

 

 

綺麗な紅葉を見られる期間は短いので、ぜひ早めにおでかけください!

ページ先頭へ↑

2016年09月06日開催中☆アクティブレンジャー国立公園写真展 @乗鞍高原

中部山岳国立公園 丸山由起子

乗鞍からこんにちは。

 

『アクティブレンジャー国立公園写真展』が、休暇村乗鞍高原内の

西館湯上がり休憩スペースにて好評開催中です!

 ※ 詳細はコチラ→ 「 http://chubu.env.go.jp/nagano/to_2016/28_5.html 」

 

お風呂上がりにゆっくり眺めるのにとても良い場所です。

写真展は入場無料ですがお風呂をご利用されないでご覧になってくださる方は

フロントでお声がけをしてくださいね。

 

 

飾られている写真は、長野自然環境事務所管内の3つの国立公園(中部山岳国立公園・

妙高戸隠連山国立公園・上信越高原国立公園)で働くアクティブレンジャーが、

昨年度一年間の仕事の中で出逢った情景の中から「これぞ!」というものを選出しました。

それぞれの国立公園の魅力が凝縮された1枚になっていると思います。

 

乗鞍へお出かけの際にはどうぞお立ち寄りください!

ページ先頭へ↑

2016年08月17日山の日 @松本城

中部山岳国立公園 松本 丸山由起子

こんにちは

8月11日「山の日」は良いお天気に恵まれました。

皇太子殿下ご一家をはじめ、上高地を訪れた皆さまは最高の山岳風景を楽しまれたのではないでしょうか。

 

環境省の上高地ブースの紹介を上高地アクティブレンジャー関根さんがしてくれましたので

私は松本城ブースの紹介をしたいと思います。

 

松本城ブースでは、上高地には出展しなかった『どうぶつおりがみ』と『生きものぬりえ』が登場!

 

おりがみとぬりえはこどもたちに大好評でした。

 

ぬりえでは、独創的な色づかいの子や、太陽や雲、ウサギ、トリなどを描き加えてくれる子など

個性いっぱいの作品が出来上がっていました。

こどもってすごいな。

 

『どうぶつおりがみ』は戸隠自然保護官事務所の梅田レンジャーと妙高高原自然保護官事務所の

アクティブレンジャー帖地さんが考案したものです。

とってもよくできていて可愛いいので松本自然環境事務所にも少し分けてもらいました。

こどもたち参加のイベント等で楽しんでもらいたいと思います。

どうぶつおりがみの完成写真は妙高高原の帖地さんの記事をぜひご覧になってくださいね。

→→ ジオパーク新潟国際フォーラム開催報告

 

 

そして上高地ブース同様、11名山から行ってみたい山3つを投票してもらいました。

 

11名山は長野自然環境事務所管内の自然保護官事務所の各保護官オススメの山です。

各保護官よりすぐりの写真とコメントで魅力をアピールしてあります。

 

結果はというと・・・ここでも穂高岳が人気トップ!

やっぱり穂高岳は行ったことがあってもなくても憧れの山なんですね~

でも私の担当地区のお山、乗鞍岳も「昨日行ってきたよ」「明日行くよ」とおっしゃる方も多く、

大健闘していたので嬉しいです。

 

そういえば乗鞍岳や火打山は「紅葉の写真が綺麗ね~」と投票してくださる方が多かったですね。

高い山では高山植物で最後に咲き始めるトウヤクリンドウがもう咲き始めています。

 

まだまだ暑いですが、秋の足音はすぐそこに?

紅葉の山も楽しみですね。

ページ先頭へ↑

2016年06月30日外来植物除去作業 @乗鞍高原

中部山岳国立公園 丸山由起子

乗鞍からこんにちは。

 

外来植物除去作業が各地で絶賛開催中ですね(*^_^*)

乗鞍でも始まり、長野県自然保護レンジャー安曇連絡会主催の外来植物除去作業に参加してまいりました。

 

【乗鞍自然保護センターの方から本日の作業説明】

今回の参加者は、長野県自然保護レンジャーの方々や地元企業の有志さん達など総勢約10名でした。

 

場所は乗鞍高原のスキー場、 

対象となったのは「オオハンゴンソウ(特定外来生物)」と「アラゲハンゴンソウ」です。

※ 出展:環境省 「特定外来生物同定マニュアル」 

→ https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/manual/shokubutsu2.pdf 

 

例年は花が咲く7月に行っていますが、暑さや周りの草が生い茂って作業が大変になることから

今年は花が咲く前の6月に行うことになりました。

花が無いので葉だけで探さなくてはならず、周辺には葉の形状が似ているヨモギが群生しているため

作業始めは探し当てるのが難しかったです。

そもそも新米な私はこれが初の外来植物除去作業(汗)・・・ベテランの県のレンジャーさんたちに

ご指導いただき、とても助かりました。 ありがとうございます!!

 

 

【除去作業風景】

私同様初めて参加と思われる地元企業の若い男子くんたちは、

「どれだかわかんねーよー」 「それはヨモギだろ、これだよ、これ!」などと

賑やかに作業をしていました (*^_^*)

そして、この季節は小虫が多いので虫除けネットや防虫スプレーが必須!と次回のためにメモメモ・・・

 

 

抜いたものは全部処分するとカサが多くなるため、花芽のある上の方と根の部分を切り取って処分します。

 

  

本日の成果です

45Lほどの袋、4袋分を除去できました。

花が咲く前なので成果がいまひとつはっきりしませんが、花の季節に黄色い群落が

できていないことを願います。

 

 

こうして外来植物の除去をしていますが、私自身この仕事に就く前はオオハンゴンソウも

オオキンケイギクもフランスギクも名前すら知らず、道端にたくさん綺麗な花が咲いているな~と

思っていたのが事実です(汗)

植物自体が悪いわけではないし、環境が時代とともに変化していくことも仕方のないことかもしれません。

けれど、優れた景観を維持するために定めた国立公園ですから、日本の自然はこんなだと在来種を守って

未来に残していきたいですね!

 

除去作業は成果が見えづらく根気のいる地道な作業で、多くの人の手が必要です。

機会がありましたら、ぜひご協力をお願いいたします。

  

■ お願い ■

国立公園内で除去作業を行う場合は、まずはお近くの自然保護官事務所等にご相談ください。

ページ先頭へ↑

2016年06月03日乗鞍高原 『すもも祭り』

中部山岳国立公園 松本 丸山由起子

快晴の空の下、「すもも祭り」が5月22日に乗鞍高原の一ノ瀬牧場で開催されました。

春を告げ、観光シーズンの始まりとなる行事ですが、残念なことに今年は季節の進みが早く

スモモの花は開催1週間ほど前に終わってしまっていました。

 

すもも祭り当日はコナシが花盛りでした。

 

 

柔らかい色の新緑と乗鞍岳が見守る中、安全祈願の神事や鏡開きが行われました。

 

個人的にはお供えのひときわ目立つパイナップルが気になります・・・

山の神様は南国のフルーツがお好き?

 

  

さて、神事・式典終了後は待ちに待ったお祭りの始まりです。

訪れた皆さんは無料で振る舞われた手打ちソバや山菜天ぷらに舌鼓をうちつつ、アルプホルンの演奏や、

高校書道部のパフォーマンスなどを思い思いの場所でのんびりと見物されていました。

  

みなさん草の上にシートを敷いて楽しいイベントを見物されています

   

 

高校の書道部によるパフォーマンスはとても華やかでした

  

 

こどもたちも力強い太鼓演奏でお祭りを盛り上げます

 

 

そうそう、今回のすもも祭りは8月11日の山の日のイベントのひとつという位置づけでもあります。

林野庁のはっぴ、目立ってますね~  環境省も負けていられない??

 

初夏の陽射しに涼やかな風が心地よく、乗鞍高原は梅雨入り前のこの時期が一年のうちで

最も良い季節だそうです。

春山バスも大雪渓まで運行されるようになりました。

下界は真夏のように暑い日もありますが高原の空気は爽やかで、頂上付近ではまだ雪を楽しめます。

初夏の乗鞍高原、乗鞍岳に足を運んでみてください。

ページ先頭へ↑

2016年05月09日乗鞍岳春山バス

中部山岳国立公園 松本 丸山由起子

はじめまして

4月より松本自然環境事務所にアクティブレンジャーとして着任しました松本・平湯地区を

担当します 丸山 と申します。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

少し前の話題になりますが、4月20日に乗鞍岳春山バス試運転に参加してまいりました。

 

乗鞍岳の長野県側では冬期閉鎖期間中の県道乗鞍岳線を利用して、乗鞍観光センターから

大雪渓肩の小屋口まで春山バスを運行しています。

今回の試運転は安全対策・環境対策の確認や宣伝広報のために行われ、関係機関や報道関係者が

参加しました。

 

【雪壁とバス】

TV局や新聞社等のカメラマンがベストショットを求めてカメラを向けています。

立山黒部アルペンルートの雪の大谷ほど高さはありませんが、十分迫力のある雪壁です。

 

今年は中部山岳のどこの山もそうですが雪解けがはやく、乗鞍でも雪壁が例年より2~3m

低いそうです。 ただし除雪されている方によると、位ヶ原山荘より上の方では例年並みの

積雪に思えるというお話もありました。

 

この日は位ヶ原山荘の前まで除雪が完了していました。

その先、肩の小屋口までの除雪も着々と進められており、5月中旬頃までには完了するそうです。

 

【位ヶ原山荘と雪壁】

 

 

【位ヶ原山荘にて意見交換会】

位ヶ原山荘で春山バスについて関係者による意見交換会が行われました。

バス運行について事前に十分な安全確認を行うことや国立公園内であるため入山者に対して

環境配慮への注意喚起をしっかり行ってもらいたいとの話がありました。

また今冬は雪崩や大雨によって道路が破損した箇所があったため、その復旧が春山バスの

運行開始に間に合ってよかったとの話も出ていました。

 

乗鞍岳では春山バスを利用して手軽に雪の山を楽しむことができます。

また、麓にある一ノ瀬園地はミズバショウをはじめとする植物を楽しむことができ、

のんびりトレッキングするのも楽しいですよ。

ぜひ、自然環境等に配慮しつつ、乗鞍岳の豊かな自然をお楽しみください!

 

 

【観光センター前の駐車場より自然保護センターと乗鞍岳】

マイカーはこの駐車場あるいは三本滝の駐車場に停めていただき、春山バスにお乗り換えください。

※ 運行の詳細につきましてはアルピコグループのWEBサイト等でご確認ください。

 

ページ先頭へ↑

2016年01月12日平成27年度アクティブ・レンジャー写真展 in 休暇村乗鞍高原

中部山岳国立公園 松本 アクティブレンジャー 関口 拓司

アクティブ・レンジャーの関口です。

  

乗鞍高原にある休暇村乗鞍高原では、現在アクティブ・レンジャー写真展を開催しています。

この写真展では、中部山岳国立公園と上信越高原国立公園、そして平成27年3月に新たに指定された妙高戸隠連山国立公園の3公園で活動するアクティブ・レンジャーが撮影した写真が集められています。

 美しい風景、動物や植物との出会い、道の整備やボランティア活動の様子など、各国立公園で撮影された様々な写真を見ることができます。

 

 

写真の展示は休暇村施設内の入浴施設へ至る通路にて行っています。

スキーや温泉など、乗鞍の散策を楽しんだあと、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

入場は無料ですが、休暇村の宿泊や入浴、食事等施設の利用は有料となりますので、ご了承ください。

 

 

      

  

開催期間・時間

201617日(木)~201627日(日)10:0017:00

  

開催場所

休暇村乗鞍高原 安曇乗鞍温泉館(長野県松本市)

390-1520長野県松本市安曇4307

   

入場

無料(入浴、その他施設の利用は別途有料。)

   

主催及び問い合わせ先

主催:環境省長野自然環境事務所

問合せ先:松本自然環境事務所 Tel : 0263-94-2024

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ