ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年12月13日【報告】藤前干潟サイエンスカフェを実施しました。

国指定藤前干潟鳥獣保護区 西部理恵

藤前干潟から、こんにちは。

アクティブ・レンジャーの西部です。

先日、藤前干潟ふれあい事業の一環として、稲永ビジターセンターで藤前干潟サイエンスカフェ「ヨコエビ~干潟の小さな生きもの」を実施し、大阪市立自然史博物館外来研究員の有山啓之先生をお迎えして、少し内容の濃いヨコエビについてのお話をお聞きしました。

有山啓之先生

<講師の有山啓之先生>

サイエンスカフェの様子

<会場の様子>

当日は、サイエンスカフェと言うことで、通常は飲食禁止の館内を会場の会議室のみ限定で飲食可とさせていただき、地元のイオンスタイル名古屋茶屋から提供いただいたドリンクやお菓子を楽しみながら話を聞きました!

イオンスタイル名古屋茶屋提供

また、お菓子はお隣の名古屋市野鳥観察館や当日参加者からも提供があったため、皆さま、いろいろなお菓子を楽しむことが出来たと思います。

先生のお話では、たくさんのヨコエビの写真を用意していただき、美しいカラフルなヨコエビやサイズが30cmを超える大きなヨコエビなど、世界中に本当にたくさんのヨコエビがいることが分かりました。

また、先生から事前に、"淡水性のヨコエビを捕獲していきます"、とお聞きしていましたので、

我々スタッフも頑張って、地元・藤前干潟産のヨコエビを採取して実物をご覧頂けるようにしました。

なんと保護官が松本でヨコエビを採取してきてくれたので、参加者の皆さんには身近なヨコエビをいろいろと見て頂くことが出来ました。

顕微鏡コーナー藤前干潟サイエンスカフェ 顕微鏡コーナー

<顕微鏡で展示されたヨコエビを観察する参加者>

ヨコエビを描くこども

<先生から配布された資料を見ながらヨコエビを描く参加者>

とっても上手に描いていますね!未来のヨコエビ研究者、、、かな。

最後に実施したアンケートでも、ヨコエビのお話だけでなく、ヨコエビが実際に展示されており観察できたのが良かった!との声が多く聞かれたので良かったです。

これで、中部地方にはちょっとしたヨコエビ・フィーバーが訪れることでしょう!

さて、今回は、干潟の小さな世界の一端をご紹介するサイエンスカフェにしました。

あまり一般的に知られていないヨコエビをテーマにしたので、参加者が集まるかな?と心配したのですが、

上限いっぱい、30名近くの方にご参加頂くことができました。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございます。

こうした一見すると何の役に立っているのかわからない小さな小さな生きものたち。

けれど、実は、彼らこそが干潟を支える重要な役割を担っているのだということを、

少しでも多くの人たちに気がついてもらい、そしてその存在に注目してくれると嬉しいです。

□□□□□藤前干潟よりプチ情報□□□□□

今回は、ヨコエビのサイエンスカフェにちなんで、ヨコエビってエビなの?

この質問、とーーーっても難しい質問です。

藤前干潟で採取したヨコエビ

<藤前干潟で採取したヨコエビ>

皆さんがイメージされるエビは、恐らく、エビフライのエビ、、、

いわゆるブラックタイガーなどがあると思います。

甲殻類(こうかくるい)と言われている仲間で、カニなども含まれますね。

この甲殻類、と言う場合には、ヨコエビもこの仲間に入るので、エビと同じ仲間、と言えます。

けれど、詳しく調べてみると、甲殻類の中にもいろいろな仲間に分けることが出来るのです。

ヨコエビは、エビやカニが含まれる「ホンエビ類」とは別の「フクロエビ類」という仲間に入ります。

また、ヨコエビはエビのような形に見えますが、実は体の構造もエビとは違います。

詳しく見ていくと、エビじゃないよ!と言うことになるのです。

エビやカニは、甲殻類の中でもほんの一部分なのですね。

甲殻類の世界もとっても深くてひろーーーいのです!

ぜひ、皆さま、深くて広い甲殻類の世界に飛び込んでみてください!

ページ先頭へ↑

2019年12月04日室堂での最後の作業

中部山岳国立公園 立山 中山博人

こんにちは、立山管理官事務所の中山です。

今年も残すところ1ヶ月を切りましたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、1130日に立山黒部アルペンルートの営業が終了しました。

11月の降雪後は利用状況の確認のため、定期的に巡視し、地獄谷や保護区域への立ち入りを防止するためのポールや看板の管理を行いました。また、25日からは関係する皆様の協力を得て、仮設野営指定地の管理を行いました。

【立山とみくりが池】1枚目:1126日撮影 2枚目:1130日撮影

26日時点では積雪が少なく、植生や岩がかなり出ていました。2930日の降雪でようやくみくりが池は真っ白になりました。

【仮設野営指定地の様子】1126日撮影

周辺山小屋の営業が終了した25日に開設し、多い日で19張のテントが設営されていました。

20191126仮設野営指定地の様子

【ライチョウ保護区域のポール、看板】1126日撮影

ライチョウ保護のため、血の池周辺に立ち入らないようポールや看板を設置しました。

20191126ライチョウ保護区域のポール、看板

【植生への踏み跡】1126日撮影

残念ながら、ハイマツ等を踏んだ跡が見られました。ライチョウ等の野生動物にとって繁殖場所やエサ場になります。立山の貴重な植物を守るため、植生を踏まないようお願い致します。

20191126植生への踏み跡

29日、30日でライチョウ保護区域周辺や仮設野営指定地周辺のポールや看板等を撤去し、室堂での作業を終了しました。

今シーズンも8ヶ月、四季折々の立山の姿、ライチョウを始めとする生き物たちに出会えたことは本当に良かったです。

また、関係者のみなさまに大変お世話になりました。

来年度もぜひ立山に遊びに来てください!

ページ先頭へ↑

2019年12月02日上高地閉山式と冬期入山のお願い

中部山岳国立公園 上高地 松下裕之

こんにちは。
上高地アクティブレンジャーの松下です。
寒さが一段と厳しくなってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

さて、去る11月15日に「上高地閉山式」が執り行われました。
当日は昨年に引き続き、素晴らしい晴天に恵まれました。
この閉山式は、上高地を訪れていただいた大勢の方々や自然の恵みに感謝するとともに、来シーズンの安全や繁栄を祈願する神事と言われています。

多くの人に見守られて神事が執り行われました。

うっすらと雪化粧している山々は穂高岳です。

閉山式が終わると、上高地も本格的な冬の到来となります。
上高地管理官事務所に勤務していた我々環境省職員も、新島々駅近くの中部山岳国立公園管理事務所で勤務します。

ここで、冬の上高地を訪れる方にご案内いたします。
冬の上高地は厳冬期の山と同じです。すべての施設は閉鎖されています。

必ず冬山装備でお越しいただき、安易な入山は控えてください。
また、以下の『上高地冬期入山ルール』を守ってください。


【参考ホームページ】
 中部地方環境事務所
 http://chubu.env.go.jp/shinetsu/pre_2019/post_84.html

 上高地公式ウェブサイト
 https://www.kamikochi.or.jp/learn/winter


それでは、来年、みなさまと上高地でお会いできることを楽しみにしております。

ページ先頭へ↑

2019年11月29日鳥たちの楽園、能登半島沖の無人島へ!

白山国立公園 森由利子

こんにちは、アクティブレンジャーの森です!

白山は秋山シーズンも終わり、冬の気配を感じるようになってきました。

さて、今月の初めに国指定七ツ島鳥獣保護区の巡視へ行ってきました。

七ツ島とは石川県輪島市にある無人島で、オオミズナギドリの貴重な繁殖地でもあります。

かつて人が持ちこんだアナウサギが繁殖してしまいオオミズナギドリの生息環境を脅かしておりましたが、長年の駆除活動により根絶に成功しました。

↓国指定七ツ島鳥獣保護区内におけるアナウサギの根絶について

http://chubu.env.go.jp/pre_2019/post_44.html

当日は風が凪いだ良い渡航日よりでした。

無人島なので船着き場はここしかありません。

水底まで見える透明な海に柔らかい海風がとても心地よいです。

地面にはオオミズナギドリの巣穴がたくさんあります。

オオミズナギドリは春にこの島へやってきて、このように土を深く掘り巣を作り子育てをします。

(この時ヒナ達はもう巣立っておりました)

アナウサギの数が減ってからは植生も元通りになってきました。

これは植生復元マットの一部です。

島は30分ほどで一周できる大きさです。

植生が復元してからはノアザミ、ススキ、ヨモギ等が見られるように。

これからもオオミズナギドリが安心して子育て出来る美しい島であってほしいですね♪

以下、今回撮った写真の一部です。

「面白い形の岩が」

「ツワブキ越しの海」

「ダイナミックな岩場」

]

・・・七ツ島さようなら!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ