ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年01月16日志賀高原のスキー場はすべてオープンしています

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

雪不足のスキー場はニュースになりますが、営業しているスキー場は残念ながらニュースになりません。なので、「志賀高原のスキー場はすべてオープンしている」ことをあえてお伝えします。

志賀高原には18のスキー場があり、すべてのスキー場がオープンしています。しかも、全面滑走可のスキー場がほとんどです。ぜひ、お出かけください。18のスキー場は国立公園内にあり、スキーとともに良好な景観も楽しむことができます。

このほか、志賀高原自然保護官事務所の担当区域内のスキー場は、野沢温泉村に1つと高山村の山田牧場に1つあり、どちらもオープンしています。

しかし、須坂市の峰の原高原(みねのはらこうげん)のスキー場は残念ながら今シーズンは営業中止です。理由は、10月の台風19号による被災箇所の復旧がオープンまでに間に合わないと判断したため、とのことです。

横手山スキー場からの眺め

<志賀高原の横手山にあるスキー場からの眺め。2011年2月撮影。>

<奥の中央は妙高戸隠連山国立公園の山々。奥の左は中部山岳国立公園(北アルプス)の山並み。>

志賀高原のスキー場の積雪量は、1月16日午前の時点で50cmから100cmと多くないですが、少しずつでもパウダースノーが積もっており、雪質は良い状態です。

ゲレンデ情報は、志賀高原索道協会<https://www.shigakogen-ski.com/>のページなどを参考にどうぞ。(クリックすると新しいウインドウが開きます。)

志賀高原自然保護官事務所から東館山と西館山ののスキー場を望む

<志賀高原自然保護官事務所から見えるスキー場も滑走可です。左が西館山(にしだてやま)のスキー場、右が東館山(ひがしたてやま)のスキー場。右手前の宿泊施設に泊まっている学生の団体がスキー場に向かう姿も見られます。>

サンバレー地区にあるスキー場を滑走する利用者

<志賀高原サンバレー地区にあるスキー場を滑走する学生の団体など。1月15日撮影。>

そして、スキーの後には天然温泉もお楽しみください。

○志賀高原には、「発哺(ほっぽ)温泉」、「熊の湯温泉」、「木戸池温泉」、「熊の湯ほたる温泉」、「志賀山温泉」、「高天ヶ原温泉」、「幕岩温泉」、「丸池・蓮池温泉」と個性豊かな温泉があります。

○山田牧場のスキー場にも、国立公園内に「奥山田温泉」、「七味温泉」、「五色温泉」、「松川渓谷温泉」、「山田温泉」といった温泉があります。

○野沢温泉村のスキー場にも、村名のとおり温泉があります(国立公園外)。

<志賀高原へのお出かけの際の注意喚起>

■運転に注意

志賀高原までの道路は除雪されていますが、凍結や圧雪で路面が滑りやすくなっています。

■スタッドレスタイヤとチェーン

四輪ともスタッドレスタイヤの装着は必須です。また、前輪駆動車は麓でのチェーン装着をお勧めします。

■ディーゼル車の給油

ディーゼル車は麓のガソリンスタンドでの寒冷地用の軽油の給油をお勧めします。志賀高原は気温が低いので、長時間駐車すると、寒冷地用ではない軽油では、エンジンがかかりにくくなる恐れがあります。

<参考>

●雪道の運転が不安な場合は麓から志賀高原まで路線バスなどをご利用ください。麓の上林(かんばやし)に駐車し、志賀高原行きの路線バスに乗る「パーク&ライド」が利用できます。上林はスノーモンキーが見られる地獄谷野猿公苑の入口となる場所です。

●志賀高原の道路状況は、北信建設事務所のライブカメラ<http://hokushin-camera.org/>などを参考にどうぞ。(クリックすると新しいウインドウが開きます。)

ページ先頭へ↑

2020年01月14日今年も盛況、レッツ!パウダースノーシュー

上信越高原国立公園 万座 小林 直樹

1/12(日)に万座しぜん情報館の冬の恒例イベント「レッツ!パウダースノーシュー」に

サポートスタッフとして参加しました。

本年最初のイベントでしたが、今回も盛況でお子さんも含めて12名の参加がありました。

まずは皆スノーシューを装着して準備完了。

そして万座しぜん情報館の館長さんからオープニングの挨拶、

講師やサポートスタッフの紹介、注意事項の説明があります。

【オープニングの様子】

そしてスノーシューハイクのスタートです。

コースは例年通り、牛池周辺の「かたらいの森」を歩きます。

今年は暖冬でどこのスキー場も雪不足に悩んでいますが、

ここ万座も例外でなく、積雪量は例年の半分以下のようです。

牛池周辺でも笹や木道が雪の上に出ている場所が多く見られます。

【笹や木道があらわになったスノーシューハイキングのコース】

 

参加者の皆さんは講師の解説に耳を傾けながら、例年とは異なる万座の冬景色や

動物の足跡を見ながら、森の中の散歩を楽しんでいました。

また、途中で一休みしてのティータイムでは暖かいココアとお菓子を堪能しました。

【講師の解説に耳を傾ける参加者】      【ティータイムを楽しむ参加者】

 

体が暖まってからまた歩き始めます。

そしてコース中最大の巨木の前で記念撮影です。

【記念撮影】

最後は急坂の登りで皆さん四苦八苦しましたが、無事に終点にたどり着きました。

【終盤の急坂に挑む準備】

約2時間半のハイキングを終え、参加者の皆さんには

とても楽しかったと言っていただきました。

「レッツ!パウダースノーシュー」は、2/9(日) と 3/15(日) にも開催されます。

その頃には雪が増えてまた違った景色が見られるかもしれませんね。

万座や草津方面にお越しの際は温泉とセットで是非ご参加ください!

※万座しぜん情報館HP:http://www.manzanc.jp/event

ページ先頭へ↑

2019年12月20日山ノ内町の湯田中駅にて上信越高原国立公園の写真展開催

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

上信越高原国立公園指定70周年である2019年も残りわずかとなりました。

今日(12月20日)から長野県山ノ内町で70周年記念写真展を行っています。場所は長野電鉄の湯田中駅の旧駅舎である「楓の館」です。

来年1月14日までです、どうぞお出かけください。

<山ノ内町用の特設コーナーも設けました。大沼池、四十八池など山ノ内町の国立公園の興味地点を紹介。>

<写真展会場の「湯田中駅旧駅舎(楓の館)」の外観。会場の隣(右奥)に日帰り入浴施設があります。アフタースキーのお風呂のついでに写真展をご覧ください。>

さて、志賀高原のスキー場ですが、

今日、滑走できるスキー場は、18あるスキー場のうち5つです。まだ限られていますが、志賀高原の雪を体感してください。

ページ先頭へ↑

2019年12月13日【報告】藤前干潟サイエンスカフェを実施しました。

国指定藤前干潟鳥獣保護区 西部理恵

藤前干潟から、こんにちは。

アクティブ・レンジャーの西部です。

先日、藤前干潟ふれあい事業の一環として、稲永ビジターセンターで藤前干潟サイエンスカフェ「ヨコエビ~干潟の小さな生きもの」を実施し、大阪市立自然史博物館外来研究員の有山啓之先生をお迎えして、少し内容の濃いヨコエビについてのお話をお聞きしました。

有山啓之先生

<講師の有山啓之先生>

サイエンスカフェの様子

<会場の様子>

当日は、サイエンスカフェと言うことで、通常は飲食禁止の館内を会場の会議室のみ限定で飲食可とさせていただき、地元のイオンスタイル名古屋茶屋から提供いただいたドリンクやお菓子を楽しみながら話を聞きました!

イオンスタイル名古屋茶屋提供

また、お菓子はお隣の名古屋市野鳥観察館や当日参加者からも提供があったため、皆さま、いろいろなお菓子を楽しむことが出来たと思います。

先生のお話では、たくさんのヨコエビの写真を用意していただき、美しいカラフルなヨコエビやサイズが30cmを超える大きなヨコエビなど、世界中に本当にたくさんのヨコエビがいることが分かりました。

また、先生から事前に、"淡水性のヨコエビを捕獲していきます"、とお聞きしていましたので、

我々スタッフも頑張って、地元・藤前干潟産のヨコエビを採取して実物をご覧頂けるようにしました。

なんと保護官が松本でヨコエビを採取してきてくれたので、参加者の皆さんには身近なヨコエビをいろいろと見て頂くことが出来ました。

顕微鏡コーナー藤前干潟サイエンスカフェ 顕微鏡コーナー

<顕微鏡で展示されたヨコエビを観察する参加者>

ヨコエビを描くこども

<先生から配布された資料を見ながらヨコエビを描く参加者>

とっても上手に描いていますね!未来のヨコエビ研究者、、、かな。

最後に実施したアンケートでも、ヨコエビのお話だけでなく、ヨコエビが実際に展示されており観察できたのが良かった!との声が多く聞かれたので良かったです。

これで、中部地方にはちょっとしたヨコエビ・フィーバーが訪れることでしょう!

さて、今回は、干潟の小さな世界の一端をご紹介するサイエンスカフェにしました。

あまり一般的に知られていないヨコエビをテーマにしたので、参加者が集まるかな?と心配したのですが、

上限いっぱい、30名近くの方にご参加頂くことができました。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございます。

こうした一見すると何の役に立っているのかわからない小さな小さな生きものたち。

けれど、実は、彼らこそが干潟を支える重要な役割を担っているのだということを、

少しでも多くの人たちに気がついてもらい、そしてその存在に注目してくれると嬉しいです。

□□□□□藤前干潟よりプチ情報□□□□□

今回は、ヨコエビのサイエンスカフェにちなんで、ヨコエビってエビなの?

この質問、とーーーっても難しい質問です。

藤前干潟で採取したヨコエビ

<藤前干潟で採取したヨコエビ>

皆さんがイメージされるエビは、恐らく、エビフライのエビ、、、

いわゆるブラックタイガーなどがあると思います。

甲殻類(こうかくるい)と言われている仲間で、カニなども含まれますね。

この甲殻類、と言う場合には、ヨコエビもこの仲間に入るので、エビと同じ仲間、と言えます。

けれど、詳しく調べてみると、甲殻類の中にもいろいろな仲間に分けることが出来るのです。

ヨコエビは、エビやカニが含まれる「ホンエビ類」とは別の「フクロエビ類」という仲間に入ります。

また、ヨコエビはエビのような形に見えますが、実は体の構造もエビとは違います。

詳しく見ていくと、エビじゃないよ!と言うことになるのです。

エビやカニは、甲殻類の中でもほんの一部分なのですね。

甲殻類の世界もとっても深くてひろーーーいのです!

ぜひ、皆さま、深くて広い甲殻類の世界に飛び込んでみてください!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ