ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年02月12日白山国立公園パークボランティアを募集します ★3月16日締切★

白山国立公園 大石佳織

みなさん、こんにちは。
白山自然保護官事務所のまわりに少しずつ雪が増え、やっと冬が来たような気がしています。
雪が少ない場所で育った私には、こういう雪景色には、やっぱりちょっとテンションが上がります!(雪道運転は苦手なままですが・・・)


(左:雪に埋もれ、綿帽子をかぶった事務所の看板
 右:事務所の対岸の景色 2月7日撮影)
さて、白銀の世界にテンションが上がったところで、さらにテンションが上がるお知らせです。

なんと、
白山国立公園のパークボランティアを追加募集することになりました!!

メンバーは、山が好きな人はもちろん、
人が好き、役に立つことをするのが好き、動物や植物が好き、写真が好き、体を動かしたり力を使ったりするのが好きなど、いろんなことを好きな人が集まっています。

白山が大好きな、こんなメンバーと一緒に白山国立公園で活動しませんか?


(募集のチラシ。クリックすると大きな画面で見られます)


さらに、
今回は募集説明会を開催します!

「ちょっと気になるけど、何も分からないまま応募するのはちょっと・・・」
「自分に合うかどうか、話を聞いてから考えたい」
など、いきなり応募するには不安があるという方は、お気軽に募集説明会にお越しください。

★ 応募締切は3月16日(月)です ★
応募要件や申込み方法、説明会など、詳細は中部地方環境事務所のホームページでご確認ください。
中部地方環境事務所URL http://chubu.env.go.jp/index.html


説明会へのご参加やご応募をお待ちしてます!

*** 募集説明会情報 *******************
下記の日程・場所で開催します。
参加無料、申込み不要!
募集説明会に参加しなくても応募は可能です♪

1)石川県白山市会場
日時:令和2年2月22日(土) 14:00~15:00
場所:白山市松任学習センター プララ(石川県白山市古城町305番地)

2)福井県福井市会場
日時:令和2年3月6日(金) 19:00~20:00
場所:ふくい県民活動ボランティアセンター(福井市手寄一丁目4番1号 AOSSA
7階)

3)石川県金沢市会場
日時:令和2年3月7日(土) 14:00~15:00
場所:モンベル金沢店(石川県金沢市本町1-5-3 リファーレ1階)


*** 写真展も開催中! ***************

白山国立公園パークボランティア写真展2020も開催中です。
詳しくは下記をご覧ください♪
2020年01月31日白山国立公園パークボランティア写真展 ♪開催♪

**************************

ページ先頭へ↑

2020年02月12日~「クビアカツヤカミキリ被害樹木の伐採について」~

国指定藤前干潟鳥獣保護区 名古屋 山﨑 陽子

皆さま、こんにちは。アクティブレンジャーの山﨑です。

2月10日に名古屋市では初雪が降りましたが、あたたかい日があったりと、寒暖差が激しいので体調には十分気をつけてお過ごし下さい。

今日は、先月、クビアカツヤカミキリの被害による樹木の伐採に立ち会った様子をお伝えします。

クビアカツヤカミキリとは、カミキリムシの仲間ですが、輸入貨物や木製梱包材に随伴して元々いた中国などから侵入し、繁殖が進んでいる昆虫です。


繁殖力が強く、2018年1月15日より生きたままの移動や飼育、販売などが規制されています。

こちらがクビアカツヤカミキリに関する環境省のページです。

https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/g_kubiakatsuyakamikiri_shitei.pdf

この日は、名古屋市の方、専門の方、立ち会いのもと、樹木の伐採が行われました。

<被害樹木の様子>※写真提供:なごや生物多様性センター

<幼虫に食い荒らされた樹木の断面です。これらの穴のなかには、かなりの確率で幼虫が潜んでいました>

<穴の中にはこのように幼虫が潜んでいます>

<樹木の奥深くまで潜り込んでいます>

寒い時期は、樹木の中で幼虫の状態で越冬をしています。

<このように、3cmを超える大きな幼虫は今年の夏に成虫になるのだそうです>

この樹木は樹皮を剥いでいるのですが、真ん中辺りがさざ波のように波打っているのが分かりますか。

<幼虫が樹木を食べながら進んだ後だそうです>


日本では、サクラやモモ、ウメ、スモモの木の被害が多いようです。

この写真にある樹木のように被害が及ぶと樹木は2,3年で枯れてしまうとのことです。

※写真提供:なごや生物多様性センター
また、樹木の中でふ化した成虫は木の内部まで入り込み、1年から3年で成虫になるため、手がかりとしては、樹木の根元に幼虫のフンと木くずが混ざったフラスと呼ばれる木の粉のようなものが大量にある木には、クビアカツヤカミキリの幼虫が潜んでいる可能性があります。

<木の幹に見えるのがフロスです>※写真提供:なごや生物多様性センター


もしも発見された場合は、最寄りの関係行政機関にご連絡をよろしくお願いします。


□□□□□藤前干潟プチ情報□□□□□

~木の実に集まる野鳥たち~
野鳥は木の実が大好物!木の実について勉強をすると野鳥の集まる場所も分るかもしれません。

 

<ピラカンサの実とメジロ>          <ピラカンサの実とジョウビタキ>

 

<グミの実とカワラヒワ>           <センダンの実とヒヨドリ>

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ページ先頭へ↑

2020年01月31日白山国立公園パークボランティア写真展 ♪開催♪

白山国立公園 大石佳織

みなさん、こんにちは。
白山自然保護官事務所がある石川県白山市白峰は、日本の中でも特に雪が多く「特別豪雪地帯」に指定されているほど本来は雪の多い地域です。今シーズンは記録的暖冬ということですが、白峰もほとんど雪がありません。

(左:1月31日の事務所前の様子、右:2017年12月15日の様子)
今朝は久しぶりに少し積もりましたが、2017年12月と比べるとかなり少ないことがわかります(屋根や右端の電信柱の埋もれ具合に注目!)。
あまりの雪の少なさにスキー場は営業できず、地域の方も白山の自然を心配しています。雪は生活の上では大変に感じることもありますが、もう少し積もってほしいものです。

こんな状況ですが、今年も白山国立公園パークボランティア写真展を開催します。今年はまず、下記4箇所を巡回展示していきます!

【 福井県自然保護センター会場 】(←ただいま開催中!)
  1月 26日(日) ~ 2月5日(水)
  ★冬はシジュウカラやエナガなど野鳥観察ができる「野鳥のレストラン」がオープンしています。

【 木場潟公園中央園地メダカハウス会場 】
  2月 7日(金) ~ 2月 18 日(火)
  ★木場潟という水辺の公園で、木場潟公園からの白山の景色は最高です♪
   お散歩やランニングで利用される方も多い、癒やしスポットです。

【 松任学習センター プララ会場 】
  2月 20日(木) ~ 3月2日(月)
  ★松任駅からすぐの好立地です!図書館やコンサートホールがある文化施設です。

【 石川県庁19階展望ロビー会場 】
  3月 4日(水) ~ 3月12日(木)
  ★石川県で最も高い建物の最上階での開催です。ここも白山の眺望が抜群!
   隠れた観光名所です!

会場の場所など詳細は下記のチラシをご覧くださいませ。
白山国立公園パークボランティア写真展2020のチラシ
(画像をクリックすると大きな画面で見られます)
今年も魅力的な会場をお借りして巡回展示します。また、不定期ですが、パークボランティアのメンバーが会場で解説をすることもあるので、皆さま是非、遊びに来てください。
なお、4月以降の予定については、詳細が決まったら改めてご紹介します!

ページ先頭へ↑

2020年01月16日志賀高原のスキー場はすべてオープンしています

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

雪不足のスキー場はニュースになりますが、営業しているスキー場は残念ながらニュースになりません。なので、「志賀高原のスキー場はすべてオープンしている」ことをあえてお伝えします。

志賀高原には18のスキー場があり、すべてのスキー場がオープンしています。しかも、全面滑走可のスキー場がほとんどです。ぜひ、お出かけください。18のスキー場は国立公園内にあり、スキーとともに良好な景観も楽しむことができます。

このほか、志賀高原自然保護官事務所の担当区域内のスキー場は、野沢温泉村に1つと高山村の山田牧場に1つあり、どちらもオープンしています。

しかし、須坂市の峰の原高原(みねのはらこうげん)のスキー場は残念ながら今シーズンは営業中止です。理由は、10月の台風19号による被災箇所の復旧がオープンまでに間に合わないと判断したため、とのことです。

横手山スキー場からの眺め

<志賀高原の横手山にあるスキー場からの眺め。2011年2月撮影。>

<奥の中央は妙高戸隠連山国立公園の山々。奥の左は中部山岳国立公園(北アルプス)の山並み。>

志賀高原のスキー場の積雪量は、1月16日午前の時点で50cmから100cmと多くないですが、少しずつでもパウダースノーが積もっており、雪質は良い状態です。

ゲレンデ情報は、志賀高原索道協会<https://www.shigakogen-ski.com/>のページなどを参考にどうぞ。(クリックすると新しいウインドウが開きます。)

志賀高原自然保護官事務所から東館山と西館山ののスキー場を望む

<志賀高原自然保護官事務所から見えるスキー場も滑走可です。左が西館山(にしだてやま)のスキー場、右が東館山(ひがしたてやま)のスキー場。右手前の宿泊施設に泊まっている学生の団体がスキー場に向かう姿も見られます。>

サンバレー地区にあるスキー場を滑走する利用者

<志賀高原サンバレー地区にあるスキー場を滑走する学生の団体など。1月15日撮影。>

そして、スキーの後には天然温泉もお楽しみください。

○志賀高原には、「発哺(ほっぽ)温泉」、「熊の湯温泉」、「木戸池温泉」、「熊の湯ほたる温泉」、「志賀山温泉」、「高天ヶ原温泉」、「幕岩温泉」、「丸池・蓮池温泉」と個性豊かな温泉があります。

○山田牧場のスキー場にも、国立公園内に「奥山田温泉」、「七味温泉」、「五色温泉」、「松川渓谷温泉」、「山田温泉」といった温泉があります。

○野沢温泉村のスキー場にも、村名のとおり温泉があります(国立公園外)。

<志賀高原へのお出かけの際の注意喚起>

■運転に注意

志賀高原までの道路は除雪されていますが、凍結や圧雪で路面が滑りやすくなっています。

■スタッドレスタイヤとチェーン

四輪ともスタッドレスタイヤの装着は必須です。また、前輪駆動車は麓でのチェーン装着をお勧めします。

■ディーゼル車の給油

ディーゼル車は麓のガソリンスタンドでの寒冷地用の軽油の給油をお勧めします。志賀高原は気温が低いので、長時間駐車すると、寒冷地用ではない軽油では、エンジンがかかりにくくなる恐れがあります。

<参考>

●雪道の運転が不安な場合は麓から志賀高原まで路線バスなどをご利用ください。麓の上林(かんばやし)に駐車し、志賀高原行きの路線バスに乗る「パーク&ライド」が利用できます。上林はスノーモンキーが見られる地獄谷野猿公苑の入口となる場所です。

●志賀高原の道路状況は、北信建設事務所のライブカメラ<http://hokushin-camera.org/>などを参考にどうぞ。(クリックすると新しいウインドウが開きます。)

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ