ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2022年05月20日【笹ヶ峰とり情報】

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

芽吹きする木々が増え、新緑がまぶしい季節。

乙見湖からの一目五山

<乙見湖>天狗原山・金山・焼山

 

夏鳥たちもたくさん戻ってきています。

新緑とキビタキ

<キビタキ>

梢でさえずるオオルリ

<オオルリ>

笹藪の下のセンダイムシクイ

<センダイムシクイ>

ニュウナイスズメ

<ニュウナイスズメ>

 

夏のあいだ火打山や妙高山の亜高山帯で生活するメボソムシクイや山地帯のクロジなども移動の途中で笹ヶ峰に立ち寄っているようです。

新緑とクロジ

<クロジ>

 

いつもの鳥+この時期だけの鳥にも出会えてちょっとオトクな季節です。

ページ先頭へ↑

2022年05月20日称名滝への遊歩道開通

中部山岳国立公園 一ノ枝亮輔

こんにちは。立山管理官事務所の一ノ枝です。

冬に発生した雪崩の影響で、今期通行止めとなっていた称名滝の遊歩道ですが、5月21日(土)から開通を行う目処がたったとのことで関係機関の皆さんと現地確認に行ってきました。

<称名滝へ向かう遊歩道>

なお、当面の間は、下記の時間帯のみの開通となります。

通行可能時間:

●桂台ゲート~称名平駐車場

 7時00分~18時00分(5~6月、9~11月)

 6時00分~19時00分(7~8月)

●称名遊歩道(称名平駐車場~称名滝展望台)

 8時00分~17時00分(当面の間)

ゲート開通時間と遊歩道の開通時間が異なり、遊歩道は8時00分から通れますのでご注意ください。称名滝の観光をする方、登山者ともに遊歩道を通行する必要があります。

雪崩があった箇所には、監視員が配置されますので、指示に従い通行をお願いします。

<雪崩発生箇所。監視員の指示に従い通行をお願いします。>

<大日平・大日岳への登山口>

この時期の称名滝は雪どけ水も多く、水量が多いときにしか現れないハンノキ滝も見ることができ圧巻です。

<中央部流れているのがハンノキ滝>

<左が称名滝で落差350m。右がハンノキ滝で落差500mの圧巻のスケールです>

<ニリンソウがたくさん咲いていました。>

また、駐車場からすぐにある新しくなった称名平休憩所には称名滝をはじめ立山についての展示や大画面での映像を観ることができますので合わせてお立ち寄りください。

****************************************

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2022年05月20日連休が終わって

中部山岳国立公園 立山 平松新一

こんにちは。中部山岳国立公園立山管理官事務所の平松です。

ゴールデンウィークが終わりました。室堂平に来られる方は少なくなりましたが、それでも去年よりも多くの方が訪れています。

雪は昨年よりも多く残っており、ターミナル出口から室堂山荘方面はまだ一面の銀正解です。一方、そこからみくりが池やエンマ台へ行くまでの歩道の大部分は雪がなくなって歩きやすくなりました。雄山や別山も雪が解け、黒い山肌が見えるようになってきました。

 

<ターミナルから室堂山荘方面にはまだまだ雪が残っています>

 

<みくりが池温泉横の歩道には全く雪はありません>

 

<山肌が見え始めた雄山>

雷鳥沢にもまだ数m雪が積もっています。現在野営管理所は一部改修工事に入っており、テント設営範囲が一部制限されています。キャンプ場利用の際は、管理所スタッフの指示に従ってください。

 

<管理所前に改修工事用資材などが置かれています>

 

<改修に伴って仮設トイレが設置されます>

雪解けが進んでいるとは言え、室堂にはまだまだたくさんの雪が残っていますし、朝は寒く氷点下になることさえあります。暑いからと言って油断して室堂に来ると、寒さでこごえたり、足下が雪で濡れたり、冷たくなったりと大変なことになります。防寒着や防水仕様の靴など、十分な備えをしてお越しください。

******************

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2022年05月16日志賀高原 少しずつ春

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

志賀高原では、新緑が標高の高いほうへと移っています。

坊平橋から坊寺山を望む

<標高約1,200mにある坊平(ぼうだいら)橋から坊寺山(ぼうでらやま:標高1,839m)を望む。新緑の木々による淡い緑が標高の高いほうへ上っていますが、山頂に近づくほど新緑がまばらになります。手前の濃い緑は常緑樹。5月12日撮影。>

標高1,500mにある志賀高原管理官事務所近くにある蓮池(はすいけ)では、若葉の展開が始まっている木もありますが、全体としては枝が目立ちます。

事務所から蓮池を望む

<事務所から蓮池を望む。奥の山の斜面も標高の低いところでは葉が展開して、緑に見えます。5月16日撮影。>

また、事務所近くのスキー場ではミズバショウが見頃です。

ミズバショウ

<積雪期は滑走コースとなる場所です。右奥に残雪があります。5月16日撮影。>

ニッコウキスゲの若葉

<すぐ近くではニッコウキスゲが群生しています。まだ若葉です。花の見頃は6月下旬から7月上旬です。5月16日撮影。>

■新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご旅行にあたっては、出発前後の健康観察を徹底していただくようお願いします。また、旅行中もマスク着用、手洗い、「密」の回避など、基本的な感染対策の徹底をお願いします。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ