ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年10月19日歩くアルペンルートの巡視

中部山岳国立公園 中山博人

こんにちは、立山自然保護官事務所の中山です。

1017日に立山は初冠雪を記録しました。

1019日現在室堂でも積雪があり、山にはもう冬が訪れています。

寒さ対策、雪対策はしっかりと準備してお出かけください。

立山の状況は、インターネット自然研究所の「立山三山」からご覧になることができます。

http://www.sizenken.biodic.go.jp/

1018日に、「歩くアルペンルート」の巡視を行いました。

歩くアルペンルートは、立山信仰のために利用されていた旧立山登拝道を整備してできた登山道であり、立山駅近くの国立登山研修所前から室堂、さらには黒部ダムまで歩くことができます。

今回歩いたのは、標高1,630mの弘法から標高480mの国立登山研修所前までです。

この区間はタテヤマスギやブナ、ホオノキ等の巨木が立ち並んでおり、今の時期は紅葉が楽しめます。

春から夏にかけては、花の観察も楽しめそうです。

【弘法周辺の登山道】10月18日撮影

弘法周辺は紅葉の見頃が過ぎ、たくさんの落ち葉の上を歩きました。

弘法周辺の登山道

【歩くアルペンルートから見た立山黒部アルペンルート】10月18日撮影

少し開けた場所では、立山黒部アルペンルート(写真は標高1,380mの桑谷)が見られます。途中、道路のすぐ傍や道路を歩くことがありますので、車やバスにご注意ください。

桑谷

【梯子】10月18日撮影

1箇所だけ梯子が設置されています。慎重に登り下りしましょう。

梯子

【材木石】10月18日撮影

材木石という溶岩が露出しています。立山火山の一部であり、その火山から噴出して固まる際に六角柱状に割れて出来たもので、形が材木に似ていることからその名前がつけられました。

材木石

ページ先頭へ↑

2017年10月18日戸隠氷清水で美味しいコーヒーいただきました!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

10月15日(日)は小雨降る中、五地蔵山へ登るイベントに参加しました。

 

このイベントはながの「四季の彩り」キャンペーン実行委員会が主催しています(戸隠の梅田レンジャーも実行委員のメンバーです)。

戸隠への滞在時間を延ばすことを目的として、戸隠の観光に携わる"若手"で企画したイベントです。

 

戸隠キャンプ場に集合して、まずは準備運動。雨が心配ですが戸隠登山ガイド組合のガイドさん先導のもと歩き始めます。

01準備運動開始 02あるきはじめー!

 

霧の中歩く登山道はまた違った雰囲気で素敵。

03雨の中も綺麗 04壮絶な道・・・

 

歩くこと約1時間半、第1の難所「滑滝(なめたき)」に到着。ここから「帯岩」通過までドキドキの鎖場ラッシュ。

で・す・が!鎖場では、ガイドのお二人が手助けをして下さるので、安心して通過できます♪

05滑滝到着! 06ガイドさんが補助してくれます!

 

そうこうするうちに今回の目玉!「氷清水」に到着!

参加者のみなさんはここで冷た~いお水を"ナルゲンボトル"に汲みます!

07氷清水に着きました 08お水を汲んでいます

今回のナルゲンボトル・・・実は"戸隠限定オリジナルデザイン"なのです!

キャンプ場にあるおそば屋さん「岳」の方がデザインしました!

09カッコイイ!限定ナルゲンボトル! 10青色もあります♪

 

休憩ポイントの一不動避難小屋に到着。最近周囲からは"トイレの神様"と呼ばれる梅田Rから携帯トイレブースの説明もありました。

11一不動避難小屋に到着 12トイレの神様から説明

 

ここで先ほど汲んだお水をわかしてコーヒーに!

コーヒーは戸隠宝光社地区にあるカフェ「き楽珈琲」の特製ブレンド!

ドリッパーはもちろん戸隠竹細工です♪

13コーヒーを準備中・・・ 14ドリップーーーーー!

 

昼食は戸隠中社にある「小鳥の森」のサンドイッチ弁当です♪

おやつには「まめはち」のオーガニッククッキーも♪♪♪

15サンドイッチ弁当とクッキー♪

 

暖かい珈琲と美味しいお弁当を食べて参加者のみなさん大満足!

どこで買えるんですか?などの質問も飛び交っていました。

 

今日は天候の悪化も予想されたので、五地蔵山はあきらめて同じ道を下山。

16下山開始 17下山も慎重に!

 

帰り道でヤマブドウやヤマナシを見つけて、みなさん大興奮!

18ヤマブドウの実! 18ヤマナシ

 

食べてみたり拾ったり・・・それぞれ楽しんでおられました♪

20ブドウを味見・・・ 21拾うぞー!!

 

実行委員会では10月31日のそば献納祭に合わせて"神社でお掃除体験"なども企画しているとのこと・・・。

ぜひ今後もチェックしてみて下さい!

○ながの「四季の彩り」キャンペーンのHPはこちら

ページ先頭へ↑

2017年10月16日八方尾根の植生回復

中部山岳国立公園 後立山 アクティブレンジャー則武 敏史

こんにちは。

10月10日は八方尾根(長野県白馬村)で、地域の団体が主催する植生回復作業に参加しました。裸地化が進んでいる斜面にマットを敷き、在来の種子を播種することで、植生の回復を促す作業です。

地域の方が八方尾根を地域の資源として大切にしていこうという活動の一つで、長野県の「地域発 元気づくり支援金」の交付を受けたものです。

なお、国立公園でこのような作業を行う場合は、事前に最寄りの地方環境事務所、自然環境事務所または自然保護官事務所に問合せをくださいますようお願いします。後立山地区(長野県大町市・白馬村・小谷村、新潟県糸魚川市)の場合は長野自然環境事務所(026-231-6572)へお願いします。



さて、作業前後の写真です。左が作業前、右が作業後です。


写真手前の、植物がほとんど生えていない場所にマットを敷きました。マットは時間が経つと自然に分解される植物の繊維のみからできており、植物の種子、土や肥料は混じっていないものです。

マットの敷設後、付近に生育するのと同じ種類の植物の種をマットの植物の繊維に絡ませるように撒きました。

マットを敷くことで土砂の移動を止める効果が期待できるので、植物が定着する可能性が高くなります。


この斜面は5年ほど前から同様の作業をしています。

写真の奥のほうにケルンと呼ばれる石積みがあります。その斜面下側(写真ではケルンの左下)は生えた草が枯れて茶色くなっています。この場所は5年ほど前にマットを敷いた場所です。当時は草が少なかったのですが、現在では遠景の写真でも草があることが分かるようになっています。

その手前の灰色が目立ち、所々に草が生えている場所は1、2年前にマットを敷いた場所です。ここは、現在はマットのほうが目立ちますが、いずれは植物が目立つようになると思います。

今回マットを敷設した場所も何年か経つと植物が目立つようになることを期待しています。



ちなみに、八方池の岸には、約10年前に同様の作業を行った場所があります。下の写真で、八方池の右側の斜面がその場所です。普通に草が生えていて、かつてほとんど草がなかったというのを想像できないくらいになっています。

<平成29年9月14日撮影>



さて当日、白馬三山は残念ながら雲の中で、また八方池付近では強い風が吹いていました。

<風による波が立っていて、水も濁り気味でした。八方池に写る白馬三山を期待して来られた方には残念な天気でした。>



八方尾根のゴンドラとリフトは10月29日(日曜日)まで営業します。お出かけいただき、お楽しみください。ただし、八方池は標高2,000mを超える場所にあります。八方池まではリフトを降りた後、約1時間ほど歩きます。この際、気温や風の吹き方によっては手袋、帽子があったほうがよいかもしれません。準備をして、お気をつけてお出かけください。



ページ先頭へ↑

2017年10月14日アクティブ・レンジャー写真展☆上高地で開催中!! 

中部山岳国立公園 佐藤怜子

秋も深まり、上高地のカラマツも黄色く染まってきております。

本日はあいにくの雨ですが、雨の日は木々の葉がしっとり濡れて光沢が増すので、晴れの日には見れない美しさを見ることができます♪

また、黄色に関しては、雨や曇の日の方がより一層くっきりと輝いて見えますよ(^^)

※あくまで佐藤の個人的な意見です。晴れの日は、当然美しいです。

  

さて、只今上高地インフォメーションセンターの2階展示スペースではアクティブ・レンジャー写真展を開催しております。美しい景色や、仕事の様子などの写真に併せて、環境省の仕事や取り組みの紹介、国立公園の説明などのパネルを展示しております。

紅葉のピークを迎えた上高地と一緒に、ぜひ写真展開場へも足をお運び下さい!

【展示の様子】写真やパネル、ライトの配置にも気を配って展示しました。

 

【階段登り口】お気軽に昇って下さい!  【来場者の様子】じっくり見てくれています。

 

「これは○○だね」「こっちは○○なんだね」などと指さしながらじっくり見て下さる方もいて、とても嬉しく思い、思わず「後ろから写真撮ってもいいですか!?」と声を掛けました。※それが掲載写真です。

ぜひ、紅葉と写真展併せて〝秋の上高地〟を満喫しに来て下さい!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ