ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年06月28日立山町千寿ヶ原コミュニティ防災訓練

中部山岳国立公園 中山博人

こんにちは、立山自然保護官事務所の中山です。

6月27日に、立山町主催の千寿ヶ原地域コミュニティの防災訓練に参加しました。

千寿ヶ原地域は、中部山岳国立公園の富山県側の玄関口であり、国内外から多くの観光客が訪れます。

立山自然保護官事務所では、地獄谷の火山ガス対策を行っており、地域住民の方に火山ガスのことやその対策を知っていただきたく思い、説明する機会をいただきました。

始めに、集中豪雨による土砂災害を想定した防災訓練が行われました。

立山駅で待っていると放送が流れ、近くの国立登山研修所へ避難するよう指示があり、消防や警察の協力の元避難訓練が行われました。

日本語だけでなく台湾語と英語でも放送し、外国人観光客に向けても情報を発信しました。

避難後には保健師による救護・健康観察を行い、参加者はアルファ米と飲料水を受け取りました。

【国立登山研修所へ避難】6月27日撮影

国立登山研修所へ避難

防災訓練後は立山駅に戻り、火山ガス対策について説明しました。

まずは火山ガスの基礎知識(性質や対策)、火山ガス検知機器の設置や情報発信状況について、木村保護官が説明しました。

その後、防毒マスクと簡易呼吸器(酸素ボンベ)の装着方法について中山が説明し、参加者にも実際に装着していただきました。

普段見ることがないであろう防毒マスクや簡易呼吸器に、地元住民の方々は興味津々であり、「防毒マスクをつけても思ったより息苦しくない」「簡易呼吸器は重い」と言った声があがりました。

【火山ガスに関する説明】6月27日撮影

火山ガスに関する説明

【防毒マスクの装着の実演】6月27日撮影

防毒マスクの装着の実演

防毒マスクや簡易呼吸器は、緑色の防災箱に入っています(エンマ台に今後置く予定です)。

地獄谷の火山ガス濃度が高くなり危険を感じた場合は、ご使用ください。

また、水で濡らしたタオルやハンカチ等で口や鼻を覆うことで、影響を減らすこともできます。

詳細は以前の日記(http://chubu.env.go.jp/blog/2017/06/post-389.html)もご覧ください。

ページ先頭へ↑

2017年06月26日野尻湖ナウマンゾウ博物館でレプリカ作り

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

野尻湖ナウマンゾウ博物館のリニューアル(2017年4月25日のAR日記参照)へ向けて、

6月23日(金)に博物館で化石のレプリカ作りのワークショップが行われました。

01サテライトミュージアム見本

 

このレプリカ作りは信濃町のお店の方向けに開催されたものです。

お客さんが博物館やナウマンゾウに興味を持ってもらうきっかけとなるよう、それぞれのお店でレプリカを飾ってもらいます。

 

まずは、シリコン型を使って石こうの成型をします。

02石膏の成型

 

色つけ作業、ここが一番難しい! 本物の化石を再現するために、じっくり観察します。

みなさん休憩を忘れるほど熱中していました。普段1つの化石をこんなにじっくり見ることはないので、とっても新鮮です。

03色塗り作業

 

私もやってみましたが、なかなか難しいです・・・

04ビフォアー 05アフター

 

今後もこういった取組を少しずつ増やしていき、信濃町全体を活性化できる博物館を目指していきます。

 

夏のイベント情報を更新しました!ぜひ博物館へも遊びに来て下さいね♪

○イベント情報はこちら

http://www.env.go.jp/park/myokotogakushi/guide/view.html

ページ先頭へ↑

2017年06月23日もうすぐ夏山シーズンの立山

中部山岳国立公園 中山博人

こんにちは、立山自然保護官事務所の中山です。

富山県も梅雨入りし、これから本格的に雨が降るのかと思いきや、意外と降っておりません。

さて、だいぶ雪が少なくなってきており、もう少しで北アルプスの3000m級の山々も本格的に夏山シーズンが到来しますね。

もう予定を立てているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

立山は1週間後の71日(土)に夏山開きを迎えますが、その前に室堂周辺を歩いてきました。

【みくりが池と立山三山】622日撮影

みくりが池はまだ半分以上は水面が見えていません。手前に写っている山本ARは、みくりが池に踏みいらないようポール・ロープを移動させています。みくりが池や地獄谷に落ちないよう、ポール・ロープがある場所では外れて歩かないようお願いします。

みくりが池と立山三山

【歩道のひび割れ】622日撮影

エンマ台から雷鳥荘方面へ数分下りた歩道にひび割れがあります。バランスを崩したり足を捻ったりする危険性がありますので、歩く際はご注意ください。

ひび割れ

【水場の設置】622日撮影

雷鳥荘前と火山ガス情報ステーション前に水場が設置されました。地獄谷では火山ガスが発生しており、濃度が上昇する場合があります。臭いを感じましたら、タオル等を水で濡らして口に当てることによって、影響を少なくできます。詳しくは、右のリンク先をご覧ください。http://chubu.env.go.jp/nagano/post.html

水場の設置

【水浴び中】622日撮影

目の前でカヤクグリが水浴びをしていました。私や山本ARから距離3,4m程度でしょうか。こんな至近距離でも逃げようとしませんでした。

水浴び中

立山は夏山シーズンには大変な賑わいをみせますが、今の時期は観光客・登山客ともに少なく、静かな立山を楽しむことができます。

歩道上にはまだ雪が残っていますので、長靴や登山靴等を準備されることをおすすめします。

ページ先頭へ↑

2017年06月23日ギャラリーぷらざ長野の写真展(中間報告)

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

今日、ギャラリーぷらざ長野で実施している写真展(5月31日のAR日記参照)の様子を見てきました。

01写真展の様子

 

写真展に来ていただいた方の感想を簡単にお聞きするべく、「シール貼るだけアンケート」を実施しています。

02シールアンケート

 

たまたま立ち寄っていただいた以外に、「信濃毎日新聞(通称信毎)」を見てご来場いただいた方も多い様子。信毎さんの威力は絶大です!

03シールアンケートその2

※信濃毎日新聞は長野県の地方紙です。長野県民の方はほとんどが信毎を読んでいます。

 

会場では大人気「山登りマップ」も配布しています♪

04山登りマップ

※先日、戸隠連峰の西岳でも遭難死亡事故(滑落)が発生しました。西岳は戸隠山よりもさらに難易度が高く時間もかかる山です。ご自身の体力・技術レベルなどを「しっかり見極めて」登山に臨みましょう。

 

写真展は7月11日(火)まで開催しているので、ぜひご来場下さい!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ