ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年12月13日今年もやります!藤前干潟サイエンスカフェ!

国指定藤前干潟鳥獣保護区 名古屋 管理者(名古屋自然保護官)

みなさま、藤前干潟からこんにちは。

アクティブ・レンジャーの西部です。

とっても寒くなってきましたね。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、皆さま、お気を付けください。

さて、保護官事務所のある稲永ビジターセンターの周辺では少し前からジョウビタキの声がしていましたが、今日は久しぶりにその姿を間近でみました。

ジョウビタキ メス ジョウビタキ メス

1211日:ジョウビタキ

ジョウビタキの姿を追っていると、すぐ近くで、素早く動き回る小さな影。

早すぎてなかなかその姿をとらえることが出来ませんでしたが、1枚だけ、なんとか確認出来そうな写真がこちら。ピラカンサの実にピントがバッチリあってしまいましたが、どうやらウグイスのようです。

ムシクイの仲間

1211日:ウグイス?>

そんな事務所周辺から干潟の方へ目を向けてみますと、渡って来たカモ達で賑やかな様子。

カモ類だけでなく、カモメ類も徐々に集合し始めています。

1210日の巡視では、ズグロカモメやユリカモメ、セグロカモメなどカモメ日和!と言う感じでした。

そして、ミサゴ。

夏場よりも数が増えており、豪快に海面に飛びこんで魚をキャッチする姿を何度も見る事が出来ました。

飛島干潟 ユリカモメ 飛島干潟 ミサゴが見事に魚をキャッチ

1210日:左、ユリカモメの飛翔、右、ミサゴが魚をキャッチ!>

オオジュリン

<12月10日:ヨシ原には、オオジュリン>

冬になると伊吹おろしが吹いてかなり冷え込み、干潟の出も悪くなる藤前干潟ですが、

冬にしか出会えない渡りの鳥たちに、ぜひ会いに来てください。

ちょっと寒くて外にいるのはちょっと・・・

そんな時には、あたたかい飲み物を飲みながら野鳥談義はいかがでしょうか。

今年もやります!藤前干潟サイエンスカフェ!

藤前干潟ふれあい事業として実施している講座のうち、当所が担当する今年度最後の講座は、恒例となりつつある藤前干潟サイエンスカフェ。

今年のテーマは、「ミサゴ」!

タイトルは、「藤前干潟のハンターたち~ミサゴとその他の猛禽類~」です。

ミサゴ

遠く北海道から、「先崎 啓究(せんざき ひらく)氏」をお迎えして、お話を聞きたいと思います。

先崎氏は、鳥類調査員として北海道はもとより各地で調査をされており、ここ愛知県にも数年間お住まいだったこともあります。また、月刊誌BIRDERなどへの執筆もされておりますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

藤前干潟はシギ・チドリ類の飛来地として有名ですが、近年はミサゴが増加し、豪快なハンティングに魅了される人も多くいます。稲永ビジターセンターでは、名古屋市野鳥観察館のスタッフである前田氏が撮影した実物大のミサゴ写真と一緒に撮影が出来るフォトスポットが人気。来館者の方々が「大きいね!」などと言いながら一緒に写真を撮る姿が見られます。

その他にも、藤前干潟ではハヤブサやチュウヒなどの猛禽類も見られます。

猛禽類についてじっくり2時間、お話を聞く機会もなかなか無いと思いますので、ぜひこの機会に皆さま、ご参加ください。

普段は基本的に飲食禁止の館内ですが、この日の会場だけは解禁にしていただいて、地元にあるイオンスタイル名古屋茶屋さん提供の温かいドリンクを飲みながら、リラックスした雰囲気でお話を聞きたいと思います。

詳細は、下記のチラシをご覧ください。

2019年1月19日(土)藤前干潟サイエンスカフェ

2019年1月19日(土)藤前干潟サイエンスカフェ

ページ先頭へ↑

2018年12月05日立山黒部アルペンルート営業終了

中部山岳国立公園 立山 中山博人

こんにちは、立山管理官事務所の中山です。

1130日をもって、立山黒部アルペンルートが今年度の営業を終了しました。

平成23年度より室堂の山小屋営業終了に合わせて「仮設野営指定地」を開設していました。

しかし、今年度は積雪が少なく、テントを設営することでの植生への影響を懸念し、仮設野営指定地は開設しませんでした。

それでも、利用状況や積雪状況の確認のため、24日から30日まで木村Rや佐藤ARと交代で室堂ターミナルから雷鳥沢野営場までの巡視を行いました。

【みどりが池と立山】1126日撮影

比較的天候が良い日が多く、立山や浄土山、大日連山等周辺の山がよく見えました。雪が少なく、写真左側にはササ等の植生が見えました。

みどりが池と立山

【ポールで×印】1126日撮影

地獄谷方面に立ち入らないよう、エンマ台から雷鳥荘間の歩道際に赤色ポールを設置しました。

地獄谷立入禁止ポール

【雷鳥沢野営場の様子】1124日撮影

仮設野営指定地を開設しなかったため、雷鳥沢野営場に幕営していただきました。残念ながら、雪にはし尿跡が散乱していました。立山の自然保護のため、他の利用者にも気持ちよく使っていただけるよう、携帯トイレの使用をお願いします。

雷鳥沢野営場雪上

【トガリネズミの仲間】1126日撮影

火山ガス情報ステーション前で、トガリネズミの仲間を見かけました。とても素早い動きで私の足元まで来て、あっという間に去って行きました。「ネズミ」と付きますが、モグラに近い生き物です。

トガリネズミの仲間

1130日に雷鳥荘までの巡視、ポール等の撤去をして、今年の室堂での業務を終えました。

今年も可愛らしいライチョウや美しい高山植物、雄大な山岳景観を楽しむことができました。

また、関係者のみなさまに大変お世話になりました。

来年も美しい立山に行けることを楽しみにしています。

ページ先頭へ↑

2018年12月04日戸隠で雪乞い・・・そして長野市民病院で写真展開始!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

12月になってしまいました!

が・・・!毎日暖かいですね。雪はいつ積もるのでしょうか・・・。

 

12月1日(土)に戸隠神社で雪乞いを行いました。

 

黒姫山麓の「種池」でお水汲みを行い、戸隠神社で清め、雨の降って欲しい場所にまく・・・

これが古くから行われてきた「雨乞い」の儀式です。

雨は冬になれば雪になる・・・ということで、現在は「雪乞い」を行っています。

01清めたお水

 

お清めした水は戸隠スキー場で「雪よ、降れ-!」のかけ声と共にゲレンデへまかれます。

戸隠スキー場のゆるキャラ「とがっきー君」も一緒にお水まき。

02お水を思いっきりまきます!

 

その後、みるみる天気は悪くなり・・・スキー場周辺は吹雪に。。。

さすが霊験あらたかな戸隠神社。小谷村や白馬村の方々も雪乞いに来るだけあります。

 

そして、12月3日(月)はアクティブ・レンジャー写真展の設営を行って来ました!

場所は長野市民病院です。

03市民病院ギャラリーで設営中

 

今回は・・・目玉展示があります!それは・・・!

野尻湖ナウマンゾウ博物館のサテライトミュージアム!

04サテライトミュージアムです!

 

ナウマンゾウの臼歯とヤベオオツノジカの下あごの骨の『レプリカ』を展示しています。

実は・・・このレプリカは黒田レンジャーが実際に作ったものなんですよ!

(本人は芸術家魂に火が付き、出来に不満がある様子。。。笑)

 

○詳細

会期 12/4(火)~28(金)AMまで

時間 9:00~17:00

場所 長野市民病院(入場無料)

05市民病院の写真展ポスター

 

ちなみに・・・12月ということでクリスマステイストのしか子ちゃん(左)とライゾウ君(右)もいます。是非何かのついでに足を運んでみて下さい。

06メリクリなしか子&ライゾウ

ページ先頭へ↑

2018年12月03日摩耶の滝 遊歩道の清掃作業と通行止めのお知らせ

上信越高原国立公園 谷川 荒井 歩

谷川自然保護官事務所は中之条町にある四万地区も担当しています。

四万といえば四万温泉で有名な地域です。(こちらも国立公園内です!)

その四万温泉地からほど遠くないところに「摩耶の滝」という名前の滝があります。

この滝は「摩耶姫伝説」というお話しとともに、地元から愛されている滝です。(興味があればぜひ調べてみて下さい!)

その摩耶の滝まで続く摩耶の滝遊歩道があります。

山の中にある遊歩道のため、木々に囲まれていて紅葉が綺麗なのですが、紅葉が終わると毎年大量の落ち葉が積み上がってしまいます。放置しておくと落ち葉が水を吸ってしまいヒルを呼ぶ原因になるということで、地元の方が年に数回清掃作業をしています。

初めは枯れ葉まみれの道も

皆さんの尽力で、熊手とブロワーだけを使った清掃で見違えるほどに。

金色のキノコも顔を出していました。(名前は分かりませんでした。)

掃除が終わった後は、遊歩道の途中に架かっている橋の修繕のために閉鎖となりました。

春頃にはまた開通する予定です。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ