ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年01月16日わくわく万探ツアー 『レッツ! パウダースノーシュー』

上信越高原国立公園 万座 小林 直樹

1月14日(日)、万座しぜん情報館主催のイベント:わくわく万探ツアー

『レッツ! パウダースノーシュー』にサポートスタッフとして参加しました。

万座しぜん情報館では定期的に自然観察など各種イベントを企画していますが、

冬のイベントは今回が初めてで、万座や草津に宿泊するお客さんを中心に

合計12名の方が参加されました。

コースは万座の名所「牛池・かたらいの森」周辺を2時間かけて散策します。

自然公園財団草津支部から講師をお呼びしてガイドと解説、指導をしていただきました。

まずはスノーシューをはくところからスタート。

経験者もいましたが多くは初心者なので、スタッフにサポートしてもらい

皆さん無事に装着できました。

<スノーシューの装着>

最初に万座しぜん情報館の石塚館長のオープニングあいさつがあった後、

講師から歩き方や注意事項などの説明を受けます。

<館長のオープニング>

<講師の説明>

いよいよツアースタート!! いきなり難所の急斜面です...

でもふわふわの雪の上なので万が一転んでも痛くありません。

<急斜面を下る>

<隊列を組んで雪原を進む>

牛池は、冬は今のように一面雪に覆われていますが、

無雪期は下の写真のような森に囲まれた美しい池です。

季節ごとにいろんな魅力がありますね。

<紅葉の牛池(10月)>

雪原にはウサギなど小動物の足跡も多く見られます。

ダケカンバ、ナナカマド、オオシラビソなどの木がたくさんあり、

それぞれの木について講師の解説に耳を傾けます。

中には樹齢何百年もの巨木も!

コース途中からはスキー場の奥に遠くの山々が一望でき、

冬ならではの光景が楽しめます。

<ゲレンデの奥に見える四阿山>

<コース中最大の巨木の前で記念撮影>

凍った牛池の氷上からも木を観察できます。

<冬ならではの木の変わった姿>

後半は皆さんスノーシューをはいて歩くのに慣れて来たようで、

2時間後に無事に出発点の駐車場に戻りました。

スノーシュー・ハイクは、新雪をかき分けて遊歩道や森の中を歩く、

真っ白な雪原に残された動物の足跡を追って歩くなど、

スキーやスノーボードとはまたひと味違う醍醐味があります。

皆さんもぜひスノーシューを楽しんでみてください。

そして冷えた体には暖かい温泉が待ってます!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ