ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年08月03日五色ヶ原巡視

中部山岳国立公園 立山 平松新一

こんにちは。中部山岳国立公園立山管理官事務所の平松です。

 7月20日、21日に、五色ヶ原の巡視に行ってきました。今回はこの巡視についてお話しします。

五色ヶ原は立山から薬師岳に続く立山連峰の途中にある台地状の草原で、池塘やその周りに多くの高山植物が生育しています。この周辺には環境省が整備している登山道があり、その現状を把握することも巡視目的の一つでした。

<富山大立山観測所付近から、中央のなだらかな場所が五色ヶ原>

 五色ヶ原までは、室堂から約5時間の道のりです。五色ヶ原までの道は十分通行できますが、一部の木道が滑りやすくなっているので、そのような場所は気をつけて歩くことが必要です。道中ではたくさんの高山植物が見られました。

  

      <ミヤマリンドウ>                   <シナノキンバイ>

      <タカネツメクサ>                   <ハクサンイチゲ>

       

       <チングルマ>                   <ハクサンシャクナゲ>

     <トウヤクリンドウ>                 <ミヤマダイコンソウ>

 鬼岳や獅子岳、ザラ峠を越えて五色ヶ原に向かいます。鬼岳の東面は遅くまで雪が残る場所ですが、五色ヶ原山荘のご主人が週に2日程度、残雪を切って道をつけておられるとのことでした。

  

           

  <雪の残る鬼岳東面>                   <獅子岳山頂>

  <獅子岳から望む雄山>                 <ザラ峠>   

 五色ヶ原山荘は、まるで大草原の小さな家を思わせるような立地にあります。山荘から10分ほど下った場所にはキャンプ場もありますが、まだ雪が残っている場所もありました。五色ヶ原周辺の木道の状況は比較的良好でした。

<五色ヶ原山荘>

     <五色ヶ原キャンプ場>                  <五色ヶ原の木道>

 五色ヶ原には湿地を好むハクサンコザクラやハクサンオオバコなどの植物が生育しています。

     <ハクサンコザクラ>                  <ハクサンオオバコ>

      <コバイケイソウ>                  <アオノツガザクラ>

 五色ヶ原山荘に着き、山荘のご主人にお話を伺ったところ、コロナ禍で山荘の経営はこれまでになく厳しいとのことでした。また、残雪を切って道を作るほかにも、登山道の草刈りをしたり、道迷いしないように石にペンキを塗ったりするなど、山荘の仕事以外にもたくさんのことをやっておられるとのことでした。そのおかげで、私たちが安全に、楽しく登山できるのだということを忘れてはならないと思いました。

 その一方で、これらの仕事も年齢とともにきつくなってきたこともお話しされていました。山荘の方々の日々の努力に感謝するとともに、これらの負担を今後少しでも軽減できるよう、私たちも含めみんなで考えていかねばならないと強く思いました。

******************

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2021年08月02日【お知らせ】白山国立公園 中宮温泉ビジターセンターの利用中止について

白山国立公園 大石佳織

皆さま、こんにちは。

白山自然保護官事務所の大石です。


本日は白山国立公園の施設の利用中止について、お知らせです。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため石川県有施設が休館等を行っていることを踏まえ、中宮温泉ビジターセンター(中宮展示館)について、令和3年7月31日から当面の間、利用を中止させていただいています。
なお、市ノ瀬ビジターセンターは登山等の安全管理のため開館を継続しています。


詳細や最新の情報は中部地方環境事務所のホームページでお知らせしますので、下記のページでご確認いただければ幸いです。

 中部地方環境事務所 URL:http://chubu.env.go.jp/index.html


<連絡・問い合わせ先>

 中部地方環境事務所 白山自然保護官事務所

 電話番号:076-259-2902

利用者の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

  • ■ その他施設について

中宮温泉ビジターセンターの他にも、石川県の施設では利用中止等の対応を取っている施設がありますので、ご注意ください。

<野営場>

南竜ヶ馬場野営場、市ノ瀬野営場、中宮野営場は利用を中止しています。

詳細は石川県白山自然保護センターへお問い合わせください。

・石川県白山自然保護センター 

 電話:076-255-5321



<山小屋>

白山室堂、白山雷鳥荘、南竜山荘は利用や予約に制限があります。

詳細は各山小屋へお問い合わせください。

・白山室堂/白山雷鳥荘(白山ベストガイド 白山観光協会、外部リンク)

 URL: http://www.kagahakusan.jp/index.html

・南竜山荘(PLAYはくさん 白山市地域振興公社、外部リンク)

 URL: https://city-hakusan.com/

<感染拡大防止対策への協力のお願い>

園地や登山道はご利用いただけますが、以下の感染拡大防止対策へのご協力をお願いします。

 ・発熱や咳等の風邪症状の見られる方は利用をお控えください。

 ・人と人との十分な間隔(できるだけ2mを目安に)をおとりください。

 ・マスク、消毒液の持参及び使用をお願いします。

 ・感染予防のため、手洗いの徹底をお願いします。

 ・この他、感染拡大につながる行動の自粛をお願いします。


ページ先頭へ↑

2021年07月30日アクティブ・レンジャー展inカモシカスポーツ

中部山岳国立公園 関根陽太

中部山岳国立公園管理事務所の関根です。

本日、カモシカスポーツ松本店でアクティブ・レンジャー展の設営をしてきました。

カモシカスポーツは「中部山岳国立公園パートナー企業」です!

今年度は「国立公園アクティブ・レンジャー展~国立公園の舞台裏~」と題して信越自然環境事務所管内を巡回しています。

カモシカスポーツでの開催ですので、特に登山をする方に国立公園やその仕組みについて知ってもらいたく展示しています。

入口では、レンジャー服を着たマネキンがお出迎え!

写真やパネル・地図と共に、中部山岳国立公園のプロモーション動画も流しています!

ご来店の際は、ぜひご覧ください!

*********************************

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2021年07月30日志賀高原 四十八池湿原の木道の応急補修

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

先日、「四十八池(しじゅうはちいけ)湿原」の木道(もくどう)について注意喚起をしました。

7月26日に補修作業が行われ、折れた箇所が応急的に付け替えられました。

しかし、写真手前のように表面が削れた板などは複数箇所残ったままです。凹凸に足を引っかけて転倒しないよう注意して通行してください。

補修された木道

<左は7月9日、右は7月26日に撮影。>

この日は四十八池湿原の近くにある公衆便所のカウンターのデータを回収しました。事務所で内容を確認したところ、7月22日から25日までの4連休に約450人の利用がありました。

例年、7月下旬は利用者の多い時期です。しかし、今年も少なめになりそうです。

四十八池湿原です。鉢山(はちやま)と志賀山の間にあります。下の写真で右奥にあるのが鉢山です。志賀山は撮影者の背中側にあります。

四十八池というのは、池の数が48あるのではなく、池がたくさんあるという意味で48を使っているそうです。

四十八池湿原

<色の淡いところは湿原で、写真中央より奥側で色の濃いところは樹林です。左端中央から逆「く」の字に湾曲して奥に向かっている線は木道です。写真を撮影している場所も木道からです。公衆便所は写真中央付近の樹林内にあります。>

四十八池湿原ではモウセンゴケの花が咲いています。

モウセンゴケの花

<コケと名が付きますが、花を咲かせる(=種子(たね)をつくる)ので、コケ(蘚苔類)ではないことが分かります。>

さて、ほたる温泉(硯川)バス停から四十八池湿原までの間に「渋池(しぶいけ)」があります。

下の写真は渋池を同じ構図で違う日に撮影したものです。左は7月15日、右は7月26日です。

池の中にある緑色のものの位置と形が変わっているように見えます。

渋池の浮島

これは「浮島(うきしま)」です。名のとおり水面に浮かび漂っています。緑に見えるのは草が生えているためです。形が変わったように見えるのは、浮島の向きが変わったためです。

風のある日は浮島が動くのを実際に見られることもあります。

また、渋池と四十八池湿原の間ではヒカリゴケを見ることができます。木の根元や岩の隙間などに生育しています。

ヒカリゴケ

<中央付近で明るい緑色に見えるのがヒカリゴケ。暗い所に生えているものを手持ちで撮影しているので、ぶれています。>

<前回の記事と同じ図ですが、四十八池湿原の場所です。「池めぐりコース」と呼ばれるトレッキングコースの途中にあり、ほたる温泉(硯川)バス停から徒歩で約1時間です。>

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いや3つの密を避けるといった「新しい生活様式」の実践をお願いします。その一方で、熱中症にもご注意ください。

厚生労働省「「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました」

<https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html>

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ