ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

妙高戸隠連山国立公園 妙高

46件の記事があります。

2016年07月04日いもり池環境改善中!!

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

7月4日朝のいもり池のようすです。

 

いもり池を覆うスイレン

 

このようにスイレンがびっしりと池を覆ってしまい水面が見えません。

スイレンは派手な花をさかせることもあり、訪れる方の中にはスイレンを楽しまれる方もいらっしゃるのですが、このスイレン・・・外来種なのです。

 

外来スイレンは繁殖力が強く、①日本の在来種で可憐な花を咲かせるヒツジグサなどを駆逐してしまう②水面を覆ってしまうことで水中の光条件の悪化③枯死堆積物による水質の悪化など生態系に与える影響が大きいのです。

 

いもり池と逆さ妙高

 

そして以前はこのように来訪者を出迎えてくれた「逆さ妙高」が見られなくなるなど景観にも悪影響を与えてしまっています。

 

そこで、7/4から7/5にかけて妙高市役所、妙高高原ビジターセンター、地元の池の平温泉観光協会、NPO法人e-myoko、環境省妙高高原自然保護官事務所で外来スイレン駆除作業を実施しています。

 

手刈りで丁寧にスイレンを駆除しています

 

 

スイレン駆除に使用するジョレン

ボートから1つ1つ手刈りで行なう方法に加え、昨年より実施しているのがこのジョレンを用いて行なう方法。地元の方がこの作業のために作成してくれた秘密兵器です。

 

みんなでロープをひきジョレンを回収中

 

 

ボートで池の中ほどまで運び、水中に落としたものをこのようにひいてきます。地下茎ごと回収でき、効率よく駆除ができます。

 

水面に少しだけ顔をのぞかせる妙高山

 

1日目の作業を終えた状態です。みなさんのがんばりの甲斐があり、妙高山が水面に見えてきました。

明日も引き続き作業を行います。

ページ先頭へ↑

2016年06月29日妙高高原地区パークボランティアに新しい仲間が増えました

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

こんにちは。妙高高原より帖地です。

6/25-26にかけて妙高高原地区パークボランティア養成研修会が行われました。

追加募集に申しこみいただいた候補者のみなさまにお集まりいただき、国立公園やパークボランティア活動について、妙高戸隠連山国立公園妙高高原地区の特徴や課題、取組について研修を行いました。

2日間の研修を経て、自然保護官より認定証が手渡されパークボランティアとしての活動が始まります。

パークボランティア認定証を受け取る新規パークボランティア

 

 

妙高高原地区のパークボランティアは夏休み自然教室や雪上観察会をはじめとする自然観察会でガイドとしての活動や、外来生物の除去活動、自然歩道の草刈りや危険木除去などさまざまな活動を行なってくださっています。

今回、新たにパークボランティアとして8名の仲間が増え、妙高高原地区のパークボランティアは46名となりました。パークボランティアさんのご協力をいただきながらよりよい公園になるよう共に頑張っていきます!

ページ先頭へ↑

2016年04月18日妙高高原春だより

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

このたびの熊本地方の地震により被災された皆様には心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復旧をお祈りいたします。

 

妙高高原は最近暖かくなってきました。事務所付近ではこの土日で冬の間降り積もった雪がすっかり姿を消しました。今年は本当に少雪でしたね。 

 

さて、この時期になると妙高高原池の平にあるいもり池ではミズバショウ達が顔を出しています。

いもり池に咲くミズバショウの群生

 

ミズバショウの開花にあわせていもり池では4/165/8までの間、ミズバショウ祭が開催されています。

遊歩道に立つミズバショウ祭りの看板

 

いもり池の遊歩道沿いでは、環境省のパークボランティアによるミズバショウ解説をおこなっています。散策の際はお気軽にお声かけください!解説を担当するパークボランティアは深緑色のキャップが目印です!

訪れた方に解説をする環境省パークボランティア

いもり池は一周20分ほどで廻ることができ、名峰「妙高山」を間近に感じられるスポットです。この日は散策中にシジュウカラやエナガ、ヤマガラやカワラヒワ達のかわいい姿を見かけました。ウグイスもとてもいい声で鳴いていましたよ。

いもり池のすぐそばの妙高高原ビジターセンターではバードウォッチングなどのイベントを開催している日程もありますのでミズバショウとあわせて楽しまれてはいかがでしょうか。暖かくはなってきましたが、曇りの日や風の強い日などは冷えますので羽織ものをお持ちになっておでかけください。

 

ミズバショウ祭・イベント情報につきましては

妙高高原ビジターセンター(TEL:0255-86-4599)までお問い合わせください。

ページ先頭へ↑

2016年02月22日おいでよ!妙高の雪の森へ

妙高戸隠連山国立公園 妙高 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

こんにちは。2/20の土曜日、妙高高原では環境省と妙高高原ビジターセンターの共催イベント「雪上観察会」が実施されました。環境省パークボランティアの案内でいもり池周辺の森の中をスノーシューや歩くスキーでのんびり周りながら冬にしか見られない自然を楽しむイベントです。

「スノーシューとかやったことないし、道具も持ってない」という場合でも問題ありません。

ビジターセンターでレンタル可能なスノーシュー

受付場所のビジターセンターでスノーシューや歩くスキーをレンタルできます。「かんじき」で歩いてみるのも楽しいかも!!

スノーシューの履き方を教えてもらう女の子

スノーシューの履き方や歩き方をパークボランティアさんが丁寧に教えてくれるので初めての方でも安心して参加できますよ。

準備ができたら雪の森へ出発!!

「この足あとは何の動物のあしあとかな??」足跡を観察するガイドのパークボランティアと参加者たち

雪上にオレンジ色に染まった雪を発見!「これなあに?」

オレンジ色に染まった雪を手に説明をするガイドのパークボランティアさん

何が住んでいたのかな??

枝に作られた虫のすみか枝にぶら下がる繭

「この糞はもしかして・・・」

雪の上に落ちている動物の糞

「この芽は何か知ってる?きっと食べたことあるよ」「あっ、わかった!!」

タラの冬芽を前に参加者に質問するガイドさん

いろんな事を教えてもらったね。木の種類いくつ覚えられたかな?

雪上観察会帰りみち

夏の間は藪や草で決められたところしか歩くことができませんが、雪に覆われているこの時期は思いのままに歩くことができ、目の前でじっくり観察できる絶好の季節です。森に棲む動物や虫たち、木や植物についてパークボランティアが詳しくガイドしてくれるのでより自然が身近に感じられるのではないでしょうか。

この「雪上観察会」は2/273/5の土曜日にも開催する予定です。冬にしか体験できない妙高高原の自然を体感しにぜひいらしてください。

雪上観察会ポスター.pdf

「雪上観察会」に関する詳しいお問い合わせ・お申し込みは妙高高原ビジターセンターまでお電話ください。(電話0255-86-4599)受付時間9001700 定休日毎週水・木曜日)

ページ先頭へ↑

2015年11月17日妙高山の登山道整備とイベントのお知らせ

妙高戸隠連山国立公園 妙高 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

妙高高原からこの秋行われた登山道整備についてお知らせします。

妙高山の登山道において光善寺池から風穴への道は洗掘が進み、これまで非常に歩きづらい箇所が数カ所存在していました。登山道自体が雨水の通り道になってしまうため、すり鉢状となり、排水されない水によって泥濘化してしまう為です。粘土質の土壌と相まって雨天時や下山時に苦労された方も多かったのではないでしょうか。

登山道整備前の様子。歩きづらい。

10/7時点での様子。かなりU字に掘れてしまっています。

特に進行のひどかった場所3カ所について環境省のグリーンワーカー事業で整備を行っていただきました。

登山道整備中のようす。道幅にあうよう材を調整しています。

パズルのように木を組み合わせてステップを組み上げます

倒木や浮き石などの自然素材を利用してステップを設置していきます。

一段、 一段組み上げて完成したのがこちら。

整備後のようす。ステップが設置されました。

ステップ設置箇所下部のようす。

以前は足の置き場に迷い、おそるおそる足を出していた場所でしたが、現在合計50段のステップが設置され、とても歩きやすくなりました。

とは言え、今妙高山は冬へと向かっています。11/13時点では燕温泉~源泉小屋間の舗装部分で朝方凍っている箇所や

源泉小屋へ続く道。霜が降りている。舗装部分には氷が。

湯道分岐~胸突き八丁間では降雪が残っており、凍って滑る岩もありました。

雪が積もる道。氷につつまれた岩も。

光善寺池には氷がはっていました。

氷のはる光善寺池

山へおでかけの際は十分な情報収集と装備をお願い致します。

つづいてイベントのお知らせです。

妙高戸隠連山国立公園誕生指定記念シンポジウムまであと3日と迫りました。こちらは妙高戸隠連山国立公園の誕生を記念して、妙高市にてシンポジウムを開催されるもので、登山家としても知られる女優の市毛良枝氏の基調講演や、様々な分野の方が国立公園の将来を語るパネルディスカッションを実施します。同時に今年9月に決定したシンボルマークの表彰式も行います。シンポジウムの最後には、宿泊券や温泉チケットなどが当たる抽選会もありますので、是非足をお運びください。

1.開催日

平成27年11月20日(金)午後1時から16時45分まで(開場12時30分)

2.開催場所

  妙高市文化ホール(新潟県妙高市上町9−2)

3.主催等

  主催:環境省、妙高市、(財)自治総合センター

  後援:総務省、新潟県、長野県、糸魚川市、長野市、信濃町、飯綱町、小谷村

4.実施内容

(1)基調講演

○講師:女優 市毛 良枝氏

○タイトル:「山から広がる人とのつながり」

○内容:女優で登山家としても知られる市毛さん。登山をきっかけに環境問題にも関心を持ち、99年には環境省の環境カウンセラーに登録されています。ご自身の体験に基づく山と人、そして国立公園とのつながりについての講演です。

(2)表彰式

○妙高戸隠連山国立公園シンボルマーク表彰

○自然公園関係功労賞者環境大臣表彰

(3)パネルディスカッション

○テーマ:「妙高戸隠連山国立公園の可能性」

○コーディネーター:信州大学地域戦略センター長 笹本正治氏

○パネリスト:

・環境省自然環境局国立公園課長 岡本 光之氏

・妙高自然ソムリエ、登山ガイド ウイリアム・ロス氏

・長野県環境保全研究所主専門究員 富樫 均氏

・温泉エッセイスト 観光庁VISIT JAPAN大使 山崎まゆみ氏

・元冬季オリンピッククロスカントリースキー代表 横山 寿美子氏

(4)抽選会

○妙高戸隠連山国立公園に関連する宿泊券や温泉チケットなどが当たる抽選会を実施します。

5.参加費:無料

6.定員:1000名。スムーズな入場のためできる限り入場整理券をご利用ください。配布場所は妙高市役所HPにてご確認ください。

ページ先頭へ↑

2015年11月04日アクティブ・レンジャー国立公園写真展 in 糸魚川市

妙高戸隠連山国立公園 妙高 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

こんにちは。妙高高原地区のアクティブ・レンジャーの帖地です。「アクティブ・レンジャー国立公園写真展」を、11月3日から約1ヶ月の会期で、糸魚川市能生の道の駅「マリンドリーム能生」で開催させて頂くことになりました。

マリンドリーム能生外観

会場は北陸自動車道「能生IC」、JR能生駅から車で5分とアクセスも良く、日本一のベニズワイガニ直売所として人気の道の駅で、新鮮な魚介類を求めに遠方からもたくさんのお客様がいらっしゃっています。

今回はこちらの2階「休憩スペース」を展示スペースとして利用させていただくことになりました。窓からは日本海の素晴らしい眺望が臨めます。

写真展設置前のマリンドリーム能生休憩スペース

開催日前日、写真展の設置作業を行いました。糸魚川市職員の皆様にも作業をお手伝い頂き、

写真展設置作業中風景

無事40点の作品を展示することができました。

写真展設置作業後

この写真展を通して、環境省の様々な取り組みや国立公園の魅力などがお伝えできれば幸いです。お近くにお立ち寄りの際は是非足をお運びください。



1.開催期間・時間

2015年11月3日(火)~11月29日(日)

9:00~17:00 

  

2.開催場所

道の駅「マリンドリーム能生」

新潟県糸魚川市大字能生小泊3596-2

   

3.入場

無料

   

主催:環境省長野自然環境事務所

問合せ先:妙高高原自然保護官事務所 Tel : 0255-86-2441

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ