ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年01月11日ニホンザル対策

中部山岳国立公園 上高地 関根陽太

こんにちは。

上高地のニホンザルの人慣れ問題について何回か書いていますが、

昨年は、施設の方、ガイドの方、ボランティアさんなど

多数の方々に協力してもらい、地域一丸となって対策に取り組みました。

対策は今まで「追い払い」に重点が置かれていましたが、

ここ最近は利用者に対する「普及啓発」にも力を入れています。

「追い払い」は、人やエアガン(弾は自然に返る天然素材です)等で

利用者の多い場所に近づいたサルを脅かして、一定の距離を取るように誘導します。

「普及啓発」は、利用者へ野生動物を観察する際の注意点を伝えるものです。

利用者が安全に、そしてサルの人慣れを進める要因を作らないことが大切です。

サルに「利用者が多いところは避けてね。」と言ってもなかなか伝わりませんが、

利用者の皆さんなら、上高地の事を考えて行動してくれます。

「近づきすぎない、エサをやらないで」などのマナーを伝えながら、

上高地のサルの生活も伝えます。ときには道案内や山や花の名前も。

少しずつですが、ヒトとサルが適切な距離を取り戻せるようにできればと思います。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ