ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

上信越高原国立公園

73件の記事があります。

2015年03月23日妙高戸隠連山国立公園まもなく誕生!

上信越高原国立公園 戸隠(~2015.3.26) アクティブレンジャー 前田久美子

日中は暖かく、だんだんと春の足音が聞こえてきました。

こちらでは妙高戸隠連山国立公園誕生の足音ももう間近にせまっています・・・!

↓長野第一合同庁舎の前には・・・

そんなこんなで、ちょっと長くなりますが・・・本日は3点お知らせをさせていただきます。

(1)妙高戸隠連山国立公園 誕生PRイベント

(2)シンボルマーク募集

(3)妙高戸隠連山国立公園誕生記念 写真展開催

(1)妙高戸隠連山国立公園 誕生PRイベント

3/27(金)に『妙高戸隠連山国立公園』が誕生します!

このお祝いを行うべく、北陸新幹線の3駅(長野、上越妙高、糸魚川)でPRイベントを開催します。

イベント中は妙高戸隠連山国立公園誕生記念グッズをお配りします!

ちなみに・・・それぞれの駅でご当地ゆるキャラが登場・・・!



イベント詳細はこちら↓

■日時 3/27(金)

  ① 8:40~10:00 長野駅

  ➁ 12:30~15:30 上越妙高駅

  ③ 13:00~15:30 糸魚川駅

■登場ゆるキャラ

  ① アルクマ、一茶さん、づなっち、えこねこ

  ➁ ミョーコーさん、いけべい、レッドくん、レルヒさん

  ③ ジオまる、ぬーな、たりたり



(2)シンボルマーク募集

妙高戸隠連山国立公園のシンボルマークを公募します。

みなさんの考える妙高戸隠連山ってこれだ!を形にして下さい!


★妙高戸隠連山国立公園について、詳しくはこちらのAR日記を参考にして下さい。

→ アクティブ・レンジャー日記[中部地区] 2015年1月23日 上信越高原国立公園戸隠

(2015年3月に『妙高戸隠連山国立公園』が誕生します! http://chubu.env.go.jp/blog/2015/01/23/

選定されたシンボルマークは、標識やパンフレットなどで広く活用します。

そしてなんと副賞として、最優秀賞は図書カード5万円分!!!優秀賞は1万円分(2人も!)です!

どしどしご応募お待ちしています!


■応募資格 妙高戸隠連山国立公園を愛する方(年齢性別不問、日本に居住または勤務している方)

■募集期間 2015年 4/1(水)~5/29(金) 5/29消印有効

■問い合わせ先

  環境省長野自然環境事務所「妙高戸隠連山国立公園シンボルマーク募集係」

  TEL:026-231-6570  FAX:026-231-1226

※詳細な募集要項は

 長野自然環境事務所(http://chubu.env.go.jp/nagano/index.html)のHPをご覧下さい。


↓チラシ

02公募用チラシ(表).pdf


↓募集要項

03公募用チラシ(裏・募集要項).pdf


(3)妙高戸隠連山国立公園誕生記念 写真展開催

妙高戸隠連山国立公園の誕生を記念して、各地で写真展を開催いたします。

それぞれの展示会場に合わせた展示を行いますので、ぜひいらして下さい!



■第1弾 長野県庁   3/23(月)~4/10(金) 平日のみ8:15~17:15

■第2弾 道の駅あらい 4/6(月)~4/23(木) 9:00~21:00

■第3弾 野尻湖ナウマンゾウ博物館 4/13(月)~5/31(日) 9:00~17:00

■第4弾 戸隠地質化石博物館 8月(詳細未定)



↓現在開催中の長野県庁の写真展

ページ先頭へ↑

2014年12月26日第4回JPR報告

上信越高原国立公園 万座 アクティブレンジャー 小林映絵

最後となった第4回のJPRは、御代田町(みよたまち)にある浅間縄文ミュージアム主任学芸員の堤隆先生を講師に迎え、浅間山火山の歴史と特徴について学びました。また、最終回と言うことでまとめの作業を行いました。

まずは、縄文ミュージアム周辺で確認できる浅間山の火山活動の歴史について現地調査開始っ。

現地調査1箇所目は佐久市にある赤岩神社。

約23,000年前、浅間山(黒斑山)の山体崩壊によって"塚原土石なだれ"が発生し、その時に流れてきた大きな赤い岩とその岩の上に立てられている神社を確認しました。

黒斑山からこの神社まで計測してみたところ、直線距離で約15km。ずいぶんと遠くからここまで流れてきたんだね!!

続いて"田切地形"と呼ばれる軽石の地層についての現地調査です。

約13,000~10,000年前仏岩から流れてきた軽石流の蓄積物が河川によって削り取られた事により形成されたガケとその周辺地形のことを"田切地形"と呼びます。御代田町、小諸市、佐久市に広がる特有の地形となっており、軽石の断層であるため、白い断層を確認することが出来ます。


現地を確認した後、午後の作業開始です。

第1~4回目JPR活動の振り返りとして、各回の新聞を班に分かれて作成しました。

過去の活動をまとめる班は、みんなでどんなことをしたか「こんな事があったよね」「あれ?それってこの回だっけ?」・・・話し合って思い出しながら。

活動したての第4回をまとめる班も書きたいことがいっぱいあって四苦八苦。

徐々に、あっちこっちから「あーもう時間がないよー!!」って。大丈夫かなー??

あれ。みんなシッカリまとめが出来てるよ!すごーい!!心配なんてほとんど不要でした。

そして発表。役割分担もちゃんと出来ていて、恥ずかしがりながらもきちんと発表できてたね☆

まとめで作成した「浅間地域子どもパークレンジャー新聞」については今後、様々な施設で巡回展を開催する予定です。

会場などが決定次第、このアクティブ・レンジャー日記でご連絡させて頂きます。

どの班もかなりの力作となっていますので、お楽しみに~♪

9月から12月まで計4回という活動になりましたが、一生懸命参加してくれてありがとう!国立公園や自然保護官(レンジャー)のこと、火山や浅間山について知識を深めてもらえた様子が見られました。

自分たちの住むところには、浅間山の火山活動によって作られた自然があること、火山活動の歴史が深く関わっていること、そしてその地域に生活していることの素晴らしさを感じ取ってもらえたなら嬉しいです。


またみんなに会えることを願います☆彡

活動、お疲れ様でしたっ!!

ページ先頭へ↑

2014年01月31日長野県庁にて写真展開催中

上信越高原国立公園 戸隠(~2015.3.26) アクティブレンジャー 八代陽子


日によって寒さが緩んだりしていますが、まだまだ寒い長野。
みなさんお住まいの地域はいかがでしょうか。
1月28日(火)より長野県庁1Fエントランスホールにて
アクティブ・レンジャー国立公園写真展を開催しています。




長野自然環境事務所の管轄している「上信越高原国立公園」と
「中部山岳国立公園」で活躍する8名のアクティブ・レンジャーが、
日々の業務で撮影した数多くの写真から、厳選した47枚の写真を展示しています。

山岳や高原の景色、動植物などの写真のほか、
環境省の業務やその地域の取り組みなど紹介をしています。




多くの方々に国立公園の素晴らしさを知っていただきたいという
アクティブ・レンジャーの思いが詰まっている写真展です。

感想ノートを設置していますので
お気付きの点など記入していただけると幸いです。
1月28日(火)~2月6日(木) 平日8:30~17;15 まで観覧可能です。
皆様のお越しをお待ちしています。

--------------------------------------------------------
写真展の詳細はこちらです
こちら
--------------------------------------------------------


ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ