ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

妙高戸隠連山国立公園

212件の記事があります。

2017年06月05日霊仙寺山開山&記念登山!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

6月4日(日)は霊仙寺山(飯綱町)の開山祭!

01

 

霊仙寺山は飯縄山と稜線つづきのお山です。

開山祭の神事の後は、記念登山!いいづなリゾートスキー場から登り始めます。

02記念登山

 

ゲレンデを登り終えて振り向くと、眼下には長野市や飯綱町が!美しいです!

03振り返ると

 

林内の登山道はとっても涼やかで気持ち良いです。

04涼しい林内

 

途中、飯縄山の山頂が見えます!ここまでくれば霊仙寺山頂までもう少し!

05山頂までもう少し

 

今回記念登山に参加されたのは総勢約50名!やったー山頂です!

06霊仙寺山頂

 

山頂からは野尻湖もばっちり!

07野尻湖見えます

 

そしてー!なんと竹の子汁の振る舞いが!!!とっても美味しかったです♪

08タケノコ汁

 

霊仙寺山頂からは眼下に飯綱町や長野市の風景が広がっています。

09霊仙寺山頂からのながめ

 

下山開始と思いきや・・・飯縄山に縦走です。

縦走路に入る道はわかりづらいので気をつけて下さい。

10縦走路入り口

 

大きな岩や道のわかりづらい部分もありますが、とっても気持ちの良い稜線。

道中、右手には西岳(戸隠連峰)や妙高山も見えました!

11縦走路から西岳

 

飯縄山山頂に到着!北アルプス(中部山岳国立公園)も見えました。

12飯縄山山頂到着

 

いよいよ下山!原田新道という、いいづなリゾートスキー場に下りる道です。

13原田新道下り口

 

斜面は急ですが、こちらもとっても気持ち良い道!

14原田新道2

 

下りきると志賀高原(上信越高原国立公園)のお山がキレイ~!

15ただいまリゾートスキー場

みなさんお疲れ様でした!

 

登山道にはイワカガミやミツバオウレンも沢山咲いていました。

いよいよ夏山シーズンが始まります。是非お出かけ下さい♪

http://www.env.go.jp/park/myokotogakushi/guide/view.html

ページ先頭へ↑

2017年06月02日大谷地湿原でキショウブ駆除!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

朝から雨が降ったりやんだりの飯綱高原。

今日は大谷地(おおやち)湿原でキショウブの駆除です!

01説明中

 

飯綱高原の大谷地湿原、昔はリュウキンカが沢山あった場所でした。しかし、キショウブを初めとした外来種が侵入してくることなどにより、リュウキンカの生育地が奪われてきてしまいました。

02H24キショウブ

(H24年6月29日の写真です。木道脇に沢山のキショウブが咲いています)

 

「昔のリュウキンカいっぱいの大谷地を取り戻したい!」と地元の方々の熱心な想いもあり、キショウブを駆除する取組を続けています(今年で6年目です)。

03キショウブ抜いてます

 

6年目ともなるとみなさんもプロ!キショウブの見分け方もばっちりです!

この4種類、どれも湿原に生えている植物です。どれがキショウブかわかりますか?

04湿原の4種

正解は、左から3番目がキショウブです!

 

キショウブ(アヤメ科アヤメ属)の特徴は真ん中に一本太い筋の葉脈があることです。

そして葉っぱの色は濃いめの緑。

05キショウブアップ

 

一番左の植物はガマ(ガマ科ガマ属)。こちらは背の高さも高く、目立った葉脈はありません。

06ガマ

 

左から2番目はヒオウギアヤメ(アヤメ科アヤメ属)です。

キショウブとの違いがわからないあなた!ヒオウギアヤメはキショウブと比較して、真ん中の筋が薄いです(他の筋が濃いです)。

07ヒオウギアヤメ

 

一番右はショウブ(ショウブ科ショウブ属)。キショウブと同じく真ん中に太い筋があります。しかし!葉っぱの色が鮮やかな黄緑です。ここが最大の見分けポイントです!

08ショウブ

 

ちなみに、キショウブの根っこはショウガのような形の太くて立派な根っこです。

これを取り残さないように掘り出すのがなかなか大変です・・・!

09キショウブ根っこ

 

抜いたキショウブは一輪車(ネコ)に乗せて運びます。

10一輪車

 

こんなに沢山とれました!2~3年前はこの倍以上とれていたことを考えると着実にキショウブが減っています。飯綱高原のみなさんの努力の賜物です。すごいですね!

11抜いたキショウブ

 

最後に記念撮影!みなさんお疲れ様でした!

12キショウブ駆除隊記念撮影

ページ先頭へ↑

2017年05月31日ギャラリーぷらざ長野で写真展part②

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

今日は写真展の設営を行ってきました!

01設営中

 

今回は『ギャラリーぷらざ長野』で実施しています。

02ギャラリーぷらざ長野

長野駅から徒歩10分ほどのToiGOやもんぜんぷら座のある交差点にあります。

 

テーマは「妙高戸隠連山国立公園の風景」です。

03内装

 

■詳細

 開催期間:6月1日(木)~7月11日(火)

      ※土日祝日閉館

 開館時間:午前10時~午後4時

 

こちらのポスターが入り口に貼ってあります!

04ポスター

ぜひお越し下さい♪

ページ先頭へ↑

2017年05月30日530運動&外来生物も一緒に!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

天気が良いと景色は最高ですが、日が照って暑いです・・・水筒と帽子は必須ですね!

 

今日は5(ご)3(み)0(ゼロ)ということで、ゴミゼロの日!

北信森林管理署主催で戸隠森林植物園を中心に美化活動を実施しました。

01ゴミゼロ集合

 

6班に分かれて、それぞれゴミ拾いに繰り出します。

02鏡池班くりだす

 

しかっし!今回の目的はゴミだけではありません!

狙いは外来生物(特に県道沿いのハルザキヤマガラシ)!

03ハルザキ見本

 

森林植物園の駐車場~戸隠神社奥社入口の駐車場の約600mの間だけでも沢山ありました!

04とれたハルザキ

 

私は鏡池班で、八十二森のまなびや~鏡池まで歩きました。

鏡池までの道中、水たまりにはカエルの卵が!もう少しでオタマジャクシです♪

05もうすぐオタマ

 

道中にはリュウキンカや

06リュウキンカや

 

イワカガミも

07イワカガミも

 

駐車場の入り口にはカタクリ!

08P入り口カタクリ

 

道沿いはニリンソウが満開でした!

09鏡池手前ニリンソウ

 

土手で外来種のセイヨウタンポポを発見!みなさん夢中で抜きます。

10土手でセイヨウタンポポ

 

最後にみんなで記念撮影。おつかれさまでした!

11記念撮影

 

戸隠を散策する時はぜひこちらをご覧下さい。

○戸隠おさんぽマップ

http://www.togakushi-21.jp/walking/

 

散策で満足できない方は、ロングトレイルに挑戦!

○戸隠古道大ウォーク(7月1~2日です。申し込み受付中!)

http://togakushi-21.jp/events/2017/04/post-103.php

ページ先頭へ↑

2017年05月26日野尻湖でゆっくりできるように・・・

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

5月25日(木)に野尻湖で草刈りをしてきました。

午前中雨が降っていましたが、午後は曇りで草刈り日和!

01野尻P草刈り

 

この時期は気温もぐんぐん上がって下草がものすごい勢いで伸びます!

下草を放っておくと虫がわいたり気持ちよく過ごせる湖畔ではなくなってしまいます。

 

訪れた方が気持ちよく過ごせるように、野尻湖と親しむプロジェクト(通称野尻P)のみなさんと一緒に、ナウマンゾウのモニュメントの設置や湖畔の草刈りをして、環境整備をしています!

 

こんな穴場スポットもあるのですが・・・この場所の活用方法も考えています。

02穴場スポット

 

妙高山を背に・・・!みなさん歴戦の戦士といった雰囲気!カッコイイです!!

03歴戦の戦士

 

湖畔から湖をのぞくとエビが沢山いました(探してみてください)!

04エビ

ヒント:真ん中あたり

 

その後は野尻湖ナウマンゾウ博物館のリニューアルに向けて、地元の方と活用方法を考える実行委員会です!

05ナウマン博会議

 

帰り道は黒姫山が少し姿を見せてくれました。

あぜ道をサイクリングしながら走り抜けたら、とっても気持ち良さそうです♪

06黒姫山と水田

 

この時期は田んぼに水を張ったばかりで、水田が一面鏡のように景色を写してくれます。

こんなに素敵な風景があちこちで見られる妙高戸隠連山国立公園に是非遊びに来てみて下さい!

 

○見所はこちら!

http://www.env.go.jp/park/myokotogakushi/guide/view.html

ページ先頭へ↑

2017年05月23日夢見平、雪解けです!

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

521日笹ヶ峰にある夢見平遊歩道にて「笹ヶ峰夢見平エコトレッキング」が行われ、妙高高原地区の14名のパークボランティアがガイドとして参加したので同行してきました。

森林セラピーロードにも指定されている夢見平遊歩道は4㎞コースと10㎞コースの2つのコースがあります。冬は数メートルの雪に覆われており、今はコースの3分の2くらいが雪消えしたばかり。春を迎えた夢見平の様子をお届けします。

◆乙見湖と残雪の焼山、金山◆

乙見湖と残雪の焼山、金山、天狗原山

 

◆カタクリ咲く小道◆

カタクリ咲く小道

 

◆カラマツの芽吹き◆

カラマツの芽吹き

 

◆エゾエンゴサクの群落◆

エゾエンゴサクの群落

 

◆夢見平湿原のミズバショウと残雪残る三田原山◆

夢見平湿原のミズバショウと三田原山

 

このほかにエンレイソウやリュウキンカ、キクザキイチゲ、ショウジョウバカマ、コシノカンアオイなどが沢山見られました。サンカヨウやニリンソウなどの見頃はこれからになりそうです。野鳥ではジュウイチやツツドリ、メボソムシクイ、センダイムシクイ、ウグイスなどの声が聞こえていましたよ。

 

また、遊歩道上はカツラやハルニレ、ブナなどの長い年月を生き抜いた巨木も随所にあり、若葉を芽吹きする様子は生命力にあふれ、訪れる人に元気を与えてくれます。

◆ブナとミズナラが200年に渡り相生する「縁結びの木」にも芽吹き◆

ブナとミズナラの相生する縁結びの木にも芽吹き

 

残雪や雪解け水、ぬかるみがある場所もあるので長靴は必須ですが、春の自然を堪能できる夢見平へどうぞお出かけください!

 

◆番外編:雪消えし姿を現した仙人池と妙高山◆

雪消えし姿を現した仙人池と妙高山

ページ先頭へ↑

2017年05月23日シニア大学で出張講座

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

もうすぐ6月ですが!なぜこんなに暑いんだ!

というくらい暑いです・・・!長野は30度超えです・・・!

 

そんな日ですが、今日は長野県シニア大学の長野学部で出張講座を行ってきました。

シニア大学とは、シニアの皆さんが地域社会の一員としての自覚をもって地域とかかわることができる人材育成を目指している公開講座です。

01シニア大

 

国立公園の成り立ちから外来生物の話まで内容もりもり!それでもみなさんとても真剣に聴いて下さいました!ありがとうございました!

02シニア大

 

昨年から講義をさせていただいていますが、毎回生徒さんの雰囲気や飛び出す質問も違うので、とっても勉強になります!

03シニア大

 

今年は、実物を使いながら携帯トイレのお話もさせていただきました。

04シニア大

 

山に行くならリュックに1つ携帯トイレ♪よろしくお願いしますね♪

 

ページ先頭へ↑

2017年05月18日タンポポのあれこれ

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

先日、外来植物駆除をした時にちょっと話題になったので・・・今日はタンポポのお話を。

01タンポポ談義

 

こちらのタンポポ、実は遺伝的には全部違う種類。どう見分けるのでしょう!?

02タンポポ三種盛り

 

裏返すと、こんな風になっています。注目ポイントは額の反り返り具合!

03タンポポ三種盛り

一番左の額が完全に反り返っているのがセイヨウタンポポ(外来種)、

一番右の額が反り返っていないのがシナノタンポポ(在来種)です。

真ん中はセイヨウタンポポとシナノタンポポが交雑してしまった個体です。

 

そしてタンポポ、根っこはこんなに長~~~~いです!これはすごい!

04タンポポ根っこ

 

今の時期はタンポポが大盛況・・・。足下のタンポポ、花を裏返して見てみて下さい♪

05タンポポいっぱい

 

ちなみに、タンポポのお花は天ぷらにすると美味しいですよ♪

06タンポポ天ぷら

ページ先頭へ↑

2017年05月16日戸隠の中社地区で外来種を駆除!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

今日は戸隠の観光の中心地「戸隠中社地区」で一斉外来種駆除を行いました!

01あつまった写真

 

狙いはハルザキヤマガラシとヒメジョオン、セイヨウタンポポです!

02ハルザキの葉っぱ

(写真はハルザキヤマガラシの葉っぱです。野沢菜や菜の花とそっくりの花ですが、

葉っぱが深く切れ込んだ羽のような形をしており、光沢があるのが特徴です!)

 

今回の外来種駆除、中社区の方々が自主的に企画して、約30名で実施して下さいました。

戸隠に住んでいる方々は、自分の住んでいる自然環境を守ることへの意識がとっても高いんだな~と実感しました。本当にすごいことです。

03駆除作業

 

2時間でこれだけ沢山!中社区のみなさんありがとうございました!

04ゴミ袋

ページ先頭へ↑

2017年05月15日今がベストシーズン!苗名滝!

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

新潟県と長野県の県境に位置する「苗名滝」に週末出かけてきました!5/2に出かけた時は

5月2日の苗名滝

 

木々も寒々しい感じだったのですが・・・今はこんな感じになっています!

 

5月14日の苗名滝

 

たった2週間近くでこんなに変わってしまうとは!

 

遊歩道から見る山の斜面

 

山の斜面もいろんな色で埋め尽くされて・・・時間を忘れて見入ってしまいます。

歩道上の残雪も苗名滝手前の吊り橋前に少し残るくらいになっており、最後の吊り橋も通行可能になっていました。

 

水煙立ち上る迫力の苗名滝

 

近くから見る苗名滝は「ゴオオオオォ!!!!」という爆音と、滝壺から立ち上る水煙の量がとにかくすごい!山々から雪解け水が流れ込み水量の多い今の時期が間違いなくベストシーズンだと思います!

 

また、苗名滝を訪れた際は歩道の左斜面に咲くこちらの植物にも注目を

 

ユキツバキの花

 

ユキツバキです。日本海側多雪地に適応したツバキで、太平洋側のヤブツバキに比べ樹高が低く、地を這うように伸びる茎と、弾力性に富む折れにくい枝をしています。雪の重圧に耐え、雪に埋もれることで厳しい冬から身を守り、今年もきれいな花を咲かせてくれていました。

雄しべの花糸が黄色いことと、葉っぱの縁もギザギザになっているのも特徴です。これから咲くつぼみも沢山あったので見つけたらじっくり観察してみてくださいね!

○地図や周辺のみどころはこちら

 

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ