ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

上信越高原国立公園 万座

137件の記事があります。

2018年07月04日ワタスゲたなびく芳ヶ平湿原

上信越高原国立公園 万座 小林 直樹

73()、芳ヶ平湿原の巡視に行ってきました。

芳ヶ平湿原を含む周辺の湿地群は火山性の特異な特徴を有しており、

2015年にラムサール条約湿地に登録されました。

日本固有種のモリアオガエルの最高標高の繁殖地や

国天然記念物に指定されたチャツボミゴケ群落など

世界的に重要な生態系が存在します。

【湿原入口付近から望む草津白根山】

渋峠からよく整備された遊歩道を下り、平らな湿原に入ると

そこはまるで別世界・・・。

多数の地塘とそのまわり一面にたなびくワタスゲが

素晴らしい景観を演出しています。

【湿原の遊歩道】

【一面にたなびくワタスゲ】

【ワタスゲの白さを際立たせる他の花々】

【多数の地塘】

この日は平日のせいもあってハイカーは誰もいません。

鴨の親子がのんびり泳ぐ姿も見られました。

【気持ちよさそうですね!】

湿原のそばには、赤い屋根の芳ヶ平ヒュッテが営業しています。

立ち寄ってご主人に挨拶しました。

国道292閉鎖の影響で芳ヶ平の客数は例年に比べて大幅に減っているとのこと。

【芳ヶ平ヒュッテの外観】

芳ヶ平はワタスゲの時期以外でも、

新緑や紅葉の季節も素晴らしい景観のようです。

皆さんもぜひ1度、芳ヶ平湿原を訪れてみてください!

数km下り道を歩けば草津町に着くので、

ハイキング後には温泉で癒やされることもできます。

ページ先頭へ↑

2018年06月26日子どもパークレンジャー浅間地域:今年も盛況!

上信越高原国立公園 万座 小林 直樹

6月23日(土)、浅間山麓に住む小中学生 15人が、「子どもパークレンジャー」として

湯の丸高原のレンゲツツジ保存活動で活躍しました!

★子どもパークレンジャーとは

 http://www.env.go.jp/kids/gokan/jpr/about/index.html

湯の丸高原での開催は、今回で3年目になります。

NPO法人浅間山麓国際自然学校やレンゲツツジ保存会のみなさん、また嬬恋高校ボランティア部の生徒さんや先生もスタッフとして参加いただきました。

まずは湯の丸高原ビジターセンターにて開会式と任命式です。

環境省レンジャーから国立公園についての話を聞き、1人ずつ自己紹介をした後、湯の丸の自然を守る「子どもパークレンジャー」として任命されました。

【レンジャーによる任命式の様子】

その後は外に出て、作業する場所まで向かいます。なかなか急な坂道も、みんな頑張って登ってくれました!

道中では、スタッフが湯の丸山の成り立ちや牧場としての歴史、レンゲツツジとの関係について説明してくれます。

また、希少な高山蝶、燃えにくいナナカマド、紅葉するカラマツ、ニホンカモシカの角とぎ跡など、見かけた湯の丸のいろんな動植物についての解説も。

子ども達は熱心にメモを取っていました。

【スタッフの解説に聞き入る子ども達】

途中、雨がぱらつくこともありましたが何とか湯の丸山の中腹にあるレンゲツツジ群生地に到着!

記念撮影の後、保存活動を開始します。

ヘルメットをかぶって剪定バサミでレンゲツツジの周りのササなどを刈り、日当たりがよくなるようにしました。

子ども達も大人も一生懸命レンゲツツジのために作業します。

【湯の丸山をバックに記念撮影】

【作業の様子】

【担当した株にネームプレートを付けてはいポーズ!】

【牛たちとも記念撮影!】

作業後は、スキー場のゲレンデ内を歩いて降りて、湯の丸牧場の牛たちを見ながらのお昼ごはん!

こんなに間近で放牧されており、子供たちのテンションも上がります。

午後は鹿沢インフォメーションセンターに移動して新聞作りと発表です。

アイデアを出す子、意見をまとめる子、文字を書く子、写真を切る子、......

班のみんなで内容を話し合い、分担し、見事なチームワークによって、個性豊かな新聞ができました!

【みんなで協力して新聞づくり】

【緊張の発表タイム】

発表後は、今日1日で学んだことをレンジャーに報告し、JPRスタンプと缶バッチを貰います。

【レンジャーへの報告】

最後は全員参加でのネイチャーゲームで大いに盛り上がり。。。

怪我もなく無事終了、みんな楽しそうでした。

新聞作りのテーマのひとつでもあった「10年後の湯の丸高原」。

子ども達からは「牛が増えている」「トロッコができている」「このままだとレンゲツツジが衰退する」など様々な意見がありました。

彼らが大人になっても、この活動で学んだことや自然を大切にする気持ちを忘れずに、地域の自然を未来に繋いでいってほしいです。

ページ先頭へ↑

2018年06月15日湯の丸牧場放牧作業

上信越高原国立公園 万座 小林 直樹

6月14日(木)、湯の丸牧場の開牧式に伴い、牛の放牧作業が行われました。

放牧する牛の数は年々減少しているとのことですが、東御市の農家が育てている

乳牛18頭が放牧されました。

【牛を運んで来たトラック】

牛を一頭ずつトラックから引っ張り出します。

【放牧作業の様子】