ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

中部山岳国立公園 上高地

145件の記事があります。

2012年07月11日焼岳の登山道整備

中部山岳国立公園 上高地 アクティブレンジャー 松尾野里子

報告が遅くなってしまいましたが、2日に中尾高原からの焼岳・登山道整備に参加してきました。

梅雨のため、心配していた天気もこの日だけお日様マークに!!
山の稜線は雲を纏っていたものの、気持ちいい晴れとなりました。

作業は看板の補修や、歩行に支障のある草・枝の刈り払い、崩壊地の土留め、歩道の足場作成等々、中尾町内会の方を中心に20名以上での活動でした。




焼岳をバックに…






段差解消のためのステップ。






戦国時代に非業の死と遂げた秀綱(飛騨一円を従えた三木自綱の子で飛騨高山松倉城主)を奉った神社。 『道中安全と家内安全の守り神』の鳥居も、丁寧に塗り直ししました。


などなど、出来映えは皆さんご納得。

梅雨明けもそう遠くなくなり、いよいよ登山シーズンです。
快適で安全な登山をお楽しみください。

ページ先頭へ↑

2012年06月01日上高地の取り組み

中部山岳国立公園 上高地 アクティブレンジャー 松尾野里子

開山から1ヶ月余り、堅く閉じていた芽もほころび、日に日に『緑』に染まりつつある上高地です。





本格的なシーズンを前に、上高地のパークボランティアさん達の研修会が行われ、上高地についてや、活動のあれこれを勉強されています。





また、50年の歴史を積み重ねてこられた『上高地を美しくする会』の活動も始動しました。





訪れてくださる皆様の思い出が、楽しく、美しいものとなりますよう、今年も美化活動をはじめ、公園内の整備に取り組みます。

ページ先頭へ↑

2012年05月31日島々明神線(徳本峠経由の登山道)

中部山岳国立公園 上高地 アクティブレンジャー 松尾野里子

来月3日に開かれるウェストン祭の一環として、「ウェストン記念山行」(2日開催)があります。

徳本峠経由の登山道は『日本アルプス』の名を世界に知らしめたウォルター・ウェストンや河童橋付近を舞台にした小説『河童』を書いた芥川龍之介も歩いた上高地への唯一のアプローチルートでした。

記念山行は地元の児童をはじめ、皆でこの歴史あるルートを歩く行事です。


それに先駆け、松本市や長野県をはじめ、関係各所の皆さんで登山道の整備を行いました。




崩れた道の代替ルートの敷設や徒渉用の橋の新設、倒木処理などなど、
見回りと修繕をしている様子です。
                                       



江戸時代から林業のため整備されたこの道は、明治時代に今の沢筋のルートとなり、かつては馬が荷を牽いて登り下りしたり、木材などの搬出用にトロッコレールが敷設されるような生活道路だったようです。
道々に刻まれた歴史に思いを馳せつつ、大きなカツラの木や足下で競い咲く草花との出会い、徳本峠での圧倒的な山岳景観を楽しみつつ歩くのも良いかもしれません。
                                    



登山口には『登山者カウンター』を設置しています。
通過の際はゆっくりと、お一人ずつお進みください。

ページ先頭へ↑

2012年05月02日上高地開山祭

中部山岳国立公園 上高地 アクティブレンジャー 佐々木政善

こんにちは。上高地のアクティブ・レンジャーの佐々木です。

4月27日。穂高の稜線を望めるほどの晴天の中、上高地開山祭が2000人を越える入山者が見守る中で行われました。

開山祭までの期間、上高地に訪れる人たちが安全・安心に、そして気持ちよく上高地を楽しんでもらうために、様々な人たちが頑張ってきました。


環境省・林野庁・砂防事務所・松本市役所・自然公園財団の上高地を愛する人たちが、歩道や危険木が無いか、巡視を行いました


歩道上に横たわる倒木を、みんなの力で取り除きました。


次は、上高地パークボランティアの活動です。
開山祭前日の4/26、木道の除雪をしてもらいました。雨の中、固くしまった雪(氷?)を割ってもらいました。


パークボランティアさんのおかげで、木道も歩きやすくなりました。



そして、上高地開山祭。みんなの上高地に対する熱い思いが天に通じたのか、快晴になりました。

河童橋と岳沢、そして残雪の穂高連峰。
上高地が幕を開けました。

ページ先頭へ↑

2012年04月24日上高地開山祭にむけて

中部山岳国立公園 上高地 アクティブレンジャー 松尾野里子

上高地は4月20日(金)に開山しました。

日に日に訪れるお客様が増えているように感じます。
また、飛び交う言葉も様々で、国際色豊かな観光地なのだと、改めて実感中です。





今シーズンの幕開けとなる『開山祭』が下記の日程で行われます。

4月27日(金)
 ■上高地開山祭
  10:50 開式、神事、主催者挨拶
  11:20 来賓祝辞
  11:40 鏡開き
  12:00 閉式
  12:00~14:00 野宴

河童橋のたもとにて、今シーズンの山の安全と繁栄を祈願する神事や、獅子舞や太鼓の演奏、祝いの踊等の式典が行われます。
参加者には酒樽の日本酒がふるまわれたり…。


そんな開山祭にむけ、先週の20日の開山前後から、各施設のオープン準備や、公園内の整備(トイレの開設や園路整備、車道標識など)が急ピッチで進められています。





皆様にご協力いただいているマイカー規制の横断幕も設置され、
上高地が動き出しています。





本格的な春の訪れはまだですが、今の季節だからこその見逃せない景色もあります。

どうぞ、今だからこその上高地にお越しください。

ページ先頭へ↑

2012年04月16日着任のご挨拶と行事案内

中部山岳国立公園 上高地 アクティブレンジャー 松尾野里子

この4月から松本自然環境事務所に着任しました松尾と申します。 
今月下旬からはレンジャー1人と先輩アクティブ・レンジャー1人と一緒に3人体制で上高地自然保護官事務所への配属となります。
また、平湯自然保護官事務所のお手伝いもさせていただきます。

微力ではございますが、上高地・平湯を中心に、中部山岳国立公の情報や魅力、活動の報告など皆様にお届けできるよう、尽力したいと思います。
どうぞよろしくお願いします。


新穂高ロープウェイしらかば平駅にて開催となりました『平成24年度 アクティブ・レンジャー国立公園写真展』についてご案内します。





日程 4月14日(土)から5月13日(日)
会場 新穂高ロープウェイしらかば平駅 高原の画廊『飛騨の風』
時間 8:30~16:30
となっています。





会場となる新穂高ロープウェイのしらかば平駅はまだ雪が残り、本格的な春とはいえませんが、気温も上がり、何となく春めいてました。
雪景色や木々の芽吹きとともに、前年度にアクティブレンジャーが国立公園内での日頃の業務にて出会った瞬間を撮った、景色や活動の様子等、ひと味違った視点の写真も楽しんでいただけたらと思います。




先輩方のすてきな写真に感動しつつ、展示作業に取り組み、私も展示できるような写真が撮れるよう、アンテナを張りつつ業務に取り組みたいと思いました。

ページ先頭へ↑

2012年04月09日そろそろ開山

中部山岳国立公園 上高地 アクティブレンジャー 佐々木政善

上高地は4月20日(金)に開山です。

開山に向け、徐々に周りが慌ただしくなってきました。


冬期期間中の入山者を計測した機械の撤収作業中です↓




この日の上高地は、春がほど遠く感じられるような吹雪でした。

開山後をイメージしながら、上高地のビジターセンターやインフォメーションセンターの除雪や水回りの保守など開山に向けた忙しい日々が続いています。

ページ先頭へ↑

2012年01月13日上高地の冬期利用について

中部山岳国立公園 上高地 アクティブレンジャー 佐々木政善

AR日記を御愛読の皆様。初めまして、今冬より上高地自然保護官補佐として、今後の上高地の自然環境の保全を担う佐々木 政喜です。

上高地は11月15日の閉山を機に、すっかり静かになりました。また、最近の強烈な冬将軍の到来のため、積雪も多くなっていることでしょう。

そこで、上高地への入山には、しっかりとした冬山装備が必要です。
開山期間中は簡単に歩ける上高地も、閉山後は自然の荒々しい姿を見せます。平成21年度には県道上高地公園線上で雪崩も発生しています。



(上高地公園線上の雪崩時の状況)

大切なことは、まず軽装備で入山しない事です。(閉山後の上高地は立派な冬山です)
恐怖を感じたら引き返す勇気も必要です。

もう一つ大切なことは、環境への負担です。
上高地では、周辺環境への負荷を押さえるため、冬期期間中に使用できるトイレが4か所あります。

①大正池横の公衆便所
②中ノ瀬地区の公衆便所
③上高地バスターミナル横の公衆便所
④小梨平の公衆便所です。

いずれも1名ずつの利用しか出来ないので、大勢で入山される場合はパーティを分け、入山時間帯をずらすなどの工夫をお願いします。

上高地出発前にもう一度確認し、野外での排せつはやめましょう。

また、上高地でのキャンプは小梨平野営場のみとなっています。

最後に、「湿原への踏み込み禁止」です。上高地には田代湿原や明神湿原など貴重な湿地があります。雪がたくさんあるからと言って湿原への踏み込みはやめましょう。湿原周辺では進入防止用として湿原周辺にトラロープ(黄色と黒色のロープ)を張っているので注意してください



(写真のようにロープが張ってあります)

上高地の冬期利用に関しては環境省のHPにも掲載されています。

http://c-chubu.env.go.jp/nagano/pre_2011/1207a.html


冬期入山に関しての注意事項や冬期公衆便所の位置など確認し、自己責任のもとでの入山をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2011年06月13日上高地音楽祭が開催

中部山岳国立公園 上高地 アクティブレンジャー 玉手将人

 上高地にて、11日の土曜日に毎年恒例の音楽祭が行われました。
音楽祭は今年で27回目、上高地の歴史ある行事のひとつとなっています。

今年は、雨の予報が出ていたため、会場は例年行っている小梨平の川沿いではなく、ズミの花咲くビジターセンター前の広場で行われることになりました。
 幸い心配されていた雨も降ることなく、音楽祭が始まる頃には広場を埋め尽くすほどの人が訪れました。様々な曲が披露される中で、歌声に耳を傾けたり、一緒に歌ったりと音楽祭は大盛況となりました。

 会場となったビジターセンタ裏にある六百山の方を見上げると、新緑のコントラストがとても鮮やかでした。上高地の新緑はまだ楽しめそうです。

ページ先頭へ↑

2009年10月19日上高地の紅葉

中部山岳国立公園 上高地 アクティブレンジャー 玉手将人


上高地での紅葉の目玉はインフォメーションセンター近くにも沢山生えているカラマツです。カラマツの黄葉は十月下旬がピークということで木によってはまだ薄緑が混じるものの、すっかり黄葉が進んでいます。

林を抜ける木道も、カラマツの色に染まっています。


上高地の南側にどっしりと構える六百山は穂高岳などに比べると知名度は低いですが深緑の山に紅葉が点在している姿はカラマツの黄色と併せてとても綺麗です。

また、マイカーからバスやタクシーに乗り換える沢渡から上高地に訪れるまでの道でも車窓から紅葉を見る事が出来ます。トンネルを抜けるたびに色づいた木々を見る事ができるので途中の景色も是非楽しんでみてください。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ