ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年4月

34件の記事があります。

2020年04月30日はじめまして

伊勢志摩国立公園 小川美代子

 はじめまして。 

 4月よりアクティブ・レンジャーとして採用されました小川美代子(おがわみよこ)と申します。

 採用されるまでは、AR日記などを見て「アクティブ・レンジャーってこんなことしている」と理解していたつもりでも、実際に業務を体験してみると全く分かっていなくて、先輩にご指導いただきながら、日々新しいことにチェレンジ中です。これから、その中の一コマを紹介できたらと思っています。

 どうぞよろしくお願いいたします!

 さて、新型コロナウイルス感染症拡大予防対策のため横山ビジターセンターは現在閉館となっています。そして、毎月行われていた自然観察会やパークボランティアさんのガイド活動も3、4月と中止が続き、5月も中止が決まりました。

 4月から巡視などで伊勢志摩国立公園内の横山展望台には、何度か訪れていますが、ひと月の間でも変化がありました。

 4月当初、ソメイヨシノは花が咲きはじめていたのですが、4月下旬には若葉が茂り、実ができはじめています。

 これは、創造の森(横山)の桜園のカンザン。ウコンとともに4月下旬頃に満開になるサクラです。この桜園には様々な種類のサクラが植樹されていますが、それぞれに開花する時期も違えば、花の形、色、咲き方も違います。様々な種類を比較しながら観察することができます。

 伊勢志摩には常緑広葉樹が多くて、遠くから見るとブロッコリーのようにもこもこした形にみえるのですが、濃い緑ばかりだったもこもこが、新緑の季節には、赤みをおびた緑、黄緑、白っぽい黄緑と少しずつ緑の色が違っていて、もこもこが際立って見えます。

 

 私が大好きなイバラ餅に使われるサルトリイバラも大きくなってきました。

 

 マイマイガの幼虫がいたるところにいます。(ソメイヨシノの写真にもいるのですよ。さがしてみてください。)毒針を持っていない毛虫だと教わりました。でも、中には毒のある毛虫がいたり、苦手な人もいたりするので、手すりなどにたくさんいるときは近くの木々に移動をお願いしています。(枯れ葉でそっとはらいのけます。)

 鳥の鳴き声もよく聞こえます。「ホーホケキョ」とウグイスはさえずりますが、人が近くにいると「ケキョケキョケキョケキョ」と鳴き、仲間に「警戒するように」と伝えるそうです。でも、私には、その鳴き声が「キッキッキッー」と怒ったような声に聞こえます。

 今は、新型コロナウイルス感染症拡大予防対策のため横山展望台に訪れていただくことはできませんが、季節は確実に変化しています。 

 大変な状況が少しでもよい方向に変わっていきますように・・・

ページ先頭へ↑

2020年04月30日#STAYHOME 乗鞍高原ってどんなとこ? ~明治・大正時代編~

中部山岳国立公園 関根陽太

こんにちは。中部山岳国立公園管理事務所の関根です。

乗鞍高原の江戸時代についてご紹介しましたが、続いて明治・大正時代編です!

明治時代になると松本藩の藩有林は官有林となり、大野川村は御用杣としての特権がなくなってしまいました。

林業も主な生業でしたが、蕎麦や雑穀を栽培するなど農業へシフトしてきました。

また、わらび粉の生産や狩猟も大切な副業でした。

村誌によると、明治10年には、わらび粉150俵と干しわらび50俵を産出したと記録もあります。

粉で150俵って、かなりの量ですよね!

大正時代は、乗鞍高原や上高地のある梓川沿いの地域は特に大きく変わりました。

ヒントはこれです・・・な、なんだこれ!?

これは水力発電施設なんです。

上高地では、焼岳の噴火でできた大正池から水を引き、水力発電工事が始まりました!

(上高地については、上高地ビジターセンターの「上高地への交通手段」もおもしろいです)

続いて他にも水力発電施設ができ、梓川沿いでは道の大改修が行われていきました。

車道の発達や行政による育林事業もスタートして、製炭、養蚕など商品を市街地へ出荷しやすくなり、地域の産業として根付いていったそうです。

(乗鞍高原のカラマツ植林地 2019年撮影)

時代が変わっても、産業が変わっても、

この豊かな自然の恵みに感謝しつつ、地域をつくっていきたいですね。

乗鞍高原の各施設も営業を自粛しております。

詳しくは、のりくら観光協会HPをご覧ください。

*********************************

 中部山岳国立公園では、コロナウイルス感染拡大防止の政府方針を受け、当面の利用の自粛をお願いしています。早期収束に向け、みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

 なお、この投稿は「#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト」に基づいて実施しています。

#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト

ページ先頭へ↑

2020年04月30日#STAYHOME 春のフィールドで見つけた花

上信越高原国立公園 万座 飯島久美子

奥四万湖周辺の見回り中、山のなかで咲いていたスミレたち。

意識して探していると、同じスミレでも種類によって、大きさも葉の形も全くちがうことに驚かされます。

今回の巡視では2種類発見!

⇑エイザンスミレ(R2.4.28撮影)

葉が特徴的。(よーく見ると根元から3本に分かれています。)

本日の巡視中、あちこちに咲いていました♪

⇑黄色の矢印の場所が3か所にわかれています。

⇑フモトスミレ

写真の真ん中あたり、小さな花を咲かせているのがフモトスミレです!

こんな花も咲いていました。

⇑ショウジョウバカマ

種子を遠くに飛ばす為、花をさかせたまま、茎をのばしてゆきます。

写真の個体は、茎の長さ30センチほど。

上信越高原国立公園では、コロナウイルス感染拡大防止の政府方針を受け、

当面の利用の自粛をお願いしています。早期収束に向け、みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

なお、この投稿は「#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト」

に基づいて実施しています。

#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクトについて

ページ先頭へ↑

2020年04月30日#STAYHOME春の歌姫ノジコがやってきました

妙高戸隠連山国立公園 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

一般的に春告鳥と言えばウグイスが知られていますが、雪国ではノジコも春を感じさせてくれる鳥のひとつです。ノジコは分布が局地的で、準絶滅危惧(NT)にも指定される貴重な鳥ですが、ここ、いもり池周辺では春から秋にかけてその姿を見ることができます。他の木々に先駆けコブシの花が開花する頃になると、ノジコが姿を見せ、さえずりを始めます。日本でしか繁殖をしないとされる(住環境にこだわりの強い?)ノジコですが、どうやら、いもり池の環境を気に入ってもらえているようです。

花咲くコブシ

花咲くコブシ

歌うノジコ

歌うノジコ

もうすぐ見納めのマヒワ

もうすぐ見納めのマヒワ

ページ先頭へ↑

2020年04月29日【お知らせ】 白山国立公園 園地が閉鎖となりました

白山国立公園 大石佳織

こんにちは。
白山自然保護官事務所の大石です。
新型コロナウィルスの感染拡大防止のために今が一番大事なとき!
大切な人を守るために、自分の身を守るために、今年のゴールデンウィークはおうちでゆっくり過ごしたいですね。

さて、白山国立公園から園地閉鎖のお知らせです。

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、政府から緊急事態宣言が出され、不要不急の外出自粛が呼びかけられています。

すでに市ノ瀬ビジターセンターや市ノ瀬休憩所、中宮温泉ビジターセンター・中宮展示館の冬期閉館延長を実施していますが、下記の園地についても閉鎖することになりました。


<園地名>

  • 市ノ瀬園地 

  • 岩屋俣谷園地

  • 根倉谷園地

    <期間>

    当面の間
    ※ 供用開始時期は中部地方環境事務所のホームページで発信しますので、適宜ご確認ください。

    <地図>



    また、市ノ瀬や別当出合の駐車場についても閉鎖されています。
    皆様にはご迷惑をお掛けしますがご理解とご協力をお願いいたします。


    <連絡・問い合わせ先>

    白山自然保護官事務所

    連絡先:076-259-2902

感染拡大防止に協力して、新型コロナウィルス感染症が終息し、また皆さんに訪れていただける日が一日も早く訪れることを願っています。

(事務所前の桜。今年は事務所からと通勤の道沿いでお花見気分を味わいました。)

ページ先頭へ↑

2020年04月29日#STAYHOME 乗鞍高原ってどんなとこ? ~江戸時代編~パート3

中部山岳国立公園 関根陽太

こんにちは。中部山岳国立公園管理事務所の関根です。

江戸時代、大野川村の人々の農業についてご紹介しました。

もうひとつ、乗鞍の昔の生活を紹介するのに欠かせないのがこれです!

写真提供:福島眞

 

きのこの方ではなく、左側のワラビです!!

一ノ瀬という広大な平原にも多く生えています。

山菜として食べるのもおいしいですが、女性や子どもが、根からわらび粉をつくったそうです。

 

○レシピはこちら○

 ・寒くなってきたらワラビの根っこを掘る

 ・水に浸けた後、叩きくだく

 ・水にデンプンを沈殿させ、粉を取り出して乾燥させる

 ・できあがり!

そば粉と混ぜて、やきもち、きしめん、汁のつみれなど工夫したようです。

  

簡単そうに書いていますが、手間がかかる上に寒い中の作業です。

わらび粉は、穀物と交換したり、現金収入になったりと、大切な存在でした。

  

わらび粉の歴史を伝える、一ノ瀬の「わらび小屋」で加工するのに良さそうな道具を発見!!!

  

  

先人が自然と共に生きてきたことが垣間見えますね。

  

日本の国立公園には、地域のストーリーがあります!

おうちで、このようなストーリーを知ってもらえると嬉しいです!

  

※歴史やストーリーには諸説あります。

  

乗鞍高原の各施設も営業を自粛しております。

詳しくは、のりくら観光協会HPをご覧ください。

  

*********************************

 中部山岳国立公園では、コロナウイルス感染拡大防止の政府方針を受け、当面の利用の自粛をお願いしています。早期収束に向け、みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

 なお、この投稿は「#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト」に基づいて実施しています。

#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト

ページ先頭へ↑

2020年04月28日#STAYHOME 志賀高原で今日見た動物

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

志賀高原管理官事務所は標高約1,500mの山の中にあります。人里ではなかなか見ることができない動物を見ることができます。

車で事務所へ向かう途中にカモシカを見ました。

<国道292号沿いの山の斜面です。時々見かけることがあります。>

事務所に着いたところで赤の目立つ鳥がいました、アカゲラでした。

<お腹の鮮やかな赤と翼の模様(黒色に白斑)が特徴です。木をつついていました。コンパクトデジカメで撮影したので写真の出来は悪いです。>

道路沿いでサルの群れも見たのですが、珍しいことではないので写真撮影せずに通り過ぎました。

代わりに昨年のこの時期のサルの写真を載せます。

<雪解けで出てきた草を食べるサル。口に草を運んでいるのが分かる。奥に見える山並みは北アルプス。国道292号沓打名水公園にて平成31年4月中旬撮影。>

さすがにクマは見かけませんでした。

ただ、今は落葉しているので「クマ棚」が目立ちます。事務所に近い所でもいくつか見られ、クマのいる場所だというのを実感します。

「クマ棚」とはクマが木に上って採食した跡です。ドングリなどの実る木(ブナ、ミズナラなど)に登り、枝ごと折って実を食べます。食べた後の枝の塊が座布団のように棚状に残ります。これを「クマ棚」と言います。

■お願い

コロナウイルス感染拡大防止の政府方針を受け、不要不急の外出自粛要請が出されています。連休となりますが、早期収束に向け、皆様のご理解ご協力をお願いいたします。

環境省信越自然環境事務所では「#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト」を実施しています。

ページ先頭へ↑

2020年04月28日#STAYHOME 『おうちでかみこうち Kamikochi at home』

中部山岳国立公園 小森 夏奈

みなさま、こんにちは。上高地管理官事務所の小森です。

最近の上高地は雪が降ったり、暖かな日があったりと、日毎に季節が変わるような感覚です。

さて、本日は『おうちでかみこうち』のご紹介です。

上高地旅館組合では「おうちでかみこうち(Kamikochi At Home)」と題して、各施設のお土産・グッズなどの通信販売を期間限定でおこなっており、上高地公式サイトにキャンペーンページが立ち上がりました!今こそ上高地が一致団結して頑張るときです。ぜひ『かみこうちをお取り寄せ』していただき、ゆっくりおうちで上高地を満喫してみてはいかがでしょうか?今まで気になっていた施設や、行ったことがある施設などチェックしてみて下さいね。

◆『おうちでかみこうち Kamikochi at home』

https://www.kamikochi.or.jp/onlineshop

◆上高地公式サイト

https://www.kamikochi.or.jp/

また、現在上高地では小規模な地震が連続して発生しており、地震によるものと思われる落石や地割れが確認されています。もし地震で事故に遭われた場合、救助体制が整っておりません。新型コロナウイルス感染症拡大防止の状況も鑑み、引き続き利用の自粛をお願いいたします。特に山岳地域では雪崩・土砂崩れのリスクもあるため、重ねて利用をお控え下さい。

【4月25日の上高地河童橋と焼岳】

**************************************

中部山岳国立公園では、コロナウイルス感染拡大防止の政府方針を受け、当面の利用の自粛をお願いしています。早期収束に向け、みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

 なお、この投稿は「#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト」に基づいて実施しています。

『#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト』

ページ先頭へ↑

2020年04月28日#STAYHOME 乗鞍高原ってどんなとこ? ~江戸時代編~パート2

中部山岳国立公園 関根陽太

こんにちは。中部山岳国立公園管理事務所の関根です。

江戸時代、大野川村の人々は、松本藩の御用杣として生活していたとご紹介しました。

杣(そま)は、きこりと言えばイメージが浮かびやすいでしょうか?

享保年間の書物には、今の乗鞍高原、白骨、沢渡、上高地などから木を切り出していたと記されているそうです。

トラックも大きな道もない江戸時代、筋骨隆々であっても松本まで大きい丸太を運び出せません。

薪や屋根を葺くための榑木(くれき)などにして、梓川に流して運んでいたそうです。

杣は、給料として一日に2~3升の米をもらえたこともあったそうです。

この頃、厳しい環境もしのげる溶岩台地の縁(大野川村)に住み、

溶岩台地上(いま民宿が立ち並ぶ場所)に麻畑や焼畑でそばも栽培していました。

乗鞍観光センターや一ノ瀬旧キャンプ場あたりも、江戸時代にはそば畑だったようです!

そば畑のイメージ(昭和後期撮影) 写真提供:齋藤佳代

また、住まいと畑が少し離れているので、畑の近くに小さな出作小屋をつくり、寝泊まりしながら耕作していたようです。

出作小屋のイメージ 2020年撮影

厳しいけれど豊かな自然の中で、住環境も工夫しながら生活してきたんですね。

日本の国立公園には、地域のストーリーがあります!

おうちで、このようなストーリーを知ってもらえると嬉しいです!

※歴史やストーリーには諸説あります。

乗鞍高原の各施設も営業を自粛しております。

詳しくは、のりくら観光協会HPをご覧ください。

*********************************

 中部山岳国立公園では、コロナウイルス感染拡大防止の政府方針を受け、当面の利用の自粛をお願いしています。早期収束に向け、みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

 なお、この投稿は「#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト」に基づいて実施しています。

#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト

ページ先頭へ↑

2020年04月28日#STAY HOME 鳥・鳥・鳥

中部山岳国立公園 佐藤 裕子

立山管理官事務所です。

なかなか外出できない期間が続きますが、おうちの中から野鳥観察はいかがでしょうか。

主に冬のものばかりですが、事務所周辺で見た鳥の写真を集めてみました。

キジ、ヒヨドリの写真

(左:キジ2019/12/6、右:ヒヨドリ2020/1/29

キジは毎年事務所の庭に現れ、うろうろと歩きまわっています。4月上旬くらいまで見かけました。

(左:メジロ:2020/2/27、右:シロハラ2020/2/10

立山町はのどかで自然に恵まれた場所ですが、住宅街などにお住いの方でも、スズメ、ムクドリ、ハクセキレイなどは比較的見つけやすいと思います。カラスも黒い中に白い羽が生えたのがいたり、個体差があるので見てみるのも面白いかも知れません。

では、中部山岳国立公園内でよく見かける鳥について。昨年撮影したものです。

イワヒバリ

(上:イワヒバリ2019/8 白馬岳

写真を撮っていたら、近くにいた人に「なんだ、ライチョウじゃないのか」とガッカリされてしまったのですが、鳥界のアイドルはライチョウだけではありません。

イワヒバリはなぜか、登山道で出くわしても飛んで逃げずに先を歩いて道案内してくれます。高山では一年中見られるので、今は我慢して、また会いたいなと思います。

***

中部山岳国立公園では、コロナウイルス感染拡大防止の政府方針を受け、当面の利用の自粛をお願いしています。早期収束に向け、みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

 なお、この投稿は「#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト」に基づいて実施しています。

#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ