ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年11月

11件の記事があります。

2019年11月29日鳥たちの楽園、能登半島沖の無人島へ!

白山国立公園 森由利子

こんにちは、アクティブレンジャーの森です!

白山は秋山シーズンも終わり、冬の気配を感じるようになってきました。

さて、今月の初めに国指定七ツ島鳥獣保護区の巡視へ行ってきました。

七ツ島とは石川県輪島市にある無人島で、オオミズナギドリの貴重な繁殖地でもあります。

かつて人が持ちこんだアナウサギが繁殖してしまいオオミズナギドリの生息環境を脅かしておりましたが、長年の駆除活動により根絶に成功しました。

↓国指定七ツ島鳥獣保護区内におけるアナウサギの根絶について

http://chubu.env.go.jp/pre_2019/post_44.html

当日は風が凪いだ良い渡航日よりでした。

無人島なので船着き場はここしかありません。

水底まで見える透明な海に柔らかい海風がとても心地よいです。

地面にはオオミズナギドリの巣穴がたくさんあります。

オオミズナギドリは春にこの島へやってきて、このように土を深く掘り巣を作り子育てをします。

(この時ヒナ達はもう巣立っておりました)

アナウサギの数が減ってからは植生も元通りになってきました。

これは植生復元マットの一部です。

島は30分ほどで一周できる大きさです。

植生が復元してからはノアザミ、ススキ、ヨモギ等が見られるように。

これからもオオミズナギドリが安心して子育て出来る美しい島であってほしいですね♪

以下、今回撮った写真の一部です。

「面白い形の岩が」

「ツワブキ越しの海」

「ダイナミックな岩場」

]

・・・七ツ島さようなら!

ページ先頭へ↑

2019年11月28日戸隠小学校の6年生、自作のパンフレットを配布!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

昨年度、自分たちの生まれ育った"戸隠"を自分たちの言葉で、観光客の方に伝えたい!

という6年生の思いから始まったパンフレット作り

 

今年の6年生にもしっかり受け継がれています。

環境省では校外学習のコーディネートをお手伝いしました。

 

まずはパンフレットに乗せる素材集めのために、

戸隠森林植物園や戸隠キャンプ場で、自然を思いっきり体験したり...

01 戸隠森林植物園観察会

 

宿坊の見学や戸隠神社では神事の体験をさせていただき、

神社のしくみなど普段は聞けないお話をしていただきました。

02 戸隠神社

 

なんと精進料理も食べさせていただきました!戸隠祭礼御膳というものの一部です。

匂いの強い食材は使わない、など色々なルールと意味があり、女将さんから教えていただきました。

03 精進料理

 

学習した内容を一人一人まとめて、お世話になった方に向けて発表会も行いました。

精進料理は味が薄かった。など正直な感想もあり、宿坊の女将さんは嬉しかった様子。

04 発表会

 

そして学習した結果をまとめてパンフレットに。完成品はこちら。

今年は挿絵も6年生が自分たちで描きました!すごい(◎o◎)!!!

今年のパンフレット

 

パンフレットを持って観光客の方に配ります。

05 思い切って渡す!

 

今年の6年生はとにかく勢いがすごい!

走って駆け寄り「小学校で戸隠のパンフレット作りました!」と元気よく渡します。

観光客の方からも「すご~い!」と褒められていました。

 

オランダから来た外国人の旅行客の方にも配りました。

この方はとっても喜んで下さり、帰国したら地元の小学校にもこの取り組みを広める!と感動されていました。

06外国人の方にも渡す!

 

このパンフレットは、観光情報センターや戸隠中社区のお蕎麦屋さんにも置いてあります。欲しい方はぜひ店員さんに声をかけてみてくださいね♪

 

○妙高戸隠連山国立公園のタイムリーな情報はFacebookで確認☆

https://www.facebook.com/妙高戸隠連山国立公園-1875339872757492/

ページ先頭へ↑

2019年11月22日志賀高原のスキー場、明日23日からオープンします

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

明日11月23日(土・祝)、志賀高原でもスキー場がプレオープンします。熊の湯にあるスキー場です。どうぞお出かけください。

また、降雪があれば、志賀高原の残り17のスキー場は順次オープンの予定です。

なお、標高の高い所の道路では積雪や凍結している所があります。特にカーブでは、いつもより慎重な運転をお願いします。

道路の状況は長野県北信建設事務所のライブカメラhttp://hokushin-camera.org/などを参考にどうぞ。

さて、今日(11月22日)の志賀高原自然保護官事務所からの景色です。

11月20日、標高約1,500mにある志賀高原自然保護官事務所でも積雪があり、その雪が今日まで残っています。ただ、地域の方によると、まだ池の水が全面結氷しないので、根雪にはならないだろうとのことでした。(根雪というのは、積もった雪が解けきらずに、その上に雪が降り積もり、翌春の雪解けの時期まで残る雪のこと。)

<中央左のピークが東館山(ひがしたてやま)。東館山の斜面にあるスキー場のゲレンデや池のほとりなどに雪が残っている。1122日午前撮影。>

ページ先頭へ↑

2019年11月21日積雪期(11月)に室堂平を訪れる皆様へ

中部山岳国立公園 佐藤 裕子

スキー・スノボ・登山等で室堂平を訪れる皆様へ、以下ご一読願います。

 ◯積雪期(秋期)利用ルール立入禁止区域があります。ルールマップで必ず確認してください。

 ◯立山室堂 山岳スキー情報

1.安全対策と、屎尿等による自然環境対策のため、 11月25日から、室堂平(慰霊碑周辺)に仮設野営指定地(ロープで区画された範囲)を設置します。オレンジ色のロープが目印です。

 11月24日までは室堂平での幕営はできません。詳細は信越自然環境事務所HP

テント泊をされる方は、

・入山安全相談窓口(室堂ターミナル内)にて、レクチャーを受けてください。

・トイレについて

 室堂ターミナルのトイレ(24時間使用可能)を利用してください。

 寒いし遠いし室堂ターミナルまで間に合わない!という方は携帯トイレをお持ちください。

 隠れるところも無い真っ平な場所ですので、トイレ用にツェルトが1つあると便利です。

 し尿や大便を雪や物陰に隠して放置しないようにお願いします。

・水場について

 玉殿の湧水は使用できません。

 水を汲みたいという方は室堂ターミナルをご利用ください。

・竹ペグをはじめ、ゴミ・残飯は全て持ち帰るようお願いします。

ちなみに...

通常通り雷鳥沢野営場はテント設営可能です。自己責任でお願いします。

・管理所はすでに閉所しております。水場、トイレは使用できません。

・携帯トイレは必ず持参してください。し尿や大便を雪や物陰に隠して放置しないでください。

・竹ペグをはじめ、ゴミ・残飯は全て持ち帰るようお願いします。

2.入山届は事前に提出(登山届アプリ「コンパス」や、警察)するか、入山安全相談窓口(室堂ターミナル内)で提出してください。

3.スキー・スノーボード・登山等で山に登られる方はビーコン、プローブ、ショベルは必ず

 携行してください。

 ビーコンは以下の場所でレンタルできます。

・入山安全相談窓口(室堂ターミナル内) 5,000円/1泊2日、1日増える毎にプラス1,000円

レンタルショップTABO(立山駅) プローブ・ショベル等もレンタルしています。

4.携帯トイレは以下の場所で販売しています。

 使用後の携帯トイレは持ち帰るか、室堂ターミナル内の回収ボックスをご利用ください。

・入山安全相談窓口(室堂ターミナル内)300円/1個(破格です。お土産にぜひ。)

・ホテル立山売店 営業は11月29日まで

ページ先頭へ↑

2019年11月19日子どもパークレンジャー、浅間山で大活躍!

上信越高原国立公園 小林 直樹

11/16(土)に上信越高原国立公園浅間地域で子どもパークレンジャーを開催しました!

今回の舞台は、東京大学地震研究所の「浅間火山観測所」と「小浅間山」。

浅間火山観測所は昭和初期に建てられた80年以上の歴史のある施設で、長年浅間山の火山研究の拠点となってきました。現在は常駐の研究員はおらず、博物館化が進められています。

NHKのブラタモリで浅間山が取り上げられたこともあってか、浅間山麓6市町村の小学生が24人も参加してくれました。

最初に環境省の万座自然保護官からレンジャーの仕事や国立公園についての説明を受け、子どもパークレンジャーとしての任命式が無事に執り行われました。

まずは観測所の施設見学からスタート。

東京大学の先生に、普段は入れない施設内の各部屋を特別に案内してもらいます。

いろいろな噴石、巨大な火口の写真、歴代の火山観測機器、軽石が降り積もっている地層など、浅間山に関する資料の説明に、子どもたちは熱心に聞き入っていました。

【浅間火山観測所】               【任命式の様子】

   

【観測機器や露頭の地層の説明に聞き入る子どもたち】

         

そしていよいよ野外学習!

班ごとに分かれ、観測所脇の登山道から小浅間山(1,655m)の山頂を目指します。

途中、インタープリターが地形や動植物など、浅間山の自然について解説しながら、

みんなで励まし合いながら急斜面もどんどん登っていきました。

登山が初めてという子もいましたが、45分程で全員無事に小浅間山山頂に到着。

浅間山が目の前にそびえ、反対側には軽井沢の町や遠くの山々が見えて絶景です。

天気もよかったので、みんなで山頂でランチを食べました。

【野外活動に出発】               【鞍部から望む小浅間山】

  

【インタープリターによる解説】         【小浅間山山頂で記念撮影】

  

下山後は再び観測所に戻り、東京大学の先生から火山に関する講義を受けた後、まとめの壁新聞作りと発表です。

大学の先生の講義は、小学生にはちょっと難しかったかな?

でも壁新聞には1日で学んだ火山のことや国立公園のことがしっかりとまとめられていました。

最後にレンジャーに報告して全プログラム終了です。

【火山に関する講義】              【班ごとに分かれて壁新聞作り】

  

【壁新聞の発表】                 【レンジャーへの報告】

  

子どもパークレンジャーの活動を通して、浅間山の火山と自然について学んだ子ども達。

8月に小規模な噴火をした浅間山ですが、その後は安定して噴火警戒レベルも1に下がりました。

今回の活動場所は浅間山の火口から約4km離れており、噴火警戒レベル1や2では規制区域外です。

火山には噴火など危険なこともあるけど、おいしい野菜や温泉、素晴らしい景色や自然といった恵みもあります。

また、気象庁や大学の専門家などが日々火山観測をして見守ってくださっています。

そんな浅間山の麓に住んでいるということを誇りに思い、大人になっても浅間山の自然や国立公園を大切にしてもらいたいです。

ページ先頭へ↑

2019年11月18日藤前干潟の音カフェイベント

国指定藤前干潟鳥獣保護区 山﨑 陽子

皆さま、こんにちは!
アクティブレンジャーの山﨑です。

みなさん、ほぼご存じないと思いますが、今日1118日は「藤前干潟の日」です!

ラムサール条約に登録された日ということから、記念日となりました。

そんな記念日の今回は、11月16日(土)に開催された「藤前干潟の音カフェ~音でえがく藤前干潟~」の様子をお伝えします。
 
今年度のふれあい事業のイベントの1つ、音カフェは、プロのパーカッショニスト、本多taco-bow正典氏にお越しいただき、藤前干潟を音で表現してもらうというイベントで、多くの方々にご参加いただきました。

<会場内の様子>

昨年度までは、子どもさん対象の「音であそぼ」イベントを実施していましたが、大人の方対象の音イベントは初の試みで、数回打ち合わせをし、本日の開催に至りました。
会場ではコーヒーやお茶も準備して、カフェスタイルで開催しました。飲み物は、イオンスタイル名古屋茶屋店さんに提供していただきました。


さあ、いよいよスタートです。

<講師の本多(taco-bow)正典氏です>


藤前干潟の解説と渡り鳥のルートの説明後に渡り鳥が飛来する国々の音楽を演奏してくれました。曲名は北アメリカのチェロキーモーニングソング、日本の三三六わっしょい、オーストラリアのイナネイです。


<リズムに合わせて参加者の皆さんも楽しそうです>

休憩でコーヒーなどを飲んだ後は、皆さんと元気よくタイココミュニケーションです。


<ジャンベ(皆さんがたたいているタイコ)やマラカス、タンバリンなどで全員で演奏です>

前から見ていると、皆さんの楽しそうな笑顔がとても印象的でした。

こんなにたくさんの楽器を持ってきていただき、様々な音を奏でてくれました。

<それぞれの楽器の音を出しながら説明をしてくれました>

たくさんのお客さんにご参加いただき、楽しく和やかな雰囲気で終えることが出来ました。


また、終了時に参加者の皆さまにご記入いただいたアンケートには、

・楽器に触れることの出来る参加型のイベントで楽しかったです。
・全員で、講師と共に音楽を通して演奏でき、一体感があり楽しかったです。
・イベントに参加して藤前干潟を大切にしたい気持ちが更に強くなりました。
・藤前干潟の自然がいつまでも続くように願います。
・近くに住んでいるのに藤前干潟がこんなに貴重な場所だとは知らず、イベントで再認識をしました。
・またこのようなイベントがあったらお友達をたくさん誘って参加したいです。

など、大変嬉しいご意見をいただきました。また初めて藤前干潟に来られた方も多く、藤前干潟のことを楽しみながら知ってもらえたと思います。

たくさんのご参加、ありがとうございました。

これからも藤前干潟では楽しいイベントを企画していきます。皆さまのご参加をお待ちしております。

□□□□□藤前干潟よりプチ情報□□□□□
今回は、「ミズアオイ」という植物をご紹介したいと思います。
この植物は農薬や除草剤を使用しない水田や湿地に生息するため、現在は滅多に見られない植物なのです。
日本では準絶滅危惧種です。

<干潟近隣の水田にポツンと1輪だけ咲くミズアオイ>

この花がたくさん咲く田んぼや環境が増えると嬉しいですね!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●今後の藤前干潟でのイベント

(チラシ)藤前干潟ふれあい事業 表面.pdf

(チラシ)藤前干潟ふれあい事業 12月7日のイベントチラシ.pdf

 藤前干潟ふれあい事業

【 藤前干潟サイエンスカフェ「ヨコエビ~小さな干潟の生きもの~」 】

 ヨコエビってどんな生きもの?

小さな生きものの世界にレッツゴ-!

【日時】2019年12月7日(土) 14:00~15:30

【場所】稲永ビジターセンター(名古屋市港区野跡4-11-2)

【講師】有山啓之氏(大阪市立自然史博物館外来研究員)

【参加費】無料

【対象】一般

【定員】20名~30名

【申込】環境省名古屋自然保護官事務所

TEL 052-389-2877

FAX 052-389-2878

    メール WB-NAGOYA★env.go.jp(★をアットマークに替えてください)

【〆切】11月28日(木)必着

【主催】藤前干潟ふれあい事業実行委員会

【協賛】イオンスタイル名古屋茶屋

ページ先頭へ↑

2019年11月13日登山道整備(大日岳登山道編)

中部山岳国立公園 中山博人

こんにちは、立山管理官事務所の中山です。

佐藤ARの紹介に続き、大日岳の登山道で行われた登山道整備の様子を紹介します。

この日は山小屋スタッフや山岳ガイドの精鋭6名が参加しました。

佐藤ARが紹介した折立の登山道は、V字状に洗屈していましたが、今回は、片側が谷になっている大日岳登山道で整備を行いました。

この場所は他よりも遅くまで雪が残っており、雪崩による影響が大きい場所のようです。

放置するとどんどん崩れていく場所をどのように整備するのか、講師の岡崎さんを中心に考えました。

【写真左】谷側(写真右側)に基盤となる木材を設置し、山側から崩れる土が谷側にまで崩れないようにしました。この木材の向きも考えるのも一苦労、しっかりと土で固定できるようにしないといけませんでした。

【写真右】このような木材をいくつか使用し、固定したところで足場に転石や土を敷き詰めて整地させました。

20191101木材設置 20191101整地

朝から始めた整備は、お昼過ぎに終了しました。

整備前と整備後を見比べてみてください。

【整備前】

20191101整備前

【整備後】

右側の木材は、基盤となる木材が谷側に流れないためのつっかえ棒の役割を果たします。

20191101整備後

私は5日間のうち4日間参加しましたが、道を整備してくださっている方がいてこそ安全に登山を楽しめるのだと改めて実感しました。

来年整備した場所がどのようになっているのか、歩くのが楽しみです。

岡崎さん、整備されたみなさん、ありがとうございました!

【整備された6名の精鋭たち】

とても頼もしいみなさまです。

20191101整備された6名の精鋭たち

今回整備を行った手法「近自然工法」については、合同会社北海道山岳整備のWebサイトをご覧ください(https://sangakuseibi.jimdo.com/)。

Facebookページ「大雪山・山守隊」でも情報発信していらっしゃいますのでぜひご覧ください。立山での整備の様子も紹介していただきました!

ページ先頭へ↑

2019年11月12日登山道整備講習会&登山道整備(折立登山道編)

中部山岳国立公園 佐藤 裕子

北海道大雪山周辺で登山道整備を行っている、合同会社北海道山岳整備 岡崎哲三さんをお招きして登山道整備講習会&実際に登山道整備を行いました。

岡崎さんが取り組んでいる『近自然工法』という技術を、日常的に立山や薬師岳周辺などの地元で登山道整備を行っている方々(行政や山小屋関係者、山岳ガイド、登山道整備業務を請け負う工事会社)と一緒に学ぼうという趣旨です。

現在、多くの登山道で行われている登山道整備は、木道を作る、ハシゴをかける、砕石を敷くなど「人の歩きやすさを回復する」施工がなされています。

対して、岡崎さんの行う近自然工法は、「浸食原因を取り除き、生態系を復元させる」考え方です。

登山道の荒廃は、自然現象で起きたものではなく踏圧によるダメージが大きな要因といいます。

踏圧で裸地化した登山道に、雨などの流水が流れ、浸食され歩きにくくなり、登山者は歩きにくくなった箇所を避けて脇の植生を歩き、踏圧で登山道が広がる。さらに流水で浸食され段差ができ、ハシゴをかけても原因を取り除いていないのでさらに荒廃していく...。ホラーですか。

近自然工法による施工後も、施工したら終わりではなく、経過観察をしているそうです。

施工が不十分であれば登山道に水が流れる様子が見られるので、大雨警報が出ている日にこそ山に行くと仰っていた(普通の人はマネしないでください)のが印象的でした。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

前置きが長くなりましたが、講習会の様子です。

5日間の行程で行われ、1日目は机上講習会、2日目以降は実際に現地で登山道整備を行いました。

(2日目から4日目は折立登山道、5日目は大日岳登山道)

≪折立登山道 修繕の様子≫

折立登山道を入ると、ガリー浸食(洗掘)された箇所が目につきます。

【上】登山道の幅に合わせて、現地の倒木を材にするため切り出します。

【下】丸太(倒木)は階段の骨組みになります。

【下】現地の転石や土で埋める。

写真には写っていませんが、施工箇所上部には流水を斜面脇に排水する導流も作られています。

【完成】

別日です。

【上】この日も倒木の切り出しからはじまりました。

【下】丸太(倒木)を洗掘された登山道に設置(ねじ込み)し、輪切りした丸太と石と砂で埋める。

私も階段を丸太や石で埋める作業を一段やらせて貰いましたが致命的にセンスが無かったです・・・・。

丸太は、V字のガリーにねじ込んでいるだけで杭は打っていません。

登山者の足運びまで計算し、施工してくださいましたが、歩きやすくすることが目的ではなく、登山者が歩きにくければ、それを除け新たな浸食が起きることがあるからです。

今後、登山道脇に植生が復元し、登山道を含む土壌が安定し、維持されていけばいいなと思います。

【ポーズを決めてくださったS田さん】

みなさま、ご協力ありがとうございました!

[大日登山道編]中山さんに続く。

ページ先頭へ↑

2019年11月12日志賀高原の事務所から見える山並みに積雪がありました

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

標高約1,500mにある志賀高原自然保護官事務所の正面に見える山並みに積雪がありました。

積雪のあった稜線部は標高2,000mくらいです。

横手山(よこてやま;標高2,307m)や渋峠(しぶとうげ;標高2,152m)といった、志賀高原の中でも標高の高い場所では、1週間ほど前の11月4日に積雪があったようです。それが今回は、より標高の低い所へ下りてきました。

まだ、おそらく気温が上がれば消えてしまう雪なので、本格的なものではありません。

ただ、天気予報を見ていると今週末など寒気が南下してくることが増えるので、事務所の標高で雪が降るのも遠いことではないと思います。

<左のピークから中央の稜線にかけて雪が積もっている。左のピークは東館山(標高1,970m)、中央奥の稜線は標高約2,150m。右のピーク(標高1,820m)には雪は見えない。>

■国道292号は、11月13日(水)13時から、志賀高原の陽坂(ようさか)から渋峠までの区間が冬期閉鎖となります。群馬県側も同時刻から草津町の天狗山ゲートから渋峠までの区間が冬期閉鎖となります。

志賀高原に車でお出かけの際は、冬用タイヤを装着するかタイヤチェーンを持参されると安心して運転できると思います。

ページ先頭へ↑

2019年11月05日志賀高原では冬が近づき、道路の冬期閉鎖が始まります

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

10月31日(金曜日)の朝、志賀高原自然保護官事務所前の日陰では通勤時間帯まで霜が残っていました。

初霜はもう少し前なのだと思いますが、霜は日が当たったり気温が上がったりすると消えてしまいます。その時間帯まで残っているのは初めてでした。

<手前の草が霜により白くなっている。奥に見える建物が事務所の車庫と執務室。>

また、今日(11月5日)は、志賀山(しがやま)の山頂部の木々が昼になっても霧氷(むひょう)で白いままです。霧氷は、氷点下の霧が木の枝などに吹き付けられて氷ができる現象です。志賀山の山頂部は氷点下になっていたと考えられます。

<蓮池(はすいけ)のほとりから志賀山を望む。志賀山の山頂部の木々が白い。蓮池周辺の木々は葉を落としている。志賀山付近で緑色が多いのは常緑樹(枝に葉を付けたまま越冬する木)が多いため。>

このように冬が近づいてきたので、志賀高原へのアクセス道路が冬期閉鎖(通行止め)が始まります。

■国道292号

 11月13日(水)13時から、志賀高原の陽坂(ようさか)から渋峠までの区間が冬期閉鎖となります。群馬県側も同時刻から草津町の天狗山ゲートから渋峠までの区間が冬期閉鎖となります。

なお、現時点でも通行規制があります<https://www.facebook.com/gunma.R292>。また、冬期閉鎖前でも降雪や路面凍結などにより一時的な通行止めになることがあります。

■主要地方道(66号)豊野南志賀公園線

 志賀高原と高山村の山田牧場方面を結ぶ道路です。台風19号の災害により通行止めとなっていた区間が、冬期閉鎖による通行止めという形に変わります。11月7日(木)15時から、志賀高原の笠岳キャンプ場入口から高山村境までの区間が冬期閉鎖となります。高山村側も同時刻から山田牧場から山ノ内町境までの区間が冬期閉鎖となります。

■県道502号奥志賀公園栄線

 志賀高原と野沢温泉村または栄村を結ぶ道路です。こちらも台風19号の災害により通行止めとなっていた区間が、冬期閉鎖による通行止めという形に変わります。11月5日(火)15時から冬期閉鎖です。

これにより、11月13日(水)以降は、翌春まで、志賀高原へ車でお出かけになる場合は、山ノ内町側から国道292号を利用するルートのみとなります。

さて、冬が近づいてきたということは、スキーの時期が近付いてきたということです。スキー場のオープンを待ちわびている方も多いはず。志賀高原で最も早いスキー場のオープンは11月23日(土・祝)の予定です。どうぞお楽しみに。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ