ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年11月

17件の記事があります。

2017年11月28日【報告】「カヤネズミ」の講演会と今後の藤前干潟に関するイベント

国指定藤前干潟鳥獣保護区 西部理恵

毎日毎日、ごーごーと伊吹おろしの吹きすさぶ藤前干潟から、こんにちは。

アクティブ・レンジャーの西部です。

空気が澄んで、ここ藤前干潟からも鈴鹿山脈が良く見えるようになるこの季節、ちょっと寒いなぁ~と思うと、藤原岳の山頂辺りがうっすらと白くなっていたりして、冬の訪れを感じます。

そして、稲永公園ではジョウビタキやカワラヒワなども見かけるようになり、ヒドリガモの群れが稲永VC前の草地でもぐもぐと草を食べているところに出くわすと、またまた、あぁ冬だなぁと感じます。

ヒドリガモの群れ  カワラヒワ

<ヒドリガモの群れ>              <カワラヒワ>

この間は、草地でこんな可愛らしいお客さまにも出会いました!

イソシギです。

干潟にいるものとばっかり思っていたイソシギなのですが、草地で餌をとることがあるんですね。地面の中から幼虫らしきものをつまんで、パクっ!寒い時期の干潟は、カニもゴカイも泥の奥深くに潜ってしまって、餌をとるのが大変なんでしょうか??

イソシギ 嘴 拡大

<左:イソシギ、右:嘴を拡大!幼虫みたいですね!>

さて、ようやく本題ですが、、、めっきりと冬めいてきた藤前干潟で、先日1123日に、講演会「カヤネズミ~草地に生きる小さな哺乳類~」が開催されました。

なごや生物多様性センター(http://www.kankyo-net.city.nagoya.jp/biodiversity/)の野呂達哉氏を招いての講演会で、名古屋市におけるカヤネズミの現状についてお聞きしました。

講演会「カヤネズミ」

ところで、皆さま、カヤネズミってご存知でしたか?

日本に棲むネズミの中では一番小さくて、わずかに体重7~10g程という、なんとも可愛らしいネズミで、イネ科の植物を巧みに使って球状の巣を作ることで知られています。しかしながら、最近はヨシ原や水田などが減ってきていることから、数を減らしているのではないかと心配されている生きものの一つでもあります。

藤前干潟に流れ込む庄内川沿いの河川敷には生息しているとのことですが、なぜか、下流部の港区に入ると確認が難しいそうで、原因ははっきりとはわからないとのこと。塩水であることや、潮の満ち引きによるヨシ原の浸水時間なども影響していそうですね。

私はこれまで、渡り鳥やカニやトビハゼなど干潟の生きもののことばかり注目してきたので、哺乳類などはあまり頭にありませんでした。けれど、「藤前干潟鳥獣保護区」と一口に言っても、海域、干潟、河川、河川敷などの陸域、と様々な環境が合わさって成立している自然環境なんですよね。まだまだ知らないことばかり。

もっと視野を広げなければっ!などと思った日でもあり、今回のテーマは、私にとっても勉強になる講演会でした。

でも、ちょっとお子さま方には難しかったかな?

参加いただいた皆様、ありがとうございました!

藤前干潟にある藤前活動センター、稲永ビジターセンターでは、藤前干潟を通じて様々な環境や生きものについて学べるプログラムを行っています。今週末には、今年度最後のプログラムが予定されていますので、興味のある方はご参加ください。

干潟観察会

このほかにも、まだまだ藤前干潟に関するイベントがありますよ。

●藤前干潟ふれあい事業 藤前干潟サイエンスカフェ

「フクロエビ類ってなぁに?~ヨコエビをはじめとする小型甲殻類の暮らし~」

東海大学の田中克彦先生を招いて、フクロエビ類ってなぁに??というお話をお聞きします!

エビ?いやいやエビではないんです!

藤前干潟で良く見られるのはヨコエビの仲間たちなのですが、ちらっとお聞きしたところでは、ダイオウグソクムシとか、フナムシとか・・・みーんなフクロエビ類、なんだとか?!

ちょっと興味がわいてきたのではありませんか?

フクロエビ類ってなんぞや?

皆さま、ぜひぜひ、ご参加ください!

藤前干潟サイエンスカフェ

 講 師:田中 克彦氏(東海大学海洋学部講師)

 日 時:平成30年1月20日(土) 14:00~15:30

 場 所:稲永ビジターセンター(名古屋市港区野跡4-11-2)

対 象:一般

 定 員:20名

 参加費:無料

 申込み:メール、はがき、FAXで申込

 締切日:平成30年1月14日(日)必着

 申込・問合せ先:

     環境省名古屋自然保護官事務所

     TEL:052-389-2877 FAX:052-389-2878

     メール:WB-NAGOYA@env.go.jp

●レンジャー写真展2017 in 名古屋

帰って来たレンジャー写真展!

今年度、最後の写真展は、日ごろから藤前干潟の普及啓発にご協力いただいているイオンスタイル名古屋茶屋店さんで行いますので、ぜひ皆さまご来場ください。

期間中には、1日だけのワークショップも実施します。

詳細については、現在、いろいろと打合せ中ですので、また近くなりましたらご連絡いたします。

 日 時:平成30年1月17日(水)-1月30日(水)

 場 所:イオンスタイル名古屋茶屋店

 入場料:無料

 問合せ:環境省 名古屋自然保護官事務所

TEL:052-389-2877

ページ先頭へ↑

2017年11月28日魚大好き集団

国指定藤前干潟鳥獣保護区 吉塚藍

11月半ばを過ぎたくらいから、急にひんやりしてきた藤前干潟からこんにちは。

アクティブ・レンジャーの吉塚です。

今回は全国的にもよく見られる「カワウ」という鳥が主役です。

(群れでいることが多いカワウ。川岸で休憩中。)

カワウは魚を食べる鳥として知られており、藤前干潟にも多くの群れがやってきます。

たくさん魚を食べてしまうことから、漁業被害などがあり、実は他県ではあまり好かれていない様子のカワウですが、藤前干潟では現在、漁業が行われていないため、のんびりと過ごしています。

(以前は漁業が盛んだったそうです。)

(水に潜って魚を探すカワウたち。)

実はカワウは高度経済成長期、開発等が進み、生息環境が悪化したことで絶滅の危機にあったとされています。愛知県知多郡美浜町では、カワウの繁殖地があり、そこではカワウの糞を採取し、農業用の肥料として活用していたという経緯もあり、少なくなったカワウを保全する中で、繁殖地が「鵜の山ウ繁殖地」として天然記念物に指定されています。また、糞肥料の収益から地元の小学校も建設されたという経緯もあり、愛知県では比較的見守られている鳥です。

(魚をゲット!)

そんなカワウは、藤前干潟で巨大ウナギを丸呑みすることも!さすが名古屋にやってくるカワウです。

またカワウは水の中に潜って、羽を濡らしてしまうため、度々羽を広げて乾かしている姿も見られます。(他の水鳥のように水を弾いてしまうと潜水できないため、濡れてしまうそうです。)

(太陽の光が差すとポカポカして気持ちよさそう。)

(比較的大きな体のカワウは、そこそこ体重もありそうですが、潜ったり、飛んだりとパワフルな鳥。)

ちなみに岐阜県の長良川や愛知県の犬山市の木曽川で行われる有名な「鵜飼い」は、鵜を人が操って、鮎などの川魚を捕る伝統漁ですが、カワウではなく、ウミウを使うことが多いそうです。(似ていますが、ウミウの方が飼い慣らしやすいそうです。ややこしいですね。)

そんなカワウを個人的にはおもしろい鳥だと思って見ているのですが、つい先日、調査に向かう途中で、すごい数のカワウが川全体を利用して追い込み漁をしているのを目撃しました!

(庄内川の下流から上流に向かって、ものすごい数の群れで魚を追い込む。)

水しぶきや羽の音、鳴き声も聞こえてきて、ギョッとする迫力があり、私が見た中では、今年一番の追い込み漁でした。

カワウの追い込み漁を一度見てみたいという方はぜひ足を運んでみてください。

そして今年は、月刊誌「たくさんのふしぎ」の11月号「水辺の番人 カワウ」の中に、稲永ビジターセンター内に常設してあるセンタースタッフ特製のカワウの着ぐるみが紹介されていました。

子どもから大人まで大人気の着ぐるみなので、ぜひ稲永ビジターセンターにお越しの際は、楽しんで頂けたらと思います♪

(着てみると翼も広がり、迫力がありますよ!)

それでは藤前干潟・近日中イベントのご紹介!ご興味がある方はぜひ足をお運びください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

<干潟観察会>

石ころ干潟のガタモンを探せ!

たくさんの生きものがいる藤前干潟の石ころ干潟で、

小さな干潟の生きもの(ガタモン)を探してみよう!

◇日時:12月3日(日)10001230

◇場所:藤前活動センター(名古屋市港区藤前2-202

◇持ち物:帽子、タオル、水筒、筆記用具、運動靴か長靴

◇費用:大人200円、小中学生100円、幼児無料

◇定員:20名

◇問合:052-3097260(藤前活動センター)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ページ先頭へ↑

2017年11月24日*上高地ROは冬期閉所中*

中部山岳国立公園 佐藤怜子

大野田よりこんにちは。

上高地の閉山に伴い、上高地自然保護官事務所(上高地RO・・・Ranger Office)は冬期閉所いたしました。

それに伴い、上高地ROで働く我々は、松本自然環境事務所が勤務地となります。松本自然環境事務所のある場所が松本市安曇大野田という地区なので、冒頭の"大野田より"になるわけです。

前置きが長くなりましたが、11月16~17日の閉所の様子をお知らせします。

16日は前日から降り続いた雪で、すっかり冬景色の中、閉所に向けた作業を行いました。

【河童橋にて *雪* 】            【雪の積もった園路】

  

翌17日は晴。こんな良いお天気では、閉所して下山することに対してますます後ろ髪を引かれる思い。

【河童橋からの景色】

【上高地RO(インフォメーションセンター)を振り返る】 【閉所日の大正池を目に焼き付けて・・・】

           

「今年度お世話になりました」という気持ちを込めて掃除を行い、「来春、無事に上高地に春が訪れること」を願い上高地ROを閉めました。

今シーズン共に働いた全ての皆様に感謝。自然に感謝。

また、冬期期間中の上高地利用については注意事項がございますので、ご確認下さい。

リンク:http://chubu.env.go.jp/nagano/mat01.pdf  中部地方環境事務所

   http://www.kamikochi.or.jp/this-month/winter/ 上高地公式ウェブサイト

ページ先頭へ↑

2017年11月22日室堂の積雪期利用についてのお願い

中部山岳国立公園 中山博人

こんにちは、立山自然保護官事務所の中山です。

11月30日を以て、立山黒部アルペンルートの営業は終了します。

室堂はすっかり雪に覆われた一面の銀世界、美しい光景が広がっています。

それは同時に、室堂は標高2450mの大変厳しい自然環境下にあることを意味しています。

そこで、利用者の安全確保と自然環境保全のため、室堂平周辺積雪期利用適正化協議会では「室堂平の積雪期利用ルール」を設けています。

詳しくは、環境省長野自然環境事務所のウェブサイトや以下のポスターをご覧ください。

環境省長野自然環境事務所 → http://chubu.env.go.jp/nagano/pre_2017/11.html

【左:室堂平の積雪期(秋期)利用ルール、右:室堂平の積雪期利用ルールマップ】

室堂積雪期利用ルール1   積雪期利用ルール2

入山の際は、室堂ターミナル内の入山安全相談窓口にて必ずレクチャーを受けてください。

ターミナルの外にトイレはありませんので、携帯トイレを持参し、室堂ターミナル内の回収ボックスをご利用ください。

【携帯トイレ回収ボックス】

室堂ターミナル1階、ゴミ箱の右側にある黄緑色の蓋の小さな箱が、携帯トイレ回収ボックスです。

携帯トイレ回収ボックス

視界不良や雪崩による遭難の危険性がありますので、決して無理のない行動をお願い致します。

また、立山駅や扇沢駅に自家用車でお越しの際は冬用タイヤを装着のうえ、必要に応じてチェーンも装着してください。

【立山駅周辺の様子】11月21日撮影

立山駅周辺の様子

ページ先頭へ↑

2017年11月21日第2回歩く利用部会開催しました。

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

11月20日(月)に妙高戸隠連山国立公園連絡協議会の第2回歩く利用部会が開催されました。

01第2回歩く利用部会

 

今回は有識者として協議会にご参加いただいている土屋先生より、登山道の管理体制についての調査結果を発表いただきました。

02まずは土屋先生からお話

 

そして、みなさん待ちに待ったロングトレイルの話に。

03ロングトレイルの話するぜーーー!!

 

会議が終わってもあちこちで議論が白熱していました!

興味をもって参加いただけるのは嬉しい限りです。

04会議後も白熱

 

議論できる場を作り、しっかりと議論をやりきって、良いロングトレイルを作りたいです!!!

ページ先頭へ↑

2017年11月21日信濃町ウィーク

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

各地で一気に冷え込み、長野市内の町中でもはらはら雪が舞い始めました。

 

割と気温の低めだった先週は、信濃町で取材を受けたり・・・

01取材中

 

ナウマンゾウのモニュメントの位置を確認したりと、信濃町ウィークでした!

02モニュメント調査中

 

しっかし野尻湖の朝は寒いです・・・((((;´・ω・`)))

03寒いよ野尻湖

 

でもでも!日が出ると、晩秋の野尻湖はとっても気持ちよく歩けます(´▽`*)

04日が出れば暖かい

 

ちなみに・・・野尻湖ナウマンゾウ博物館の実行委員会では、このモニュメントを活用して湖畔を歩けるようマップを作成しています。

05歩いて見つけて!

マップの完成、楽しみにしていて下さい♪

ページ先頭へ↑

2017年11月17日白山は登山口も銀世界

白山国立公園 大石佳織

みなさん、こんにちは。
ついにこの季節がやってきました。

(事務所お向かいにある山。上の方が雪化粧。1116日撮影)
昨日16日は午前中、白山自然保護官事務所のある石川県白山市白峰でもあられ、みぞれが降りました。気づけば事務所のお向かいにある標高1,000mほどの山が雪化粧!
冬です!

同日
正午には石川県白山市の白山公園線市ノ瀬-別当出合間が冬期通行止めとなりました。白峰から市ノ瀬までの区間も雪が積もればその時点で通行止めになりますので、最新の情報をご確認ください


そして、今日は白山登山口のある別当出合付近で現場確認作業があったため、道路管理者の許可を得て別当出合まで行ってきました。
が、別当出合へ行ってびっくり!
雪!雪!!雪!!
一面銀世界が広がっていました。

(銀世界!別当出合付近で11月17日撮影)

さらに雪の上には動物の足跡が!
こちらはノウサギ♪

(ノウサギの足跡。別当出合で1117日撮影)
進行方向前方についた大きい跡が後ろ足で、小さな跡が前足です。
跳び箱を跳ぶように足を動かすので、このような不思議な跡になります。

こちらはテンのものと思われる足跡!

(
たぶんテンの足跡。別当出合で1117日撮影)
テンはイタチの仲間で体長は4050cmほどの動物です。

この写真の足跡は2個ずつそろってついていますが、このようなとき、テンはシャクトリムシのように体を動かして走っています。これはちょっと走っているときの体の動かし方になります。
つまり、この足跡の主はちょっと急いでいたようですが、全力疾走するほどでもなかったようだ・・・ということがわかるんですね。足跡を見るとその主の様子を想像できるって、とっても面白いですね♪

こんな風に雪の山では夏とは違った発見があります。
雪のある山は軽い気持ちで入るととても危険なので注意が必要ですが、冬ならではの自然を楽しめます。冬が深まれば白山山麓で観察会が開催されたりするので、そのような機会に是非、冬の自然を味わいに遊びに来てください♪


** ご注意 ****************************

白山は既に冬山です。冬山は十分な装備と経験が必要です。
また、
別当出合の吊り橋は、冬期養生のため板が外されており通行できません。


(別当出合の吊り橋。11月17日撮影)
************************************

ページ先頭へ↑

2017年11月15日上高地閉山式 ~平成29年度も無事に閉山を迎えられました~

中部山岳国立公園 上高地 佐藤怜子

本日、北アルプスの自然の恵みへの感謝と穏やかな来春の到来を願い、上高地閉山式が行われました。

上高地閉山式は今回で20回目。寒々しい曇り空でしたが、それがまた山々の荘厳さを引き立てると同時に、まさに〝閉山〟に相応しいものでした。

【穂高神社神官による神事】           【人の集まる河童橋のたもと】

【環境省・松本自然環境事務所長挨拶】     【鏡開き後、振る舞われたお酒】

【河童橋から見た梓川と穂高連峰】まさに〝閉山〟に相応しい!!

閉山式後、雪が降り始め、夕方にはすっかり雪に覆われ真っ白な世界に・・・

上高地にいよいよ冬の到来です。

上高地さん、今シーズンもお世話になりました。来春までゆっくり休んで下さいね。

ページ先頭へ↑

2017年11月15日立山カルデラに行ってきました

中部山岳国立公園 中山博人

こんにちは、立山自然保護官事務所の中山です。

立山町もすっかり冷え込んできて、布団やコタツが恋しく感じます。

さて11月6日に、立山カルデラに行ってきました。

閉山直前ではありましたが、立山カルデラ砂防博物館の学芸員の方に案内していただきました。

立山カルデラは、弥陀ヶ原火山に食い込んだ谷が激しい侵食作用によって拡大してできた浸食カルデラといわれています。(出典:立山カルデラ砂防博物館ウェブサイト)

【六九谷展望台からの立山カルデラの展望】11月6日撮影

1969年の集中豪雨により生じた谷であり、立山カルデラが一望できます。奥には白くなった立山連峰が見え、真ん中に鬼岳、左に龍王岳や浄土山、右に獅子岳や鷲岳等が写っています。

六九谷展望台からの立山カルデラの展望

【鳶山崩れ(左:大鳶崩れ、右:小鳶崩れ)】11月6日撮影

上の写真より右に目を向けると、1858年の飛越地震により生じた鳶山崩れが見られます。

鳶山崩れ

鳶山崩れにより発生した土石流が当時賑わっていた立山温泉を襲い、崩壊しました。

1869年に再興しましたが、立山黒部アルペンルート開通の影響で利用客が減少し、1973年に閉鎖されました。

その温泉の跡地があり、タイルがしっかりと残っています。

【立山温泉跡地】11月6撮影

立山温泉跡地

そして、飛越地震をきっかけに、常願寺川流域での土砂災害を防ぐために建築されたのが、白岩砂防堰堤です。

本堰堤と7基の副堰堤からなるこの施設は、白岩堰堤砂防施設として国の重要文化財に指定されています。

【白岩砂防堰堤から望む湯川上流側】11月6日撮影

白岩堰堤砂防

立山カルデラは安全上自由な出入りはできませんが、富山県、立山カルデラ砂防博物館主催の体験学習会に参加することで見ることができます(今年度は終了しました)。

詳しくは以下のリンク先よりご覧ください。
立山カルデラ砂防博物館 → http://www.tatecal.or.jp/tatecal/index.html

ページ先頭へ↑

2017年11月14日戸隠中社ゲレンデの茅刈が行われました!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

11月6日(月)・7日(火)に戸隠スキー場の中社ゲレンデで茅刈りが行われました!

 

手作業で刈られた茅(かや)はとっても長いのです!

01刈った茅

 

刈った茅は不純物などないか全て確認をします。不純物は除去!

02手作業でチェック!

 

この写真のようにワラビや笹の葉などの不純物が茅の束に混ざっていると、

茅が腐ってしまう原因になるのです!!!

03ワラビはだめ!

 

茅は小屋に保存をして戸隠の茅葺き屋根の素材として利用するんですよ!

04小屋で保存します

 

「茅葺き屋根の宿坊」がある中社区や宝光社区は重要伝統的建造物群保存地区として指定されています。

戸隠に来る際は、ぜひ"町並み"にも注目してみて下さいね♪

05茅葺きの宿坊

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ