ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年9月

11件の記事があります。

2017年09月14日安全に楽しんで欲しいから

上信越高原国立公園 アクティブレンジャー 小林映絵

先日、国設軽井沢野鳥の森に訪れる皆さんの安全確保のため、落枝の恐れのある樹木の枝打ちを行いました。

ただ、場所は高所作業車などが進入できない遊歩道沿い・・・そこに救世主が!!身一つで作業が出来るという "空師(そらし)"の水野俊哲さんに作業を行っていただきました。

足にはノコギリ、腰にチェーンソー。もう、すでに姿からして格好良すぎです。

ロープを活用し、まるで忍者のようにスルスルと木を登っていきます。

あっという間に12mほどの高さに!!

いよいよ、伐採作業となり、チェーンソーの出番です。

枝の様子や周囲の状況を確認しながら安全に作業を行います。

一見、細くて短い枝も地面に落ちるとかなりの音と振動を感じました。

事前に、樹木医でもある水野さんとともに、枯れるなどして落枝の危険のあるものをチェックし伐採しましたが、枯れているといえど、その衝撃はかなりのものがありました。

軽井沢野鳥の森には多様な生きものが生息しており、その名の通り多くの野鳥も確認できます。これからの季節(葉が落ちる秋)が野鳥を観察しやすいそうですよ(o´∀`o)

今回の作業が、皆さんの快適な散策や野鳥観察などにつながればうれしいです☆

ちなみに"空師"とは、1020m以上の高い木に登ってチェーンソーなどを巧みに操り枝打ちなどを行う職人さんのことで、昔は木よりも高い建物がなく空に一番高いところで仕事をする様子からそのような職名がついたそうです。

今回、昔ながらの技法を目の前で見られたことの感動を覚えました。水野さん、ありがとうございました!!

ページ先頭へ↑

2017年09月14日H29年度第1回の幹事会は飯綱町で!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

9月11日(月)、妙高戸隠連山国立公園連絡協議会のH29年度第1回幹事会を開催しました。幹事会で恒例となっているのが、現地視察!

この協議会は市町村などの枠を超えて国立公園を盛り上げていこう・・・という趣旨のもと参集されています。まずはお互いの地域をよく知りましょう。ということで、会議の前に現地視察を行っています。

 

今回の開催地、長野県飯綱町にある、霊仙寺湖と飯綱東高原オートキャンプ場へ視察に行きました。

 

「むれ温泉天狗の館」を含む霊仙寺湖周辺の施設を管理しているオーガニックリゾートさんに、現地の取組状況などご説明いただきました。

こちらのキャンプ場ではいち早くグランピングなどを取り入れており、みなさん興味津々!

01グランピングテント

 

グランピングのテントの中はこんな風になっています。豪華!!!

02グランピングの内装

 

霊仙寺湖畔はなんといっても「一目五山(ひとめござん)」の好展望地!天気はあいにくですが、少し山も見えました。

03霊仙寺湖視察中・・・

 

視察のあとはみっっっっっちり会議。

04第1回幹事会

 

なかなかの長丁場&難しい話だったのでみなさんの顔も難しくなっていきます・・・。お疲れ様でした・・・(´ω`;)

05難しい話題

 

協議会では、現在「一目五山フォトコンテスト」を開催中です!

国立公園外から撮った写真もOK!5つ山が写ってなくてもOK!

飯綱町からは「一目五山」がとってもきれいに見えます!ぜひぜひとっておきのスポットを写真に撮って応募してみて下さい!

 

★妙高戸隠連山国立公園のフォトコンテスト実施中

 期間:平成29年9月1日(金)~11月15日(水)

 詳しくはこちらで確認!

06一目五山フォトコンチラシ

ページ先頭へ↑

2017年09月13日最近の藤前干潟は。

国指定藤前干潟鳥獣保護区 西部理恵

藤前干潟からこんにちは、アクティブ・レンジャーの西部です。

今日はすっきりとした秋空が広がる藤前干潟ですが、週末には天気が荒れ模様のようです。

せっかくの連休なので、少しでも晴れ間が続くと良いですね。

それではさっそく、最近すっかり秋めいてきた最近の藤前干潟の様子をご紹介しましょう。

干潟の上では、小さな生きものたちが活発に動き回る様子が見られます。干潟の上をよーく目を凝らして見ると、小さな小さなトビハゼがあちらこちらに!とても小さく、干潟と同系色なので見過ごしてしまいそうですが、何かの拍子にぴょんっと飛んで逃げるのでわかります。残念ながら、写真で撮るのは至難の業です。

トビハゼ

<上写真:2年ほど前に撮影した同じ時期のトビハゼ>

そして、藤前干潟といえば、渡り鳥たち。だんだんと渡りの鳥たちの姿が多くなって来ているようです。先日、910日には環境省が実施している鳥類調査があったのですが、藤前干潟では恐らく初認となるアカアシカツオドリが1羽入ってきたという報告がありました!証拠写真は、お隣、名古屋市野鳥観察館の方がバッチリおさえてくれましたので、そちらをご覧ください。

→名古屋市野鳥観察館ブログ(http://blog.goo.ne.jp/kansatukan

私はといえば、巡視の時に、初めてホウロクシギを間近に見ることが出来ました!

とはいえ、普通よりも嘴が短く、体も小さめだったため、チュウシャクシギかな?と思ってみていたのですが・・・ちょっと違うなぁと思って野鳥観察館で確認してもらったところ、ホウロクシギだった!というわけです。

まだまだ初心者バードウォッチャー。フィールドですぐにこれっ!とわかるまでには、長い道のりが必要ですね。

ホウロクシギ

見分けるコツは、背中の白い部分とお腹の模様や色など、だそうです。

飛び立った時の写真、わかりますか?上の鳥がチュウシャクシギ、下がホウロクシギです。

この白色部分、飛ばないとわからない、というなんとも難しい識別点ですね・・・

ホウロクシギとチュウシャクシギ

さて、話はかわって、秋といえば、スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋!などと言いますが、イベントの秋!でもあります。

今週末(916日)には環境デーなごや2017が開催され、稲永ビジターセンターと藤前活動センターのブースも出ます。いろいろな団体がそれぞれの切り口で環境について考え、取り組んでいる様子がわかる楽しいイベントになっていますので、藤前干潟のブースをのぞきつつ、遊びに来てください!

→環境デーなごや2017http://kankyoday.com/

ウミネコの成鳥と若鳥

ウミネコの成鳥と若鳥。若鳥にあっち行け~と言っているのでしょうか?

トウネン

この時期、数が増えてきているトウネン。漢字では当年。体がとても小さいので、今年生まれの・・・と言う意味で当年と言う名前なのだそうですよ。

●藤前干潟の今後のイベント

 【カニパラダイスへレッツゴー!】
 稲永ビジターセンターで、カニを観察する干潟観察会が開かれます。
 子どもも大人もカニパラダイスへご招待!

 日 時:平成29年9月23日(土)13:30~15:30
 場 所:稲永ビジターセンター(名古屋市港区野跡4-11-2)

 対 象:一般(幼児~大人)※小学3年生以下は保護者同伴
 定 員:20名(先着順)
 参加費:大人200円、小中学生100円、幼児無料
 申込み・問合せ先:稲永ビジターセンター(TEL:052-389-5821)
 主催等:環境省中部地方環境事務所
     藤前干潟ふれあい事業パートナーシップ事業

ページ先頭へ↑

2017年09月12日「信濃大町 山フェス」 開催されます

中部山岳国立公園 後立山 アクティブレンジャー則武 敏史

こんにちは。

山に関わるイベントの紹介です。

信濃大町 山フェス「北アルプス100年祭」が開催されます。

■9月30日(土)、10月1日(日)

■大町市文化会館ほか

・ホールでは、山トークショー、ゴキゲン山映像の上映、山岳学生サミットなどが行われます。

・各種登山用品メーカーの出展、飲食店の出店などがあります。

・会場受付で配布されるスタンプラリーカードの提示で、街中の店舗で割引等の特典を受けられるようです。

・大町登山案内人組合100周年を記念して開催されるイベント。

詳細は長野県大町市観光公式サイトをご覧ください。

http://www.kanko-omachi.gr.jp/omachi_blog/2017/09/100930101.php



大町市や周辺市町村にお越しの予定があれば、「山フェス」も訪問先に加えてはどうでしょうか。

私たちも「環境省山岳写真展示」として、後立山地区の写真を展示します。どうぞお出かけください。


ページ先頭へ↑

2017年09月12日紫いっぱい飯縄山でトレラン大会

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

先週末はしっかり晴れてピクニック日和、いかがお過ごしでしたか?

 

9月10日(日)に信州戸隠トレランが開催されました。

鼓笛隊の軽快な演奏に見送られて戸隠神社中社をスタート!

01トレラン中社をスタート 02トレラン鼓笛隊

 

自然の中を思いっきり駆け巡るトレイルランニング。

登山道をコースに含まれています。マナー違反や登山者との接触事故などが起きていないか、大会当日に巡視を行いました。

03ランナーいっぱいいます 04景色がいいです

巡視の結果、危ない場所などがあれば"歩行区間"を設けてもらうように大会運営側へ提案することもあります。

 

ところで、飯縄山の登山道脇には沢山の紫や青の花が咲き乱れていました。

オヤマボクチ(左)やオヤマリンドウ(右)

05オヤマボクチ 06オヤマリンドウ

 

マメ科の植物(左)や超猛毒!トリカブト(右)も!

07マメ科 08猛毒だー!トリカブト!

 

すごくパンチの効いたキノコもありました!

ツノシメジというそうですが、「俺に触れたらケガするZE!」という声が聞こえてきそうです(´ω`)

09ツノシメジ

 

秋は暑さも和らぎ快適に登山ができる時期。ぜひお出かけしてみて下さい!

一目五山フォトコンテスト実施中です♪

ページ先頭へ↑

2017年09月08日火山ガスにご注意ください

中部山岳国立公園 中山博人

こんにちは、立山自然保護官事務所の中山です。

室堂周辺では秋らしさを感じるようになってきました。

ウインドブレーカーやフリース等の羽織り物が必須です。

さて、立山室堂周辺の地獄谷では火山ガスが噴出しています。

地獄谷内の歩道は通行止めになっておりますが、地獄谷の近くを通り上から望むことはできます。

地獄谷の近くを歩いたことがある方は、卵が腐ったような臭いを感じることがあったと思います。

火山ガスは、風向きや天候によって濃度が上昇することがあります。

また、人によって感じ方も違い、喘息の方や妊娠中の方等は特に注意が必要です。

火山ガスの影響を弱めるため、お越しの際はタオル等を水で濡らして口に当てることが有効です。

【水場】8月18日撮影

火山ガス情報ステーション横、雷鳥荘近くに水場が設置されています。

水場

室堂ターミナルや火山ガス情報ステーション、各山小屋の電光掲示板の案内も確認して行動してください。

【火山ガス検知器】8月18日撮影

火山ガス検知器

【電光掲示板】

写真はテスト画面です。

電光掲示板

火山ガスの濃度の上昇が続いた場合に備えて、室堂山荘から雷鳥沢野営場間の「代替歩道」を整備しています。

室堂山荘側からは、少し一ノ越方面へ向かい左折します。

雷鳥沢野営場側からは、浄土川を渡り右折します(左折すると剱御前・奥大日岳方面です)。

道が狭く、足場が不安定な場所があります。

また、遅くまで残雪があるため、積雪状況に注意してください。

【代替歩道(上:室堂山荘側 8月10日撮影 下:雷鳥沢野営場側 727日撮影)】

代替歩道(室堂山荘側)

代替歩道(雷鳥沢野営場側)

火山ガスに関する詳細は、長野自然環境事務所のHP(http://chubu.env.go.jp/nagano/post.html)をご覧ください。

ページ先頭へ↑

2017年09月07日> 歩道の補修作業 @乗鞍高原 <

中部山岳国立公園 丸山由起子

乗鞍高原の環境省直轄歩道(環境省が整備し、維持管理している歩道)の木道・木橋などを

補修してきました。

環境省の直轄歩道・直轄施設の軽微な補修などもアクティブレンジャーの仕事です。

 

今ちょうど大学生や大学院生がインターンで上高地自然保護官事務所に研修に来ているので、

上高地担当アクティブレンジャー関根さんと一緒に作業を手伝ってもらいました。

今回はちょっと大きな重い資材の運搬などもあり、若い方々のお手伝いが大変ありがたかったです。

大勢で作業したので仕事も早く終わりました。

インターンのみなさん、ありがとうございました!

 

<作業中>

 

 

<作業前・作業後>

 

まだまだ補修が必要な箇所がありますが、利用者のみなさまに安全に気持ちよく歩いていただけるよう、

これからも尽力してまいります。

ぜひ、秋の乗鞍高原を歩きにお越し下さい。

ページ先頭へ↑

2017年09月07日秋の訪れ

伊勢志摩国立公園 志摩 アクティブレンジャー 半田俊彦

屋外で見かけるトンボとクモがふえてくると秋の訪れを感じます。

トンボは俳句では秋の季語にもなっているようです。

夏の日中は暑くて見られる生き物も少なかったのですが、

秋になると日中でも涼しくなるので、見られる生き物が増えてくるようです。

忙しい夏も一段落しました。

伊勢志摩国立公園で秋の自然観察を楽しんでみませんか。

オオシオカラトンボ

シオカラトンボに似ていますが、一回り大きいです。

ショウジョウトンボ

全身が真っ赤なトンボです。水辺でよく見られます。

ウスバキトンボ

飛び回っていてなかなか止まらないトンボです。

ナガコガネグモ

細かなしま模様が特徴です。明るい草原に巣を張ります。

サツマノミダマシ

緑色が鮮やかなクモです。サツマノミとはハゼノキの果実のことです。

ジョロウグモ

大きなクモがメスです。周囲にいる一回り小さいのがオスです。

ページ先頭へ↑

2017年09月06日> エゾアカヤマアリ @乗鞍いきもの編 <

中部山岳国立公園 丸山由起子

今、外来種のヒアリが話題になっていますが、ここ乗鞍高原にも気の荒いアリがいます。

その名は

  「 エゾアカヤマアリ 」

 

エゾアカヤマアリは名前の通り赤っぽいアリで、ヒアリと色が似ています。

 

けれどこちらはれっきとした日本の在来種であり、環境省の絶滅危惧種Ⅱ類になっているという、

実は貴重なアリです。

開けた日当たりのよい場所を好み、乗鞍高原では一の瀬でよく見られます。

 

遊歩道を歩いているくらいでは気になりませんが、休憩しようと座った石がたまたま巣の近く

だったりすると、「巣に近づくな!」とでもいうように、いっせいにものすごい勢いで

足から登ってきて攻撃されます。

  

ヒアリのような毒針はありませんが、蟻酸(ぎさん)を出すようなのでご注意ください。

 

エゾアカヤマアリは、カラマツの落ち葉などを集めたかなり大きなアリ塚を作ると文献にあります。

けれど私がみつけた巣は、岩に不自然にカラマツの落ち葉がたまったようになっているものが多いです。

 

一見、巣のように見えませんが、巣です。近づいたら攻撃されました。

 

エゾアカヤマアリは本当に気が荒いので、赤っぽいアリがたくさんうろうろしている場所には

近寄らないようにしてくださいね。

彼らの領域に必要以上に踏み込まないこと、それが大切なことです。

ページ先頭へ↑

2017年09月05日第一回歩く利用部会が開催されました!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

9月になって突然ぐっと気温が下がりましたね・・・一気に秋の気配が高まりました。

 

8月31日(木)、妙高戸隠連山国立公園連絡協議会の"第1回歩く利用部会"が開催されました。

01部会はじまり

 

○歩く利用部会とは

滞在時間を延ばし、じっくり楽しんで欲しい。そのためには、車などでスポット的にまわる従来の観光ではなく、歩いてゆっくり楽しんでもらう方法を模索しよう!

ということで、"ロングトレイル"を軸に歩く利用のしかたを考えていく会議がこの"歩く利用部会"です。

 

○どんなことを話しあったの?

ロングトレイルのコースを設置するにあたってどこを見て欲しいか、何を体感して欲しいか、どんなコンセプトにするか・・・ワークショップ形式で話し合いました。

02ワークショップ白熱!

 

3班に分かれて話をしましたが、3班とも新幹線の駅を起点・終点にし、"信越トレイル"と"塩の道"をつなぐ、ほぼ同じコース案になりました。

しかし、それぞれ全く毛色の違うコンセプトが提案され、とても刺激的なワークショップでした!

03ワークショップの様子

 

○各班で考えたコンセプト

A班:信仰をつなぎ、なりわいをたどる山の道「五山トレイル」

B班:妙高戸隠連山を見ながら歩くトレイル

C班:境界を越えるトレイル

 

「思い立ったらすぐロングトレイル」や「一目五山の五目トレイル」なんていうキャッチコピーも登場し、議論白熱!

県境を越えると空気感が変わる、植生帯の境目がある、トンネルを通り抜けると時空を超えたような感覚になる・・・など様々な「境界を越える」ことをコンセプトにする班など、今後の展開が楽しみになるワークショップでした。

04ワークショップまとめ

 

○これからの動き

今後は実際にコースを設置するならどこを歩いた方がより楽しいかなど、関係者で現地調査も行いながら3年後の開通を目指します!

 

長くなってしまいましたが、みんなで知恵を出し合って、色々な方が楽しめる妙高戸隠連山国立公園にしていきたいです(^^♪

 

 

★妙高戸隠連山国立公園のフォトコンテスト実施中

 期間:平成29年9月1日(金)~11月15日(水)

 詳しくはこちらで確認!

一目五山フォトコンチラシ.pdf

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ