ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年09月05日第一回歩く利用部会が開催されました!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

9月になって突然ぐっと気温が下がりましたね・・・一気に秋の気配が高まりました。

 

8月31日(木)、妙高戸隠連山国立公園連絡協議会の"第1回歩く利用部会"が開催されました。

01部会はじまり

 

○歩く利用部会とは

滞在時間を延ばし、じっくり楽しんで欲しい。そのためには、車などでスポット的にまわる従来の観光ではなく、歩いてゆっくり楽しんでもらう方法を模索しよう!

ということで、"ロングトレイル"を軸に歩く利用のしかたを考えていく会議がこの"歩く利用部会"です。

 

○どんなことを話しあったの?

ロングトレイルのコースを設置するにあたってどこを見て欲しいか、何を体感して欲しいか、どんなコンセプトにするか・・・ワークショップ形式で話し合いました。

02ワークショップ白熱!

 

3班に分かれて話をしましたが、3班とも新幹線の駅を起点・終点にし、"信越トレイル"と"塩の道"をつなぐ、ほぼ同じコース案になりました。

しかし、それぞれ全く毛色の違うコンセプトが提案され、とても刺激的なワークショップでした!

03ワークショップの様子

 

○各班で考えたコンセプト

A班:信仰をつなぎ、なりわいをたどる山の道「五山トレイル」

B班:妙高戸隠連山を見ながら歩くトレイル

C班:境界を越えるトレイル

 

「思い立ったらすぐロングトレイル」や「一目五山の五目トレイル」なんていうキャッチコピーも登場し、議論白熱!

県境を越えると空気感が変わる、植生帯の境目がある、トンネルを通り抜けると時空を超えたような感覚になる・・・など様々な「境界を越える」ことをコンセプトにする班など、今後の展開が楽しみになるワークショップでした。

04ワークショップまとめ

 

○これからの動き

今後は実際にコースを設置するならどこを歩いた方がより楽しいかなど、関係者で現地調査も行いながら3年後の開通を目指します!

 

長くなってしまいましたが、みんなで知恵を出し合って、色々な方が楽しめる妙高戸隠連山国立公園にしていきたいです(^^♪

 

 

★妙高戸隠連山国立公園のフォトコンテスト実施中

 期間:平成29年9月1日(金)~11月15日(水)

 詳しくはこちらで確認!

一目五山フォトコンチラシ.pdf

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ