ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年8月

26件の記事があります。

2017年08月31日上高地を美しくする会

中部山岳国立公園 上高地 関根陽太

こんにちは。

   

先日、「上高地を美しくする会」で、ゴミ拾いや施設周りの刈払いなど活動が行われました。

ホテルや交通関係者、行政関係者など上高地に関わる多くの方々が参加してくださいました。

   

   

   

ゴミ拾いに取り組んできた上高地を美しくする会ですが、

利用者の皆さんのマナーの向上もあり、ゴミは少なくなってきました。

そこで、保護官事務所も協力して地域でニホンザルの人慣れ対策にも取り組んでいます。

人慣れが進むと、人から食べ物をうばったりするおそれがあります。

上高地でサルに出会ったら、食べ物を与えず、むやみに近づかないよう利用者の方々にもご理解とご協力をお願いいたします。

   

ページ先頭へ↑

2017年08月31日野尻湖クリーンラリーの裏側

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

8月30日は毎年恒例の野尻湖クリーンラリー。今年で25回目になります。信濃小中学校の小学5年生に野尻湖や水の環境について関心を高めてもらうための環境学習を行いました。

 

今回はその裏側も紹介します!

できるかぎり実物を見て欲しいという思いもあり、野尻湖ナウマンゾウ博物館や長野県・信濃町の職員の方々と一緒に朝から水生生物の採取を行いました。

01水生生物採取中 02獲れたかしら?

 

川は冷たいですが、ヘビトンボの幼虫やカジカなどが採取できました!

03ヘビトンボの幼虫 04カジカ

 

さて、子どもたちと合流して遊覧船に乗船。

説明中、子どもたちはメモをすごく一生懸命とります!えらい!

05いざ乗船! 06しっかりメモメモ

 

ここでも、裏方が活躍!子どもたちが透明度板を湖に落としている時、船の下に板が隠れないようにロープを船から離す人がいます。

07透明度調査中 08裏方はロープを船から離す係

 

水深による水の温度の違いを確かめる実験のために、小型船で水の採取をする方々もいます。深い場所の水をとる引き上げ作業がとっても重労働!

09水温調査中 10水温調査のための調査船

 

下船後、体育館では各ブースで専門家の方々から色々なお話を聞きます。ここでも子どもたちは、とても真剣に話を聞いてメモをとっていました!前日に採取したブラックバスも大活躍♪

11国立公園ブース 12ブラックバスも活躍!

 

色々な裏方の大人の活躍もあって、今年も野尻湖クリーンラリーは大成功!

信濃町の子どもたちにとって少しでも「国立公園 野尻湖」を誇りに思ってもらえるきっかけになれば嬉しいです(^▽^)♪

 

野尻湖ナウマンゾウ博物館は9月4日(月)からリニューアルのため休館です。

ページ先頭へ↑

2017年08月30日> ホシガラス @乗鞍いきもの編 <

中部山岳国立公園 丸山由起子

みなさんはホシガラスをご存知ですか?

高い山でガーガー鳴いている黒っぽいカラスに似た鳥、それがホシガラスです。
カラダの白い斑点模様が星のように見えることからホシガラスと呼ばれているそうです。

マツボックリが好物らしく、高山帯ではこんな風にハイマツのマツボックリを

くわえている姿を見かけます。

 
マツボックリを食べ散らかした跡をみかけることもあります。

 

ホシガラスは食事の場所を決めているらしく、そこへマツボックリを運んでは種をとりだし、

ノド袋に貯めて移動して隠し場所の地面に埋めます。
そうして埋めた場所を記憶しておいて、春先などまだ食べ物が無い時期に掘り出して食べます。
でも埋められたまま忘れられた実が発芽することも多く、高山でハイマツが増えるのは
ホシガラスが大いに貢献しているそうです。

 

そんなホシガラスの姿を、今、エコーラインの大雪渓・肩の小屋口バス停付近のハイマツ帯で
見ることができます。

<8月28日 大雪渓・肩の小屋口バス停付近で撮影>

 

乗鞍岳というとライチョウを見に来られる方が多いですが、ホシガラスの観察もおすすめですよ。
あまり人を恐れないので、いろいろと楽しい姿を見せてくれるかもしれません。

双眼鏡があると観察しやすいのでおすすめです。

ぜひのんびりホシガラスウオッチングをしてみてください。

ページ先頭へ↑

2017年08月29日【実施報告】藤前干潟ふれあい事業 干潟を音であそぼ

国指定藤前干潟鳥獣保護区 吉塚藍

8月ももうわずかとなり、朝晩が涼しく感じられるようになってきた藤前干潟からこんにちは

・・・とは言ってもまだまだ暑いですね。

アクティブ・レンジャーの吉塚です。

先日カルガモ親子を見つけましたが、6月半ば頃に産まれたカルガモの雛は、もう大人の姿に変わりつつありました。


カモがゆったりと歩いている姿を見ていると癒やされますね。

羽づくろいしている姿なんて、とても涼しげです♪あぁ、私も水浴びしたい・・・

そんなまだまだ暑い日が続く中、敢えてホットな話題をお届けします!

822日(火)に親子参加で行われた藤前干潟ふれあい事業「干潟を音であそぼ~貝殻やヨシで打楽器つくり~」の様子を紹介します♪

このイベントではパーカッショニストの本多"taco-bow"正典さんをお招きし、藤前干潟にある素材を使って、打楽器をつくり、参加した子どもたちが藤前干潟の生きもの(トビハゼ、ヤマトオサガニ、チュウシャクシギ)になりきって寸劇を演じ、演奏しました。


参加者のほとんどは初めて藤前干潟に来た方ばかり!

なので、まずは藤前干潟についてどんな場所か?どんな生きものがいるのか?などをお話させて頂きました。


干潟の話を聞いてから、外に出て、干潟を前にtaco-bowさんと耳を澄ませる時間・・・

どんな音が聞こえてきたかな?

セミや車の音も聞こえていたけど、今年はもう秋のシギ・チドリなどの渡り鳥がやってきている時季だったので、鳥の鳴き声も少し聞こえてきたね。

そしてこの日は、パーカッショニストのtaco-bowさんがたくさんの打楽器を操り、藤前干潟の映像に合わせて演奏を披露!

イベント終了後のアンケートでは「素晴らしかった」という感想も。

しかし残念ながら、これは参加した方にしか伝えることができないため、ぜひまた次の機会を狙って下さい♪

(本多"taco-bow正典氏について興味がある方は、右リンクをご覧下さい。http://taco-bow.com/

いよいよお待ちかねの打楽器つくり。

藤前干潟で採れたカキの貝殻と、乾燥したヨシの茎を使ってウインドチャイムをつくりました。

私自身もイベント前につくってみたのですが、このウインドチャイムは想像していたより、とても綺麗な音がするんですよ♪

ビーズなどを付ければ、飾っても可愛い仕上がりになり、みんな夢中になって取り組みました。

ウインドチャイムだけじゃなく、空のペットボトルに砕いた貝殻を入れて、軽やかな音色のマラカスもつくっちゃいました♪

自分の楽器ができた所で、taco-bowさんから楽器の鳴らし方のアドバイスを受け、最後は2班に分かれて寸劇を行いました。

寸劇では藤前干潟にいる生きものたちが登場します。

潮が引き、現れた干潟の上でぴょんぴょん跳ねるトビハゼ、泥を食べるヤマトオサガニ、そしてトビハゼやヤマトオサガニを狙って飛んできたチュウシャクシギ。そんな藤前干潟で繰り広げられる生きものたちの姿を子どもたちで楽しく演じました。(なんとヤマトオサガニがチュウシャクシギにパクッと食べられてしまうシーンも・・・!)ちなみにスタッフは潮の満ち引き役で登場しました・・・!

出番を控えている子たちは、taco-bowさんのアドバイスの下、寸劇の展開を見て、打楽器を変えながら演奏します。演奏にはご家族の皆さんにも、スタッフで用意した楽器を使ってもらい、参加して頂きました♪

寸劇終了後、カーテンコールを行い、参加者みんなで記念撮影。

藤前干潟を見て、耳を澄ませ、藤前干潟にある素材で打楽器をつくり、藤前干潟の生きものになりきり、奏でる・・・という藤前干潟づくしの2時間でしたが、taco-bowさんのリズムや場を楽しんでいると、あっという間に時間が過ぎ、最後はみんなで「海」を歌ってお開きにしました。

(ちなみに名古屋市野鳥観察館ブログでも今回の様子が投稿されています。http://blog.goo.ne.jp/kansatukan/e/e6542346c05a6f34eee7a904bceddef1

普段、私たちは出前講座などで学校に伺い、藤前干潟について「学ぶ」という形でお話をさせてもらいますが、今回のようにイベントとして「楽しむ」ことを一番に考え、だけどいつの間にか、藤前干潟に興味を持っていくという場も、とても大切なことだと感じました。

今回「干潟を音であそぼ」に来てくれたみんなには、また藤前干潟に遊びに来て、ぜひ演じた生きもの(トビハゼ、ヤマトオサガニ、チュウシャクシギ)を見に来て欲しいです♪

(干潟が現れるとたくさん出てくるヤマトオサガニたち)

そして干潟に入ってみたくなった方へ♪

最後に干潟に入れるイベントをご案内します!

---------------------------------------------------------------------------------------------

環境学習プログラム 干潟の生きもの観察会

■日時:9月23日(土)

      13:30~15:30

■会場:稲永ビジターセンター

■定員:20名(※9月9日より参加受付開始)

■対象:幼児~大人

■持ち物:サンダル、筆記用具、水筒、帽子、タオル、(弁当は適宜)、あれば双眼鏡

■参加費:幼児無料、小中学生100円、大人200円

■問合せ:稲永ビジターセンター(※月曜・第3水曜をのぞく、9:30-16:00)

       TEL:052-389-5821、FAX:052-389-5822

---------------------------------------------------------------------------------------------

環境学習プログラム 石ころ干潟観察会~石の下には何がいる?~

■日時:10月7日(土)

      13:00~15:30

■会場:藤前活動センター

■定員:20名(※9月23日より参加受付開始)

■対象:幼児~大人

■持ち物:運動靴or長靴、筆記用具、水筒、帽子、タオル、(弁当は適宜)、あれば双眼鏡

■参加費:幼児無料、小中学生100円、大人200円

■問合せ:藤前活動センター(※月曜・第3水曜をのぞく、9:30-16:00)

       TEL:052-309-7260、FAX:052-309-7261

※干潟体験のプログラムについては、稲永ビジターセンター、藤前活動センターまでお問い合わせください。

ページ先頭へ↑

2017年08月25日10/1(日)、戸隠竹細工の森を職人さんと一緒に歩こう!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

イベントは晴れの方が良いですが、雨が降ることもありますよね?雨天の場合は少しプログラムやコースを変えることがあります。

 

今日は、10月1日に開催する「戸隠竹細工の森保全活動体験会」(6月21日の記事でも紹介しています)の"雨天コース"の下見を行ってきました。運よく今日は雨です☂

01雨天下見

 

「戸隠竹細工の森保全活動体験会」は竹細工職人さんと一緒に竹細工の森を歩いて、

より竹細工を身近に感じてもらい、認知度を高めていこう!という活動の一環です。

※詳細はこちら

02竹細工ツアー詳細

 

ネマガリダケを求め、時にやぶこぎをし・・・

03やぶこぎします!

 

時に川の中をジャブジャブと・・・

04じゃぶじゃぶと・・・

 

なかなかアドベンチャーな下見になりました♪

当日はこんなにアドベンチャーではないですが、雨が降っても楽しいイベントになるように準備をしています!お楽しみに☆

 

~番外編~

雨でも足元には美味しい実が❤気分転換にいいですね♪

05マルバイチゴの実

 

アズマヒキガエルがでてきました。

06アズマヒキつかまえた

/捕まっちゃった・・・ゲコゲコ\

ページ先頭へ↑

2017年08月23日「海女漁体験」に参加しました!

伊勢志摩国立公園 志摩 麻生里衣

志摩市のともやま公園にて様々な自然体験を提供している「志摩自然学校」と横山ビジターセンターの共同企画事業、「海女漁体験(中級者編)」が7月29日(土)に行われました。

伊勢志摩の大きな魅力の一つである「海女文化」。

今回は実際に海女さんと一緒に潜り漁が体験できるという、とっても貴重な機会でした!

外洋で行われる予定だった中級者編ですが、この日はあいにくの高波。

そこで、波の穏やかな英虞湾の中に浮かぶ「間崎島」に向かいます。

左手には、サミット会場となった「志摩観光ホテル ザ・クラシック」が見えます。

kasikojima 賢島 志摩観光ホテル

間崎島に到着後、まずは海女の現状や海女漁について、30分ほどのレクチャーを受けます。

シュノーケリングやダイビングが趣味で、海女漁にも興味深々の参加者のみなさん、とっても真剣に聞いております!

レクチャー

その後、着替えて浜へ!

そこで気が付いたこと...カメラを持っていると泳げない!

優しい海女さんにフォローしていただきつつ、漁スポットに向かいました。

海女 海女漁体験 志摩 ama Shima

到着すると、海女さんがお手本にダイブ!

海女 海女漁体験 志摩 ama Shima

そして、潜り慣れた参加者の皆さんが次々とダイブ!

私も後を追います!

海女 海女漁体験 志摩 ama Shima

海藻の生えたカキをゲット!

場所を移動してみると...

海女漁体験

ウニをゲット!

ポイントによってよくとれるものが違うようです。

海女漁体験 ウニ 

内海なので海藻は少なめで小さいですが、それでもいろいろな生きものが見られました!

いい写真は撮り逃してしまいましたが、英虞湾はウミウシがたくさんいることがダイビング・シュノーケリングの魅力のようです!この日も、白や青が鮮やかなウミウシが見られました!

普段は見られない、美しいの海の中の世界を楽しんでいると、時間はあっという間に過ぎ、漁は終了。

とれたものを見てみると、サザエがダントツの1位。ほかにも、アワビに似ているトコブシやタコなども捕まりました!

今回の漁でとったものは、すべて海にかえしました。

そしてお待ちかねのランチタイム!

地元の名物「てこね寿司」や、アワビ、サザエ、ヒオウギ貝など、豪勢な食事が並びます!

てこね寿司

豪華な志摩の海の幸で、お腹いっぱいになりました!

そして最後に磯着で記念撮影!

磯着 海女 海女漁体験 ama

参加者の皆さんも、とっても楽しんでくれていました♪

ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました!

★「海女漁体験」は、間崎地区漁業管理委員会と間崎自治会より、特別な許可を得て活動しています。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---* *---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

毎年満員御礼の「海女漁体験」は、先着順に参加者が決まります。

来年の「海女漁体験」や、志摩で行われているその他の自然体験プログラムに関してのお問い合わせはこちら。

志摩自然学校 

0599-72-1733
http://www.shima-sg.com/

ページ先頭へ↑

2017年08月22日標識周りの草刈り

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

雨が降ったりやんだり・・・湿度の高い一日でしたが、今日は環境省が整備した標識の草刈りをしてきました!

 

国立公園の入口付近の道路脇には、国立公園名や地域名を示す"標識"があることがあります。しかし、夏は草の伸びる速度が速く、標識の文字が読めなくなってしまいます。 

01黒姫ふもとの標識びふぉあー 02大谷地前標識ビフォアー

そんなわけで本日は標識周りの草刈りをしました。だいぶスッキリです !!

03黒姫の麓標識あふたー 04大谷地前標識あふたー

これで少しでも多くの方が、「ああここは妙高戸隠連山国立公園なんだな~」と認識していただければ嬉しいです♪

 

草刈りをしていた足下にはツリフネソウやキツリフネなどが咲いていました。

05ツリフネソウ 06キツリフネ

 

ウバユリは花から実になり、もう夏が終わる気配が近づいています・・・。

07ウバユリ(実)

ページ先頭へ↑

2017年08月21日戸隠鏡池どんぐりハウスで打合せ

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

今日は10~11月に実施予定の写真展について、

場所をご提供いただく鏡池の「どんぐりハウス」の支配人と打合せを行ってきました。

01どんぐりハウス下見

 

10月は紅葉の時期で鏡池には多くの方が訪れます。そんな良い時期に開催させていただくので、気合いを入れて展示内容を考えようと思います!

 

と・・・打合せが終わって売店をふと見ると、

「妙高戸隠連山国立公園」の文字が入ったハンドタオルがあるではないですか!

02妙高戸隠ハンドタオル

 

すごい!思わず嬉しくて購入してしまいました♪

 

ちなみに8月いっぱいは「戸隠礼賛」と題して戸隠の野鳥の写真展が行われています。

戸隠の野鳥の生き生きとした姿が見れるとっても素敵な展示です。映像もあるので、ぜひ足を運んでみて下さい。

ページ先頭へ↑

2017年08月18日雨飾の携帯トイレ自動販売機

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

お盆はいかがお過ごしでしたでしょうか?

今日は登山者カウンターの点検に、長野県・新潟県境にある雨飾山へ行ってきました。

 

微妙な天気ではありましたが、雨に濡れた花はまた別の美しさがあります。

オトギリソウやクロクモソウが咲いていました。

01オトギリソウ

 

02クロクモソウ 

 

実は、雨飾山(小谷温泉登山口)には728日にセンセーショナルな出来事がありました。

それは・・・「携帯トイレの自動販売機の設置」です!!!

03自販機設置中

 

雨飾山は紅葉シーズンになると普段の3倍以上の方が訪れます。

しかし、山の上にはトイレがないので、我慢できずに登山道脇で用を足してしまう方がいます。

04ティッシュのお花畑

 

登山者の皆さんが休憩する場所は同じなので、"踏み荒らしによる植生破壊"や"悪臭"の原因になっています。

 

それではいけない!と昨年度は仮設の携帯トイレブースを設置したり、チラシを登山口に置くなど、登山者の方へ啓発を行ってきました。

05雨飾携帯トイレチラシ

 

そして今年、次のステップとして『携帯トイレの自動販売機設置』に至りました。

設置からまだ1ヶ月経っていないですが、すでに4列分(20個ほど)が空になっており、売れた形跡があります!!!

06携帯トイレ売れています!

 

さらにさらに、登山口にある回収ボックスにも5~6個の使用済み携帯トイレが(普段は入っていても1~2個程度)!!!

 

使っていただいているんですね・・・(TT)なんて嬉しい事でしょうか・・・(TT

こうやって、少しずつでも山の環境維持に協力いただける方が増えていくと、本当に本当に嬉しいものです(TT

さらに次のステップとして携帯トイレブースの設置も計画中です...!!

登山口でトイレを済ませ、下山までしなくてよいことが望ましいです。

が!万が一のときのために「リュックに1つ携帯トイレ」で安心登山を!!

 

●雨飾山の登山ルートはヤマケイオンラインでも紹介しています♪

ページ先頭へ↑

2017年08月17日大日岳巡視

中部山岳国立公園 中山博人

こんにちは、立山自然保護官事務所の中山です。

お盆休みはいかがお過ごしでしたか?

さて、815()に称名平から大日小屋(大日岳山頂まで20分程度の山小屋)までの巡視を行いました。

登山口は、レストハウス称名から称名滝へ向かう途中にあります。

大日平までは急な坂、鎖場、梯子等がありますが、慎重に足を運びました。

【大日岳登山口】815日撮影

大日岳登山口

【登山道の様子①】815日撮影

岩場に鎖がかかっている場所は急で滑りやすいので、足元を確認しながら歩いてください。

登山道の様子①

木道が見えてくると、まもなく大日平です。

2012年に弥陀ヶ原とともにラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)に登録された湿原です。

広々とした湿原の風景と湿原地帯に生育するチングルマやワタスゲ等の植物に癒やされました。

【大日平】815日撮影

この景色を眺めながらゆっくりするのもおすすめです。

大日平

大日平より大日小屋に向かう途中も急な坂が続き、沢を渡る箇所が数箇所あります。

増水時には十分ご注意ください。

【登山道の様子②】815日撮影

写真ではわかりにくいですが、沢沿いを登っています。

登山道の様子②

今回はこのコースを日帰りで歩きましたが、標高差がありコースタイムで9時間以上(登山口~大日小屋往復、山と高原地図参照)かかります。

展望が良いコースですので、ぜひ宿泊されて景色を楽しまれることをおすすめします。

大日小屋から奥大日岳へ向かい、室堂へと縦走することも可能です。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ