ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年8月

10件の記事があります。

2021年08月31日そろそろ干潟は、秋模様

国指定藤前干潟鳥獣保護区 西部理恵

皆さん、こんにちは。

アクティブ・レンジャーの西部です。

ここのところ、雨が続いたり、猛暑日だったりと、体が気温の変化に追いついていかない日々が続きますね。

新型コロナウィルスの感染状況も終わりが見えない中ですが、干潟を見ていると、季節は確実に進んでいるんだなぁと感じます。

そう、タイトルにも書きましたが、干潟はそろそろ秋模様。

シギ・チドリ類の渡りシーズンが既に始まっています。

今年の秋の藤前干潟は、どんな様子でしょうか。

年変動が大きいシギ・チドリ類の渡り。

楽しみでもあり、ちょっぴり心配でもあり。

2021年8月23日 ダイゼン(夏羽)

<8月23日 夏羽のダイゼン。右側の個体は、ゴカイを引っ張り出したところ>

さて、まだ干潟には秋の気配が漂いはじめたばかりなのですが、

もう冬のカモたちをターゲットにして、子ども達とワークショップを実施しました。

ちょっと気が早いかな?とも思いましたが、既にマガモなどの数も増えてきているので大丈夫でしょう。

カモ類は、野鳥にあまり親しんでいない方でも、公園などで目にしたことがある身近な野鳥。

今回は、飛島村児童館で、定員15名・児童館に通っている児童向けの講座です。

テーマは、カモ、ですが、カモを始めとした身近な野鳥に興味を持ってもらえるよう、楽しく学べる工夫をしました。

藤前干潟やカモのお話のあと、羽の絵を描いたり、実際に羽を飛ばしてみたり、濡らしてみたり、お話だけでなく、実験も織り交ぜたワークショップです。

最後に、藤前干潟ふれあい事業実行委員会で作成している、カモのペーパーキャップを制作し、じっくり鳥と向き合う1時間半となりました。

2021年8月18日 カモや藤前干潟のおはなし

<岸ARによる、藤前干潟やカモのおはなし>

2021年8月18日 出前講座の様子 羽飛ばし実験

<3種類の羽、飛び方に違いはある?>

2021年8月18日 羽ぬらし実験

<羽をぬらすとどうなる?>

2021年8月18日 カモのペーパーキャップ

<カモのペーパーキャップ制作、オリジナルのカモを作る子もいました!>

この日の詳しい内容は、報告書として公開しています!

下記のページからご覧ください。

中部地方環境事務所 出前講座のページ(飛島村児童館をチェックしてね。)

●藤前干潟のイベント、お知らせ

<国指定藤前干潟鳥獣保護区のFACEBOOKページ>

国指定藤前干潟鳥獣保護区のFACEBOOKページを開設しました!

少し前から、いろいろと試験的に記事を投稿したりしてきましたが、だんだんと本格的に記事を投稿していきます。

FACEBOOKでは、写真だけでなく動画も掲載できるようなので、どんどんコンテンツを充実させていきたいと思っています。

ぜひ皆さま、こちらもフォローしてください!

https://www.facebook.com/fujimaehigata2002

<稲永ビジターセンター、藤前活動センターの開館状況>

開館時間:9時~16

休館日 :毎週月曜日、毎月第三水曜日、年末年始

稲永ビジターセンター:052-389-5821

藤前活動センター:052-309-7260

※一部屋の利用は、20名以下に制限されています。施設利用を検討されている団体の方は、一度、施設にお電話でご確認ください。

<庄内川左岸側護岸工事のお知らせ>

藤前干潟の庄内川周辺にお越しの方に、お知らせです。

庄内川左岸側の護岸工事により、残念ながら堤防下の小段は歩いたりすることが出来ません。

堤防上は歩くことが出来ますので、庄内川左岸側の干潟を観察される際には、堤防上からご覧ください。

詳細は、稲永ビジターセンターにお立ち寄りいただき、スタッフに聞いて頂けると良いと思います。

今見られる生き物ののことや、藤前干潟のことも教えてもらえますよ。

また、稲永ビジターセンターの隣には名古屋市野鳥観察館がありますので、こちらでもいろいろと聞いていただくと、藤前干潟にやって来る鳥たちのことなどがもっと分かると思います。

ページ先頭へ↑

2021年08月30日池の平湿原の巡視

上信越高原国立公園 飯島久美子

8月26日に池の平湿原に巡視に行きました。

池の平湿原は、長野県東御市に位置する標高約2,000mの高層湿原で、数万年前の三方ヶ峰火山の火口が湿原になっています。巡視当日は、外輪山が一部崩れ落ちた放開口から湿原に霧が入り込み始めていました。

↑ 池の平湿原の全体写真(写真右上の赤丸の場所が開放口です。)

湿原の中は木道が整備されており、様々な高山植物を間近で観察することができます。

↑ 池の平湿原の木道

湿原では夏から秋にかけて咲く多くの高山植物や、高山蝶を観察できましたので、

一部をご紹介します!

↑ マツムシソウと高山蝶のベニヒカゲ

↑ イワインチン

↑ エゾリンドウ

↑ ヤマハハコ

まさに見頃で、歩道沿いで多く見つけることができました。

↑ ノハラアザミ

ノハラアザミにはどの花にもセセリチョウ等、たくさんの虫が集まっていました。

全てご紹介しきれませんでしたが、他にもたくさんの種類の花が咲き乱れています。

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いや3つの密を避けるといった「新しい生活様式」の実践をお願いします。その一方で、熱中症にもご注意ください。

厚生労働省「「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました」

<https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html>

ページ先頭へ↑

2021年08月27日ご自宅のお庭に生えてませんか!?

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 土屋達郎

8月に入ると戸隠地域ではよく道端で写真のような背の高い黄色い花を見かけるようになりました。

それは特定外来生物「ヤエザキハンゴンソウ」です。

特定外来生物とは非常に繁殖力が強く日本の在来種を駆逐したり生態系を破壊してしまうため、「外来生物法」により厳しく規制されています。

ヤエザキハンゴンソウはキク科の多年生草本で50㎝~3mくらいと背が高く、先端に黄色いボンボリのような丸い花が付きます。同じく特定外来生物である「オオハンゴンソウ」の八重咲種です。

●ヤエザキハンゴンソウ(特定外来生物)

<花>

<葉>

●オオハンゴンソウ(特定外来生物)

<花>

<葉>

戸隠ではお盆の時期にハンゴンソウ(反魂草)をお供えする風習があるそうです。それで背の高さや葉の形が似ていて、また結構綺麗なのでヤエザキハンゴンソウをわざわざ残して草刈りをしてしまっているご家庭も多いようなのです。しかしハンゴンソウは日本にもともとある在来種で、オオハンゴンソウやヤエザキハンゴンソウとは別の種です。

●ハンゴンソウ(在来種)

<こちらは在来種なので抜かなくても大丈夫>

そこで先日、戸隠地区の住民協議会の区長会に於いて区長の皆様方にご説明し、戸隠全戸に駆除のお願いの回覧板を回していただきました。

今回の回覧は戸隠地域だけですが、それ以外の地域の皆様ももしオオハンゴンソウやヤエザキハンゴンソウなどの特定外来生物を見かけたらぜひ駆除にご協力をお願いいたします。

皆さん力を合わせて美しい日本の自然を守っていきましょう!

●オオキンケイギク(特定外来生物)

<こちらも見かけたら駆除を!>

●駆除方法

ご自宅の庭などから始めることができます。

時期:種子が出来る9月より前

■やり方

スコップなどを使い、出来るだけ根を残さないよう

根から全体を抜きとり、根絶を目指しましょう。

■処理方法

種子と根が飛散しないように、ゴミ袋などに入れて密封し、

枯れたり腐ったりしてから、焼却処分してください。

(ゴミは、自治体の処理方法に従って処分してください。)

■駆除をするときに気をつけること

種子や根を落とさない

抜いた後も根や種子が土中に残っているので翌年も生えてきます。

毎年根気よく駆除を続けることが大切です。

ページ先頭へ↑

2021年08月26日立山代替歩道

中部山岳国立公園 立山 平松新一

こんにちは。中部山岳国立公園立山管理官事務所の平松です。

 8月11日に代替歩道の状態確認と整備に行ってきたので、今回はそのときの様子をお話しします。

代替歩道は、正式には地獄谷代替歩道と言い、下図のように室堂から雷鳥沢に通じています。この道は、現在ある室堂から雷鳥沢への登山道が地獄谷からのガス濃度の増加によって通行できなくなったときの代わりのルートとして、環境省が2015年に整備しました。名称は代替歩道ですが、道は整備されているので利用可能です。ただし、ルート上に雪が残っていることも多く、今年は8月上旬から利用できるようになりました。

<室堂周辺と代替歩道>

 ルートの大部分は道がわかりやすく歩きやすいのですが、一部区間は道がウラジロタデに覆われて分かりにくくなっていたため、これらを刈り込みました。また、溝を渡る場所には鋼板を設置しました。

 <大部分は見晴らしの良い道>              <ウラジロタデに覆われた道の一部>

<ウラジロタデの刈り込み>              <溝を渡る場所に鋼板を設置>

 このルートを歩いていて面白いと思ったのは、他の場所ではすでに咲き終わっているチングルマやシナノキンバイなどが、ここではまだ咲いていたことです。雪解け後に芽吹いた植物たちが他の場所よりも遅くに花を咲かせたのでしょう。そんな植物を見ながらの山歩きも楽しいですよ。

<チングルマ(左)やシナノキンバイ(右)など、早くに咲く花がまだ咲いていました>

<タカネヤハズハハコ>                  <ヨツバシオガマ>

 眺めの良さや高山植物など見所のある代替歩道ですが、登山道ですのでスニーカーやサンダルで歩くのは滑りやすく危険です。十分な登山装備で歩いてくださいね。

<室堂側からの代替歩道入口>

******************

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2021年08月19日黒部峡谷「欅平」とそこへ続く道

中部山岳国立公園 一ノ枝亮輔

こんにちは。中部山岳国立公園立山管理官事務所の一ノ枝です。

先日、黒部峡谷の欅平へ巡視に行ってきました。

宇奈月駅からトロッコ列車に揺られ黒部峡谷の絶景を楽しみながら、1時間20分で終点の欅平駅に到着です。

<今年は黒部峡谷鉄道開業50周年。今年限定のヘッドマークが付いています。>

<宇奈月駅を出発してすぐの新山彦橋から>

夏は、窓無しの普通客車は風が通り抜け心地よいです。盆を過ぎて平地でも秋の気配が感じられる時期になるとトロッコ内は寒いくらいですので、風よけとなる上着を準備されることをおすすめします。

欅平駅を出てすぐ前の広場に建っているのが欅平ビジターセンターです。

ここで、周辺の観光情報、登山情報、自然情報などを収集することができますので、まずは一度立ち寄りたい場所です。

駅のすぐ下を流れる川が黒部川です。階段を下りきると河原展望台です。足湯もあります。

<足湯9:00~15:00 ※協力金箱を設置しています。ご協力をお願い致します。>

河原へ行けるかは、その日の川の水量によって開閉を決めています。また、猿飛峡へは落石の危険があるため昨年に引き続き今年も行くことができません。

欅平駅からビジターセンター横に上に登る道があります。そこは、パノラマ展望台へと向かう登山道になっています。急峻な道を1時間程登っていきますので、観光客の方は相応体力に自信がある方向けです。

<パノラマ展望台。この日は雲が多くあまり眺望はないが心地よい風が吹いていた>

欅平から約1時間の祖母谷温泉まで向かいました。

<奥鐘橋からの黒部川>

<名剣温泉先から遠くに見えるのが唐松岳方面>

 

<トンネルを歩いていくと異空間へ誘われている感覚に>

祖母谷温泉到着です。

<左の建物が祖母谷温泉。下に流れるのが祖母谷川>

<祖母谷地獄。祖母谷、名剣、猿飛山荘、足湯の源泉はここから引っぱっている>

祖母谷温泉小屋のご主人にお話をお伺いしました。

祖母谷から先は白馬岳と唐松岳へ向かう主要な登山道が2つあり、毎年、草刈りや補修を山小屋関係の皆さんが担っていますが、高齢化など年々厳しくなってきているという状況とのことでした。祖母谷温泉の標高が770m、白馬岳(2932m)、唐松岳(2695m)ですから、高低差を見てもかなりの健脚向けのコースであることは間違いないですが、主要な後立山連峰へと続く道を絶やしてはならないとお話を伺い感じました。

******************

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします

ページ先頭へ↑

2021年08月12日謎を解きながら歩こう!横山展望台へ登る道

黒川慶伊

こんにちは! アクティブ・レンジャーの黒川です。

ここのところ全国的に雨が続き、思わぬ涼しさが漂うお盆でしたね。

今回の豪雨で被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、これ以上被害が拡大しないことを願うばかりです。

さて、今年のお盆もたくさんの方に横山展望台を訪れていただきました。

多くの皆さんが目指すのは「横山天空カフェテラス」や、それより上の展望台。

展望台駐車場は、横山ビジターセンターから車で3分ほど坂道を登った先にあります。

ですが、実は横山ビジターセンターから歩いても展望台へ行けることをご存じでしたでしょうか?

横山ビジターセンターから展望台駐車場へは、舗装された遊歩道が整備されています。

道の両脇には伊勢志摩国立公園でよく見られる木々が生育しており、木陰の中、植物を観察しながらゆっくり展望台を目指すのもなかなかおすすめです。

また道の脇にはアクティブレンジャーが作った自然にまつわるクイズを計3カ所設置してあり、季節に合わせて内容を変更しています。

現在は夏のクイズの掲示期間! ご家族や仲間とぜひ答えを考えながら展望台を目指してくださいね。

それでは内容をチラ見せ!

答えが気になる方は、是非横山に答え合わせに来てください!

時にはベンチで一休み。。。

登り切った先には、こんな景色が待ってますよ!

ページ先頭へ↑

2021年08月06日苗場山(長野県側)で歩道改修工事を行っています

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

苗場(なえば)山の長野県側、栄村小赤沢と苗場山山頂をつなぐ登山道で、歩道改修工事を行っています。

工事区間は苗場山山頂部で、苗場山神社・赤倉山分岐付近です。

歩道改修区間の位置

<今年度の歩道改修区間の位置(赤色の丸で囲んだ区間)。色のついた線はこれまでに改修した区間。地理院タイルに歩道改修区間などを書き加えて作成した。>

工事内容は木道の改修です。通行する際は現地の案内に従ってください。

木道の状態

<工事区間の木道では経年劣化や積雪による破損などがみられます。これらの木道を改修します。8月4日撮影。>

8月4日は、これまでに改修した区間の木道などが安全に利用できる状態か確認しました。

確認の結果、経年劣化による程度の浅い不具合がいくつか見られたものの、利用に支障のあるものはみられませんでした。

<GISで帳票を作成して野帳としました。現地で気づいたことなどをメモし、帰所してからデータを更新します。>

さて、苗場山の山頂部にはとてもたくさんのトンボがいました。下の写真では50個体くらいが木道にとまっています。そして、写真を撮影している私の周りにも多くのトンボが飛んでいました。

木道にとまるトンボ

<近づいてトンボが飛び立つのを避けるため、ズームで撮影したので、画質が粗いです。>

山頂部で目立った花はキンコウカとワタスゲでした。

ワタスゲとキンコウカ

また、果実をつけたコバイケイソウが多くあったので、苗場山でも今年はコバイケイソウの花の当たり年だったのだろうと感じました。

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いや3つの密を避けるといった「新しい生活様式」の実践をお願いします。その一方で、熱中症にもご注意ください。

厚生労働省「「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました」

<https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html>

ページ先頭へ↑

2021年08月06日白山では今年も継続中。外来植物対策!

白山国立公園 大石佳織

皆さん、こんにちは。

白山自然保護官事務所の大石です。

白山では山小屋(白山室堂と南竜山荘)の宿泊室が仕切り壁とカーテンで半個室状態となったり、日帰り登山者が増えたり、登山口などで検温が実施されたり・・・新型コロナウィルスの影響で、白山を取り巻く状況はこれまでと大きく変わりました。

現在も一部の施設が利用中止などの対応を余儀なくされています。

しかし、変わらないものもあります。

その一つは外来植物対策です。

外来植物は侵入すると、白山にもともと生えている植物(在来種、在来植物)の生育場所を奪ってしまったり、交配して雑種を作ったりします。

(低地のオオバコと雑種ができてしまう高山植物のハクサンオオバコ)

外来植物が増えて在来植物の生活場所を奪ってしまえば、美しい高山植物のお花畑がなくなり、街中でも見られるような外来植物の草原になってしまうかもしれません。

また、雑種ができてそれが広がると、高山植物の純粋な種が永遠に失われてしまうかもしれません。

(白山のお花畑。この光景は守りたい。)

白山国立公園では、実際に外来植物だらけになってしまった場所や、雑種ができてしまった事例があります。

そこで、新たな侵入を防ぐために、今年も多くの登山口に種子除去マットやブラシを設置して、皆さんの靴から種が侵入するのを防ごうとしています。

(左:種子除去マット 右:種子除去ブラシ)

使い方は簡単。

マットやブラシで靴底などに付いた泥を落とせばOK!

こうすれば、泥と一緒に外来植物の種が落ちて、あなたも白山の自然を守るための行動を1つ取ったことになります。

  • ■ 知ってたらちょっと"通な人"かも

    ところで、種子除去マットやブラシがあるのは登山口だけではないということをご存知ですか?

    登山口から離れた山の上にある小屋周辺などでマットやブラシを見かけて、不思議に思いながら靴をぬぐった方がいるかもしれません。

    なぜこんなところに種子除去マットなどがあるのでしょうか。

    答えは、人が集う場所では外来植物が増えやすいからです。

    では、なぜ山の上で増えるのでしょうか。

    それは、外来植物の種を人が運んでいるからです。

    「登山口でマットを利用したのに、なぜ???」

    と思う方もいるかもしれませんが、あなたのザックやおしりに外来植物の種が潜んでいるかもしれません。

    さあ、自宅を出発してから登山を開始するまでの間を振り返ってみましょう。

    皆さんの中には、登山口などで一度はザックを地面に下ろしたり、地面に腰を下ろしたりする人もいるでしょう。そう、種たちはその瞬間を逃しません。いくつかの種がザックやおしりにくっつきます。

    白山の山の上以外でテントを張れば、テントなどの道具にも種がくっつきます。

    ザックやおしりに種がくっついたことを知らない私たちは、登山口の種子除去マットで登山靴をぬぐって、対策もばっちり!と意気揚々と登山を開始します。

    そして、広場や避難小屋など、休憩に適した場所にたどり着くとザックを下ろして、一休みしたり食事をしたり、思い思いに過ごします。テント場につけば、もちろんテントを広げるでしょう。


    (人が集い、休む場所の一つ、山頂。)

    このとき、ザックやおしり、テントなどにくっついた種が落ちれば、外来植物侵入の第一歩です。

    このため休憩する人が多い避難小屋や山頂、広場では外来植物が生育していることがよくあります。そして、たくましく生長して花をつけ、種を実らせ、地面に落とします。その種を私たちは靴にくっつけて、さらに外来植物を広げる手助けをしてしまいます...。

    このため、山の上にも種子除去マットやブラシを設置しています。
    登山道に外来植物が育ってしまっていることもあるので、休憩場所を利用していないという方も、ぜひ利用してくださいね。


    (南竜ヶ馬場の種子除去マット)

    そして、特に利用してほしいのは、南竜ヶ馬場の南竜山荘や野営場(テント場)のあるエリアに設置されているマットです。
    山小屋周辺やテント場は特に外来植物が多いので、このエリアから「出る時」には、種子除去マットの利用をお忘れなく!

    高山植物が咲き乱れる白山の美しい光景が、いつまでも変わらず残されるように、これからもご協力をお願いします。

    <感染拡大防止対策への協力のお願い>

    園地や登山道はご利用いただけますが、以下の感染拡大防止対策へのご協力をお願いします。

     ・発熱や咳等の風邪症状の見られる方は利用をお控えください。

     ・人と人との十分な間隔(できるだけ2mを目安に)をおとりください。

     ・マスク、消毒液の持参及び使用をお願いします。

     ・感染予防のため、手洗いの徹底をお願いします。

     ・この他、感染拡大につながる行動の自粛をお願いします。


    ※新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、野営場などで休園等の対応をとっているところがありますので、ご注意ください。

ページ先頭へ↑

2021年08月03日五色ヶ原巡視

中部山岳国立公園 立山 平松新一

こんにちは。中部山岳国立公園立山管理官事務所の平松です。

 7月20日、21日に、五色ヶ原の巡視に行ってきました。今回はこの巡視についてお話しします。

五色ヶ原は立山から薬師岳に続く立山連峰の途中にある台地状の草原で、池塘やその周りに多くの高山植物が生育しています。この周辺には環境省が整備している登山道があり、その現状を把握することも巡視目的の一つでした。

<富山大立山観測所付近から、中央のなだらかな場所が五色ヶ原>

 五色ヶ原までは、室堂から約5時間の道のりです。五色ヶ原までの道は十分通行できますが、一部の木道が滑りやすくなっているので、そのような場所は気をつけて歩くことが必要です。道中ではたくさんの高山植物が見られました。

  

      <ミヤマリンドウ>                   <シナノキンバイ>

      <タカネツメクサ>                   <ハクサンイチゲ>

       

       <チングルマ>                   <ハクサンシャクナゲ>

     <トウヤクリンドウ>                 <ミヤマダイコンソウ>

 鬼岳や獅子岳、ザラ峠を越えて五色ヶ原に向かいます。鬼岳の東面は遅くまで雪が残る場所ですが、五色ヶ原山荘のご主人が週に2日程度、残雪を切って道をつけておられるとのことでした。

  

           

  <雪の残る鬼岳東面>                   <獅子岳山頂>

  <獅子岳から望む雄山>                 <ザラ峠>   

 五色ヶ原山荘は、まるで大草原の小さな家を思わせるような立地にあります。山荘から10分ほど下った場所にはキャンプ場もありますが、まだ雪が残っている場所もありました。五色ヶ原周辺の木道の状況は比較的良好でした。

<五色ヶ原山荘>

     <五色ヶ原キャンプ場>                  <五色ヶ原の木道>

 五色ヶ原には湿地を好むハクサンコザクラやハクサンオオバコなどの植物が生育しています。

     <ハクサンコザクラ>                  <ハクサンオオバコ>

      <コバイケイソウ>                  <アオノツガザクラ>

 五色ヶ原山荘に着き、山荘のご主人にお話を伺ったところ、コロナ禍で山荘の経営はこれまでになく厳しいとのことでした。また、残雪を切って道を作るほかにも、登山道の草刈りをしたり、道迷いしないように石にペンキを塗ったりするなど、山荘の仕事以外にもたくさんのことをやっておられるとのことでした。そのおかげで、私たちが安全に、楽しく登山できるのだということを忘れてはならないと思いました。

 その一方で、これらの仕事も年齢とともにきつくなってきたこともお話しされていました。山荘の方々の日々の努力に感謝するとともに、これらの負担を今後少しでも軽減できるよう、私たちも含めみんなで考えていかねばならないと強く思いました。

******************

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

ページ先頭へ↑

2021年08月02日【お知らせ】白山国立公園 中宮温泉ビジターセンターの利用中止について

白山国立公園 大石佳織

皆さま、こんにちは。

白山自然保護官事務所の大石です。


本日は白山国立公園の施設の利用中止について、お知らせです。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため石川県有施設が休館等を行っていることを踏まえ、中宮温泉ビジターセンター(中宮展示館)について、令和3年7月31日から当面の間、利用を中止させていただいています。
なお、市ノ瀬ビジターセンターは登山等の安全管理のため開館を継続しています。


詳細や最新の情報は中部地方環境事務所のホームページでお知らせしますので、下記のページでご確認いただければ幸いです。

 中部地方環境事務所 URL:http://chubu.env.go.jp/index.html


<連絡・問い合わせ先>

 中部地方環境事務所 白山自然保護官事務所

 電話番号:076-259-2902

利用者の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

  • ■ その他施設について

中宮温泉ビジターセンターの他にも、石川県の施設では利用中止等の対応を取っている施設がありますので、ご注意ください。

<野営場>

南竜ヶ馬場野営場、市ノ瀬野営場、中宮野営場は利用を中止しています。

詳細は石川県白山自然保護センターへお問い合わせください。

・石川県白山自然保護センター 

 電話:076-255-5321



<山小屋>

白山室堂、白山雷鳥荘、南竜山荘は利用や予約に制限があります。

詳細は各山小屋へお問い合わせください。

・白山室堂/白山雷鳥荘(白山ベストガイド 白山観光協会、外部リンク)

 URL: http://www.kagahakusan.jp/index.html

・南竜山荘(PLAYはくさん 白山市地域振興公社、外部リンク)

 URL: https://city-hakusan.com/

<感染拡大防止対策への協力のお願い>

園地や登山道はご利用いただけますが、以下の感染拡大防止対策へのご協力をお願いします。

 ・発熱や咳等の風邪症状の見られる方は利用をお控えください。

 ・人と人との十分な間隔(できるだけ2mを目安に)をおとりください。

 ・マスク、消毒液の持参及び使用をお願いします。

 ・感染予防のため、手洗いの徹底をお願いします。

 ・この他、感染拡大につながる行動の自粛をお願いします。


ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ