ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年1月

3件の記事があります。

2020年01月31日白山国立公園パークボランティア写真展 ♪開催♪

白山国立公園 大石佳織

みなさん、こんにちは。
白山自然保護官事務所がある石川県白山市白峰は、日本の中でも特に雪が多く「特別豪雪地帯」に指定されているほど本来は雪の多い地域です。今シーズンは記録的暖冬ということですが、白峰もほとんど雪がありません。

(左:1月31日の事務所前の様子、右:2017年12月15日の様子)
今朝は久しぶりに少し積もりましたが、2017年12月と比べるとかなり少ないことがわかります(屋根や右端の電信柱の埋もれ具合に注目!)。
あまりの雪の少なさにスキー場は営業できず、地域の方も白山の自然を心配しています。雪は生活の上では大変に感じることもありますが、もう少し積もってほしいものです。

こんな状況ですが、今年も白山国立公園パークボランティア写真展を開催します。今年はまず、下記4箇所を巡回展示していきます!

【 福井県自然保護センター会場 】(←ただいま開催中!)
  1月 26日(日) ~ 2月5日(水)
  ★冬はシジュウカラやエナガなど野鳥観察ができる「野鳥のレストラン」がオープンしています。

【 木場潟公園中央園地メダカハウス会場 】
  2月 7日(金) ~ 2月 18 日(火)
  ★木場潟という水辺の公園で、木場潟公園からの白山の景色は最高です♪
   お散歩やランニングで利用される方も多い、癒やしスポットです。

【 松任学習センター プララ会場 】
  2月 20日(木) ~ 3月2日(月)
  ★松任駅からすぐの好立地です!図書館やコンサートホールがある文化施設です。

【 石川県庁19階展望ロビー会場 】
  3月 4日(水) ~ 3月12日(木)
  ★石川県で最も高い建物の最上階での開催です。ここも白山の眺望が抜群!
   隠れた観光名所です!

会場の場所など詳細は下記のチラシをご覧くださいませ。
白山国立公園パークボランティア写真展2020のチラシ
(画像をクリックすると大きな画面で見られます)
今年も魅力的な会場をお借りして巡回展示します。また、不定期ですが、パークボランティアのメンバーが会場で解説をすることもあるので、皆さま是非、遊びに来てください。
なお、4月以降の予定については、詳細が決まったら改めてご紹介します!

ページ先頭へ↑

2020年01月16日志賀高原のスキー場はすべてオープンしています

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

雪不足のスキー場はニュースになりますが、営業しているスキー場は残念ながらニュースになりません。なので、「志賀高原のスキー場はすべてオープンしている」ことをあえてお伝えします。

志賀高原には18のスキー場があり、すべてのスキー場がオープンしています。しかも、全面滑走可のスキー場がほとんどです。ぜひ、お出かけください。18のスキー場は国立公園内にあり、スキーとともに良好な景観も楽しむことができます。

このほか、志賀高原自然保護官事務所の担当区域内のスキー場は、野沢温泉村に1つと高山村の山田牧場に1つあり、どちらもオープンしています。

しかし、須坂市の峰の原高原(みねのはらこうげん)のスキー場は残念ながら今シーズンは営業中止です。理由は、10月の台風19号による被災箇所の復旧がオープンまでに間に合わないと判断したため、とのことです。

横手山スキー場からの眺め

<志賀高原の横手山にあるスキー場からの眺め。2011年2月撮影。>

<奥の中央は妙高戸隠連山国立公園の山々。奥の左は中部山岳国立公園(北アルプス)の山並み。>

志賀高原のスキー場の積雪量は、1月16日午前の時点で50cmから100cmと多くないですが、少しずつでもパウダースノーが積もっており、雪質は良い状態です。

ゲレンデ情報は、志賀高原索道協会<https://www.shigakogen-ski.com/>のページなどを参考にどうぞ。(クリックすると新しいウインドウが開きます。)

志賀高原自然保護官事務所から東館山と西館山ののスキー場を望む

<志賀高原自然保護官事務所から見えるスキー場も滑走可です。左が西館山(にしだてやま)のスキー場、右が東館山(ひがしたてやま)のスキー場。右手前の宿泊施設に泊まっている学生の団体がスキー場に向かう姿も見られます。>

サンバレー地区にあるスキー場を滑走する利用者

<志賀高原サンバレー地区にあるスキー場を滑走する学生の団体など。1月15日撮影。>

そして、スキーの後には天然温泉もお楽しみください。

○志賀高原には、「発哺(ほっぽ)温泉」、「熊の湯温泉」、「木戸池温泉」、「熊の湯ほたる温泉」、「志賀山温泉」、「高天ヶ原温泉」、「幕岩温泉」、「丸池・蓮池温泉」と個性豊かな温泉があります。

○山田牧場のスキー場にも、国立公園内に「奥山田温泉」、「七味温泉」、「五色温泉」、「松川渓谷温泉」、「山田温泉」といった温泉があります。

○野沢温泉村のスキー場にも、村名のとおり温泉があります(国立公園外)。

<志賀高原へのお出かけの際の注意喚起>

■運転に注意

志賀高原までの道路は除雪されていますが、凍結や圧雪で路面が滑りやすくなっています。

■スタッドレスタイヤとチェーン

四輪ともスタッドレスタイヤの装着は必須です。また、前輪駆動車は麓でのチェーン装着をお勧めします。

■ディーゼル車の給油

ディーゼル車は麓のガソリンスタンドでの寒冷地用の軽油の給油をお勧めします。志賀高原は気温が低いので、長時間駐車すると、寒冷地用ではない軽油では、エンジンがかかりにくくなる恐れがあります。

<参考>

●雪道の運転が不安な場合は麓から志賀高原まで路線バスなどをご利用ください。麓の上林(かんばやし)に駐車し、志賀高原行きの路線バスに乗る「パーク&ライド」が利用できます。上林はスノーモンキーが見られる地獄谷野猿公苑の入口となる場所です。

●志賀高原の道路状況は、北信建設事務所のライブカメラ<http://hokushin-camera.org/>などを参考にどうぞ。(クリックすると新しいウインドウが開きます。)

ページ先頭へ↑

2020年01月14日今年も盛況、レッツ!パウダースノーシュー

上信越高原国立公園 万座 小林 直樹

1/12(日)に万座しぜん情報館の冬の恒例イベント「レッツ!パウダースノーシュー」に

サポートスタッフとして参加しました。

本年最初のイベントでしたが、今回も盛況でお子さんも含めて12名の参加がありました。

まずは皆スノーシューを装着して準備完了。

そして万座しぜん情報館の館長さんからオープニングの挨拶、

講師やサポートスタッフの紹介、注意事項の説明があります。

【オープニングの様子】

そしてスノーシューハイクのスタートです。

コースは例年通り、牛池周辺の「かたらいの森」を歩きます。

今年は暖冬でどこのスキー場も雪不足に悩んでいますが、

ここ万座も例外でなく、積雪量は例年の半分以下のようです。

牛池周辺でも笹や木道が雪の上に出ている場所が多く見られます。

【笹や木道があらわになったスノーシューハイキングのコース】

 

参加者の皆さんは講師の解説に耳を傾けながら、例年とは異なる万座の冬景色や

動物の足跡を見ながら、森の中の散歩を楽しんでいました。

また、途中で一休みしてのティータイムでは暖かいココアとお菓子を堪能しました。

【講師の解説に耳を傾ける参加者】      【ティータイムを楽しむ参加者】

 

体が暖まってからまた歩き始めます。

そしてコース中最大の巨木の前で記念撮影です。

【記念撮影】

最後は急坂の登りで皆さん四苦八苦しましたが、無事に終点にたどり着きました。

【終盤の急坂に挑む準備】

約2時間半のハイキングを終え、参加者の皆さんには

とても楽しかったと言っていただきました。

「レッツ!パウダースノーシュー」は、2/9(日) と 3/15(日) にも開催されます。

その頃には雪が増えてまた違った景色が見られるかもしれませんね。

万座や草津方面にお越しの際は温泉とセットで是非ご参加ください!

※万座しぜん情報館HP:http://www.manzanc.jp/event

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ