ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年3月

15件の記事があります。

2018年03月30日横山で英語ガイド、企画中です!

伊勢志摩国立公園 麻生里衣

久しぶりの投稿です。

この1年間、英語研修やワークショップ、下見などを行い、暖め続けてきた英語ガイドですが、

少しずつ形になってきました(*^^*)

横山を訪れる外国人観光客の方々に、もっと伊勢志摩のことを知ってもらいたい!という思いから、伊勢志摩パークボランティアの中でも英語に興味を持ってくださったボランティアさんと構想を練ってまいりました。

横山はまだ英語圏のお客さんが多くないため、日本語でも対応できるように併記で資料を作成しております。

3月も中旬に入り、横山でも早咲きの桜が咲いてきました!

桜を目当てに来る外国人には、花見のお話もする予定です。

こちらの画像は横山創造の森の桜園に多い、ヨウコウザクラ。

全国より少し遅いような気がしますが、2月頃から横山でもヤブツバキが咲き始め、まだ山中では花が残っています。横山から眺める英虞湾のリアス海岸や、真珠養殖やミキモトの創始者:御木本幸吉氏にまつわるエピソードなども紹介予定です。

ガイドの下見をしていると、ヤブツバキにメジロがー!

ヤブツバキとメジロ

ちょっとぼけてますが、資料作りにちょうど欲しかった絵が撮れました♪

私というとは、外国から伊勢志摩を訪れる人々に里山の自然の大切さを知っていただきたいという思いから、「ウバメガシ」を紹介したいと思っています。このウバメガシは、海岸沿いの岩場などに自生するカシの一種で、紀伊半島ではとても良く見られます。横山の尾根にも多いこの木は、昔から「備長炭」の原料として重宝されてきました。

前回のレンジャー日記にも書きましたが、この地域では伊勢神宮に奉納する神饌(神様にお供えする食事)にもなっている鰹節を燻す薪としても使われてきました。里山では、木を切り、山を管理することで、そこに生息する動植物の多様性を守ることが出来るという、外国ではまだ一般的でない日本の里山における自然保護の在り方を説明できるように、試行錯誤中です。

お客さんがどんな反応をみながら、少しずつ良くしていければと思っています。

まずは実行ということで、今月20日は雨天のため中止になりましたが、来月10日に再度決行予定です!

ページ先頭へ↑

2018年03月28日ギャラリープラザ長野で写真展

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 梅田実生子

3月27日(火)はギャラリープラザ長野で写真展の設営を行ってきました。

 

01せっつえい中~

 

今回は上高地RO(※1)の佐藤AR(※2)にもお手伝いいただいて、

"日本の屋根『中部山岳国立公園』特集"を展開!

 

02今回は中部山岳NPがテーマ

 

今回は国立公園の写真だけでなく、ニホンザルやニホンジカなどの

野生鳥獣害の展示も行っています。

 

03サルとニホンジカ

 

ぜひお近くにお越しの際は、お立ち寄りください!

◆◆詳細◆◆

 期間 3/28(水)~4/10(火)

 時間 10:00~16:00(土日祝日閉館)

 場所 ギャラリープラザ長野

(※1)RO...Ranger Office、自然保護官事務所・管理官事務所

(※2)AR...Active Ranger、自然保護官補佐

ページ先頭へ↑

2018年03月28日藤前干潟に感謝!

国指定藤前干潟鳥獣保護区 吉塚藍

あちらこちらで桜が開花!春を迎えた藤前干潟からこんにちは。

アクティブ・レンジャーの吉塚です。

(藤前干潟に時々現れるスナメリに先月2月出会うことができました!手前の1頭がちょうど水を吹いてます。)

突然ですが私、吉塚はこの3月で藤前干潟を離れることとなりました。

とても残念ですが、今まで本当にありがとうございました。

藤前干潟を通して、多くの人に出会うことができ、皆様方からは、今まで知らなかったことをたくさん教えて頂き、経験させて頂きました。

また干潟を通して、これまで知らなかった生き物にもたくさん出会いました。

特に干潟の泥の中に棲む小さな生き物たちの存在は知っているつもりでも、業務を通じて実際に自分の目で見ることができ、強い実感に変わっていきました。

藤前干潟は野鳥観察のスポットとしても有名ですが、野鳥について全く知識がなく、干潟という場所に、たくさんの鳥たちがやってくることに驚きました。

鳥たちがやってくる理由の一つは、干潟の泥の中に棲むゴカイやヨコエビやカニ、魚などの生き物を餌にするためで、干潟という場所では、盛んに食べたり、食べられたりという食物連鎖の様子をとても身近に見ることができます。

生き物たちが他の生き物たちに支えられて生きているのと同様に、私たち人間も多くの生き物たちに支えられていきていることを、実感することができました。

特に山や川から運ばれてくる水が海へ流れる前に、干潟に棲む生き物たちが水の中に含まれる有機物を食べて、水を綺麗にしてくれているということを知り、干潟という環境があることの大切さを実感しました。

これからも藤前干潟があり続けて欲しいと思うと共に、藤前干潟が抱える漂着ごみの問題から、社会全体のごみを始めとした環境問題に対して、何かできることを取り組んでいきたいと思います。

(昨年秋に撮影。ヨシ原の中を隠れ家にするクロベンケイガニ。周りにはペットボトルを始めとする漂着ごみが流れ着いています。ごみに絡まったり、または劣化で細かくなったごみを間違えて食べたりすることなどによって、たくさんの生き物たちの命が奪われています。藤前干潟だけでなく、世界中の自然環境が、今ごみによって破壊されていることを改めて知りました。)

この他にも短い間でしたが、藤前干潟から多くのことを学ばせて頂きました。

ありがとうございました。また遊びに来たいと思います。

▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶藤前干潟ホットニュース▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶

(3月20日のお昼頃に現れたコウノトリ。藤前干潟にやってくるのは、とても珍しいことでした!そのため名古屋市野鳥観察館から兵庫県立コウノトリの郷公園に報告した所、2016年64日に千葉県野田市より放鳥された「きずな」であることが分かりました。名古屋市で個体識別をできたコウノトリは今回が初だそうです。

▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶▶▷▶▷▶▷▶▷▶▷▶

最後になりますが、藤前干潟の1年の様子をご紹介して締めくくりたいと思います♪

(昨年の5月にチュウシャクシギを撮影。春にはシギ・チドリなどの渡り鳥たちがたくさんやってきます。時々鳴き声も聞こえてきて、とても賑やかな雰囲気に。これからが出会えるシーズンです。)

(昨年の夏にトビハゼを撮影。夏はトビハゼやヤマトオサガニなどが活発になる時期なので、あちらこちらで可愛い姿をたくさん見ることができました。鳥はウミネコが多く、ヨシ原の中からはオオヨシキリが盛んに鳴いていました。)

(秋にハマシギの群れを撮影。秋になると、シギ・チドリなどの渡り鳥たちがたくさんやってきます。ハマシギが群れで飛んでいる姿は、「干潟の宝石」と言われるほどとても綺麗です。また秋には夕方に干潟が出ることが多くなるので、干潟と夕日を同時に撮影することもできます♪)

(昨年末にオナガガモのペアを撮影。冬にはカモってこんなに種類がいたのか!と思うほど、多くのカモたちがやってきます。寒い時期ですが、カモのしぐさって癒やされて・・・とてもあたたかい気持ちになれます。)

この他にもまだまだ魅力がたくさんありますが、この辺で。

藤前干潟を今後ともよろしくお願いします!

皆様1年間ありがとうございました。

名古屋自然保護官事務所のAR日記へのご意見・ご感想がございましたら、ぜひメールをお願い致します。

→ WB-NAGOYA@env.go.jp

ページ先頭へ↑

2018年03月27日長野市で妙高戸隠連山国立公園連絡協議会の総会が開催されました。

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

3月27日(火)の今日は、妙高戸隠連山国立公園が誕生して

ちょうど4年目の日です!

4年目を迎えるにあたって、3月22日(木)に

妙高戸隠連山国立公園連絡協議会の"総会"が開催されました。

総会は、市町村長にもご出席いただき、活動報告や情報共有を行う場です。

 

01総会です。

 

長野市芸術館のアクトスペースが会場。

普段は演劇などで使われている場所なので、ちょっと不思議な構造です。

 

02ちょっと会議には不思議な構造

 

総会では、協議会のH29年度の活動内容の報告が行われ、

H30年度の活動計画案を提示し、承認されました。

 

03しめやかに・・・

 

H30年度は「情報発信部会」と「歩く利用部会」の2つの部会を中心に

協議会の活動を行います。

 

特にロングトレイルの開通や

ロングトレイルを軸としたエコツアーの展開を行っていきたいと考えています。

 

04最後は懇親会♡

 

会議が終わって、懇親会。それぞれ国立公園に期待することや、

携帯トイレの取組を盛り上げていきたい・・・など語り合って、気持ちを再確認しました。

 

少しずつ波に乗ってきた協議会。

今後さらに協働を積み重ねて取組を展開していけるよう、

みなさんと様々な方向から盛り上げていきます!ご注目あれ!

ページ先頭へ↑

2018年03月22日藤前干潟写真展@東邦ガス・ガスエネルギー館が終了しました。

国指定藤前干潟鳥獣保護区 西部理恵

皆さま、春めいてきた藤前干潟から、こんにちは。

アクティブ・レンジャーの西部です。

とはいえ、今日も寒いです。

藤前干潟 マガモ♂

<のんびりと石の上で休むマガモ♂:良く見られるカモですが、改めて、とてもキレイな羽色ですね>

先日(3/19)、東邦ガス・ガスエネルギー館で開催していた藤前干潟の写真展が終了しました。

今回は初めて、名古屋自然保護官事務所と藤前干潟ふれあい事業実行委員会がコラボして写真展を実施しましたが、藤前干潟の写真がズラーっと並ぶところを見る機会はあまり無いので、さながら藤前干潟図鑑、といった感じでした。

それにしても、藤前干潟ふれあい事業実行委員会の写真展は、一般の方からの公募作品で構成されているのですが、皆さま、素晴らしい写真ばかり!

レンジャー、アクティブ・レンジャーの写真は、業務中の写真とはいえ、やはりもっと精進しなければいけないと反省しました。

藤前干潟 ベニマシコ

<ベニマシコ♂:鳥獣保護区管理員さんからいつもこの子たちが飛来すると教えて頂くのですが、ようやく会うことが出来ました!>

藤前干潟 ミサゴ

<ミサゴ:事務所からは遠くからしか見られませんが、巡視の時にはこんなに近くから観察出来ることも!>

藤前干潟 コチドリ

<コチドリ:のんびり餌を食べているところに出会いました!>

藤前干潟 オオタカ幼鳥

<オオタカ幼鳥:人の少ない日に出てくるようです。木の上でぼーっとしていましたが、ハトが来るとすぐさま追っかけて飛び去って行きました!あっという間の出来事でカメラも構えられず!>

藤前干潟は、これから春の渡りシーズンに入って来るので、鳥たちで賑やかになることでしょう。

もちろん、干潟の小さな生きものたちも賑やかに動き始めます!

この間、定点調査の時に干潟を見て回ったところ、すでにチゴガニやコメツキガニが活動を始めており、

干潟には泥団子が沢山出来始めていました!

来年度もイベントなどのお知らせをこまめにご案内していきたいと思っていますので、

ぜひチェックして、藤前干潟に遊びに来てくださいね。

名古屋自然保護官事務所のAR日記へのご意見・ご感想がございましたら、ぜひメールをお願い致します。

→ WB-NAGOYA@env.go.jp

ページ先頭へ↑

2018年03月20日3月29日まで!福井市自然史博物館で白山国立公園パークボランティア写真展 開催中 ♪

白山国立公園 大石佳織

皆さん、こんにちは。

福井市自然史博物館で「白山国立公園パークボランティア写真展」を329日(木)まで開催中です。1月から巡回展として開催してきましたが、いよいよ今年度最後の会場となりました!

(入館してすぐのコーナーで展示しています!)

** 写真展概要 ***************************
開催期間:2018..17 土 -3.29
会 場 :福井市自然史博物館
開館時間:午前9時~午後5時15分(ただし入館は午後4時45分まで)
休館日 :月曜日、祝休日の翌日(3/22
観覧料 :無料 ※別途入館料100円が必要。(中学生以下無料)

詳細はこちら↓↓↓

チラシ:白山国立公園パークボランティア写真展_福井市自然史博物館会場.pdf
***********************************


3
16日に展示作業をしたのですが、そのとき、なんと博物館の学芸員さんが興味津々で見入ってくださっていました!自分で撮ったものじゃないけれど、とても誇らしくなりました♪

しかも!昆虫専門の学芸員さんが三ノ峰(白山国立公園内、標高2,128mの山)の昆虫を紹介するコーナーを写真展に隣接して作ってくださいました。チョウやガ、絶滅危惧種などが標本(※)とともに展示されていますよ。白山の名を冠する貴重な昆虫も紹介されているので、ぜひチェックしてみてください♪
三ノ峰の昆虫の展示コーナー
(三ノ峰の昆虫を紹介しているコーナー)

「写真展、まだ見に行ってないな」

「近所だわ」

「偶然福井方面へ出かけるぞ」

等々と思った皆さん(そうでない皆さんも)、ぜひお立ち寄りください。


さらに、福井市自然史博物館の見どころはこれだけではありません!
博物館が立地する足羽山の自然や、福井の自然(街から山、海に至るまで!)など、自然に関する様々な展示があります。
足羽山の植物標本
(展示室の引き出しの中には本物の標本が!手に取って見ることができます♪)

特別展示室では特別展「高浜の化石」が開催されています!

(特別展「高浜の化石」 写真:福井市自然史博物館提供)
福井県大飯郡高浜町の地層で見つかった化石が多数展示されています。

特別展の化石たち
(展示されているオウムガイの仲間の化石 写真:福井市自然史博物館提供)
白山にも化石を産出する地層がありますが、年代や出てくる生きものが異なっています。白山とどんな風に違うのかに注目して見てもおもしろそう!と個人的に思っています。

また、
博物館の屋上からは白山(大汝峰、剣ヶ峰、御前ヶ峰)、別山、三ノ峰まで望むことができます。作業当日はあいにくの雨模様だったため見ることはできませんでしたが、職員の方曰く「ここからの白山が一番!」だそうですよ。
博物館のある足羽山には桜もたくさん植わっていますし、カタクリやショウジョウバカマの生育する散策路もあるので、春のお散歩にもってこいです!
皆さん、ぜひお出かけください♪

福井市自然史博物館について、詳細は
福井市自然史博物館ホームページ をご覧ください。

※国立公園では、地域によって昆虫を含め生きものの採取には許可が必要です。ご注意ください。


ページ先頭へ↑

2018年03月20日戸隠にも春の気配!!!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

暖かくなってきて、事務所の雪もほとんど溶けてしまいました。

そして・・・地面を見ると、フキノトウが出てきているではないですか(゜Д゜)!!!

 

01フキノトウでてきました!

 

アサツキも葉っぱがにょきにょき元気に伸びてきています。

 

02アサツキもにょきにょきと

 

飯縄山の雪形も見えており、春の訪れを感じます。

(写真は昨年の3月19日に撮影したものです。)

 

03飯縄山の雪形です

ページ先頭へ↑

2018年03月16日白山の自然を守る「生態系維持回復事業」とは? その1

白山国立公園 白山 大石佳織

皆さん、こんにちは。
桜の開花予想がニュースで聞かれるようになって、いよいよ春ですね。白山自然保護官事務所がある石川県白山市白峰でも、多いときには3mほどあった雪がだいぶ減りました。事務所のまわりもこの通り!屋根雪はなくなり、街路樹の根元の土も見えるようになりました!

(事務所のまわりの様子 3月15日撮影)

ところで
、先週36日に、白山国立公園生態系維持回復事業の検討会が開催されました。(漢字ばかりの名称の事業ですね・・・)

(検討会の様子)
実はこの事業、白山の自然の将来を考える上でとても大事なものなんです。
そこで今回は、白山国立公園で実施されている「白山国立公園生態系維持回復事業」についてご紹介したいと思います。
が、その前に、そもそも生態系維持回復事業って一体何なのでしょうか?

■ 生態系維持回復事業って何?
少しかみ砕いて説明をすると、自然公園(国立公園や国定公園など)の自然景観を保護するために、生態系を維持し回復させるための取り組みを行うための事業です。

もう少し詳しく説明してみますね。
最近、シカなど特定の生きものが増えすぎたり、もともとその地域にいなかった生きもの(外来種)が侵入したりして、ほかの生きものの生息・生育環境が奪われ、もともといた生きもの(在来種)が姿を消すなど、自然景観や生態系そのものに大きな影響を与えるような事態が発生しています。
自動撮影カメラで撮影されたニホンジカ

(日本の多くの地域で数が増えて問題になってしまったシカ)
このようなとき、問題になっている生きものを減らしさえすれば元の自然に戻るかと言うと、そう単純ではないということが様々な地域の取り組みからわかってきました。つまり、問題となっている生きものだけでなく、生きもの同士の関係や生態系の仕組みにも注目した対策が必要なことが明らかになってきたのです。

食う-食われるの関係や、植物と土壌等環境との関係など、生態系には複雑で様々な関係が存在しています。このため、生きものが原因の問題を考えるときには、原因の生きものだけを見ていては、その生きものに関係するほかの生きものや環境の変化を見落としてしまう恐れがあります。


(白山国立公園南部の山々。白山にも複雑な生態系があります)

そこで考えられたのが「生態系維持回復事業」です。
この事業では、生態系全体に注目して調査や対策を実施していくのが特徴です。
問題となっている生きもの(シカや外来種)の調査や数を減らすなどの対策だけでなく、生態系全体を見渡した調査や対策など総合的な取り組みも行います。さらに、この取り組みは、モニタリング(定期的に実施する現状調査)を行って、効果の検証や対策の見直しを重ねながら進めていくという特徴があります。

国立公園のホームページには、とってもわかりやすい説明が載っていますので、こちらも是非お読みくださいませ。
(国立公園ホームページ 生態系維持回復事業についてのページはコチラ

■白山国立公園での生態系維持回復事業ってどんなもの?
ここからは、白山国立公園で実施されている生態系維持回復事業がどんなものかをご紹介していきます。

白山国立公園では、近年の登山者の増加等に伴って、もともと白山には生育していなかった外来種の植物(外来植物)の分布が拡大しています。

(白山国立公園内に侵入している外来植物のオオキンケイギク)
その結果、もともと白山に生育していた植物(在来植物)と外来植物の間で雑種ができてしまったり、外来植物が生い茂って在来植物の生育場所を奪ってしまったり、生態系への影響が懸念されるようになりました。
そこで、外来植物を除去したり、侵入や拡大を防いだりすることで、白山の原生的な生態系を維持し、回復させようという取り組みを実施しています。

少し長くなってきましたね。
今日はここまでにして、改めて白山国立公園での生態系維持回復事業の具体的な取り組みを紹介したいと思います。

ページ先頭へ↑

2018年03月16日江崎貴久さんを戸隠にお招きしました!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

3月14日(水)、15日(木)の2日間、

三重県の鳥羽の旅館の女将さんであり、エコツアーガイドとしても活躍されている

"江崎貴久さん"を戸隠にお招きして、講演会を行っていただきました。

 

1日目の講演会の後に行った女性限定の意見交換会では、女性陣の内に秘めた悩みやアイデアが大噴出!これを機に戸隠の女性たちで集まって、ここで出た話を少しずつ前進させられる取組を増やしたいです。

01貴久さんご講演 02女性達のアイデア噴出

 

2日目は鏡池まで行くツアーの様子を見ていただきました。

鏡池へは以前試作を行ったネマガリダケの和かんじきで歩いてみます!

03試作中 04みんなネマガリかんじき!

 

大木に感動したり、杉並木に感動したり・・・

05おっきなきー 06杉並木で集合!

 

歩いていると新しい発見がいっぱい!

お決まりヤマブドウのブランコも(^∀^)♪

07お決まりヤマブドウ! 08虫の食痕

 

この日の鏡池も快晴!そろそろ池の上も歩けなくなるかも・・・。

お昼はチーズフォンデュに挑戦です。なんと野菜の蒸し器にも竹細工が登場!

09お昼はフォンデュ! 10蒸し器も竹細工!

 

終了後、ツアーに対する講評をいただきました。

ただの自然解説ではなく、戸隠に住んでいる人々の暮らしや文化が見えた事はとても良かったと言っていただけました。さらに、ツアーの価格設定やおもてなしなど、どんなことに気をつけたら良いか沢山のアドバイスをいただきました。

11ツアー終了! 12貴久さんと!

梅田保護官とお別れにパシャリ( ̄▽ ̄)☆

 

貴久さん、ありがとうございましたー!

今回の貴久さんとの出会いを必ず活かして次の取組に繋げて行きます!!

ページ先頭へ↑

2018年03月13日戸隠森林植物園で巣箱調査!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

3月13日(火)は戸隠森林植物園で、

林野庁北信森林管理署が主催の"巣箱調査"を行いました!

 

01巣箱調査開始!

 

今年は雪解けが早い気がする・・・と言っても、植物園内はまだまだ雪に覆われています。

というわけで、自作のネマガリダケのかんじきを履いて出動!

 

02ネマガリの和かん

 

植物園内の巣箱を探しながら歩き、巣箱を見つけたら中身をチェック!

壊れているものは直しながら調査を進めます。

 

03巣箱をチェック

 

中を覗くとほとんどのものに木の葉が沢山入っていました。

 

04木の葉いっぱい

 

来年、また新たに小鳥のねぐらとして使ってもらうためにも、

中に入っている落ち葉は全てかき出します。

 

05中身はかき出す!

 

かき出した落ち葉の中にネズミのミイラを発見してしまいました!!!

 

06ネズミのミイラが!

 

この巣箱は戸隠中学校の子ども達が作って、春に設置をしています。

来年も新たな巣箱をしかける予定とのこと!楽しみです(´▽`)♪

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ