ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年2月

6件の記事があります。

2016年02月29日ニホンジカ被害対策に向けて~地域との協力~

上信越高原国立公園 万座 アクティブレンジャー 小林映絵

ニホンジカの食害などによる農林や生態系への被害が全国的に問題となっていますが、浅間山周辺も例外では無い状況です。

私自身、実際に現地調査を行っている時に、ニホンジカによるものと考えられる高山植物や樹皮の食べ跡などを目にすることが多くなってきたように感じます。


【角研ぎ跡】


【樹皮の剥被】


【高山植物の花芽の食跡】


このように樹皮を剥がれてしまった樹木は、再生することができず枯れていってしまいます。花芽を食べられてしまった高山植物は、種を付けられず命をつないでいくことができなくなってしまいます。


浅間山周辺は、上信越高原国立公園や国指定浅間鳥獣保護区に指定されており、その美しい自然には多様ないきものが生息しています。しかし、ニホンジカの急激な頭数増加と分布拡大により、そのような環境の維持が困難になりつつあります。その自然を守ろうと、浅間山周辺の各地域では様々な取り組みが行われています。


そこで、各地域の取組を情報共有し、今後のニホンジカ対策に生かすため、環境省長野自然環境事務所主催で情報交換会を開催しました!


【行政担当者による活動内容の発表(第1部)】


【市民団体による取組の発表(第2部)】


【会場の様子(第2部)】


この情報交換会では、行政や市民団体による浅間山麓での取組紹介が行われ、そこで行われている活動について知ることができました。また、森林や景観の保全、貴重な高山植物や高山蝶などのいきものの保護のために、ニホンジカ対策の必要性があることを共通認識として持つことができたのではないかと思います。


全国各地でニホンジカによる影響が問題となっています。捕獲数は伸びているものの依然としてニホンジカの個体数増加や分布拡大に歯止めがかかっていません。地球温暖化による冬の雪不足なども要因の一つとして考えられ、私たち人間のライフスタイルの変化も影響しているのかもしれません。現在の自然や景観を今後も残せるように、ニホンジカとも共存していける環境作りを行っていきたいと感じました


*ご協力のお願い*

環境省長野自然環境事務所では、ニホンジカ対策の一環として浅間山周辺のニホンジカ目撃等の情報収集を"いきものログ"を活用し行っています。情報がありましたら是非ご協力をお願いいたします。

いきものログHP

ページ先頭へ↑

2016年02月24日出前授業@志島小学校(冬)

伊勢志摩国立公園 アクティブレンジャー 半田俊彦

少し前の話になってしまいましたが、

1月25日に志摩市立志島小学校で出前授業を行いました。

学校近くの海岸で四季の自然を記録する内容の4回目(冬)の授業です。

 

今回のテーマは「海藻」です。

布海苔浜という海岸で漂着した海藻を探して観察しました。

 

まずはたくさんの海藻を集めます。

そして、

1.海藻にはどんな色があるか

2.海藻には「根」「茎」「葉」の区別があるか

3.海藻は「根」から栄養を取れるか

4.海藻には「うきぶくろ」を持った物があるか

5.海藻をお湯につけると色が変わるか

について観察をしました。

 

茶色い海藻は、なんとか緑色に変わってくれました。

 

最後に、どんな種類の海藻があったのか、

チェックシートで調べました。

この浜では10種類の海藻が見つかりました。

 

布海苔浜にはたくさんの海藻がありましたが、

隣にある前浜ではほとんど海藻の漂着が見られませんでした。

隣同士の浜なのに不思議ですね。

 

教室に戻った後、レンジャーが海藻を調べる理由として

海藻の森、「藻場」についてのお話をしました。

伊勢志摩国立公園の海岸にはたくさんの藻場があり、

豊かな海産物を育てているのです。

漂着したたくさんの海藻から、地域の豊かさを感じてもらえたと思います。

 

次回はこれまで4回の授業を振り返ってまとめます。

最後の授業もよろしくお願いします。

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

facebookページ「伊勢志摩国立公園 近畿自然歩道歩いてみよう」

近畿自然歩道や周辺の自然情報等を掲載しています。

https://www.facebook.com/iseshimanp.longtrail?fref=ts

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ページ先頭へ↑

2016年02月22日おいでよ!妙高の雪の森へ

妙高戸隠連山国立公園 妙高 アクティブ・レンジャー 帖地千尋

こんにちは。2/20の土曜日、妙高高原では環境省と妙高高原ビジターセンターの共催イベント「雪上観察会」が実施されました。環境省パークボランティアの案内でいもり池周辺の森の中をスノーシューや歩くスキーでのんびり周りながら冬にしか見られない自然を楽しむイベントです。

「スノーシューとかやったことないし、道具も持ってない」という場合でも問題ありません。

ビジターセンターでレンタル可能なスノーシュー

受付場所のビジターセンターでスノーシューや歩くスキーをレンタルできます。「かんじき」で歩いてみるのも楽しいかも!!

スノーシューの履き方を教えてもらう女の子

スノーシューの履き方や歩き方をパークボランティアさんが丁寧に教えてくれるので初めての方でも安心して参加できますよ。

準備ができたら雪の森へ出発!!

「この足あとは何の動物のあしあとかな??」足跡を観察するガイドのパークボランティアと参加者たち

雪上にオレンジ色に染まった雪を発見!「これなあに?」

オレンジ色に染まった雪を手に説明をするガイドのパークボランティアさん

何が住んでいたのかな??

枝に作られた虫のすみか枝にぶら下がる繭

「この糞はもしかして・・・」

雪の上に落ちている動物の糞

「この芽は何か知ってる?きっと食べたことあるよ」「あっ、わかった!!」

タラの冬芽を前に参加者に質問するガイドさん

いろんな事を教えてもらったね。木の種類いくつ覚えられたかな?

雪上観察会帰りみち

夏の間は藪や草で決められたところしか歩くことができませんが、雪に覆われているこの時期は思いのままに歩くことができ、目の前でじっくり観察できる絶好の季節です。森に棲む動物や虫たち、木や植物についてパークボランティアが詳しくガイドしてくれるのでより自然が身近に感じられるのではないでしょうか。

この「雪上観察会」は2/273/5の土曜日にも開催する予定です。冬にしか体験できない妙高高原の自然を体感しにぜひいらしてください。

雪上観察会ポスター.pdf

「雪上観察会」に関する詳しいお問い合わせ・お申し込みは妙高高原ビジターセンターまでお電話ください。(電話0255-86-4599)受付時間9001700 定休日毎週水・木曜日)

ページ先頭へ↑

2016年02月17日出前授業@成基小学校(冬)

伊勢志摩国立公園 アクティブレンジャー 半田俊彦

少し前の話になってしまいましたが、

1月12日に志摩市立成基小学校で出前授業を行いました。

4年生の理科の授業で四季の自然を記録する活動の4回目(冬)です。

 

成基小学校では、春に草花やオトシブミを観察しました。

また夏にはクワガタや水生昆虫を観察しました。

そして秋にはドングリを観察しました。

今回冬の授業では、今まで観察した生物が

寒い冬をどうやって過ごしているのか(冬越し)を観察します。

 

学校の畑の雑草や土が積んであるところを掘ってみると・・・

 

コロコロとしたカブトムシの幼虫が出て来ました。

 

ドングリが落ちていたところの落ち葉をどけてみると・・・

 

ドングリからは根が伸びていました。

春になって芽を伸ばすのを待っているようです。

 

畑の横に積んであった朽ち木を割ってみると・・・

 

クワガタの幼虫が出て来ました。

 

水路の中には何もいないように見えますが・・・

 

落ち葉の下や泥の中から、ザリガニやドジョウが見つかりました。

 

地面の上をよく観察してみると・・・

 

植物のロゼットが花を咲かせたように見えます。

 

ロゼットのように地面に平たく寝転がってみると、

風もよけられて日差しを暖かく感じられます。

また、ロゼットの中心には芽が隠されていることも発見できました。

 

最後に、印象に残った生物の冬越しを記録して発表してもらいました。

次回は1年間のまとめの授業を行う予定です。

最後までどうぞよろしくお願いします。

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

facebookページ「伊勢志摩国立公園 近畿自然歩道歩いてみよう」

近畿自然歩道や周辺の自然情報等を掲載しています。

https://www.facebook.com/iseshimanp.longtrail?fref=ts

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ページ先頭へ↑

2016年02月12日変化に富んだ5ヶ月間 谷川・苗場の移り変わり~夏編~

上信越高原国立公園 谷川 小竹俊平

冬の寒さが身に染みるみなかみです。

みなかみでは最近よく雪が舞い、とても寒いので、暖かかった頃が少し恋しくなりました。

そこで、6月から11月までのまとめを、2回に分けてお送りします。

今回は夏(6月から8月まで)のまとめです。

                                          

6月の山ではエゾハルゼミの鳴き声がこだまし、多くの高山植物の花が咲き誇りました。そして、梅雨らしく、小川や水溜まりにはオタマジャクシ、登山道でもカエルをたくさん見かけました。この時期の透き通るような木の葉の緑色は、何ともいえない美しさでした。(右上写真:谷川岳 西黒尾根のブナ)また、沢筋に多くの残雪が有り、遠目に見た山のあちこちに残雪の白いラインがあったのも印象的でした(左下写真:朝日岳付近から見える谷川連峰)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~                                                              

7月の山では、気温が上がって活発になった生き物をたくさん見かけました。特にひなたぼっこをしているヘビや登山道を歩いているクワガタムシは良く見かけました。また、この時期は冷たい沢の水や渓谷の風が、夏の暑さを癒やしてくれました(右下写真:清津峡)。気温が上がって溶けた雪渓が崩れ落ちる「ズドーン!」という音を聞いたのも、印象に残っています(左上写真:谷川岳 武能沢の雪渓)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

8月は苗場山や佐武流山、小松原など、苗場地域の巡視によく行きました。苗場山はこの時期、緑の草原に白いワタスゲや木道が良く映えました(左上写真)。谷川岳でも山の日プレイベント(右上写真)、蓬ヒュッテ竣工式(左下写真)、オオハンゴンソウ除去作業(右下写真)といったイベントに参加させて頂き、山に関わる人がたくさんいることを強く感じた月でした。

                                                              

以上、緑あふれる谷川・苗場のグリーンシーズンを送りしました。緑あふれる夏の山にまた会える事を楽しみにしていましょう。

次回は9月から11月の秋のまとめをお送りします。

ページ先頭へ↑

2016年02月03日*冬のお客さん*

白山国立公園 アクティブレンジャー 小島永莉子

 今年は雪があまり無く暖冬の影響を感じています。先月の寒波の到来でいっきに積もった雪もだいぶ溶けてしまいました。雪かきと屋根雪下ろしはやっかいですが、降らなければスキー場の運営や除雪作業など冬の仕事が無くなってしまうので、無くても困る存在です。

                                                                           

 しかし暖冬とは言っても、山には相当量の雪が降り積もるのは変わらず、入ることはできません。冬の間は事務所にこもり事務仕事をしていますが、そんな日々のちょっとした楽しみはふらっと事務所に訪れる小さな来客です。パソコンに向かいながら気配を感じちらっと外に目をやると、かわいい鳥がいるのです。その愛らしい姿と仕草に癒されます。

ヤマガラ?かキビタキ?小さくて判別できません・・。

カケスはわかりやすいです。羽の青色が綺麗です。

ツグミでしょうか。餌を探していたようです。

                                                                     

 どれも画質が悪いのはご容赦ください。今まで鳥は難しいという先入観にとらわれ興味が無かったのですが、少しずつ覚えて行くうちに可愛く見えてきました。あまり気にかけていなかった頃は見えなかったものが、興味の対象になるとどんどん視界に入り、こんなに身近にいたことに感動を覚えました。

                                                                        

 今月、白山自然保護官事務所ではスノーシューで散策する自然観察会を実施する予定です。今回は白山国立公園が会場ですが、たとえ国立公園で無くても身近に自然はたくさんあるのだと改めて感じています。観察会を通し自然への興味を深めてもらい、すぐそばの小さな発見、小さな感動をどんどん増やしていくためのお手伝いができれば、とあれこれ思索中です。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ