ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2015年12月

10件の記事があります。

2015年12月28日南陽図書館でワークショップ(出前講座)

国指定藤前干潟鳥獣保護区 名古屋 西部理恵

皆様、こんにちは。

今日は晴れて、風もそれほど強くない穏やかな藤前干潟でした。

遠くてピンぼけですが、ハマシギの群れが飛んでいます。

そしてダイゼン。こちらはハジロカイツブリ。



今年はエルニーニョ現象の影響で暖冬か、というニュースが流れていましたが、

確かに12月も暖かい気がします。

普段ならとっくにスノータイヤに履き替えているのですが、今年はまだどうしようかなぁと迷っているくらいです。皆様はいかがでしょうか。

このエルニーニョ現象とは簡単に言うと、貿易風が弱まって太平洋の東側の赤道付近で広範囲に海面水温があがる現象です。大気と海洋とは常に密接に関係しているため、こうした海水面の温度変化が気象にも影響を与えるのです。

ちなみに、同じ海域で海面水温が下がる現象をラニーニャ現象といい、その冬は寒くなります。エルニーニョは男の子、ラニーニャは女の子を意味するスペイン語だそうですよ。



さて、そうはいっても寒くなってきて師走らしさを感じる今日この頃です。

頑張って走り抜けたいと思いつつ、若干、息切れしそうな私ですが、

先日12月19日(土)に、今年最後の出前講座で元気をもらってきましたので、

報告したいと思います。

場所は、藤前活動センターからも比較的近い名古屋市南陽図書館

11月に入ってから南陽図書館で藤前干潟の紹介パネル展示が始まり、それにあわせて低学年向けのワークショップを開催したのです。

残念ながら、パネル展示は25日(金)で終わってしまうので、この日記がアップされているころにはご覧頂くことが出来ないかもしれません。

ワークショップのタイトルは、「藤前干潟の生き物を知ろう!~カニ、カモ、トビハゼの塗り絵とお面作り~」

スライドを使った授業形式ばかりではなく、こういったワークショップのような出前講座もやっています。実は、少人数のワークショップは私にとって初めての経験でしたが、とても楽しく出来ました。

絵を描いたり、塗り絵をしたり、と言う活動は、生き物をじっくりと観察するので、子どもたちが興味を持つキッカケになるかもしれませんね。

ご参加いただいた皆様、名古屋市南陽図書館の皆様、ありがとうございました!



※出前講座の報告は、中部地方環境事務所ホームページの【環境省職員による講座について】にある開催報告からご覧頂けます。



最後になりましたが、

今年度の稲永ビジターセンター、藤前活動センターは、【12月27日(日)】が最後の開館日になります。

年始は1月5日(火)からの開館となりますので、よろしくお願いいたします。



それでは皆様、よいお年を!



※名古屋自然保護官事務所では、藤前干潟の生き物の話や歴史の話を通して、生き物の面白さや環境について学べる出前講座を実施しています。いろいろな形での出前講座を行っておりますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。

詳細は、中部地方環境事務所ホームページの【環境省職員による講座について】でご覧頂けます。

ページ先頭へ↑

2015年12月28日*白山と雪のはなし② 動物たちのくらし*

白山国立公園 アクティブレンジャー 小島永莉子

 白山は1年の多くを真っ白な雪に覆われていることから名付けられたと言われています。冬季白山にはどれ程の雪が積もるのでしょうか。残念ながら正確な調査記録は見当たりませんでしたが、高山帯で十数メートルといわれています。冬、大陸からの北西の季節風が発生し、その季節風は日本海を通る際に水分を含み、そのまま白山にぶつかります。そうすると上昇気流が発生し、水分が大量の雪となり白山とそのふもとへ降り積もるのです。

                                                                              

 今月はじめ、雪の白山へ行く機会がありました。空気は冷たく、植物は雪に埋まり、鳥の声が聞こえるだけで、他の生き物の気配はしません。夏場の活気に満ちた白山とはまるで別世界でした。でも・・・

尾根上に登山道が続いていますが、もちろん人間の足跡ではありません

                                                                          

 雪が積もると、普段はあまり姿を見せない動物たちの行動が一目瞭然です。みんな歩きやすい登山道を通っていることがわかります。冬の主な利用者は動物たちのようです。それにしてもたくさんの足跡・・・宴会でもやっていたのでしょうか。

                                                                        

 白山の冬は人間にとってはとても厳しい場所ですが、生き物たちはそんな環境に適応し、生きています。換毛が代表的な例で、ノウサギやオコジョは外敵に見つかりにくいよう、雪と同じ白色に毛が生え換わります。タヌキも冬は別の生き物のようにふっくらしています。これは冬を乗りきるために脂肪を蓄えているからですが、毛足が長い冬毛に生え換わるため大きく見えるのもあります。

                                                                      

 また、動物たちは冬眠するイメージがありますが、実際に冬眠するのはクマやヤマネなど少数で、多くの動物は冬でも活動しています。

これは良くみかけるウサギの足跡です。食べ物を探し回るのでいたる所に足跡が残っています。主に木の皮や葉、冬芽などを食べます                                                                  

ウサギ食べた後、するどくとがっています

ウサギの糞

                                                                          

 カモシカやイノシシ、イタチ、キツネなどもよく足跡が確認されます。木の芽や根、ネズミなどの小動物など、食べ物を探しに冬でも活動しているのです。もちろん動物たちも雪崩に巻き込まれたり、敵に襲われたりする危険性もありますから、彼らにとっても厳しい季節です。そんな中でとても強く、たくましく生きていることがよくわかります。人間も見習いたいものです。

                                                                        

 こうした冬の動物たちの行動は、白山国立公園の入口に位置するブナオ山観察舎(石川県白山市尾添)で観察することができます。観察舎内には望遠鏡や双眼鏡が常設され、職員さんに聞けば使い方や動物の出現情報なども教えてくれます。土・日・祝日にはかんじきハイクもしていますので、ぜひ足をのばしてみてはいかがでしょうか?

 http://www.pref.ishikawa.lg.jp/hakusan/bunao/

ページ先頭へ↑

2015年12月22日寒さに負けないたくましさ 谷川岳冬の動物

上信越高原国立公園 谷川 小竹俊平

こんにちは、12/19には麓も降雪しましたが、麓で積雪はほとんど見られないみなかみです。

↑12/10の土合の谷川岳山岳資料館前の様子です。土合にある谷川岳山岳資料館と谷川岳登山指導センターは現在閉館しており、少し静かな雰囲気になった土合です。

静かな冬の谷川岳で、生き物たちは寒さに負けず暮らしています。

今回は冬の谷川岳で出会った動物を紹介します。

                                                 
土合橋から湯檜曾川沿いを上流に歩いて20分くらいの所で、ニホンカモシカに出会いました。

対岸の急斜面からじっとこちらを見つめ、微動だにしません。

しばらくにらめっこしていると、警戒を解いたのか、おもむろに口をモグモグ動かし始め、ゆっくりと斜面を登っていきました。食料が乏しい中、余計なエネルギーを使わないように意識した動きにも見えました。

                                                

一方こちらは良く晴れた日の朝のこと、土合から一ノ倉沢まで通じる舗装路にてキツツキを見かけました。

「ドツ、ドツ」と何か鋭利な物を木に打ち付けるような音が聞こえたので、ふと見上げると、キツツキ(アカゲラ)がブナの木の枯れた部分を盛んにつついていました。どうやら木の中にいる虫を探していた様です。キツツキは冬の森でも食料となる虫を捕まえられるので、その土地にとどまることができるのではないでしょうか。

                                                  

冬山でも、穏やかな天気の日なら生き物を見つけられるかもしれません。見かけたときはそのたくましい姿を静かに見守ってください。

ページ先頭へ↑

2015年12月22日冠雪した後立山連峰

中部山岳国立公園 アクティブレンジャー則武 敏史

こんにちは、中部山岳国立公園(≒ 北アルプス)後立山地区からです。

今回は12月9日に撮影した後立山連峰です。大町市と白馬村で撮影しました。


まず、大町市で撮影したものです。


この写真は、市立大町山岳博物館の近くで撮影しました。この博物館は大町市の施設で、「山岳」をテーマとする博物館としては日本で最初のものです。館内は北アルプスを中心とする自然や登山の歴史についての展示があり、3階の展望ラウンジからは、上の写真よりも広い範囲の北アルプス(後立山連峰)のパノラマが広がります。山名の表示や、山にまつわる解説があるので、「美しい景色」から一つ進んで、山への興味を持てるようになるのではないかと思います。

また、博物館の付属園ではスバールバルライチョウ、カモシカなどが飼育されています。

<市立大町山岳博物館の外観。>


さて、上の写真に写っている山の名前は次のとおりです。これらの頂を結ぶ稜線は長野県と富山県の県境です。また、稜線付近は中部山岳国立公園の特別保護地区になっています。


続いて、白馬村で撮影したものです。この写真は国道から少し山側の道端から撮影したものです。

山の名前は、左から五竜岳、八方尾根、天狗尾根(なだらかな横に長い尾根)、白馬鑓ヶ岳、杓子岳です。白馬岳はその右にあるのですが、この場所からは見えませんでした。

<八方尾根のスキー場は、ゲレンデに雪がありますが、斜面下部は整備中のため滑走できず、斜面上部のコースのみ滑走可能です。写真右の岩岳山のスキー場は、まだほとんど雪がありませんでした。>


今週末には降雪の予報があるので、スキー場は予定通り営業できるかもしれません。スキー場からは、山並みがより間近に見え、麓から見るのとは一味違ったものになります。

<八方尾根のスキー場から。白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳の白馬三山と小蓮華山。平成27年3月26日撮影。>


年末年始を中心に入山される方がおられると思いますが、冬山登山では次の点に注意してください。

■この時期の登山は、北アルプスの冬山経験と冬山登山の技術、装備が不可欠です。また、天候の急変が事故に結びつくおそれがあるので、事前の情報収集と現地での適切な判断力が求められます。

■スキー場エリア外へ入山する場合は登山届の提出が必要です(白馬村のローカルルール)。登山届の受付箱は、JR白馬駅前、八方ゴンドラ、五竜テレキャビン、栂池ゴンドラなどにあります。


知識や経験、技術の伴わない登山者は、この時期の安易な登山は厳に慎んでください。

お気をつけてお出かけください。


ページ先頭へ↑

2015年12月18日都市の河川でバードウォッチング

伊勢志摩国立公園 アクティブレンジャー 半田俊彦

志摩自然保護官事務所は志摩市の中心部、

市役所や県庁舎の建ち並ぶエリアにあります。

 

この市街地を流れる「前川」でバードウォッチング。

都市の中にも冬の自然を見つけることができました。

 

ヒドリガモです。冬鳥として渡ってきます。

左がオス、右がメスです。仲良くアオサを食べていました。

英虞湾では今、アオサの養殖筏が美しく広がる季節です。

 

コガモです。中央の1羽がオス、両端の2羽はメスです。

その名の通りほかのカモにくらべて一回り体が小さいです。

オスは近くにいた別のオスとメスを争うように行動していました。

 

カルガモです。留鳥ですが冬になると数が増えます。

同じ模様をしていますが、おそらく右側がメス、後を追うのがオスです。

 

マガモのメスです。

カモの仲間はたいていオスが派手な色彩をしており、

メスは地味な色彩をしています。

地味だけど優しい表情に見えます。

 

オオバンです。

カップルでしょうか?雌雄同色なので分かりません。

姿は似ていますが、カモの仲間ではありません。

一年中見られますが、冬は越冬個体が多くなります。

 

ハクセキレイです。

尾を上下に振りながら歩行する姿が特徴的です。

 

都市公園の池や市街地の河川では

野鳥が人を恐れずに比較的近くで観察できる場合があります。

みなさんも身近な自然に目を向けてみませんか。

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

facebookページ「伊勢志摩国立公園 近畿自然歩道歩いてみよう」

近畿自然歩道や周辺の自然情報等を掲載しています。

https://www.facebook.com/iseshimanp.longtrail?fref=ts

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ページ先頭へ↑

2015年12月14日「国指定浅間鳥獣保護区」標識リニューアル

上信越高原国立公園 万座 アクティブレンジャー 小林映絵

こんな看板を見かけたことはありませんか?


左側の赤い看板が「ココは鳥獣保護区ですよ!」とみなさんにお知らせするための"制札"と呼ばれるもので、主に鳥獣保護区の境界に設置されています。右側の白い看板が、鳥獣保護区のエリアを示した"区域図"を掲示しているものです。


鳥獣保護区とは、"鳥獣保護管理法(※)"に基づき、野生鳥獣が安心して生育できるよう、原則として狩猟や開発などを規制している区域のことです。環境大臣が指定する"国指定鳥獣保護区"と都道府県知事が指定する"都道府県指定鳥獣保護区"の2種類があります。


環境省ではその仕事の一つとして、国指定鳥獣保護区の管理を行っています。国指定鳥獣保護区は国立公園とは別々に指定されますが、重なっている区域も多くあります。"国指定浅間鳥獣保護区"の一部も、万座自然保護官事務所が管轄している上信越高原国立公園の一部と重なっています。

国指定浅間鳥獣保護区は、活火山である浅間山(標高2,568m)を中心とし、標高約1,000mの市街地周辺の地域まで広がって指定されています。その多様で良好な自然環境には、ツキノワグマやホシガラス、ミヤマシロチョウなど様々な野生鳥獣が生息しています。

実際に現地調査に出たときも、様々な生きものたちの痕跡を確認することがあります。時には、その姿を見ることもできて、とても嬉しくなることも♪


そんな国指定浅間鳥獣保護区で、ついこの間、標識のリニューアル工事を行いました。

地面奥深くに埋まっていて、樹木の根っこも絡まっていたり・・・掘り出しに四苦八苦。

無事に、撤去完了!!


そして・・・新しい看板を設置!!


ご覧ください、こんなにステキな看板が設置されました♪


国指定浅間鳥獣保護区について、概要と生息している動物たちをイラストにより紹介していて、とってもかわいくて素敵な看板に仕上がっています。引き続き、順次リニューアル作業を行っていく予定です。道路脇などに設置されていることが多いので、是非近くで見てみてくださいねっ☆


※「鳥獣保護管理法」の目的・・・鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化を図り、もって生物の多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の健全な発展に寄与する事を通じて、自然環境の恵沢を享受できる国民生活の確保及び地域社会の健全な発展に資すること。

ページ先頭へ↑

2015年12月14日上高地の冬期入山について

中部山岳国立公園 上高地 アクティブレンジャー 関口 拓司

上高地は11月15日をもって閉山し、現在は冬期閉鎖期間中となっています。

  

冬の上高地は気象条件が変わりやすく、雪崩や落石、地吹雪が発生するなどの危険があります。入山の際は自己責任を原則とし、冬山登山であることに留意して、次のことをお守りください。

安易な気持ちでの入山はご遠慮いただくようお願いいたします。

   

● 入山の際、必ず登山届を提出してください。

 登山届提出箱が中ノ湯ゲートに設置されています。

● 雪崩・落石・地吹雪等に十分注意してください。

 釜トンネル上~大正池間の県道上では、特に雪崩の注意が必要です。

● 用便は冬期トイレを使用してください。

 冬期トイレは、中の湯ゲート・大正池・中ノ瀬・上高地バスターミナル・小梨平の5か所です。

● 湿原には踏み込まないでください。

 植生に影響を与えるおそれがあります。道路や歩道から外れて歩かないでください。

● テントは小梨平野営場で張ってください。

 ホテル・旅館、ビジターセンターの軒下や施設の敷地内には立ち入らないでください。

● ゴミや食料は必ずお持ち帰りください。

 野生動物の行動に影響を与えるおそれがあります。ゴミや食料はお持ち帰りください。

● 林間コース(自然研究路)は通行止めです。

 木道の老朽化、踏み抜き等の危険があるため立ち入らないでください。

 

注意箇所や冬期トイレとその間の距離、所要時間などを表した地図はこちらです。

時間はあくまで目安ですので、体力、積雪状況によっては更に時間がかかることもあります。

こちらからPDFにてダウンロードすることができます。

  

http://chubu.env.go.jp/nagano/to_2015/post_32.html

ページ先頭へ↑

2015年12月14日*白山と雪のはなし①*

白山国立公園 アクティブレンジャー 小島永莉子

 11月26日の16時をもって白山公園線が閉鎖しました。石川県白山市白峰の風嵐ゲートから別当出合間は冬季通行止めです。

 冬の間白山国立公園は閉ざされてしまい、私も今年度はもう入ることはありません。この時期を迎えると、何だか寂しい気持ちになりますが、その分春が待ち遠しく、シーズン中は楽しみも倍になります。冬の間も、登ることは出来なくてもとても美しい姿を拝むことが出来るので、遠くから白山を眺めながら春の訪れを待つこととします。

                                                                      

この先に白山が・・・

                                                                          

これが現在の白山自然保護官事務所です↓

事務所かどうか怪しく見えますが、これは雪囲いをしてあるからです。

                                                                          

通常はこんな感じで、ちゃんと看板がありますよ↓

積雪により窓が割れたり、建物内に雪が入り込むのを防ぐために冬季は雪囲いをします。

                                                                       

 白山の名の通り、山上はもちろん白山の麓も日本有数の豪雪地帯となっており、たくさん雪が降ります。例えば、富山県南砺市や岐阜県白川村も白山国立公園を含んでいますが、こちらは合掌造りが有名です。特徴のある急勾配の屋根は雪が自動的に落ちるので都合が良く、豪雪地帯ならではの知恵です。石川県白山市白峰は重要伝統的建造物群保存地区に指定されていますが、こちらも家屋に特徴があります。

白峰重伝建の代表的存在 山岸家

                                                                        

 白峰重伝建は土壁と縦長の窓が特徴としてよく挙げられます。土壁は夏涼しく冬暖かいという利点があります。窓は、半間から一間間隔で柱をたてるため(一間=6尺で約1.818m、半間ならその半分なので約90㎝)、半間幅に収まるよう縦長となっていますが、小さい分防寒対策にもなっているそうです。どの特徴も雪に対応出来るようにという人々の知恵を感じさせます。

                                                                            

 雪囲いも雪かきも、労力のかかる大変な仕事です。そんな少々やっかいな雪ですが、実は白山にとっても私達にとっても、とても重要な役割をしています。これから雪のシーズンなので、しばらく雪についてお伝えしていきます。きっと、もっと白山が好きになりますよ。

ページ先頭へ↑

2015年12月09日「子どもパークレンジャー活動新聞」展示中④

上信越高原国立公園 アクティブレンジャー 小林映絵

現在、「子どもパークレンジャー活動新聞」の展示を長野県軽井沢町で開催中です。

中軽井沢駅に隣接している"くつかけテラス"のロビーをお借りして展示を行っています(ノ´∀`)ノ

【くつかけテラス外観】



【展示状況】


展示期間は平成27年12月5日から平成28年1月5日まで。

年を跨いで展示を行わせていただく事となっています。


師走の季節ではありますが、ちょっと足を止めてご覧頂けたら嬉しいです♪

ページ先頭へ↑

2015年12月04日冬の始まり 雪化粧した谷川岳

上信越高原国立公園 谷川 小竹俊平

こんにちは、11/26には麓でも一時的にうっすら積雪し、冬が始まったみなかみです。

麓の雪はすぐに溶けて無くなりましたが、山の方はすっかり雪化粧しています。

↑水上インターチェンジ付近から見た谷川岳の様子です。(11月27日)

さて、11/27と12/1に、谷川連峰の登山者カウンターを撤去しに行きました。谷川連峰の登山者カウンターは、天神尾根と三国峠の2カ所に設置してあります。

↑11/27の天神尾根の様子。5~10cm位の積雪でした。周りの木々は落葉し、葉が生い茂っている頃とは景色がかなり違って見えました。

↑天神尾根の登山者カウンターは熊穴沢避難小屋の近くに設置していました。前を人が通るとセンサーが反応してカウントする方式です。かじかむ手で部品を解体し、ザックに収納した頃には雪が降り始めました。

↑天神平に戻ってきたときには雪は本降りでした。スキー場のオープンが待ち遠しいですね。

↑一方こちらは12/1の三国峠の様子です。登山口は晴れていましたが、峠には新潟県側から冷たい雲が押し寄せていました。

↑三国峠の登山者カウンターは権現の灯籠の傍に設置していました。この先を登ると三国山に着きます。吹雪いてはいませんでしたが、風がとても寒かったです。

撤去した登山者カウンターは来年の6月頃まで事務所で保管します。登山者カウンターが外されている11月~翌年の6月頃の間は、基本的に山の中に雪があると考えてください。入山する場合は、雪山に対応できるしっかりした装備が必須ですので十分注意しましょう。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ