ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年5月

35件の記事があります。

2017年05月31日ギャラリーぷらざ長野で写真展part②

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

今日は写真展の設営を行ってきました!

01設営中

 

今回は『ギャラリーぷらざ長野』で実施しています。

02ギャラリーぷらざ長野

長野駅から徒歩10分ほどのToiGOやもんぜんぷら座のある交差点にあります。

 

テーマは「妙高戸隠連山国立公園の風景」です。

03内装

 

■詳細

 開催期間:6月1日(木)~7月11日(火)

      ※土日祝日閉館

 開館時間:午前10時~午後4時

 

こちらのポスターが入り口に貼ってあります!

04ポスター

ぜひお越し下さい♪

ページ先頭へ↑

2017年05月31日無人島:小島を調査!

伊勢志摩国立公園 麻生里衣

こんにちは。

伊勢志摩のアクティブ・レンジャー麻生、2度目の日記です。

5月25日、すぐ隣の「大島」と並んで先島半島の布施田沖の外洋に浮かぶ「小島」という小さな島で、現地の植生や外来種の侵入などの状況を調査しました。

小島は伊勢志摩国立公園の「第一種特別地域」という規制地域に指定されており、景観の維持が厳しく行われています。島には漁業関係者の方が年数回訪れる程度で、ほとんど人の出入りがないのだそうです。今回は特別な許可を得た上で、通常立ち入ることができない島に入れていただきました。

無人島の調査...。

ミステリーを感じながら船に乗り込みます!

しかし、この日はあいにくの大雨。

そして、私の自前レインウェアは摩耗で雨水を通すようになったようで、完全に雨水スルー状態。びしょぬれになりながら島へ上陸。

そして、しばらくすると雨が止みました。さっそく調査へ!

外来植物は数種類が確認されたものの、数は限定的のようで少し安心しました。

在来の植物たちも花を咲かせています♪

画像:ハマヒルガオ

画像:キケマン

画像:ハマダイコン

小島でも、志摩でよく見られる縦じま模様の地層が露出しています。

地殻が地中に入り込む過程で力が加わり、縦縞模様が出来上がるのだとか。

そして、近くの磯場から打ち上げられた、海藻の種類の多さにも驚かされます。

「海でマリモ発見!?」と思えば、タマミルという種類の海藻だそうです。

まるっこさがかわいい...。

画像:タマミル

この日は波が穏やかだったので、近くに海女さんのものと思われる漁業船も点々とあり、まさに"人々の暮らしと自然が融合"した伊勢志摩の風景が見られました。

ページ先頭へ↑

2017年05月30日530運動&外来生物も一緒に!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

天気が良いと景色は最高ですが、日が照って暑いです・・・水筒と帽子は必須ですね!

 

今日は5(ご)3(み)0(ゼロ)ということで、ゴミゼロの日!

北信森林管理署主催で戸隠森林植物園を中心に美化活動を実施しました。

01ゴミゼロ集合

 

6班に分かれて、それぞれゴミ拾いに繰り出します。

02鏡池班くりだす

 

しかっし!今回の目的はゴミだけではありません!

狙いは外来生物(特に県道沿いのハルザキヤマガラシ)!

03ハルザキ見本

 

森林植物園の駐車場~戸隠神社奥社入口の駐車場の約600mの間だけでも沢山ありました!

04とれたハルザキ

 

私は鏡池班で、八十二森のまなびや~鏡池まで歩きました。

鏡池までの道中、水たまりにはカエルの卵が!もう少しでオタマジャクシです♪

05もうすぐオタマ

 

道中にはリュウキンカや

06リュウキンカや

 

イワカガミも

07イワカガミも

 

駐車場の入り口にはカタクリ!

08P入り口カタクリ

 

道沿いはニリンソウが満開でした!

09鏡池手前ニリンソウ

 

土手で外来種のセイヨウタンポポを発見!みなさん夢中で抜きます。

10土手でセイヨウタンポポ

 

最後にみんなで記念撮影。おつかれさまでした!

11記念撮影

 

戸隠を散策する時はぜひこちらをご覧下さい。

○戸隠おさんぽマップ

http://www.togakushi-21.jp/walking/

 

散策で満足できない方は、ロングトレイルに挑戦!

○戸隠古道大ウォーク(7月1~2日です。申し込み受付中!)

http://togakushi-21.jp/events/2017/04/post-103.php

ページ先頭へ↑

2017年05月29日ライチョウの様子

中部山岳国立公園 中山博人

こんにちは、立山自然保護官事務所の中山です。

平地では30℃近くにもなる暑い日もありますが、標高2450m程度の立山室堂は未だに豊富な残雪に覆われています。

暑さや雨により雪解けが進み、「ハイマツ」という背丈が低いマツの木が目立つようになりました。

そのハイマツ周辺やハイマツ帯の中で、種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている「ライチョウ」をよく見かけます。

ハイマツ周辺だけでなく、岩の上でオスが見張りをする姿や雪の少ない場所で番(つがい)で行動する姿も見かけます。

【見張り中】512日撮影

一際目立つところで動き回って周辺を見回していました。縄張りを守るための見張りをしていたのかと思います。

見張り中

【番で行動中】524日撮影

オス(右)がメスの後をつくような形で、草をつっついていました。

番で行動中

ここで皆様に、ライチョウを観察・撮影するときのお願いがあります。

○これからライチョウは卵を産み、子育ての時期に入ります。あまり近づきすぎないよう、少し離れて見守るようにしましょう。

○雪解けがさらに進むと、ハイマツ以外の植物もどんどん見えてきます。ライチョウにとってはそれらの植物がエサとなりますので、植物を踏み荒らしたり採取したりしないようにしましょう。

ページ先頭へ↑

2017年05月26日『保護と利用』の先進地-五色ヶ原- @乗鞍

中部山岳国立公園 丸山由起子

5月20日(土)は五色ヶ原の開山祭でした。

 

 

五色ヶ原は中部山岳国立公園の南端に位置し、乗鞍岳の岐阜県側山麓に広がる

溶岩台地にできた森です。

 

認定ガイドが同行することでのみ入山が可能で、オーバーユースにならないよう

入山者の人数制限も行われています。

国立公園というと自然を守る「保護」だけをしていると思われがちですが、

適正な「利用」も推進しています。

ここ五色ヶ原のシステムは、まさに 『自然を守りつつ利用する』 という

先進的な取り組みで、岐阜県丹生川村(現高山市)が2004年にスタートさせました。

案内してくださるガイドさんたちは地元の自然を熟知しており、五色ヶ原の植生や地形、

生活と山との関わりなどいろいろな話をしてくれます。

 

<出発前のレクチャー風景>

  

 

「岐阜の宝もの」にも認定されている五色ヶ原の魅力はなんといっても『 豊富な水 』!

 

旧丹生川村はダムを作らなくても水力発電が可能なほど豊富な水に恵まれた土地だそうで、

コース中にはたくさんの素晴しい滝があります。

 

<青垂(あおだれ)の滝 雄滝>

寝っ転がると、柱状節理の段々岩を水が流れ落ちてくる様が、一層の迫力で見えるそうです。

 

こんな感じに見えました。

 

 

<布引の滝>

水の流れが幾重もの糸のように繊細に広がっていて、水のベールのようでした。

 

 

驚くことに、上に紹介したふたつの滝は、湧き水の流れでできているのだそうです。

布引の滝の上部をクローズアップするとこんな。 

 

川じゃないでしょう?

それでこんなにも大きな滝ができるなんてすごいですね!

 

 

この豊富な水が、乗鞍の溶岩の巨岩が積み重なった地形とあいまって、

素晴らしい苔むす森をつくっています。

苔好きにはたまらないようで、新たな苔を発見すべく訪れる研究者も

後を絶たないようですよ。

 

どうぞ五色ヶ原を訪れてみてください。

豊富な水が作り出す豊かな自然の表情と、その自然を愛するガイドさんたちの話に

魅了されるはずです。

詳しくはこちらにて↓

「五色ヶ原公式サイト http://goshiki2004.com/ 」

ページ先頭へ↑

2017年05月26日週末の予定はお決まりですか?

中部山岳国立公園 上高地 関根陽太

こんにちは。

上高地は、標高約1,500mから3,000級の山々を間近に眺められます!

とは言っても、バスやタクシーで楽々アクセス!

    

次々に芽吹き花咲く植物や、穂高連峰に残る雪を見に出かけませんか?

   

 

    

    

写真の方は、「この景色の中でのんびり」が目的でいらっしゃったとのことでした。

素敵ですね~!いい感じ~!

    

こんな週末はいかがでしょうか?

ページ先頭へ↑

2017年05月26日野尻湖でゆっくりできるように・・・

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

5月25日(木)に野尻湖で草刈りをしてきました。

午前中雨が降っていましたが、午後は曇りで草刈り日和!

01野尻P草刈り

 

この時期は気温もぐんぐん上がって下草がものすごい勢いで伸びます!

下草を放っておくと虫がわいたり気持ちよく過ごせる湖畔ではなくなってしまいます。

 

訪れた方が気持ちよく過ごせるように、野尻湖と親しむプロジェクト(通称野尻P)のみなさんと一緒に、ナウマンゾウのモニュメントの設置や湖畔の草刈りをして、環境整備をしています!

 

こんな穴場スポットもあるのですが・・・この場所の活用方法も考えています。

02穴場スポット

 

妙高山を背に・・・!みなさん歴戦の戦士といった雰囲気!カッコイイです!!

03歴戦の戦士

 

湖畔から湖をのぞくとエビが沢山いました(探してみてください)!

04エビ

ヒント:真ん中あたり

 

その後は野尻湖ナウマンゾウ博物館のリニューアルに向けて、地元の方と活用方法を考える実行委員会です!

05ナウマン博会議

 

帰り道は黒姫山が少し姿を見せてくれました。

あぜ道をサイクリングしながら走り抜けたら、とっても気持ち良さそうです♪

06黒姫山と水田

 

この時期は田んぼに水を張ったばかりで、水田が一面鏡のように景色を写してくれます。

こんなに素敵な風景があちこちで見られる妙高戸隠連山国立公園に是非遊びに来てみて下さい!

 

○見所はこちら!

http://www.env.go.jp/park/myokotogakushi/guide/view.html

ページ先頭へ↑

2017年05月25日根子岳で遭難対策協会の春期訓練がありました

上信越高原国立公園 アクティブレンジャー 前田久美子

5月24日(火)に菅平湯の丸地区山岳遭難防止対策協会(略して遭対協)の春期訓練がありました。

01訓練開始

 

遭対協の春期訓練では、本格的登山シーズンに入る前に登山道の安全点検なども行っています。

登山道に覆い被さっている倒木をよけたり、道迷いしないように目印をつけたり・・・みなさんが安全に登山できるように遭対協の方々が現地確認をして下さっているんです。

02倒木処理

 

根子岳の登山道には桜やショウジョウバカマが咲いていました。

03桜

 

04ショウジョウバカマ

 

高校生の修学旅行の学校登山の一行に遭遇!登山中もおしゃべりに花が咲き、高校生は超元気です(笑)

04高校生

 

根子岳山頂からは四阿山が見えます。まだまだ雪が沢山残っています。

05四阿山

※四阿山の山頂付近や四阿山~根子岳への縦走ルートには沢山の雪が残っています。

 お気をつけ下さい。

 

根子岳から小根子岳の間にも雪が残っていました!

06根子~残雪

 

下山中にキジや・・・

07キジ

 

モズの姿も!

08モズ遠望

 

09モズ拡大

 

これから本格的に登山シーズンに入ります。

遭対協の方々のお世話にならないよう、登山の際は十分な準備と下調べをして臨んで下さいね!

ページ先頭へ↑

2017年05月25日レンジャー写真展開催!

国指定藤前干潟鳥獣保護区 吉塚藍

5月末、葉が生い茂り、太陽が明るくなってきた藤前干潟からこんにちは。

梅雨がまだ来ていないのですが、暑さを感じる日も多く、すでに夏が始まっている気持ちでいるアクティブレンジャーの吉塚です。

最近夜寝る前のレモン水にはまっています。夏バテに気をつけて元気にいきましょう!

さて、今年もレンジャー写真展が始まります!

「中部地方の生きもの、風景」をテーマに国指定鳥獣保護区の藤前干潟、白山国立公園、伊勢志摩国立公園の3つのエリアでレンジャー、アクティブレンジャーが撮影した作品が並びます。

各エリア周辺の会場での巡回展となるのですが、まずスタートは私たち藤前干潟エリアでの開催です!

------------------------------------------------------------

6月1日(木)~6月29日(木) 碧南海浜水族館・碧南市青少年海の科学館

http://www.city.hekinan.aichi.jp/aquarium/

また写真展期間中、6月18日(日)には私たちも写真展に行って1日限定イベントを行います!

限られた時間ですがレンジャーへの質問を募集し、レンジャーが質問に答える時間とパタパタ鳥工作教室を開催します。

レンジャーという仕事に興味のある方や親子でおでかけする方は、ぜひお立ち寄り下さい。


(パタパタ鳥です。羽をパタパタと動かせます。オリジナルで色塗りも出来ちゃいます。)

------------------------------------------------------------

その後、写真展は7月・8月に白山国立公園エリア、10月・11月に伊勢志摩国立公園エリアを巡回し、来年の1月にはまた藤前干潟エリアに戻ります。

展示する写真は私たちが業務で出会い、撮影したもので、改めて中部地方には恵まれた自然環境がたくさんあると感じています。

ぜひ自然に興味のある方は、レンジャー写真展へお越し下さい!

ページ先頭へ↑

2017年05月24日上高地ビジターセンターで総選挙

中部山岳国立公園 上高地 関根陽太

こんにちは。

  

徐々に葉が芽吹く上高地。

野鳥たちがさえずり、求愛や縄張り宣言が繰り広げられています。

   

そんな中、上高地ビジターセンターでは「AKB14選抜総選挙」が行われています。

AKB:あなたの上高地バード)

   

どの野鳥がお好みですか?

   

バスターミナルから、ほんの少し歩くだけで野鳥はすぐそこに!

上高地の野鳥は警戒心が低いようで、間近で観察できることも多いです。

投票は714日までの予定です。

その後、開票結果は上高地ビジターセンターで発表します!

   

また、6月20日までの土日は週末バードウォッチングを開催しています。

こちらもぜひ、ご参加ください。

   

お問合せは上高地ビジターセンターまで

0263-95-2606

  


ページ先頭へ↑

ページ先頭へ