ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年04月21日白山から 初めまして

白山国立公園 大石佳織

皆さま、はじめまして。
4月から白山自然保護官事務所にやってきたアクティブ・レンジャーの1人※、大石佳織と申します。
3月まで南アルプス自然保護官事務所のアクティブ・レンジャーをしていましたが、これから白山でお世話になります。白山初心者なので白山のことを学びながら、皆さまに旬な情報や魅力を発信していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

さて、話は4月3日、着任した日にさかのぼります。
白山国立公園はいわゆる「豪雪地帯」に位置しており、世界でも有数の積雪を誇る地域になります。当然、白山自然保護官事務所がある白山市白峰も豪雪地帯なわけで、4月というのに周辺は雪、雪、雪!!!
豪雪地帯での生活経験が皆無の私は、もうこれだけでテンションが上がりました(さすがに2週間以上経つと落ち着いてきましたが)。

そして、出勤初日。出勤前に白山を見たくて、事務所から1kmほどの距離にある国立公園センターへ。ここから白山を見ることができます。この日、白山は青空の下、真っ白に輝いて本当にきれいでした!
出勤初日の白山
(白く輝く白山。右から御前峰、大汝峰、七倉山。4月3日撮影)

また、白峰の集落から市ノ瀬、別当出合(白山の登山口の一つ)へ向かう道路は冬期通行止めのためゲートが閉まっており、周辺は雪だらけでした。

(白峰から市ノ瀬へ向かう道のゲート。4月4日撮影)
ゲートの先は冬期通行止め解除に向けて作業中です。通行できるのは、まだもう少し先のようです。

さらに国道157号沿いの神社(堂埜森神社)では、こんな光景も・・・

(半ば雪に埋もれた狛犬。4月3日撮影)
よく見ると狛犬が木枠の中に入っています。変わっているなと思いましたが、これは雪囲いなのですね。こんな基本的なことも知りませんでした。

地元の方によると、今年は雪解けが遅いそうです。
暖かい日が続いた4月10日には山頂が黒くなった!と思ったら、4月20日には山頂はまた白くなっていました。

(上:4月10日の白山。大汝峰山頂は雪が溶けたように見えます。
 下:4月20日の白山。山頂がまた白くなっています。)
雪が溶けたり積もったりを繰り返しながら春を迎えるんですね。
まだ雪をまとっていますが、新緑の季節や登山シーズンが今から待ち遠しいです!


※今年度から白山のアクティブ・レンジャーは二人となりました。もう一人のアクティブ・レンジャーは4月に白山にやってきたフレッシュマンです!近々この日記を更新しますので、こちらもお楽しみに!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ