ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年11月

12件の記事があります。

2016年11月28日伊勢志摩国立公園指定70周年

伊勢志摩国立公園 志摩 アクティブレンジャー 半田俊彦

伊勢志摩国立公園は1946年11月20日に

戦後初、全国で13番目の国立公園として指定されました。

そして今年は指定70周年記念の年にあたり、

11月20日には記念式典と、それに併せて

「全国エコツーリズム大会in伊勢志摩」が20日から22日に開催されました。

式典で挨拶する中部地方環境事務所の三村所長。

式典では自然公園関係功労者環境大臣表彰などが行われました。

式典に続いて行われた全国エコツーリズム大会では、

日本旅行業協会会長の田川氏による基調講演や、

「世界が訪れたくなる伊勢志摩国立公園」と題した

パネルディスカッションが行われました。

2日目は12コースによるエクスカーションが開催され、

志摩自然保護官事務所からは「近畿自然歩道ウォーキング」に参加しました。

近畿自然歩道を歩くだけでなく、

海女小屋で食事をしながら海女さんとのふれあいや、

アコヤガイから真珠を取り出すなどの体験も楽しみました。

3日目は評価会・分科会が開催され、

評価員によるエクスカーションの評価が実施されたほか、

分科会ではインバウンド受入れなどについての議論がされました。

指定70周年の節目を祝うだけでなく、エコツーリズムを通して

地域の価値や自然を守ることの意味を皆で考えることの出来た3日間になったと思います。

期間中は準備や運営に忙しかったですが、

参加者からの好評を得ることが出来たのが一番のやりがいにつながりました。

ページ先頭へ↑

2016年11月24日*薪割り体験をしました*

白山国立公園 アクティブレンジャー 小島永莉子

 少し時間が経ってしまいましたが、先月10月30日、白山しらみね薪の会との共催で自然観察会「市ノ瀬で薪割り体験~山の恵みを感じよう~」を開催しました。秋晴れの気持ち良いお天気で、参加者もスタッフも山を満喫してきました!その様子をお知らせします。

                                                                     

<プログラム①炭窯ツアー>

 市ノ瀬にある岩屋俣谷園地を利用して、炭窯跡を見学するツアーを実施しました。この岩屋俣谷園地には炭窯跡が2つあり、昔はこの場所で木を伐り出し、炭を作って生計を立てていました。また、オニグルミ、クリ、カエデ、マタタビの実などの植物、イノシシやクマの痕跡も観察できました。

白山しらみね薪の会の風さんから炭の作り方について教えてもらいました。

今年はミズナラが豊作でたくさんのどんぐりが落ちていました。先っぽからもう根っこを出しています。

パークボランティアさんが紅葉(黄葉)のしくみについて話してくれました。みなさん真剣に聞いていました。

ツアーの折り返し地点である白山展望台からは白山がきれいに見えました。

<プログラム②薪割り体験>

 ツアーの後はいよいよ薪割りです。薪割りの注意点について教えてもらい、薪割り機を使って実際に薪を割ってみました。斧で割るととても労力が要りますが、薪割り機ならすっとレバーを引くだけで薪がきれいに割れました。

チェーンソーでの玉切りを見せてもらいました。コの字型に刃をいれるのがコツだそうです。

レバーを引くだけですが、きれいに割れると何だか楽しい!

たくさん割りました。

<プログラム③山の恵みを知る>

 薪割りが一段落したところで薪を燃やしてみました。伐ったばかりの木は水分を多く含んで燃えにくいので、使うのはあらかじめ乾燥させておいたものです。火がついたらお湯をわかしクロモジ茶を作り、山で採れたオニグルミ、クリ、ブナの実を味わいました。何の味付けもしていない自然そのものの味は、素朴ですがとても美味しく幸せな気分にさせてくれました。

なかなか火がつかず苦戦しました。

オニグルミは堅いので、ハンマーを使って割ります。力が弱いと割れないし、強いと中身までつぶれてしまうし、力加減が難しかったようです。

クロモジ茶も良い香りがしてすっきりとした味わいで、みなさん山の恵みを堪能しました。

 今回のテーマは「山の恵み」でした。この日のプログラムを通して、山は①生業の場を提供してくれること、②薪(燃料)を作るための木を育むこと、③木の実やキノコなど食糧をうみだすこと、ということを、参加者に伝えることが出来たと思います。きっとまだまだあるはずです。私自身、今回の観察会を企画する中で、いかに山から恩恵を受けているかをひしひしと感じました。山麓に住む人々にとって、山は昔から生活に関わる重要な存在でしたが、都会で暮らす人々にとっても全く無関係ではなく、何らかの形できっと関わりがあると思います。人と自然のつながりを改めて考えてみる観察会でした。

ページ先頭へ↑

2016年11月22日上高地閉山式!

中部山岳国立公園 上高地 佐藤怜子

木々の葉は落葉しはじめ、すぐそこまで冬が近づいてきている 松本からこんにちは。

   

上高地は、今年も11月15日に閉山いたしました。

閉山式も無事に行うことができ、上高地自然保護官事務所も無事に閉所することができました。

来年の4月、上高地自然保護官事務所を開所するまでの期間、私たち上高地事務所職員は松本自然環境事務所勤めとなります。

だから、「松本からこんにちは」となるのです。以後、よろしくお願いいたします。

     

さて、上高地閉山式の話に戻りますと、閉山式は河童橋のたもとで執り行われました。

当日、朝は雨降り。少しずつ天気は回復し、式が始まるころには曇空となりました。

【曇天の開式前】

    

    

閉山式に立ち会おうと、多くの人々が集まりました。

式の初めを告げた時、丁度光が差し込んできて、まるで無事に閉山式を行えたことを祝うかのようでした。

【日の光が差し込みました!!】

    

    

神事では、穂高岳方面に向かって穂高神社の宮司さんが祝詞をあげ、参列者が玉串を供えました。

【我らが環境省の玉串奉納の様子】     【祝詞をあげる様子】

無事に閉山式を行うことができたこと、また、そこに立ち会うことができたこと、ありがたい限りです。

山々への感謝の気持ちを込めて、佐藤も頭を下げました。

【河童橋のたもとに集まった人々】       【環境省長野事務所所長の挨拶】

その後には、河童橋の上で樽酒が振る舞われました。

橋の上は混み合い、残念ながら樽を割る瞬間を写真に撮ることが出来ず・・・。

【樽酒を割る瞬間~音だけ楽しめました~】 

上高地を訪れて下さるみなさま、また来年元気でいらして下さいね!!

そして 我々は、

冬山の安全や、また来年無事に上高地開山を迎えられることを願い、上高地をあとにしました。

ページ先頭へ↑

2016年11月18日鳥と私と藤前干潟

国指定藤前干潟鳥獣保護区 西部理恵

藤前干潟からこんにちは。

アクティブ・レンジャーの西部です。

突然ですが、最近、私がはまっていることは、何でしょう?

といってもわかる訳がないですよね。

それは、鳥を見ること。

鳥獣保護区のARが何を言っているんだ?!とお思いでしょうか。

当然です。私もきっと、そう思ったと思います。

けれども、私は今まで海の勉強はしてきましたが、藤前干潟に来るまでは「鳥」を見る、

という経験はほとんどありませんでした。それに加えて、自然保護官事務所のある稲永ビジターセンターの隣には、名古屋市野鳥観察館があり、鳥で分からないものがいれば、野鳥館のベテランスタッフに聞くことが多いのです。

ところが最近、ひょんなことから、事務所のフィールドスコープを引っ張り出す機会があり、

平賀ARと巡視に行く時には双眼鏡だけでなく、このフィールドスコープを持ち歩くようになりました。

当たり前ですが、フィールドスコープでのぞく世界は、双眼鏡の時よりもぐっと鳥が近い!

鳥たちのちょっとしたしぐさや、飛び立つときの顔、などが良く見えます。

藤前干潟に来てから、1年半と少しになりましたが、ここにきて改めて鳥を見る楽しさに目覚め、藤前干潟の魅力を再認識している私なのでした。

でも、写真に撮るのは難しい!

というわけで、1116日に撮影した藤前干潟の鳥たち。

今までよりも、ちょっとだけ動きのある写真になったのではないかな?と思うのですが、いかがでしょうか。

ハマシギ3羽 ハマシギ(手前)とシロチドリ(奧)

<ハマシギ3羽 一心不乱>        <ハマシギ(手前)とシロチドリ>

ちょこちょこ動くチドリ類は、撮影が難しい!

ズグロカモメ ズグロカモメ

<ズグロカモメ ねらいを定めてっ!(左)・・・ あれ?すました顔?(右)>

ズグロカモメとユリカモメ ズグロカモメの飛び立ち

<ぴんぼけ:ズグロカモメ(上)とユリカモメ>  <ズグロカモメ 飛び立ち>

今回見られた鳥の情報

※ハマシギ(チドリ目シギ科) 準絶滅危惧種

※シロチドリ(チドリ目チドリ科) 絶滅危惧Ⅱ類(VU)

※ズグロカモメ(チドリ目カモメ科)絶滅危惧Ⅱ類(VU)

※ユリカモメ(チドリ目カモメ科)

写真にはありませんが、カモ達も沢山、飛来してきています。

雄は換羽して綺麗な羽色になってきていますよ。

干潟の鳥は遠いところにいるし・・・

鳥を見るのは良くわからない、という方は、ぜひ今週末の環境学習プログラムにご参加ください!

稲永ビジターセンターが今季開催している環境学習プログラムは、初心者の方を対象としたプログラム。

テーマは、「干潟の世界はじめの一歩」なのですが、次回は「鳥編」なのです!

この時期に沢山やってくるカモを見る講座です。

気負わず参加出来るプログラムですので、ぜひご参加くださいね。

●藤前干潟へ行こう!干潟の世界へのはじめの一歩~トリ編~

 冬になると藤前干潟にはカモが沢山やって来ます。

 群れで行動することが多いカモですが、その中にはカップルがいたり、

 1羽だけちょっと違うカモが混じっていたり、そんなカモを探してみましょう。 

 日 時:平成28年11月27日(日) 10:30~12:30

 場 所:稲永ビジターセンター(名古屋市港区野跡4-11-2)

定 員:20名(先着順)

 参加費:おとな200円、小中学生100円、幼児無料

 主催等:環境省中部地方環境事務所

     藤前干潟ふれあい事業パートナーシップ事業

 申込み・問合せ先:稲永ビジターセンター(TEL:052-389-5821)

★その他、藤前干潟の環境学習プログラム 今後の予定★

●石ころ干潟観察会~漂着物で工作!~

 藤前干潟の石ころ干潟には、生きもの以外にも見つかるものがあります。

 それが漂着物。

海岸に流れ着いた漂着物を拾ってきて工作してみよう!

 日 時:平成28年12月3日(土) 13:00~15:30

 場 所:藤前活動センター(名古屋市港区藤前二丁目202番地)

定 員:20名(先着順 11/19より受付開始)

 参加費:おとな200円、小中学生100円、幼児無料

 主催等:環境省中部地方環境事務所

     藤前干潟ふれあい事業パートナーシップ事業

 申込み・問合せ先:藤前活動センター(TEL:052-309-7260)

★藤前干潟のイベント情報は下記HPでチェックしてください!

http://chubu.env.go.jp/wildlife/fujimae/event/index.html

ページ先頭へ↑

2016年11月11日名古屋・白山・伊勢志摩レンジャー写真展@伊勢志摩国立公園

伊勢志摩国立公園 アクティブレンジャー 半田俊彦

中部地方の「国指定藤前干潟鳥獣保護区」、「白山国立公園」、「伊勢志摩国立公園」のレンジャーとアクティブ・レンジャーが撮影した自然の風景や生き物たち。

今年も名古屋・白山・伊勢志摩を巡回して展示しています。

11月・12月は第3回目の開催地となる伊勢志摩国立公園での開催です。

 

11月3日から11月28日までは志摩市の横山ビジターセンターで開催しています。

12月3日から12月25日までは度会郡南伊勢町の愛洲の館で展示をします。

 

どちらも無料で写真展を御覧いただけます。

伊勢志摩国立公園へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

詳しくは、こちら↓を御覧下さい。

http://chubu.env.go.jp/to_2016/1112.html

ページ先頭へ↑

2016年11月10日藤前干潟の大掃除

国指定藤前干潟鳥獣保護区 西部理恵

<そこらじゅうでヒョコヒョコ歩いているハクセキレイ>

早いもので、今年ももう11月に突入してしまいました。

藤前干潟から、アクティブ・レンジャーの西部です。

藤前干潟は伊吹山から吹き下ろしてくる風が強く、こんな内湾部でありながら波がうねる日が続いており、寒い寒い冬の到来を感じます。しかし、寒いとはいえ、楽しみもあります。事務所の前にあるグミの木には、たくさんのカワラヒワがやってきて一生懸命に実をついばむ姿が見られ、時折ジョウビタキもやってきます。

この時期にやって来る小鳥たちの姿に心が和む私たちなのでした。

 

<ちょっと画面が暗いですが・・・カワラヒワ>

さて、そんな冬の装いの藤前干潟では、少し前のことですが、とても沢山の人たちが集まるイベントがありました。藤前干潟の大掃除、干潟に溜まっているゴミや放置されたゴミを撤去する大掃除が行われたのです。

1つめは、

昨年度も行った国指定藤前干潟鳥獣保護区内の日光川護岸での不法投棄ゴミ撤去活動。

今年は少し時期を早めて10月25日(火)に、愛知県産業廃棄物協会名古屋支部と、愛知県、名古屋市、 中部地方環境事務所が協力して、ごみの撤去活動を行いました。

2つめは、

春と秋の恒例行事として定着してきた、藤前干潟クリーン大作戦。

今年の秋は、10月29日(土)に、庄内川の中堤や新川、藤前干潟の護岸に多数の一般市民が参加して大規模なごみ清掃活動が行われました。

まずは、1つめの日光川不法投棄ゴミ撤去活動。

少し天気が心配された10月25日(火)でしたが、100名を超える人が集まってゴミの撤去作業を行うことが出来ました。日光川の護岸は、今年も不法投棄ごみや漂着ごみがたまっている状況ではありましたが、全体としてのゴミの量は、年々、少なくなってきているようです。

今回の掃除箇所は、昨年と同じ2箇所でごみの撤去活動を行いましたが、1箇所では作業が早く済んだため、もう1箇所を集中して行うことが出来ました。

  

【撤去活動の様子】

最終的に回収したゴミの量は、可燃ゴミが1,710kg、不燃ゴミが1,420kgだったそうです。

その他にもタイヤなどの大きなゴミが回収されましたが、回収したゴミの量から見ても昨年度は5トンだったそうなので、減ってきたと言えると思います。

毎年行ってきたこの撤去作業によって、キレイになった干潟にはゴミが捨てにくいという状況が出来上がっていることや、ニュースなどで配信されることで、ゴミを不法投棄してはいけない、という意識が広がりつつあるのかもしれません。

参加されたみなさん、ありがとうございました。

次に、2つめの市民によるゴミの清掃活動。

今回で25回目を迎える藤前干潟クリーン大作戦は、毎年1000人を超える市民の方が集まる春と秋の恒例行事として定着してきました。

2016年の秋は、10月29日(土)に朝から大勢の人たちが藤前干潟周辺に集結してゴミ拾いを実施しました。前日には雨が降っており開催が危ぶまれましたが、当日は朝から快晴で多くの人が集まることが出来て良かったと思います。掃除の最後には、事前希望者を対象にした藤前干潟の観察会も実施されました。

 

 

 

【クリーン大作戦、干潟観察会の様子】

この干潟観察会は、名古屋自然保護官事務所が協力して行っています。当日は、沢山の人が清掃活動の後に残って観察会を楽しんでいかれました。長く干潟にいると少し肌寒かったかもしれませんね。

こんな風にして、藤前干潟では沢山の人たちが清掃活動に関わってくれています。

クリーン大作戦は、来年度も春、秋と開催される予定です。こちらの清掃活動には、どなたでも参加することが出来ますので、興味を持たれた方はぜひご参加ください。

こうした干潟に落ちているゴミは、自然には土に帰ることのないゴミも混ざっています。すぐにゴミがなくなる、ということはありませんが、来年の春には今年よりももっとゴミが少なくなっていると良いですね。

藤前干潟の夕日が美しい季節になってきました。

冬鳥も少しずつ増えていますので、ぜひ、藤前干潟に遊びに来てください。

<左:ダイゼン、右:ハマシギ>

★藤前干潟の環境学習プログラム 今後の予定★

●石ころ干潟観察会~カニさんを探してみよう!~

 干潟と一言で言っても、いろいろなタイプの干潟があります。

 今回は、石ころ干潟(礫干潟)で「カニ」をテーマに観察会を開催。

 石ころ干潟にすむカニの特徴や生態を通じて、干潟の環境について学んでみよう。

 日 時:平成28年11月13日(日) 10:00~12:30

 場 所:藤前活動センター(名古屋市港区藤前二丁目202番地)

 定 員:20名(先着順)

 参加費:おとな200円、小中学生100円、幼児無料

 主催等:環境省中部地方環境事務所

     藤前干潟ふれあい事業パートナーシップ事業

 申込み・問合せ先:藤前活動センター(TEL:052-309-7260)

●藤前干潟へ行こう!干潟の世界へのはじめの一歩~トリ編~

 冬になると藤前干潟にはカモが沢山やって来ます。

 群れで行動することが多いカモですが、その中にはカップルがいたり、

 1羽だけちょっと違うカモが混じっていたり、そんなカモを探してみましょう。 

 日 時:平成28年11月27日(日) 10:30~12:30

 場 所:稲永ビジターセンター(名古屋市港区野跡4-11-2)

 定 員:20名(先着順)

 参加費:おとな200円、小中学生100円、幼児無料

 主催等:環境省中部地方環境事務所

     藤前干潟ふれあい事業パートナーシップ事業

 申込み・問合せ先:稲永ビジターセンター(TEL:052-389-5821)

★藤前干潟のイベント情報は下記HPでチェックしてください!

http://chubu.env.go.jp/wildlife/fujimae/event/index.html

ページ先頭へ↑

2016年11月08日閉山式まであと1週間!

中部山岳国立公園 上高地 関根陽太

こんにちは。

  

皆さん、上高地は11月15日で閉山となります!

今年の4月からアクティブ・レンジャーとして勤めておりましたが、あっという間でした!

利用者指導、外来植物やニホンザルの人慣れ対策、登山者カウンターの管理など

来年は、さらにアクティブに活動していきたいと思います!!

  

上高地の美しい景色は、毎日違った景色でした。

河童橋からの景色を振り返ってみたいと思います!

  

河童橋からの風景(2016年4月~11月撮影)

  

色づいたカラマツと冠雪した穂高連峰、まだ間に合いますよー!!

ページ先頭へ↑

2016年11月07日> アクティブ・レンジャー写真展@新穂高 <

中部山岳国立公園 丸山由起子

こんにちは。

松本・平湯地区担当の丸山です。

 

新穂高ロープウェイしらかば平駅「飛騨乃風」にて、アクティブ・レンジャー写真展が始まりました!

 

飾られている写真は、長野自然環境事務所管内のアクティブ・レンジャーが昨年度一年間に撮影した

「これぞ!」という1枚1枚です。

 

 

今回は "アクティブ・レンジャーの1年" をコンセプトに、撮影時期を5月から1月へと並べてみました。

長野自然環境事務所管内の国立公園は山岳が中心で、冬は雪に閉ざされ山が眠りに入ってしまいます。

そのため我々アクティブ・レンジャーもほとんど現場に行けず、6~10月の写真が多くなっています。

そんな背景を感じていただきつつ、アクティブ・レンジャーが捉えた一瞬の風景を、季節の移ろいの

様子とともにお楽しみいただければ嬉しいです。

 

展示は、「こだわりの芸術監督」上高地の佐藤AR(アクティブ・レンジャー)指揮のもと、

満足のいく仕上がり(写真の配置、ライティングなど)となりましたので、そのあたりも

感じていただけるとなお嬉しいです♪

 

また、ライチョウ"愛" からライチョウコーナーを設けてあります♪♪

ぜひ、環境省の生物情報 収集・提供システム<いきものログ>へ、ライチョウ目撃情報の登録を

よろしくお願いいたします!

→ いきものログ ライチョウ目撃調査

 

 

~ アクティブ・レンジャー写真展@新穂高 ~

場所:   新穂高ロープウェイ しらかば平駅「飛騨乃風」

開催日時: 11/2~11/24 9:00~16:30 無休

入場無料!!!

~~~

 

ページ先頭へ↑

2016年11月07日*白山周辺の紅葉情報*

白山国立公園 アクティブレンジャー 小島永莉子

 112日に白山での初冠雪を確認しました。あっという間に冬が訪れます。白山国立公園内の施設も着々と冬に向けての閉鎖作業が行われています。

<施設情報>

甚之助避難小屋・・休憩室、冬季トイレが利用可能です。水はありません。

中飯場・・・使用できません。

別当出合・・・冬季トイレのみ使用可能です。

市ノ瀬ビジターセンター・・・閉館しました。

 さて、冬支度中といってもまだまだ山を楽しみたいという人も多いはずです。そこで白山の紅葉の様子を少しご紹介します。

 現在は市ノ瀬周辺、だいたい標高830mあたりが見頃です。その先の別当出合はもう終わりかけですが、まだ車で通行可能ですのでドライブしながら気軽に紅葉を楽しむことができますよ。別当出合には無料の駐車場もあります。現在吊り橋の工事のため砂防新道は通行できませんので、登山をされる方は観光新道をお使いください。

【現在の別当出合】吊り橋工事中です。


【市ノ瀬】ビジターセンターの向こうの山がとても綺麗です。

 それから、白山白川郷ホワイトロードの様子です。こちらは少し前の先月21日の様子ですが、一番標高の高い三方岩駐車場(1450m)付近は紅葉の見頃は終わっていました。上から下へどんどん色づいていますし、晴れた日には白山が綺麗に見えますので、ぜひ足をのばしてみてはいかがでしょうか?ホワイトロードの全線開通期間は今週10日までですが、中宮料金所からふくべの大滝までの区間は13日まで通行可能です。

【物見山展望台から】

【遠くに見える白山】

 市ノ瀬からは紅葉と白山を見ることができます。ただし、市ノ瀬の公衆トイレは10日に閉鎖予定です。ビジターセンターも閉館中につき、10日以降は市ノ瀬周辺トイレの使用はできませんので、お越しの際は予め済ませていただきますようお願いします。

ページ先頭へ↑

2016年11月04日野反湖から北へ 秋というよりは冬

上信越高原国立公園 アクティブレンジャー則武 敏史

こんにちは、上信越高原(じょうしんえつこうげん)国立公園の志賀高原地区担当です。


志賀高原自然保護官事務所のある蓮池周辺(標高約1,500m)では、朝の気温が氷点下になる日があり、先日は積雪もありました。この時期には国道292号線(志賀草津道路)の渋峠は、凍結、積雪のため一時的な通行止めになることがあるのでご注意ください。なお、国道292号線の長野県山ノ内町陽坂ゲートから群馬県草津町天狗山ゲートまでの区間は、11月15日13時から冬期閉鎖となる予定です。


さて、10月25日は、群馬県中之条町の野反(のぞり)ダムから北へ、長野県栄村の渋沢ダムへ向かう道を歩きました。

<紅葉は終わっています。歩道はブナやダケカンバの落葉で覆われています。>


<落葉が終わり、咲いている花はないので、見るべきものがないように思われるかもしれませんが、足元を見てください。コケの胞子に朝露が付いてきれいでした。>


<同じく足元。北向き斜面を歩くようになると、霧氷の付いた葉が地表に落ちていました。>


<野反湖(のぞりこ)の奥に浅間山(あさまやま)>


<岩菅山(いわすげやま)から中ノ岳を経て烏帽子岳(えぼしだけ)付近の稜線。志賀高原は、この山並みの向こう側にある。>


では、歩道の状況です。

■刈払いが行われています。ただし、刈払われたササが歩道上に残っているところがあります。■ササや落葉に霜が付いていると滑りやすくなるので注意してください。

■水量の少ない沢をいくつか越えますが、対岸の歩道へ取付く場所に赤テープなどの目印はありません。視界の悪い時にそのまま沢を進むことの無いよう注意してください。

■「北沢」を増水時に渡渉する場合は注意が必要です。今回は水量が少ないので石伝いで靴を濡らすことなく渡渉できました。

<10月25日の北沢。この水量であれば石伝いで渡渉可能。>



なお、今回の登山口の野反ダムまでの道路(国道405号線の吾妻郡中之条町入山地内:和光原地区から野反湖まで)は、平成28年12月1日(木)午後3時から冬期閉鎖となります。ご注意ください。

また、この時期の登山は冬山に近い装備が必要となります。お気を付けてお出かけください。


<概略図。水色は湖、河川。茶色は国道、林道。魚野川流域は原生的な林がみられる。>

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ