ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年09月26日オオメダイチドリ?

国指定藤前干潟鳥獣保護区 名古屋 平賀歩美

皆様こんにちは。

名古屋自然保護官事務所のアクティブレンジャー平賀です。

だいぶ日差しも落ち着いて...秋ですね。

と思いカメラを持って庄内川左岸沿いを、巡視に出かけた914日の昼間。

ところが、この日の日中は曇り空にもかかわらず日差しはじりじりと暑く、

そして堤防の遊歩道の照り返しがまぶしくて涙がでる始末です。

藤前干潟

右下の黒い点々が、夏にロシアやアラスカで繁殖を終え藤前干潟に渡ってきているシギ・チドリ類です。

これは干潟の一部ですが、こんな感じで多くの渡り鳥を見に出向いたわけです。

ダイゼンとオオソリハシシギ

(ダイゼンとオオソリハシシギ)


私がカメラを抱える横には、人生の先輩といえるご年齢の方。

挨拶を交わしたところ、その方に「なかなか藤前干潟では見られないという貴重な鳥オオメダイチドリがいるから撮影しておくといい」といろいろレクチャーをいただきました。


オートで撮ってはいるものの「手ぶれが...」とつぶやいたら「寝ころがって撮影すべし」とのお言葉。

ということで、2人で日にさらされた熱い遊歩道に腹ばいになりながら撮影。

メダイチドリ

(3羽のメダイチドリ)

メダイチドリ

(左:メダイチドリ 右:オオメダイチドリ(?))

いかかでしょうか?

腹ばいになった効果を感じていただければ幸いです。

ちなみにオオメダイチドリとは、メダイチドリより大きく、足が長い。

メダイチドリの足は黒く、オオメダイチドリは黄色みがある。

メダイチドリは首の脇から胸にかけて濃いオレンジ色。

そして、オオメダイチドリは首まわりがぼんやりしているということです。

が、さすがに目視、ファインダー越しでは見分けることは難しいので、

パソコンで見分けるのがポイントですが、それでもなお個体差があるので見分けるのは至難の業?です。

ちなみに、野鳥観察歴の長い方に聞いたところ「メダイチドリじゃないか?」とのこと。

確かに、足の黄色みが...。胸の茶褐色が脇にかけてあるような...。

さて、藤前干潟には秋の渡りの季節がやってきており

干潮時を狙っていくと、多くの渡り鳥が見ることができます。

http://chubu.env.go.jp/wildlife/fujimae/links/index.html

(こちらのページに気象庁の潮位表が見れるページがリンクされています)

ダイゼン

(左:ダイゼンの幼鳥 右:冬羽に変わる途中のダイゼン)

ちなみにダイゼンとムナグロ、同じチドリ目チドリ科ムナグロ属で夏羽の見た目は似ています。

が、食べる物に違いがあり好む環境が違うようです。ムナグロは昆虫類、ダイゼンはゴカイ、二枚貝等です。

また、見た目で言えば下腹部分から尾にかけて白いのがダイゼン、白黒の斑模様なのがムナグロです。

干潟にくる鳥たちについて、

稲永ビジターセンター(または藤前活動センター)にある様々な展示物と共に

藤前干潟の今を確認されると、楽しいことと思います。

http://chubu.env.go.jp/wildlife/fujimae/institution/index.html

今回、メインで鳥を取り上げましたが、底生生物も撮影しましたよ!

分かりづらいですが、写真の中にチゴガニが2匹います。探して見て下さい。

チゴガニとフトヘナタリ

(チゴガニとフトヘナタリとカワザンショウガイ)



黄色い○の中にカニがいます!

藤前干潟

ページ先頭へ↑

2016年09月12日槍ヶ岳巡視

中部山岳国立公園 上高地 関根陽太

こんにちは。上高地の関根です。

   

先日、槍ヶ岳の巡視に行ってきました!

槍沢の登山道は、沢からの押し出しによって、登山道が荒れて不安定な足場になってしまっています。

こういった箇所を環境省のグリーンワーカー事業として、

山小屋関係者の方々と打ち合わせをして、整備していただいています。

もちろん重機が入れる場所ではありません!一番近い山小屋から作業場まで通うだけでも大変です!

昨年の作業場は山小屋から距離があり、作業が終了する頃にはお尻がぷりっぷりになる程だったそうです!

   

山小屋関係者と打ち合わせをする自然保護官

   

たくさんの方のおかげで、登山道が保たれています!

一歩一歩、整備のありがたみを噛みしめる登りでした。

   

翌朝は、美しい日の出と雲海を見ることができました!

私の写真では伝わらないので、眺めている皆さんの写真を載せます。

...もっときれいな写真を撮れるようになりたいなぁ~

 いつも、アングルが悪いと言われちゃいます。(泣)

   

日の出

   

巡視の際には、ゴミ拾いもしながら歩いています。

休憩によさそうな場所に、ゴミが落ちていることが多いです!

みんながきれいな山を楽しめるように、休憩後は周辺を確認しましょう!!

   

槍ヶ岳

   

山の上は、どんどん秋に向かっています。

紅葉シーズンももう少しですね!

ぜひ、秋の景色を楽しみに来てください。

ページ先頭へ↑

2016年09月12日* レンジャー写真展@白山のおしらせ *

白山国立公園 アクティブレンジャー 小島永莉子

 名古屋、白山、伊勢志摩を巡回しているレンジャー写真展ですが、9月と10月は白山国立公園周辺地域での開催です!9月の会場は白山の麓、石川県白山市の中宮です。

                                                                          

  • ☆ レンジャー写真展 2016 ☆

    【日時】平成28年9月10日(土)~9月25日(日)9:00~16:30

    【場所】中宮温泉ビジターセンター(石川県白山市中宮)

    【入場料】無料

     詳しくはこちらをご覧ください↓

     レンジャー写真展_両面_白山.pdf                                                                    

                                                                        

     中宮温泉ビジターセンター(中宮展示館)は金沢から車で約1時間30分、白山白川郷ホワイトロードの料金所手前、中宮温泉の近くです。水の綺麗な蛇谷川と山々に囲まれた場所に位置し、静かで、ゆったりと自然に浸ることができます。これから紅葉も始まりますので、ぜひお近くにいらした際はお立ち寄りください。

                                                                     

                                                                        

     写真展のテーマは「中部地方の山、海、生き物」ということで、中部地方で見られるおもしろい生き物たちや、すばらしい自然風景をそれぞれのレンジャー目線で紹介しています。白山自然保護官事務所では、小さな生き物や、季節や時間により様々に姿を変える白山の写真を用意しました。力作揃いですのでぜひお楽しみください!

 お時間がありましたらアンケートにもご協力ください。

ページ先頭へ↑

2016年09月08日JPR事業@伊勢神宮

伊勢志摩国立公園 アクティブレンジャー 半田俊彦

9月3日に子供パークレンジャー事業

「神宮の森をレンジャーと歩く-自然とのつながり-」を行いました。

子供パークレンジャー事業とは、

環境省のレンジャー(自然保護官)と一緒に

自然観察や環境学習を体験するプログラムです。

 

はじめにレンジャーの仕事や国立公園についての話をしてから、

参加者15名を今日一日レンジャー活動の体験をしてもらう

「子供パークレンジャー」に任命しました。

 

まずは神宮を参拝しながら森の機能や

神宮が行っている森づくりについて学びます。

講師には神宮司廳から「森の番人」に来ていただきました。

 

続いて宮域林を歩きながら植物の観察をしました。

ウラジロというシダを観察しているところです。

 

お昼ご飯は五十鈴川の清流の元で食べました。

全員で記念写真です。

 

最後に森の管理の体験として

木の丸太切りを行いました。

 

今回の体験を通して、

自分たちの生活と自然とのつながりや、

森を守ることの大切さについて

気付いてもらえたと思います。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ