ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年06月01日南伊勢町押淵の湿地

伊勢志摩国立公園志摩 アクティブレンジャー 半田俊彦

度会郡南伊勢町の押淵地区には広大な湿地があります。

ここは1999年に50種類以上のトンボが確認されたトンボの楽園で

当時は希少な水生植物も多く生育していました。

 

しかし最近では環境が変化してきており、

なんとかこの湿地を守りたいと地域の方々から声が上がりました。

先日、少しでも力になれればとの思いから、

伊勢志摩国立公園パークボランティア連絡会による

現状の調査を行いました。

 

ここには三重県では絶滅が危惧されるヒメコウホネの群落が点在しています。

黄色い花の咲いている緑の丸い葉がヒメコウホネです。

 

数年前は一面に広がっていたヒメコウホネの群落が、

現在では他の草や樹木に覆われてしまっているところがあります。

 

ニホンカワトンボです。水路沿いにたくさん見られました。

まだ、ほかのトンボ類の発生時期には少し早かったかもしれません。

 

写真の手前側はハンゲショウの群落です。

これが真っ白に変わると思うとすばらしい景観です。

 

現在この湿地では、湧水の減少による乾燥化と植生の遷移が進み、

かつての景観は失われ、またトンボや水生植物などにとっても

環境は悪化しているものと思われます。

さらに、外来種の侵入も問題になっています。

 

6月29日には地区の方による草刈り作業が行われ、

パークボランティアも参加協力しました。

 

湿地の環境を維持していくためには、定期的な撹乱も必要です。

かといって洪水を起こすわけにはいきませんので、

今後は人の手で管理することが必要となってきます。

この貴重な湿地の価値をなるべくたくさんの方に知ってもらい、

保全する力につなげたいと思っています。

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

facebookページ「伊勢志摩国立公園 近畿自然歩道歩いてみよう」

近畿自然歩道や周辺の自然情報等を掲載しています。

https://www.facebook.com/iseshimanp.longtrail?fref=ts

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ページ先頭へ↑

2016年05月31日*白山の情報収集は市ノ瀬ビジターセンターで!*

白山国立公園 アクティブレンジャー 小島永莉子

 白山に登りたいけれど、雪の状況は?花は何が咲いている?トイレはある?などなど様々な疑問がありますよね。そんな時はぜひ市ノ瀬ビジターセンターを訪ねてください。

                                                                        

市ノ瀬ビジターセンターは石川県白山市の白峰集落と別当出合のちょうど中間地点に位置しています。

                                                                           

【展示コーナー】映像も見ることができます。

                                                                      

【休憩スペース】一息ついたり、本を読んだり、自由にお使い下さい。

                                                                       

 1番見ていただきたいのがこちらの"白山のいま"コーナーです。

 今年から始めた取り組みとして、白山国立公園パークボランティア(以下PV)で自然状況等調査を実施しています。白山へ行く頻度の多いPVさんに公園内の自然状況や施設状況を調査してもらい、集まった情報をこちらで発信しています。ありがたいことにたくさん情報が集まり載せきれないほどです・・。

 現在綺麗な山頂部やお花の写真とともに残雪状況や花の開花情報を載せています。白山のいまがよくわかるので、山へ登られる前に一度立ち寄ってチェックしていって下さいね。また、知りたいことなどございましたらビジターセンター職員へおたずね下さい。気軽に市ノ瀬ビジターセンターを利用してくださいね。

                                                                      

パンフレットはこちらです↓

http://www.env.go.jp/park/hakusan/data/data/20130227aa.pdf

ページ先頭へ↑

2016年05月30日貝のお散歩

国指定藤前干潟鳥獣保護区 西部理恵

皆さん、こんにちは。

暑かったり、ちょっと肌寒かったりする今日この頃ですね。

最近の藤前干潟は、穏やかでのんびりした雰囲気です。

藤前干潟のおしゃべりな鳥たちは、

ほとんどみんな、たっぷりご飯を食べて、旅立ちました。

今頃は、どの辺りを飛んでいるのでしょうか。

鳥たちが旅立った後の藤前干潟は寂しい、と思いがち。

でも、干潟観察の心得は、なんと言っても、じっと静かに干潟を観る!



さぁ、そんな心得を会得している(?)私は、こんな生き物を発見。

藤前干潟 フトヘナタリ

別の場所でも。

藤前干潟 フトヘナタリの足跡

藤前干潟の上にコロコロと転がっているこの貝。

転がってる、なんて言ったら怒られるかも。

干潟の上をよ~く見てみると、

歩いた跡(移動の跡)がくっきり(わかりますか?)。

のそのそ歩いて散歩でもしていたのでしょうか。

貝ってこんなに動くの?!と驚きます。

●干潟の貝【フトヘナタリ(フトヘナタリ科)】

環境省 準絶滅危惧種(NT)

乾いたところが好きでヨシに登ったりするらしいのですが、

私はまだ見たことがありません!

よじ登っているところ、絶対可愛いですよね。見てみたいです!



●おまけ カワザンショウガイ類の2段のせ

カワザンショウガイ類の2段乗せ

干潟の貝の中でも、私にはとても種を同定することが出来ない貝の一つ。

カワザンショウガイの仲間たち。

山椒の実くらい小さい体なので、何か落ちてるなぁという程度の認識しか

もたれない。けど、よく見るとこんなお茶目な姿が見られます♪



皆さん、干潟に興味が沸いてきましたか??

これからの季節は干潟に入る絶好の季節。

渡り鳥たちはみんな旅に出てしまいましたが、

こんな小さな住人たちに会いに、干潟に来てみませんか。



●藤前干潟に関するイベント

1)干潟の世界へのはじめの一歩~カニ編~
干潟の生きものの代表格カニ。はじめて干潟に入る人でも

安心して楽しめる観察会です。干潟の世界への導入編。

 日 時:平成28年6月19日(日)
 場 所:稲永ビジターセンター(名古屋市港区野跡4-11-2)

 定 員:20名(10日前より受付、先着順)
 参加費:おとな200円、小中学生100円、幼児無料
 主催等:環境省中部地方環境事務所
     藤前干潟ふれあい事業パートナーシップ事業
 申込み・問合せ先:稲永ビジターセンター(TEL:052-389-5821)



2)第2回 藤前干潟ふれあいトーク「受け継がれた地域の技と知恵~湿地と人の暮らし~」
日本国際湿地保全連合事務局長の佐々木美貴さんから、湿地と

人々の暮らしやそれぞれの地域で受け継がれてきた文化につい

てのお話しをお聴きします。

 日 時:平成27年6月15日(水)18:30~20:00
 場 所:ウィンクあいち906号室(愛知県産業労働センター)

 申込み:当日 先着40人
 問合せ:藤前干潟ふれあい事業実行委員会事務局(名古屋市環境局環境活動推進課)

     TEL:052-972-2662
     MAIL:a2662@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp(@は半角にしてください)

 詳 細:http://www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000067134.html

ページ先頭へ↑

2016年05月27日登山道整備と絶景!

中部山岳国立公園上高地 関根陽太

こんにちは!

上高地は日に日に緑が濃くなっています

各関係機関のメンバーで登山道整備に行ってきました。

冬の間は撤去していた橋の復旧や、古くなった橋の架け替えも行いました!


左が藤田自然保護官です!

御柱祭のように、皆で力を合わせて丸太を曳きました!

多数の方のご協力で、登山道が保たれていることを実感した一日でした。

今回は、島々集落---徳本峠---明神の整備にあたりました。

この道は、かつて上高地へのメインルートでした。

日本近代登山の父で、日本アルプスを世界に広めたウォルター・ウエストンもこの道を通りました!!

6月5日(日)には、上高地でウエストン祭が行われます!!

前日には、徳本峠越えをする記念山行が予定されています!

普段は人も少なく静かな道ですが、

頑張って徳本峠まで歩くと、ウエストンも見た素晴らしい景色が現れます!!


峠まで登りきってからのこの景色、感動します!

バスもいいですが、先人達の見た上高地を体験するのもよいのではないでしょうか。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ