ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年12月06日五感で楽しむ観察会

国指定藤前干潟鳥獣保護区 平賀歩美

伊吹おろしが吹き始めた藤前干潟からこんにちは。

名古屋自然保護官事務所のアクティブレンジャー平賀です。

(オスのヒドリガモ)

国土の3分の2が森林の日本。中部地区国立公園のアクティブレンジャー日記を見ていると、

美しく紅葉している山の写真に胸が躍ります。

そんな雄大な山の紅葉にスケール感では負けますが、

名古屋自然保護官事務所がある稲永公園の落葉樹も紅葉しています。

また、この季節に色が変わるのは木だけではありません。

藤前干潟に渡ってくるカモたちも、オスは地味なエクリプスから美しい繁殖羽に変わっていきます。

※エクリプス...オスのカモに見られ夏から秋に見られる非生殖羽。メスのような地味な羽に換羽する

さて、そのような中、11月27日(日)に稲永ビジターセンターでは、

環境学習プログラムの「干潟の世界へのはじめの一歩【トリ編】」が行われました。

この環境学習プログラムは、藤前干潟の観察会に初めて参加する人を対象としたプログラムとなっており、

今回はその第三弾となります。

朝からあいにくの雨模様ではありましたが、

まずは室内で、カモ類を探すカードゲームやオナガガモの渡りの紙芝居、

スタッフ手作りの実寸大のぬいぐるみ!等でカモの生態を学習した後、

(左:名古屋市野鳥観察館からバードウォッチング 右:稲永公園から野鳥を観察)

お隣の名古屋市野鳥観察館へ行き、スタッフからの解説を聞きながらスコープで

干潟にいるカモ始めミサゴやダイシャクシギなどを観察しました。

それから小雨であったこともあり少しだけ屋外に出て、

鳥の鳴き声を聞くなど五感を使って間近でカモやカモメ類を観察しました。

(藤前干潟に飛来してくるカモについて振り返り)

最後は、また室内に戻ってみんなで振り返りです。参加された方も冬の藤前干潟や渡り鳥について、

新しい発見があったのではないでしょうか。

ちなみに環境省が行っている渡り鳥の飛来状況調査によると、

藤前干潟で12月上旬に見られた種としてカモ類だけで11種、数としては約4000羽!

1日数時間のカウント調査でこの数になります。

(こちらに泳いで来るスズカモ御一行様:目が黄色で体が黒と白いオスと体全体が黒いメス)

(11/24のカモ達。庄内川のヨシ原の脇で休むカモの群れ)

満潮でも干潮でも藤前干潟のあちこちで、

美しい繁殖羽に変わったカモ達の食事風景や寝姿、泳ぐ姿等々が見られます。

また、雨でも鳥は観察できると思いますのでご心配なく。

(左:ヒドリガモのメス 右:カンムリカイツブリ(カモではありません...))

さて、2016年もあと30日ほど。2017年(来年は酉(トリ)年です!)が見えてきましたね。

ということで、来年予定されている藤前干潟でのイベントのご紹介です。

○藤前干潟ふれあい事業 藤前干潟サイエンスカフェ○

【藤前干潟とつながる海-伊勢湾の流れ-】

藤前干潟にすむたくさんの生きものたちを支える環境をつくっている海の流れ。藤前干潟とつながる海-伊勢湾-や藤前干潟のまわりにはどんな流れがあるのかを学ぼう!

【お問合せ・お申込み先】

日 時:1月28日(土) 13:30-15:00

場 所:稲永ビジターセンター 1階 レクチャールーム(名古屋市港区野跡4-11-2)

内 容:藤前干潟にすむ沢山の生きものたちを支える環境をつくっている海の流れ。藤前干潟とつながる海-伊勢湾-や藤前干潟のまわりにはどんな流れがあるのかを学ぼう!

行き方:あおなみ線「野跡」駅下車 徒歩15分

定 員:20名

申込み:事前申込み 締切り1月23日(月)必着

参加費:無料

問合せ:環境省名古屋自然保護官事務所(TEL:052-389-2877)

飲み物やお菓子の持ち込み大歓迎!

http://chubu.env.go.jp/wildlife/fujimae/event/index.html

是非チェックしてみて下さい。

今回の干潟観察会の主役はカモでしたが、

今、藤前干潟ではカモメ類、チドリ類・シギ類と

多くの種類の鳥を観察出来ます(12/2にはハマシギが1128羽カウントされました)。

(11/16撮影。ユリカモメ、ハマシギ、コガモなど)

どんな鳥が見られるのかは...鳥の気分次第?!ではありますが、

伊吹おろしに負けないよう、防寒対策をしっかりしてお越し下さい。

藤前干潟でお待ちしています。

ページ先頭へ↑

2016年11月28日伊勢志摩国立公園指定70周年

伊勢志摩国立公園 志摩 アクティブレンジャー 半田俊彦

伊勢志摩国立公園は1946年11月20日に

戦後初、全国で13番目の国立公園として指定されました。

そして今年は指定70周年記念の年にあたり、

11月20日には記念式典と、それに併せて

「全国エコツーリズム大会in伊勢志摩」が20日から22日に開催されました。

式典で挨拶する中部地方環境事務所の三村所長。

式典では自然公園関係功労者環境大臣表彰などが行われました。

式典に続いて行われた全国エコツーリズム大会では、

日本旅行業協会会長の田川氏による基調講演や、

「世界が訪れたくなる伊勢志摩国立公園」と題した

パネルディスカッションが行われました。

2日目は12コースによるエクスカーションが開催され、

志摩自然保護官事務所からは「近畿自然歩道ウォーキング」に参加しました。

近畿自然歩道を歩くだけでなく、

海女小屋で食事をしながら海女さんとのふれあいや、

アコヤガイから真珠を取り出すなどの体験も楽しみました。

3日目は評価会・分科会が開催され、

評価員によるエクスカーションの評価が実施されたほか、

分科会ではインバウンド受入れなどについての議論がされました。

指定70周年の節目を祝うだけでなく、エコツーリズムを通して

地域の価値や自然を守ることの意味を皆で考えることの出来た3日間になったと思います。

期間中は準備や運営に忙しかったですが、

参加者からの好評を得ることが出来たのが一番のやりがいにつながりました。

ページ先頭へ↑

2016年11月24日*薪割り体験をしました*

白山国立公園 アクティブレンジャー 小島永莉子

 少し時間が経ってしまいましたが、先月10月30日、白山しらみね薪の会との共催で自然観察会「市ノ瀬で薪割り体験~山の恵みを感じよう~」を開催しました。秋晴れの気持ち良いお天気で、参加者もスタッフも山を満喫してきました!その様子をお知らせします。

                                                                     

<プログラム①炭窯ツアー>

 市ノ瀬にある岩屋俣谷園地を利用して、炭窯跡を見学するツアーを実施しました。この岩屋俣谷園地には炭窯跡が2つあり、昔はこの場所で木を伐り出し、炭を作って生計を立てていました。また、オニグルミ、クリ、カエデ、マタタビの実などの植物、イノシシやクマの痕跡も観察できました。

白山しらみね薪の会の風さんから炭の作り方について教えてもらいました。

今年はミズナラが豊作でたくさんのどんぐりが落ちていました。先っぽからもう根っこを出しています。

パークボランティアさんが紅葉(黄葉)のしくみについて話してくれました。みなさん真剣に聞いていました。

ツアーの折り返し地点である白山展望台からは白山がきれいに見えました。

<プログラム②薪割り体験>

 ツアーの後はいよいよ薪割りです。薪割りの注意点について教えてもらい、薪割り機を使って実際に薪を割ってみました。斧で割るととても労力が要りますが、薪割り機ならすっとレバーを引くだけで薪がきれいに割れました。

チェーンソーでの玉切りを見せてもらいました。コの字型に刃をいれるのがコツだそうです。

レバーを引くだけですが、きれいに割れると何だか楽しい!

たくさん割りました。

<プログラム③山の恵みを知る>

 薪割りが一段落したところで薪を燃やしてみました。伐ったばかりの木は水分を多く含んで燃えにくいので、使うのはあらかじめ乾燥させておいたものです。火がついたらお湯をわかしクロモジ茶を作り、山で採れたオニグルミ、クリ、ブナの実を味わいました。何の味付けもしていない自然そのものの味は、素朴ですがとても美味しく幸せな気分にさせてくれました。

なかなか火がつかず苦戦しました。

オニグルミは堅いので、ハンマーを使って割ります。力が弱いと割れないし、強いと中身までつぶれてしまうし、力加減が難しかったようです。

クロモジ茶も良い香りがしてすっきりとした味わいで、みなさん山の恵みを堪能しました。

 今回のテーマは「山の恵み」でした。この日のプログラムを通して、山は①生業の場を提供してくれること、②薪(燃料)を作るための木を育むこと、③木の実やキノコなど食糧をうみだすこと、ということを、参加者に伝えることが出来たと思います。きっとまだまだあるはずです。私自身、今回の観察会を企画する中で、いかに山から恩恵を受けているかをひしひしと感じました。山麓に住む人々にとって、山は昔から生活に関わる重要な存在でしたが、都会で暮らす人々にとっても全く無関係ではなく、何らかの形できっと関わりがあると思います。人と自然のつながりを改めて考えてみる観察会でした。

ページ先頭へ↑

2016年11月22日上高地閉山式!

中部山岳国立公園 上高地 佐藤怜子

木々の葉は落葉しはじめ、すぐそこまで冬が近づいてきている 松本からこんにちは。

   

上高地は、今年も11月15日に閉山いたしました。

閉山式も無事に行うことができ、上高地自然保護官事務所も無事に閉所することができました。

来年の4月、上高地自然保護官事務所を開所するまでの期間、私たち上高地事務所職員は松本自然環境事務所勤めとなります。

だから、「松本からこんにちは」となるのです。以後、よろしくお願いいたします。

     

さて、上高地閉山式の話に戻りますと、閉山式は河童橋のたもとで執り行われました。

当日、朝は雨降り。少しずつ天気は回復し、式が始まるころには曇空となりました。

【曇天の開式前】

    

    

閉山式に立ち会おうと、多くの人々が集まりました。

式の初めを告げた時、丁度光が差し込んできて、まるで無事に閉山式を行えたことを祝うかのようでした。

【日の光が差し込みました!!】

    

    

神事では、穂高岳方面に向かって穂高神社の宮司さんが祝詞をあげ、参列者が玉串を供えました。

【我らが環境省の玉串奉納の様子】     【祝詞をあげる様子】

無事に閉山式を行うことができたこと、また、そこに立ち会うことができたこと、ありがたい限りです。

山々への感謝の気持ちを込めて、佐藤も頭を下げました。

【河童橋のたもとに集まった人々】       【環境省長野事務所所長の挨拶】

その後には、河童橋の上で樽酒が振る舞われました。

橋の上は混み合い、残念ながら樽を割る瞬間を写真に撮ることが出来ず・・・。

【樽酒を割る瞬間~音だけ楽しめました~】 

上高地を訪れて下さるみなさま、また来年元気でいらして下さいね!!

そして 我々は、

冬山の安全や、また来年無事に上高地開山を迎えられることを願い、上高地をあとにしました。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ