ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年07月15日第1回JPR開催報告

上信越高原国立公園 アクティブレンジャー 小林映絵

"地域の自然環境保全の取組とその重要性について知る"をテーマに、平成28年度は全2回開催で予定しています。


第1回目は「レンゲツツジの保全活動」について。

15名の子どもパークレンジャー(略称:JPR)と共に活動を行いました。


まずは、任命式。

やまレンジャーから、一人一人に任命手帳が渡されました!


「国立公園」についても学習しました。


任命手帳に早速メモメモ・・・


そして、いよいよ・・・レンゲツツジ群落のある湯の丸高原に到着!

レンゲツツジカラーのビブスが眩しいね(≧∀≦)


杉山さん(NN:おすぎ)から、「湯の丸レンゲツツジ群落」についてお話がありました。

ここが牧場だったなんてビックリだね!ただ現在は、畜産業の衰退などにより閉牧してしまっています。それ以降、人の手でこの自然景観を守っているんだって。

さて、どんなことをしているのだろう?実際にレンゲツツジ群落の保全活動を行っている"湯の丸レンゲツツジ保存会"の下谷会長(NN:ワイルド)にお話を頂きました。



湯の丸レンゲツツジ群落は、歴史的な状況が影響していたということ、この標高の高さにこんなにも多くのレンゲツツジが存在しているということは本当にすごいこと。パッと見ただけで約60万株も見ること出来るって言われているんだって!!

そんなレンゲツツジですが、環境の変化により数が少なくなってしまっているそう・・・。周辺樹木やササの成長により、レンゲツツジの日当たりが悪くなっていることが一つの原因であり、保全活動では支障木の伐採やササの刈り払いを行うことでレンゲツツジ群落を保全しているとのことでした。


さて、みんなも実際に保全活動を行ってみよう(ノ´∀`)


剪定ばさみで、レンゲツツジ周りのササをジョキジョキ・・・

ササに埋もれていたレンゲツツジがキレイに顔を出しました。

そして、それぞれが担当したレンゲツツジにネームプレートを取り付けました。


来年のレンゲツツジの開花、既に楽しみです♪


一日かけて、レンゲツツジ群落保全のための地域の取り組みを学び、実際に保全作業も行いました。みんな、自分の担当したレンゲツツジ周辺がキレイになっていく様子が楽しくて仕方なかったようです。私も何気にこの作業、好きです(*´ェ`*)


そして、今日学んだことや感じたことをやまレンジャーに報告しました。

「レンゲツツジの生態やレンゲツツジについて知ることが出来た」「レンゲツツジがスッキリさっぱりになり、うれしかった」「大変だったけど、みんなでしたから早く終わった」などといった感想がありました。

この湯の丸レンゲツツジ群落は、国立公園内に存在し、国の天然記念物にも指定されています。この景観の保全に関わったことに誇りと愛着を持ってもらえたらうれしいな^^


そうそう、作業を終えた帰りには牛の歓迎を受けました。この牛たち、観光のために夏の期間湯の丸高原で放牧されていますが、レンゲツツジ群落の保全にとっても心強い存在です。

一緒にレンゲツツジ群落守っていこうね!!


ページ先頭へ↑

2016年07月14日出前授業@神明小学校

伊勢志摩国立公園 アクティブレンジャー 半田俊彦

7月5日に志摩市立神明小学校で出前授業を行いました。

レンジャー活動を体験したり身近な自然の季節変化を記録したりする活動を

今年度いっぱいかけて行います。

 

はじめに伊勢志摩国立公園やレンジャー活動についてのお話しをさせてもらい

その後、全員を「神明小レンジャー」に任命しました。

ミッションは「校庭の樹木を調べて、季節の変化を記録し、それらを伝える」です。

 

早速校庭の「松林」に出掛けて樹木を観察しました。

葉を触って感触を確かめたり、においをかいだり、形を記録したりします。

 

今回は6種類の樹木について観察と記録をしました。

 

神明小レンジャーでは、校庭の樹木を調べた成果をもとに

樹名板を作成する予定です。

どんな作品ができあがるか今から楽しみです。

ページ先頭へ↑

2016年07月13日鹿沢万座パークボランティア養成研修会開催報告

上信越高原国立公園 アクティブレンジャー 小林映絵

先月の2526日の2日間に渡り、鹿沢万座パークボランティア(以下、鹿沢万座PV)の養成研修会を行いました。

養成研修会には8名の新規登録希望者の出席のほか、既存登録者の方にも多数ご参加頂きました。


☆1日目☆

午前の部は、吾妻広域消防嬬恋分署の職員の方の指導の下、救急救命についての研修を行いました。

人工呼吸や心臓マッサージ、AEDの使用と注意点などの救命法と、傷の手当てなどの応急処置について学びました。



私自身、何度かこの講習を受講しているのですが、順番が回ってきたときに手順に戸惑っている自分がいました。いざという時のために、スムーズな救命処置が出来るように体で覚えていきたいと感じました。


午後の部は、万座自然保護官事務所から、PV制度や自然公園法などについての説明を行いました。また、PVの会にご協力頂き、活動拠点となる鹿沢園地での実際の解説活動や注意点、PVの会の活動についてご説明頂きました。


【山根自然保護官から国立公園などの説明】


【鹿沢万座PVから園地と植物についての説明】



☆2日目☆

長野県東御市にある池の平湿原にてフィールド研修を行いました。

一般財団法人自然公園財団草津支部支部長の湯田氏を講師にお招きし、インタープリテーションについて学びました。


インタープリテーションを行うに当たっては、植物やその場所の歴史・特色の把握や、安全管理・配慮・判断が重要であるとの説明をいただきました。

特に、お客さんを連れて歩く場合、その人の体調把握やもしもの場合の応急処置がとても重要であるとのことでした。

また、研修中には思わぬ珍客も。ツキノワグマを見ることが出来ました。(写真に収めることが出来ず・・・><)遠くから個体を確認したため、恐怖よりも感動がありましたが、やはり危険要因には間違いありません。適切な対応方法についてシッカリと知識を身につける必要があると感じました。


新しく登録される方達の本格的な活動は8月頃からとなります。これからよろしくお願いします!!


【「雲上の丘」からの池の平湿原】

ページ先頭へ↑

2016年07月12日平成27年度JPR活動新聞展示①

上信越高原国立公園 アクティブレンジャー 小林映絵

現在、「嬬恋村観光案内所」の1階にて昨年度開催した子どもパークレンジャー(略称:JPR)活動新聞を掲示しています!!

昨年度のJPRは、野生鳥獣とその問題について知り、どのように向き合っていくかを子どもたちに考えてもらいました。




それぞれの班で考えた子どもたちの野生鳥獣と共存するための多様なアイデアには大いに関心されられます( ^-^)


玄関を入ってすぐのスペースをご提供頂いているので、立ち止まってじっくり見てくださる方も多いようです!!

この嬬恋村観光案内所は、JR「万座・鹿沢口駅」の傍にあります。

嬬恋村にお越しの際には、是非お立ち寄りください^^



なお、展示期間は7/28(木)までとなっております。

8月は小諸市にて展示を予定しています。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ