ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年07月19日志賀高原のニッコウキスゲが見頃です

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

7月10日の記事の続報です。ニッコウキスゲが見頃になっています。

ニッコウキスゲは志賀高原のいろいろな場所で見ることができます。

この記事では、群生して咲く場所の中でも、歩く時間が短くて観察できる場所を紹介します。

ここで紹介する以外にも、スキー場のゲレンデなどでニッコウキスゲの群生を見ることができます。

■丸池付近のスキー場のゲレンデ

見頃の状態が続いています。

ニッコウキスゲは花が複数あり順々に咲いていくので、一つの株で長い期間花が咲いています。このため、現在も見頃です。

■蓮池付近のスキー場のゲレンデ

国道292号の蓮池の交差点を草津温泉方面へ進んですぐ右側です。国道292号脇の駐車スペースがニッコウキスゲの咲くゲレンデに接しています。

蓮池スキー場でもニッコウキスゲが見頃です。

■田ノ原(たのはら)湿原(しつげん)と木戸池(きどいけ)の間の丘の斜面

遠目にも咲いているのが分かるくらい咲いています。

上の場所から国道292号をさらに草津方面へ進みます。田ノ原湿原側にも、木戸池側にも駐車スペースがあり、ともに15分ほど歩きます。

田ノ原湿原でもニッコウキスゲが見頃です

<田ノ原湿原側の斜面に咲くニッコウキスゲ。ニッコウキスゲの群生は丘の上まで続く。遊歩道(自然探勝コース)が丘の向こうの木戸池に通じている。>

■前回紹介した場所のうち次の場所は、確認していません。改めてお伝えします。

・高天ヶ原地区、一の瀬地区

・東館山(ひがしたてやま)高山植物園(こうざんしょくぶつえん)

上信越高原国立公園は今年(2019年)国立公園に指定されて70周年となります。

記念の年に上信越高原国立公園へお出かけください。

志賀高原でニッコウキスゲの見られる場所

ページ先頭へ↑

2019年07月16日朝日岳山開き

中部山岳国立公園 中山博人

こんにちは、立山管理官事務所の中山です。

7月も半分を過ぎ雨の日が多いですが、いかがお過ごしでしょうか。

76日、7日に朝日岳の山開きに参加したので報告します。

朝日岳は北アルプスの中でも北部に位置し、富山県と新潟県にまたがります。

積雪量が非常に多く、高山植物が多く咲く魅力溢れる山です。

今回のルートは、北又小屋からイブリ山を経由して朝日小屋で1泊し、翌朝に山頂に登頂、登ってきた道を引き返すものでした。

7合目(10合目がイブリ山山頂)より上部は残雪が出てくると共に高山植物が開花していました。

【左:オオサクラソウ、右:シラネアオイ】76日撮影

20190706オオサクラソウ 20190706シラネアオイ

日中は霧が濃かったものの、6日の夕方から一気に晴れ、富山平野側は雲海と夕焼け、夜には満天の星空、さらには翌朝に山頂からご来光を見ることができました。

山で宿泊することの魅力が詰まった2日間であったと、強く実感しています。

【夕焼けで赤く染まる朝日岳】76日撮影

20190706朝日岳

【朝日岳山頂からのご来光】77日撮影

20190707ご来光

ご来光を堪能し朝日小屋で朝ご飯の後に、雪倉岳・白馬岳方面に向かう「水平道」も歩きました。

昨年、一昨年で歩道を新しく整備した場所があるため、その場所の確認を行いました。

アップダウンが少なくなり、歩きやすい道になっていました。

【新しく整備した水平道の様子】77日撮影

20190707水平道

朝日岳周辺(特に夕日ヶ原周辺や水平道等)はまだ多くの残雪があります。

雪に不慣れな方は、軽アイゼンやストックを使用されると良いと思います。

朝日小屋のHPに最新の情報が掲載されていますので、ご確認ください。

ページ先頭へ↑

2019年07月11日夏の藤前干潟

国指定藤前干潟鳥獣保護区 名古屋 西部理恵

皆さん、藤前干潟からこんにちは。

アクティブ・レンジャーの西部です。

お久しぶりの更新となってしまい、最近の藤前干潟の様子をお伝え出来ていませんでしたね。

藤前干潟では、この春、30回目となる藤前干潟の清掃活動が行われ、1000人を超えるボランティアの方々が参加されました。最近になって、ようやく海のプラごみ問題などが報道されるようになってきましたが、こうしたきっかけで、皆さんの関心が高まり、ごみ問題が一歩でも解決に向けて前に進むと良いですね。

2019年5月18日 藤前干潟クリーン大作戦

<2019年5月18日 稲永ビジターセンターのある野跡学区の皆さんと>

2019年5月18日 藤前干潟クリーン大作戦

<2019年5月18日 清掃活動後の干潟観察会>

さて、春から夏になって、これから藤前干潟のシーズンがやって来ます。

庄内川沿いのヨシ原もずいぶんと緑に色づいてきました。

毎年、ヨシ原が緑に染まる夏の藤前干潟を写真に収めたいと思っているのですが、夏はなんだかんだとあっという間に過ぎてしまって、結局、干潟の写真ばかりが残ります。

今年は、ぜひとも、緑のヨシ原を写真に収めたいと思っています。

夏の藤前干潟は鳥たちの姿が少なくなって、少しさみしい印象になりますが、実は小さな生きものたちが元気になる季節。

すぐに見つかるのは、カニたちです。

足音に反応して巣穴にかくれてしまいますが、5分もじっとしていれば、また地面に顔を出してくれます。

チゴガニやコメツキガニ、ヤマトオサガニなどは、すぐに見つかる干潟のカニです。

写真は、コメツキガニを写したものですが、どこにいるかわかりますか?

正解は、

赤丸のところです。砂の色と同じ色でわかりにくいですが、干潟ではせっせとご飯を食べているので、

その動きさえわかればすぐに見つけることが出来ると思います。

ここでちょっと、藤前干潟の生きものプチ情報!

コメツキガニの砂団子って知っていますか?

干潟に入る前に、ちょっとだけ立ち止まって地面を観察してみましょう。

そうすると、巣穴の周りに丸い砂の粒がたくさん落ちていることに気付くと思います。

先ほどの画像でも、コメツキガニの周りにたくさんありますね!

この、丸い砂の粒、これがコメツキガニの砂団子です。

砂泥にくっついている有機物などを食べた後、砂をまるめてポイッと捨てたあとが団子状になることから、

砂団子、と呼ばれています。

この砂団子がたくさんあるところを見つけたら、まずはそこでじーっと待ってください。

きっと、コメツキガニがのそのそっと巣穴から出てきて、こんな風にご飯を食べる様子が見られると思います。

これから夏休みシーズンは、干潟での観察会などもたくさん実施されます。

ぜひ皆様、藤前干潟のHPをチェックして、藤前干潟に遊びに来てくださいね。

●今後の藤前干潟でのイベント

< 藤前活動センター 干潟体験 >

【 夏休み!干潟観察会 】

海のごみ問題に着目しながら、干潟の生きものとの関わりを学ぼう。
干潟にはどんな生きものがいるかな?

 日 時:2019年8月17日(土) 12:30 - 15:00
 場 所:藤前活動センター(港区藤前2-101)
 参加費:おとな200円、小中学生100円、幼児無料(保険代)

 問合せ:藤前活動センター TEL:052-309-7260


< 藤前干潟ふれあい事業 夏休みは藤前干潟に行こう! >

【8月8日(木)ひがたにくるトリ、どんなトリ?】
 干潟には、どんなトリがやってくるのかな?

 楽しいトリのお話しと、トリの観察、トリのミニ模型(デコイ)の色塗りをしましょう!

 日 時:2019年8月8日(木) 10:00~12:00
 場 所:名古屋市野鳥観察館・稲永ビジターセンター(港区野跡4-11-2)
 講 師:Cha Chattoさん(ハンドメイド作家)

  対 象:小学1~3年生(保護者同伴)
 参加費:無料
 定 員:20名(応募者多数の場合は抽選)
 申込・問合せ先:環境省名古屋自然保護官事務所
         TEL 052-389-2877、FAX 052-389-2878
         メール:WB-NAGOYA★env.go.jp(★をアットマークに替えてください)

【8月14日(水)干潟体験とゴミ処理工場見学 】
 干潟体験で生きものとふれあう他、南陽工場(ごみ焼却工場)の見学でごみ処理の仕組みを学ぼう!

 日 時:2019年8月14日(水) 10:00~15:00
 場 所:藤前活動センター(港区藤前2-202)
対 象:小学4年生~大人
 参加費:無料
 定 員:40名(応募者多数の場合は抽選)
 申込・問合せ先:藤前干潟ふれあい事業実行委員会事務局
         TEL  :052-223-4199
メール:a2662★kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp(★をアットマークに替えてください)

ページ先頭へ↑

2019年07月10日志賀高原のニッコウキスゲが咲き始めました

上信越高原国立公園 志賀高原 則武敏史

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

ニッコウキスゲが咲き始めました。

まだ、志賀高原内でも標高の低い丸池、蓮池の付近で咲き始めたところです。標高の高い所では咲く時期が遅くなります。

この記事では、ニッコウキスゲが群生して咲く場所の中でも、歩く時間が短くて観察できる場所を紹介します。

■丸池付近のスキー場のゲレンデ

国道292号にほぼ接して群生しています。現在のところ最も多く開花している場所です。

<ニッコウキスゲは花が複数あり順々に咲いていくので、一つの株で長い期間花が咲いています。この写真でも、しおれた花と開いた花と複数のつぼみを見ることができます。>

■蓮池付近のスキー場のゲレンデ

国道292号の蓮池の交差点を草津方面へ進んですぐ右側です。国道292号脇の駐車スペースがニッコウキスゲの咲くゲレンデに接しています。

<まだ開花しているものが少ない状況です。>

■田ノ原湿原

上の場所から国道292号をさらに草津方面へ進みます。国道脇の駐車スペースから少し歩くと湿原に到達し、湿原内の木道を歩いて植物を観察します。現在のところ、ニッコウキスゲはわずかに開花しているだけです。ワタスゲの綿毛が終わりかけです。

田ノ原湿原の木道は、「自然探勝コース」と呼ばれるハイキングコースの一部です。このコースは全行程2時間程度で、湿原、池や原生的な林などのたくさんの見どころがあります。田ノ原湿原から蓮池方面に向かうと、上で紹介した蓮池付近のスキー場のニッコウキスゲの群生地を通ります。

■高天ヶ原地区、一の瀬地区、

国道292号の蓮池の交差点を奥志賀方面へ進み、トンネルを3つ通ります。ニッコウキスゲはわずかに開花しているだけです。ヒオウギアヤメが満開です。

ニッコウキスゲの群生は、この地区のスキー場のゲレンデで見られるようになります。

■東館山高山植物園

東館山山頂に向かうゴンドラリフトを利用して標高2,000mに上がります。運行日に注意が必要です。7月12日までは土日のみの営業で、7月13日(土)から8月25日(日)までは毎日営業です。

ニッコウキスゲだけでなく、多くの種類の花を見ることができます。

上信越高原国立公園は今年(2019年)国立公園に指定されて70周年となります。

記念の年に上信越高原国立公園へお出かけください。

<記事で紹介した場所の位置>

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ