ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年06月24日やらねばならぬ!-外来種への取り組み-

上信越高原国立公園 アクティブレンジャー 小林映絵

万座自然保護官事務所管内で"フィーバー"発生中(゜Д゜)!!

突然の書き出しで"?"ですよね・・・失礼しました(汗)


一体、何がフィーバー中かと申しますと・・・"外来種フィーバー"なのです。

全国的に問題が深刻化している"外来種問題"。当所管内も例外ではなく、外来種が生息しています。

ですが、ただ黙って見ている訳ではございません!!「本来の自然景観を保全しよう!」といった思いから、当所管内でも様々な活動主体による外来種対策の取り組みが積極的に行われているんですよ^^そういった活動に、春からガッツリと参加してきました。


まず、鹿沢インフォメーションセンター運営協議会が主体となっている「ハルザキヤマガラシ」の駆除作業を皮切りに・・・

(湯の丸高原のレンゲツツジ群落と鹿沢高原の自然環境保全のため、鹿沢温泉から湯の丸高原を通る県道沿いで作業)


次に、嬬恋軽井沢自然倶楽部が主体となっている「オオキンケイギク」「オオハンゴンソウ」の駆除作業を・・・

(バラギ高原の自然環境保全のため、バラギ温泉湖畔の湯周辺で作業)


浅間・高峰観光協議会、白根山系の高山植物を護る会がそれぞれ主体となっているハルザキヤマガラシの駆除作業にも・・・

(高峰高原や浅間山の自然環境保全のため、小諸市市道「チェリーパークライン」沿いで作業)


(ラムサール条約登録湿地である芳ヶ平湿地群の自然環境保全のため、国道292号線沿いで作業)


このような取り組みは、地道な活動であり、「本当に意味があるの?」という意見も伺ったことがありますが、私は個人的に、成果は徐々に出てきているように感じています。

鹿沢で取り組んでいるハルザキヤマガラシの駆除については、少なくとも8年は続いており、取り組みが行われていない場所と比べると目の前に広がる景観の明らかな違いに気付かされます。


外来種問題には、輸入・輸出、旅行による移動など、私たちヒトの営みが起因しています。そして、これらの保全活動も、ヒトとして外来種問題に向き合うひとつの営みであると思います!今後も頑張って取り組みを行っていきたいです。


ここで、駆除した外来種の特徴について、写真で簡単にご紹介~。

【ハルザキヤマガラシ】(総合対策外来生物)

菜の花に似ていますが、花芽が小さく葉にテカリがあるのが特徴です。

繁殖力が強く、在来種を駆逐します。


【オオキンケイギク】(特定外来生物)

コスモスに似ていますが、花びらの先端に切れ込みがあり、葉の両面に荒い毛があることが特徴です。

繁殖力が強いため、在来種を駆逐します。


【オオハンゴンソウ】(特定外来生物)

ヨモギに似た葉で、裏に荒い毛があります。また、黄緑色の大きな花が特徴です。

繁殖力が強く、「アレロパシー」という物質を根から出し在来種を駆逐します。


※もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物(動物及び植物)を"外来種"と呼びます。

環境省では、外来生物法において日本国外から来た外来種のうち、地域の自然環境だけでなく人や農林水産業に被害を及ぼすものを"特定外来生物"に指定し、飼育・運搬などの規制や防除の対策を行っています。(詳しくは環境省HP「ニホンの外来種対策」をご確認ください。)


ーお願いー

特定外来生物の防除は哺乳類と鳥類を除き誰でも行うことができますが、生きたまま他の場所に運ぶことは法律で規制されています。特定外来生物を見かけた場合は、まず行政機関にご相談ください。

ページ先頭へ↑

2016年06月22日*早くも夏山シーズン到来!*

白山国立公園 アクティブレンジャー 小島永莉子

 今年は全国的に夏が早いようですね。白山も雪が異常に少なく、夏場の水不足が心配されています。今月の11日に別当出合から甚之助避難小屋まで清掃&巡視をしてきたので、現在の白山の様子をご紹介します。砂防新道、観光新道の積雪はほとんどありません。お花の開花もだいぶ早く、うかうかしていたら見頃が終わってしまいそうです!

                                                                         

【別当出合】

トイレや水場などの施設は全て使用できます。登山はつらいという方はベンチでまったりするのもいいかもしれません。別当出合駐車場から歩いて約5分です。ただし結構登りがあります。

                                                                      

【砂防新道の分岐】

パークボランティアさんと看板を設置しました。夏山時期は上りと下りで道をわけています。登山者の安全のためですので、一方通行を守ってくださいね。

                                                                        

【中飯場】

トイレ、水場利用可能です。この場所から不動滝と柱状節理、板状節理がよく見えます。

                                                                       

【別当覗き】

ここから別当谷をはさんで正面に見える崩壊地が昭和9年の集中豪雨による地すべりの跡で、別当くずれといいます。滑落事故が多く危険ですから、柵より奥へは行かないようお願いします。

                                                                       

【池】

別当覗きからしばらく登ると登山道の脇にいくつか池があります。夏にオタマジャクシがたくさん泳いでいますが、これはクロサンショウウオです。この日は卵と親の姿を確認しました。

                                                                       

【甚之助避難小屋】

休憩室と冬季トイレは使用可能です。夏期トイレと水場は今週開設の予定です。

こちらもボランティアさんと清掃しました。綺麗になった避難小屋を、マナーを守り利用してくださいね。

                                                                    

さて、お花もたくさんさいていました。

                                                                         

上段左:ベニバナイチヤクソウ 上段中:ギンリョウソウ 上段右:キヌガサソウ

中段左:コケイラン 中段中:ギンラン 中段右:ミドリユキザサ

下段左:ハクサンチドリ 下段中:ノビネチドリ 下段右:オオバミゾホオズキ

                                                                     

開山祭は7/1に行われます。夏山開きなのにもうたくさんの登山者で賑わっています。南竜ではもうハクサンコザクラが咲き、クロユリのつぼみも見られるそうです。

                                                                         

待ちわびたシーズンがいよいよ到来です。登山の際は登山届を提出し、登山に適した服装と装備で、マナーを守っていただけるようご協力をお願いします。登山道によってはまだ積雪が多いところもありますので、事前の情報収集をお忘れ無く!

ページ先頭へ↑

2016年06月20日乗鞍岳 登山者カウンターの設置など

中部山岳国立公園平湯 丸山由起子

6月1日に乗鞍岳の剣ヶ峰口に登山者カウンターを設置してきました。

 

 

この黒っぽいボックスがカウンター装置です。

 

道の反対側にも同じようなものがあり、その間を通過するとカウントされます。

 

カウンターで登山道の利用者数を調査し、得られたデータは登山道や施設などの

維持・管理を行うために利用します。

 

 

そして先週、カウンターのデータ回収第1回に行ってまいりましたので

6月15日現在の道の状況(肩の小屋口~畳平)を少しお知らせします。

 

【肩の小屋口から肩ノ小屋方向を見上げる】

最初の急な斜面に雪が残っていますので、雪の状況によっては軽アイゼン等の

滑り止めやストックが必要になると思われます。

赤矢印経路がこの日の上りやすいルートでした。

写真右側の黄色い実線部分は夏道が出ていて雪が無いですが、その上はまだ

雪があり、急斜面をトラバース(黄色点線)する形になります。

(※雪の状況は日々変わりますのでご注意ください)

また、写真下部の雪がない場所はグリーンロープ内です。 植生保護のため

ここを避ける形でグリーンロープ外や雪の上を回り込んで雪渓に出てください。

  

雪渓の直登が終わるとグリーンロープが張られた夏道が確認されますが、

まだ雪が残っていました。

必要であれば滑り止めを着用し、安全に気をつけ歩行してください。

  

肩の小屋口~肩ノ小屋間で雪が残っているのはおおよそですが

下図の黄緑線部分になります。(6月15日現在)

 

肩ノ小屋までの上の方(オレンジ線)では写真のように夏道上に

雪はありませんので、グリーンロープ内の歩行をお願いします。

 

 

肩ノ小屋周辺では現在(6/15)キバナシャクナゲが綺麗に咲いています

 

  

 

 

肩ノ小屋前では剣ヶ峰登山等を楽しまれた方々が休憩されていました。

※ 肩ノ小屋はまだ営業していません

 

 

さて、ここで山での重要課題!「トイレ」について。

肩の小屋口から上ってしまうと少々わかりづらいですが、

ここには公衆トイレがあるのです。

上写真で見えている肩ノ小屋の裏手にまわると下写真のような案内があります。

  

  

写真奥は東大の宇宙線研究所で、その手前の赤丸が公衆トイレです。

一応使用可能となっていました。

  

トイレの場所がわからず困っている方がいましたので、少しでもお役に立てばと

ここで記載しましたが、小屋の反対側にも何か案内があるといいのかな?

実は私も最初は場所がわからなかったもので(汗)・・・小屋が開いていれば

聞けますが閉まっているときは聞けないですものね。

 

 

次に肩ノ小屋から畳平までですが、地図上のオレンジ線(車道)も富士見岳を

経由するコースも雪はありませんのでのんびり散策をお楽しみください。

 

車道を下から見上げると雪が邪魔しているように見えますが、実はこんな風で

通れますのでご安心を!

 

 

それから、今年は全国的にクマの目撃情報が多いのでご注意ください。

乗鞍ではこの日、不消ヶ池(きえずがいけ)で目撃されていました。

 

【不消ヶ池】

 

【参考】

乗鞍岳でのクマの目撃情報が岐阜県から発表されています

→ http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/kankyo/kankyo-hozen/c11265/norikura-kuma.html

クマに対する注意事項等も書かれています

→ http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/kankyo/shizenhogo/c11265/kuma-map.html

こういった情報を参考に安全に登山や散策等をお楽しみください。

 

 

さて、畳平のお花畑ではハクサンイチゲやミヤマキンバイが咲き始めています!

これからどんどん咲いてくるので楽しみですね♪

 

【ハクサンイチゲ】

  

【ミヤマキンバイ】

  

【ショウジョウバカマ】 ただいま絶賛活躍中

 

 

<オマケの話>

乗鞍ではパン皮状火山弾が見られると青柳保護官に教えていただきました。

パン皮?・・なるほど~と一目瞭然でした、こんな石です。

 

ヒビ割れの雰囲気がフランスパンの皮のヒビ割れに似ていませんか?

これは、噴火でマグマの岩片が飛んでいるときに表面は冷えて固まったけれど

内部はまだ熱く融けてガスを含んだ状態であり、そのガスで膨張してヒビが

入ったものだそうです。

乗鞍岳の上の方にはこんなおもしろい石もありますので探してみてくださいね。

ただし、国立公園なので石を持って帰ることはできませんのでご注意を(*^_^*)

ページ先頭へ↑

2016年06月17日水の色は何色?

上信越高原国立公園 アクティブレンジャー則武 敏史

こんにちは、上信越高原(じょうしんえつこうげん)国立公園の志賀高原地区担当です。


志賀高原の池で、面積の最も広い池は「大沼池」(おおぬまいけ)です。この池は水の色が素敵です。6月1日の水の色はコバルトブルーでした。

<水の色には関係ありませんが、ここはヤッホーポイントです。やまびこが返ってきます。大きな声を出すのは勇気がいりますが、ぜひやってみてください。>


池を見る場所や光の当たり方によっても水の色が違って見えます。



今回、素敵な色の湖面を見ることが出来ましたが、エメラルドグリーンに見えることもあるそうです。


<大沼池は、池の向こうに見える志賀山の噴火によりせき止められてできた池です。高校生が池めぐりコースを歩いてきて、大沼池のほとりで昼食を食べ始めるところでした。>



さて今回、私は、大沼池入口バス停から未舗装の林道を約1時間歩いて大沼池畔に着き、そこからレストハウス(休憩所)までほぼ平坦な山道を約15分歩きました。大沼池入口バス停の標高は約1,560m、大沼池の標高は約1,720mです。


高校生が歩いてきた「池めぐりコースは」、大沼池を通るコースの一つで、志賀高原を代表するトレッキングコースと言われています。硯川から大沼池入口までは約10km、所要時間は約3時間30分です。

なお、池めぐりコースで現在使用可能なトイレは「硯川」、「大沼池」、「大沼池入口バス停」にあります。「四十八池湿原」のトイレは冬季閉鎖中(10月下旬から6月下旬)です。ご不便をおかけしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。



志賀高原でも植物の開花が例年より早く進んでいるようです。グリーンシーズンも志賀高原へお出かけください。


<お知らせ>

1「登山計画書の提出が義務付けられます」

長野県は、長野県登山安全条例第20条第1項の規定により、遭難の発生のおそれが高いと認められる山岳の登山道を指定登山道として指定しました。平成28年7月1日より指定登山道を通行しようとするときは、登山計画書の提出が義務付けられます。指定登山道については長野県のページをご覧ください。

<http://www.pref.nagano.lg.jp/kankoki/tozanjorei/shiteitozando.html>


2「8月11日は国民の祝日 山の日」

今年が祝日になって最初の年です。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園の上高地(かみこうち:長野県松本市)で第1回山の日記念全国大会が開催されます。


3「7月第4日曜日(今年は7月24日)は 信州山の日」



ページ先頭へ↑

ページ先頭へ