ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

国指定藤前干潟鳥獣保護区

129件の記事があります。

2015年10月22日今日の藤前干潟。そして、今週末は秋のクリーン大作戦!

国指定藤前干潟鳥獣保護区 西部理恵

藤前干潟から、こんにちは。

今日の藤前干潟は、少しかすんでいて鈴鹿の山は霞の向こうに隠れてみえません。

それでも、気持ちの良い風が吹き散歩日和です。


さて、今日は渡りのカモ達が次々に飛来しているらしいと聞き、

鳥の勉強がてら、お弁当を持って庄内川河口のヨシ原まで巡視に行ってきました。

堤防沿いには、満ち潮の時期を狙ってハゼ釣りの人達がポツポツと集まり、

ウォーキングやランニングの人、ビジターセンターの来館者、散歩の人、、、

のんびりと楽しげな空気が漂う稲永公園です。



実は、ここ最近は干潮時刻が明け方と夜中で、日中は潮が満ちる時間帯。

干潟を見るにはタイミングが悪いのですが、

水際に寄っているカモを見るには近くで観察できるチャンス。

見られた鳥は、

イソヒヨドリ、コガモ、オナガガモ、ミサゴ・・・などなど。

イソヒヨドリ

イソヒヨドリ、名前には"ヒヨドリ"とついていますが、

ヒヨドリとは別で、ツグミの仲間なんだそうです。

オスは青い羽にお腹が赤褐色とカラフルなのですが、

メスはグレーから黒色の地味な色合い。

幼鳥はメスとオスの中間だそうですが、これはメスかな?

まだまだ判別できない鳥ばかりです。



さらに、特に今の時期はカモのオスはエクリプスといって

羽がメスと同じような地味な色合いになる時期なので、鳥見初心者には苦しい!

もうそろそろ冬羽になるから分かりやすくなるよ!と言われているのですが。

これは水際で休むコガモの群れ。藤前干潟には、現在1000羽単位で入っています。

水際で休むコガモの群れ

ご飯を食べながら観察していると、

なんとミサゴが魚を捕る瞬間が見られて大感動!

このレンズではこれ以上近寄れません。

遠すぎて、そしてピンぼけ写真なのでちっともわからないと思いますが・・・

足につかんでいるのはボラかな?魚をつかんでいます。

魚を抱えて飛ぶミサゴ



今日はいよいよハマシギも入ったとのこと、

だんだんと冬の足音も近づいてきたそんな藤前干潟。

今週末は、鳥達・・・ではなく、

たくさんの人がやってくる一大イベントがあります!

藤前干潟 秋のクリーン大作戦!

1,000人~2,000人近くの人が参加して、みんなで藤前干潟の海岸清掃を行います。

海岸清掃を通して、ゴミを捨てない生活、について考えるきっかけにして欲しいと思います!

もちろん、私たちも参加しますよ。頑張ります!

参加される方は、一緒に頑張りましょう。

10月24日(土)が晴れますように。

ページ先頭へ↑

2015年09月16日秋の気配・・・藤前干潟

国指定藤前干潟鳥獣保護区 名古屋 西部理恵

藤前干潟から、こんにちは。

今日(9月18日)の藤前干潟

今日は久しぶりに青空が見えた藤前干潟。

8時半頃の満潮なので、干潟はまだ出ておらず海ですが・・・

藤前干潟も少しずつ秋模様となってきました。

といっても、山や森ほど秋感が伝わりにくいのが干潟。

秋を伝えてくれるのはもちろん渡りの鳥。

シギ・チドリの数も増えてきています。



といいながら、鳥の話ではなく、この写真。

ちょっとぴんボケで申し訳ありませんが、

皆様もご存じトビハゼです。

魚、だけど水が嫌いな、あのトビハゼ。

藤前干潟のトビハゼ1

この写真を撮影したのは、9月15日(火)。

実は私たち名古屋自然保護官事務所は、

毎月1回、庄内川河口の小さな干潟で

モニタリング調査を実施しています。

長靴で干潟の中に入っていくと、

カニ達に混じって、ぴょんぴょん飛び跳ねる姿が。

体長が5cmないくらいの小さめの個体が多いのですが、

目がぷっくり飛び出したトビハゼです。



藤前干潟のトビハゼ2

こんな感じで何匹も、調査中の私たちの周りを飛び跳ねていました。

よーく見ていると、1cmちょっとのちびっ子トビハゼもぴょんぴょん。

初夏の頃から産卵が始まり、この時期、トビハゼらしい姿になって戻ってくるトビハゼの子供たち。

8月の終わり頃にセンタースタッフから、"赤ちゃんのトビハゼが見られるよ"

と聞いていたので、感動ものです。



実は、この調査の2日前、9月12日(土)にも、

私はトビハゼを見る機会がありました。

藤前活動センターで潮だまり観察などをするイベントが行われ、

その際に、とても沢山のトビハゼを見ることが出来たのです。

参加者の方々も大興奮!

藤前干潟の潮だまり観察会

ところが、

通常はこの藤前活動センターの干潟では見られないのだとか。

冬には巣穴の中でじっと動かず越冬するトビハゼは、

藤前活動センター前の干潟では満潮になると水没してしまうため、

越冬することが出来ない、

というのがその理由だそう。

台風の大雨で増水し流された個体が見られたのでは?、とのこと。

このトビハゼ達がもしかするとこの冬を越せないのかなと思うと、

ちょっと悲しいですね。



この愛らしい姿にファンも多いトビハゼですが、

近年、生息地の減少などで全国的にも数を減らしており、

環境省の準絶滅危惧種にも指定されています。

秋はイベントも多くなる季節。

環境関連のイベントもありますので(9/19(土)環境デーなごやなど)、

ぜひ皆さんも、ひっそりと数を減らしている生き物たちのこと、

考えてみてください。



干潟は季節の変化がわかりにくい場所ですが、

こんな風に足下をじっくり観察してみると、

生き物たちの生活からも小さな秋の気配を読み取ることも出来るんですよ。

小さな秋を探しに、身近なフィールドへ出かけてみてください!


9月23日(水)には稲永ビジターセンターでバッジを作るイベントもあります。

藤前干潟の生き物バッジを作ろう

稲永ビジターセンター、藤前活動センターにも遊びに来てくださいね!

ページ先頭へ↑

2015年08月24日初秋の藤前干潟

国指定藤前干潟鳥獣保護区 名古屋 アクティブレンジャー野村 朋子

日中はまだまだ暑い日が続いていますが、

立秋もお盆も過ぎ、朝晩はだいぶ過ごしやすくなってきました。

藤前干潟には、少し前から秋の渡り鳥たちが徐々に飛来しています。

今日は干潟があまり大きく出ない日でしたが、

ダイゼンやソリハシシギ、アオアシシギ、キアシシギなどの

シギ・チドリの仲間を観察することができました。

【夏羽から冬羽へ換羽中のダイゼン】

【干潟の上で餌を探すキアシシギ】

まだしばらくは、これらの秋の渡り鳥たちを見ることができるはずです。

干潮時間を調べて、干潟を代表する渡り鳥であるシギ・チドリを

ぜひ見にお越しください。

そして、気付けば、もうすぐ8月も終わりです。

夏休み期間中にも様々なイベントを行っていた藤前干潟ですが、

気候のよくなる秋には、より多くのイベントが行われます。

9月には以下のイベントが開催されます。ぜひご参加ください!

干潟交流プログラム

日 程:9月12日(土)

場 所:藤前活動センター

対 象:流域圏で活動している方(中学生以上)

参加費:100円

申込み締切り:8月28日(金)

申込み・問合せ先:藤前干潟ふれあい事業実行委員会事務局

(名古屋市環境局環境活動推進課)

FAX:052-972-4134

Eメール:a2662@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

主催:藤前干潟ふれあい事業実行委員会

環境デーなごや2015 稲永ビジターセンター・藤前活動センターブース出展』

☆パネル展示などで藤前干潟やセンターの紹介をします。

日 時:平成27年9月19日(土)10:00~16:00

場 所:久屋大通公園

問合せ先:藤前活動センター TEL:052-309-7260

主 催:「環境デーなごや」実行委員会

『藤前干潟の生きものバッジを作ろう!』

日 時:平成27年9月23日(水・祝)10:00~15:00

場 所:稲永ビジターセンター

対 象:一般

定 員:20名

参加費:200円程度(材料費込み)

申込み・問合せ先:稲永ビジターセンター TEL:052-389-5821

主催等:中部地方環境事務所、藤前干潟ふれあい事業パートナーシップ事業

この他の藤前干潟のイベントは下記をご覧ください。

「イベント情報」

ページ先頭へ↑

2015年08月18日干潟の泥で遊ぼう

国指定藤前干潟鳥獣保護区 名古屋 西部理恵

毎日、暑いですね。

先日は大雨で鉄道が大混乱していましたが、大気の状態が不安定なのでしょうか。

今年はまだあまり台風直撃ということもないので実感していなかったのですが、

自分では全く想像もしていなかった状況で、

台風や低気圧と海との関係を実感することになりました。



つい先日のことです。

藤前干潟ふれあい事業の一環で

8月12日(水)に「干潟の泥で遊ぼう」というイベントを開催しました。

干潟の泥で遊ぼう チラシ

当日は天気にも恵まれ干潟日和、風もある気持ちの良い日で、

参加者の皆さんは恐らく「さぁー、干潟で遊ぶぞーーー」と、

意気込んでいらしたと思います。

ところが・・・

日本付近に接近する台風と低気圧の影響で水位が高くなっており、

潮が引かない=干潟に入れない!という状況になってしまったのです。

初めてのプログラムで、こんな緊急事態!

頭がパンクしそうになりながらも、

名古屋自然保護官事務所、そして藤前活動センターのスタッフに相談しながら、

急遽、潮だまりで遊ぶ企画に変更してプログラムを実施しました!

まさか、こんな形で海と空との関係を実感することになろうとは、

思いもしなかったのです。



さて、そんな中スタートした当日のプログラム、

潮だまり観察とミニ干潟で泥体験

という内容になりました。

(※藤前干潟では、堤防から入れる水際の場所のことを潮だまりと呼んでいます)

堤防から藤前干潟、潮だまりを望む 潮だまりに出発

ここはカニの宝庫!

海側ではタカノケフサイソガニ、堤防側ではベンケイガニなどが見られます。

その他にも、カキやフジツボ、フナムシなど浜辺の生き物を見ることが出来ます。

潮だまりの生き物観察 潮だまりで遊ぶ

30分ほど潮だまりで生き物を捕まえて遊んだあと、

今日のテーマでもある干潟の泥に触れてもらおうと用意していた、

"ミニ干潟"を体験してもらいました。

干潟の泥体験!

大きなタフブネに干潟の泥を入れただけの簡単なものですが、

皆さん、裸足で泥の感触を楽しんでいました。

朝からスタッフが頑張って集めた泥を、

皆さんに楽しんでいただけて良かったです。

最後に、干潟のまとめをし、

藤前干潟の代表的な生き物シジミと泥を使ってシジミの浄化実験も行いました。

干潟のまとめとシジミの浄化実験



今回は残念ながら干潟に入ることは出来ませんでしたが、

これに懲りること無く、また藤前干潟に来たい!と言っていただけたので、

ほんとに良かった、、、と思っています。

参加してくださった皆様、ありがとうございました!

次回はきっと干潟に入って遊べると思いますので、

また遊びに来てくださいね!

そして、プログラム作成の段階から、

藤前活動センターのスタッフには何度も相談し、お世話になりました!

初めてで緊張しっぱなしのプログラムでしたが、

改めて、自然を相手にしたプログラムの大変さと面白さを実感しました。

台風の影響って、風や雨だけじゃないんですよね!

肝に銘じた出来事でした。



最後に、直近の干潟に入れるプログラムをご紹介したいと思います。

今回干潟に入れなかった参加者の皆様、再チャレンジされてはいかがでしょうか?

もちろん、初めて藤前干潟を訪れる方も大歓迎です!

受け付け開始は、8月20日(木)から、問合せのお電話番号へどうぞ!

  • 日時: 8月29日(土)10時-12時30分
  • 場所: 藤前活動センター
  • 募集人数: 20人(幼児-大人)
  • 参加費: 大人200円、子供100円、幼児無料
  • 問合せ: 052-309-7260(藤前活動センター
  • 主催: 環境省中部地方環境事務所
  • 共催: NPO法人藤前干潟を守る会

ページ先頭へ↑

2015年07月22日干潟の再現水槽がパワーアップ@藤前活動センター

国指定藤前干潟鳥獣保護区 名古屋 西部理恵

藤前干潟から、こんにちは。

台風も過ぎて、梅雨明け宣言!そして夏休み!

だと言うのに、またもや雨模様ですっきり晴れた空が拝めません。

そして意外に蒸し暑い・・・

こんな日は干潟に入る人もなく、ビジターセンターもちょっぴり寂しいです。

家でクーラーをがんがんに効かせてテレビを見たり、ゲームをするのもいいですが、

電気代ももったいないし、何よりエコじゃない!!

せっかくなので、藤前干潟にある2つのセンターを探検しに来てみませんか?!



先日、藤前活動センターと稲永ビジターセンターの展示案内をしたのですが、

そのほかにもセンター内には楽しい仕掛けがいろいろあります。



今日のご紹介はコレ。藤前活動センターの展示です。

干潟の干満再現水槽@藤前活動センター

センターにお目見えしたこの水槽。

といっても、水槽自体は前からありました。

今までは、水槽を斜めにして陸・干潟部分と海部分を再現していたのです。

その水槽がセンタースタッフの改良によって、

【干潟の-干満再現-水槽】に生まれ変わったのです。

もう、前に見たよ-、という方もこれを聞いたら気になって眠れないはず!

干潟の干満再現水槽@藤前活動センター

水槽内の海水の吸い上げと排水をタイマーで制御しながら、

1~2時間間隔でゆっくりと潮の干満を再現します。



というわけで、
藤前活動センターの歩き方!!

まずは、

いの一番に、この水槽をチェックして生き物の様子を観察しましょう。

他にも生き物水槽があります。

藤前干潟の生き物や外来種について学べますよ。

次に。

2階へ上がると、企画展「藤前干潟の七不思議」を開催中。

ぜーんぶチェックすれば、あなたも藤前干潟マスターになれるでしょう。

いや、まだ足りない!もっと秘密が知りたい!と思った方は、

疑問質問を迷わず質問箱に投函してくださいね。

さらに。

3階まで上がれば、藤前干潟の全景が目の前に。

潮が引いている時間だと、干潟でポツポツと食事中の鳥達を見られるかもしれません。

藤前干潟

さぁ、藤前干潟について分かったところで、1階におりて水槽を再度チェックしましょう。

最初に見たときと比べて、

水槽はどうなったかなぁ、

生き物の様子は変わってるかな、

と思って見てくださいね。

水が引いている時、水が満ちている時、干潟の生き物たちがどんな様子なのかを間近に見られて楽しいですよ。



トビハゼちゃんは、こんなところに住んでいるんだなぁ、

意外と泳ぎが上手い!、

さっきは気づかなかったけど貝も住んでいたのか!

などと発見があって観察していると飽きません。



ぜひ、藤前活動センターの干満水槽を見に来てくださいね!

●藤前活動センターのご案内

場 所:名古屋市港区藤前2-202

開館時間: 9:00-16:30

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、第三水曜日は休館

入館料:無料

TEL:052-309-7260

アクセス:三重交通バス(サンビーチ日光川行き)「南陽町藤前」下車、徒歩10分

ページ先頭へ↑

2015年06月23日藤前干潟を飛び出して・・・

国指定藤前干潟鳥獣保護区 西部理恵

早いもので、気づくともう6月半ば。

藤前干潟はというと、
疲れを癒やした渡り鳥たちがどんどん旅立ち、
今は、ちょっぴり寂しくなって来ました。
これからの季節は、鳥たちにかわって私たちが干潟でのひとときを楽しむ番です。


さて、私たちアクティブ・レンジャーは、

そんなちょっと寂しい藤前干潟を飛び出して、

最近は、「出前講座」に飛び回っています。

出前講座では、藤前干潟の生き物や環境の話だけでなく、

どうやって藤前干潟が守られてきたのか、といった歴史など、

依頼内容に沿ってお話をしています。

小学校での出前講座の一コマ


私たちが出前講座を行った時の様子は、

「環境省職員による出前講座」のページから、

詳しくご覧頂けます。

名古屋市内の小中学校はもちろん、近隣市町村の教育機関や団体、勉強会など、

年中どこでも、藤前干潟のお話をするために参上します!

興味をお持ちの方は、ぜひ名古屋自然保護官事務所までお問い合わせください。

ページ先頭へ↑

2015年05月08日干潟で模様探し!

国指定藤前干潟鳥獣保護区 西部理恵

みなさん、こんにちは。

アクティブレンジャーの西部です!

GWはリフレッシュされましたか?

お天気に恵まれたGWだったので、潮干狩りに行かれた方も多かったのではないでしょうか?

4月は雨が多くどんよりした日が続いたので、

干潟に入る機会がなかなか来ませんでしたが、

なんとか時間を作って干潟に入った時に面白いものを見つけました。

これです。

ウェーブリップル1 ウェーブリップル2

ただの干潟の写真じゃんっ!

と思った方、それは、、、正解です!正解なんですが!

これは干潟ならではの模様を写したものなんですよ。

表面が波打って模様が出来ているのがわかりますか?

クリックすると大きな画像が見られると思います。

これは干潟が海水の満ち引きによって影響される場、であることを示しています。

海水の動きによって出来る波の模様、リップルと言います。

一方向の流れの時はカレントリップル、波が寄せては返す往復運動の時はウェーブリップル、

と呼んでいますが、動きの性質によって出来る模様が違ってきます。

とても綺麗に模様が出来るので、干潟に遊びにいったらぜひ表面の凸凹にも注目してみてください。

さて、お次の写真は、これ。

干潟の写真

わかりますか??

やっぱり同じ干潟の泥?!

いえいえ、よーく見てください。

3本線と1本線の組み合わせ(下絵)、もうわかりましたね?



干潟の写真 答え編

鳥の足跡です。

私は鳥の専門家ではないので、残念ながら足跡だけでは鳥の名前は当てられませんが、、、

泥状の干潟なので、鳥の足跡もクッキリ残るんですね!

足跡以外にも穴がポツポツと見えますが、これも干潟に良く見られる現象です。

穴があったら、掘ってみよう!

この日、見つけたのはシジミでした!!

潮干狩りももちろん楽しいのですが、

今度はちょっと目線を変えてこんな干潟の模様探しをしてみてはどうでしょうか?

5月に入り、スカッとはれる日も多くなりました。

ビジターセンターのある稲永公園もとても気持ちが良いですよ。

ぜひ、遊びにいらしてください!

ページ先頭へ↑

2015年04月30日今年もやってきました、コアジサシ!

国指定藤前干潟鳥獣保護区 アクティブレンジャー野村 朋子

早いもので今日で4月も終わりです。

今日の藤前干潟は青空も見え、さわやかな風が吹き、

とても気持ちが良いです。

干潟には、チュウシャクシギ、オオソリハシシギ、キョウジョシギなどの

春の渡り鳥たちが訪れています。

さらに、夏鳥であるコアジサシも干潟にやってきて、

魚を捕るために、盛んに水面にダイブする姿が見られます。

毎年、このAR日記でもコアジサシについて取り上げていますが、

このコアジサシ、初夏に藤前干潟にやってきて干潟周辺の砂利地で子育てを行います。

黒いマスクを被ったようなキリッとしたその顔から、

ファンの多い鳥でもあります。

 

しかし、近年、子育てをする砂利地が開発などで少なくなっており、

コアジサシの飛来数が減っているのです。

現在、コアジサシの繁殖地を確保するため、

様々な関係者で話合いなども行われています。

 

さらに、そんなコアジサシのことを皆さんに知ってもらうべく、

5月9日(土)にコアジサシの講演会が開かれます。

東京でコアジサシの保全を行っている方を講師にお招きして

お話しを伺います。

 

***********************************************************

「藤前干潟ふれあいトーク 渡り鳥コアジサシについて学ぶ」

日時:平成27年5月9日(土)14:00~16:00

場所:稲永ビジターセンター(名古屋市港区野跡4-11-2)

講師:北村亘さん(NPO法人リトルターン・プロジェクト)

定員:当日先着60名

主催:藤前干潟ふれあい事業実行委員会

問合せ先:TEL:052-972-2622

藤前干潟ふれあい事業実行委員会事務局(名古屋市環境局環境活動推進課)

**********************************************************

 

藤前干潟は5月中頃までシギ・チドリなどの渡り鳥も見られ、

本当に良い季節です。

ぜひ、この機会に藤前干潟にお越しください!

(5月9日には「渡り鳥調査隊」も野鳥観察館で行われます。)

 

この他にも藤前干潟では様々な団体がイベントを行います。

詳細はこちら(↓)をご覧ください。

「イベント情報」

ページ先頭へ↑

2015年04月14日着任のご挨拶

国指定藤前干潟鳥獣保護区 名古屋 西部理恵

はじめまして。

4月1日より藤前干潟のアクティブレンジャーとして着任いたしました西部 理恵(にしぶ りえ)です。

幼少期は海のない県、岐阜県で育ち、水辺といえばもっぱら長良川河畔のことでした。

あまり海を知らないまま大学では海について学ぶことになりましたが、川とは全く違う海の広さに感動したのを覚えています。

特に、満ちている時と引いている時の、風景がダイナミックに変化する干潟は、いつ見ても飽きることがありません。

実は、私は名古屋に干潟が残っていることを最近になるまで知りませんでした。始めて訪れた時には、この名古屋港にこんな干潟が残されていたんだ!と本当に驚きました。

まだ着任したばかりですが、今後は前任の上野さんが残された仕事を引き継ぎながら、さらに発展させて自分らしい活動をしていけたらと思っています。

ぜひ藤前干潟に遊びに来てくださいね!

稲永ビジターセンター

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ