中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

#STAYHOME 乗鞍高原ってどんなとこ? ~昭和編~

2020年05月01日
松本

こんにちは。中部山岳国立公園管理事務所の関根です。

乗鞍高原を含む地域は、昭和9年に中部山岳国立公園に指定されました。

国立公園については、「日本の国立公園」のページで詳しくご覧いただけます!

昭和の時代には、山岳スキーの合宿が始まり、スキーガイド業が誕生しました。

また、乗鞍岳までエコーラインやスキーリフトが建設されたり、避暑と勉強を兼ねた学生村やスキー客を受け入れる宿が開業されたり、山岳観光が地域の新しい産業になってきたそうです!

仕事中の写真ではないですが、冬に乗鞍へアクティブレンジャー仲間で滑りに行きました。

派手に転びまくる初心者でも、この道数十年のベテランでも、みんなで乗鞍を楽しみました!

冬も夏も山岳観光が大きな産業になっていますね!

江戸時代編パート2パート3で取り上げたような産業としての農業は減ったものの、

観光の影響もあり"そば"を始めとした郷土食は人気で、今でも乗鞍高原の名物となっています!

写真提供:齋藤佳代

歴史を改めて知ると、私自身ますます乗鞍が好きになってきます!

のりくら温泉郷HP内にも、乗鞍が好きな人のそれぞれのストーリーが載っています。

この大型連休は、#おうちでのりくらですが、このタイミングで乗鞍をさらに知っていただければと思います!

また、国立公園オフィシャルパートナーである、山と渓谷社さんが、4月29日(水)から5月10日(日)の間、期間限定で山岳雑誌を無料配信しています。

ゴールデンウィークは、#STAYHOMEで山を楽しみましょう!!

乗鞍高原の各施設も営業を自粛しております。

詳しくは、のりくら観光協会HPをご覧ください。

*********************************

 中部山岳国立公園では、コロナウイルス感染拡大防止の政府方針を受け、当面の利用の自粛をお願いしています。早期収束に向け、みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

 なお、この投稿は「#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト」に基づいて実施しています。

#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト