中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

#STAYHOME 乗鞍高原ってどんなとこ? ~江戸時代編~パート3

2020年04月29日
中部山岳国立公園

こんにちは。中部山岳国立公園管理事務所の関根です。

江戸時代、大野川村の人々の農業についてご紹介しました。

もうひとつ、乗鞍の昔の生活を紹介するのに欠かせないのがこれです!

写真提供:福島眞

 

きのこの方ではなく、左側のワラビです!!

一ノ瀬という広大な平原にも多く生えています。

山菜として食べるのもおいしいですが、女性や子どもが、根からわらび粉をつくったそうです。

 

○レシピはこちら○

 ・寒くなってきたらワラビの根っこを掘る

 ・水に浸けた後、叩きくだく

 ・水にデンプンを沈殿させ、粉を取り出して乾燥させる

 ・できあがり!

そば粉と混ぜて、やきもち、きしめん、汁のつみれなど工夫したようです。

  

簡単そうに書いていますが、手間がかかる上に寒い中の作業です。

わらび粉は、穀物と交換したり、現金収入になったりと、大切な存在でした。

  

わらび粉の歴史を伝える、一ノ瀬の「わらび小屋」で加工するのに良さそうな道具を発見!!!

  

  

先人が自然と共に生きてきたことが垣間見えますね。

  

日本の国立公園には、地域のストーリーがあります!

おうちで、このようなストーリーを知ってもらえると嬉しいです!

  

※歴史やストーリーには諸説あります。

  

乗鞍高原の各施設も営業を自粛しております。

詳しくは、のりくら観光協会HPをご覧ください。

  

*********************************

 中部山岳国立公園では、コロナウイルス感染拡大防止の政府方針を受け、当面の利用の自粛をお願いしています。早期収束に向け、みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

 なお、この投稿は「#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト」に基づいて実施しています。

#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト