中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

上高地パークボランティアの活動紹介

2020年07月06日
中部山岳国立公園

みなさん、こんにちは。上高地管理官事務所の小森です。

中部山岳国立公園上高地地区では、『上高地パークボランティア』が活動を行っています。

活動開始から、今年でなんと34年目になります!

今回はその活動内容を少しだけお伝えしたいと思います。

(今年度はコロナウイルス感染症の影響により活動を休止していましたが、7/8より活動再開となります。)

上高地パークボランティアは、現在の登録65名、活動期間は通常4月~11月の上高地開山期間中の7ヶ月のみですが、その間、何度も上高地で活動を行っています。長野県在住の方を中心に、関東地方など遠方からご参加いただいている方もいらっしゃいます。中にはボランティア活動期間が30年以上の方や、年間30日以上も活動して下さる方も!まさに上高地を愛している方々が集っています。

ボランティア活動の中で最も多い活動は、上高地内の『巡視』となっています。

利用者指導や遊歩道の安全確認、ゴミ拾い等を行いながら、大正池~横尾までの間を巡視しています。

パークボランティアの帽子とワッペンが目印!ですので、上高地のことや自然情報など知りたい方は、声をかけてみてください。(話しかける際はマスクの着用や身体的距離の確保にご協力ください。)

そして、重点的に行っている活動としては、『維持管理』『野生動物対策』『外来植物対策』

『外来植物調査』などがあり、活動内容は多岐に渡っています。

 

維持管理(看板清掃)             維持管理(除雪)

 

外来植物対策(外来植物除去)         野生動物対策(サルの追い払い)

 

調査(カモ調査)               自然解説(学校ガイド)

 

研修会                    総会

過去の上高地パークボランティアについての、アクティブ・レンジャー日記もご覧下さい。

ニホンザル対策

望遠鏡解説

上高地は様々な方のご協力のもと、成り立っている地域であり、上高地パークボランティアもその中の一員です!ぜひ、今後の活動にもご期待下さい。

***********************************

最近、近辺で多発している地震と、梅雨時期の降雨により、上高地園内の遊歩道は、日々、状況が変わります。通行止め箇所が発生している可能性もありますので、上高地へお越しの際は、自然公園財団上高地支部のHP情報をご確認ください。

***********************************

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。