中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。
アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。管内には、上信越高原、妙高戸隠連山、中部山岳、白山、伊勢志摩国立公園があります。

称名滝への遊歩道開通

2022年05月20日
中部山岳国立公園

こんにちは。立山管理官事務所の一ノ枝です。

冬に発生した雪崩の影響で、今期通行止めとなっていた称名滝の遊歩道ですが、5月21日(土)から開通を行う目処がたったとのことで関係機関の皆さんと現地確認に行ってきました。

 

<称名滝へ向かう遊歩道>

 

なお、当面の間は、下記の時間帯のみの開通となります。

 

通行可能時間:

●桂台ゲート~称名平駐車場

 7時00分~18時00分(5~6月、9~11月)

 6時00分~19時00分(7~8月)

●称名遊歩道(称名平駐車場~称名滝展望台)

 8時00分~17時00分(当面の間)

 

 

ゲート開通時間と遊歩道の開通時間が異なり、遊歩道は8時00分から通れますのでご注意ください。称名滝の観光をする方、登山者ともに遊歩道を通行する必要があります。

 

 

雪崩があった箇所には、監視員が配置されますので、指示に従い通行をお願いします。

<雪崩発生箇所。監視員の指示に従い通行をお願いします。>

 

<大日平・大日岳への登山口>

 

この時期の称名滝は雪どけ水も多く、水量が多いときにしか現れないハンノキ滝も見ることができ圧巻です。

 

<中央部流れているのがハンノキ滝>

 

 

 

<左が称名滝で落差350m。右がハンノキ滝で落差500mの圧巻のスケールです>

 

 

<ニリンソウがたくさん咲いていました。>

 

また、駐車場からすぐにある新しくなった称名平休憩所には称名滝をはじめ立山についての展示や大画面での映像を観ることができますので合わせてお立ち寄りください。

 

 

****************************************

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。