ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年12月07日浅間山の巡視

上信越高原国立公園 飯島久美子

11月18日に浅間山の前掛山山頂まで巡視に行ってきました。

浅間山は、日本を代表する火山で、群馬県吾妻郡嬬恋村と、長野県佐久郡軽井沢町及び御代田町の境に位置しています。今回の巡視の目的は、標柱の立替えの確認です。

↑ 前掛山(R3.10黒斑山(くろふやま)登山道より撮影)

手前の山が前掛山、ほとんど重なって見えますが、奥が釜山(かまやま)です。

浅間山は気象庁の噴火警戒入山規制があり、

巡視当日の噴火警戒レベルは1でしたので、前掛山まで入山可能でした。

※最新の浅間山の噴火警戒レベルは気象庁のHPよりご確認いただけます。

↑ 前掛山までの登山道

岩がごろごろとした登山道です。

↑ 登山道から北東方向を見ると、嬬恋村を見渡す事ができます。

↑ 前掛山の手前のシェルター

いざとなったら逃げ込みます。

↑ 前掛山山頂までの最後の登り

登山開始から約4時間で到着です。

↑ 前掛山山頂からみた釜山(かまやま)

写真に写り込んでいるのは、今年の10月に新しくなった標柱です。

↑ 前掛山山頂から浅間山の外輪山を望む

12月に入り、登山道には積雪・凍結している場所が増え、登山の難易度があがっています。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ