中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

雪の立山室堂

2021年10月28日
立山

こんにちは。中部山岳国立公園立山管理官事務所の平松です。

 立山室堂では、10月には氷点下となったり、雪が降ったりする日が増えてきます。11月末で室堂までの道路も閉鎖されるため、室堂にある施設ではこの時期に冬に備えての様々な準備を行います。私たちも積雪期への準備や確認のため、10月25日に室堂を訪れました。

この日の室堂はすでに冬の様相で、積雪は30cmくらいありました。すでにスノーウェア、長靴は必須です。

<ベンチの上部がかろうじて見えるくらいの積雪です>

<みくりが池水面には雪の雄山や浄土山が写っていました>

<地獄谷では一年中火山ガスが噴出しています>

雷鳥沢野営管理所は10月31日から閉鎖になり、それ以降は管理所のトイレ・水場は利用できなくなります。管理所前や代替歩道にかかる橋も撤去されました。これらのお知らせは室堂ターミナルなどに掲示してありますので、室堂に行かれる際はご確認ください。

<雷鳥沢野営場にはテントはありませんでした>

<雷鳥沢にかかる橋も橋げたが取り外されています>

<通行注意の掲示をした代替歩道室堂側入口>

 

今後本格的な積雪シーズンになり、スキーや冬山登山を計画されている方もいらっしゃると思います。立山室堂では、自然保護や安全のため、この時期に守っていただくルールを策定しています。これらルールについてはホームページなどを通して近々お知らせする予定です。

******************

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。