中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

平湯野営場の巡視

2021年02月10日
中部山岳国立公園

こんにちは、中部山岳国立公園管理事務所の福澤です。

久しぶりの平湯管内巡視に行ってきました。

今冬、日本海側での大雪の様子は度々ニュースで報じられて

いますが、平湯(奥飛騨地方)も日本海側気候の影響を受け

やすく標高が1,250mほどあることからとても雪深いところ

です。

中部山岳国立公園に属する平湯野営場は、すっかり雪に覆わ

れ4月まで冬眠中です。

そんな中、敷地内の施設建物に異常や損傷はないか確認して

きました。

当日は晴天で、2月の厳冬期とは思えないほど陽の温かさを感

じられる穏やかな日でした。

野営場は現在クローズ中で敷地には、多くの雪が積もっており、

入り口も写真の通りです。

<雪に覆われた休場中のキャンプ場>

一般の方は入場できませんが、先般からの大雪で野営場の建物に

異常が無いかスノーシューを履いて慎重に巡視を進めました。

建物はすっぽりと雪の中でしたが、屋根雪が自重で落ちた跡も

見られ、大きな損傷は無く一安心でした。

4月のオープンが待ち遠しいです。

<雪に覆われたトイレ>

<雪に覆われた四阿>

新しく降り積もったフワフワした新雪も、天候と時間によって姿を変えて

行きます。

耳にされた方もいらっしゃると思いますが大きくは、新雪→しまり雪→

ざらめ雪と変化してゆき、伴って雪の比重も大きくなり重量を増します。

雪は軽そうに見えて、その重量で建物も壊す力を秘めているのです。

今後の積雪量の増加を注意深く見守っていこうと思います。

さて、今日は輝山(てらしやま)2,063mがよく見えていました。

平湯の東に位置し、平湯野営場やスキー場からよく見えます。

社会学者の篠原憮然が、最初に日が当たる山だからと命名した

そうですが冬は頂上直下が白く特徴的ですから平湯にお出かけ

の際は是非探してみてください。

<平湯野営場からの輝山>

<平湯スキー場からの輝山>

******************

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします