中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

上高地の色とりどりの花々【夏】

2020年07月27日
中部山岳国立公園

みなさん、こんにちは。上高地管理官事務所の小森です。

雨の4連休となりましたが、上高地にはたくさんのお客さんがお見えになっていました。

上高地では季節がどんどん進み、夏のお花が開花しています。

本日はその中でも、上高地バスターミナル~小梨平キャンプ場の間で見られたお花をご紹介します。雨で山の眺望がないときは、足元の生き生きとした花々に目を向けてみてはいかがでしょうか。

【ヤチトリカブト】

上高地の夏のお花の代表格で、清水川沿いなどでよく見られます。

猛毒を含んでいますが、触るだけなら問題がないとされています。

でも見るだけにとどめておいた方が安心ですね(^^;)

【キバナノヤマオダマキ】

ヤマオダマキは紫色ですが、上高地で多く見られるのは、こちらのクリーム色をした『キバナノヤマオダマキ』です。

【ヤマホタルブクロ】

低地にあるホタルブクロよりも色が濃いのが特徴だそうです。雨粒がきらりと輝きました。

【クサボタン】

くるん!としたお花の形が可愛らしいクサボタン。日当たりの良い河童橋付近や梓川沿い

で見かけることができます。

【ヨツバヒヨドリとクガイソウ】

バスターミナルの梓川沿いでは、ピンクと紫のお花のコラボレーションを見ることができました。

【キンミズヒキ】

今回、日記を書くにあたり初めて名前を知りました。名前は『金色の水引』の意味だそうです。低地にも多いお花ですが、上高地にも自生しています。

【ウツボグサ】

上高地では各所で見ることができ、かたまって生えていることが多いです。

夏は、紫や黄など鮮やかな色のお花たちが多いですね!

雨の日は足元が悪くなっていることが多いので、充分気をつけて散策されてください。

防水の靴や、長靴の持参をおすすめします。

***********************************

令和2年7月豪雨による水害と、近辺で多発している地震により、上高地園内の遊歩道は、日々、状況が変わります。通行止め箇所が発生している可能性もありますので、上高地へお越しの際は、自然公園財団上高地支部のHP情報をご確認ください。


***********************************

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。