中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

志賀高原のニッコウキスゲ見頃へ

2020年07月14日
志賀高原

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

ニッコウキスゲの話題は、ほぼ毎年この時期にお伝えしています。

丸池スキー場のニッコウキスゲは見頃を少し過ぎました。でも、ニッコウキスゲは花の期間が長いので、まだ楽しめます。

丸池スキー場のニッコウキスゲ

<花が咲いているのと同じ茎に、つぼみや、しおれてしまったものが見えます。一つの茎にいくつかの花がついて、それぞれの咲くタイミングが異なります。このため全体として花の期間が長くなります。>

近くにはコバギボウシなどいろいろな花が咲いています。

蓮池スキー場でもニッコウキスゲが見頃です。

蓮池スキー場のニッコウキスゲ

<スキー場のゲレンデ脇の林の縁に沿って帯状に広がっています。写真の奥のほうにもニッコウキスゲがあります。>

今回は志賀高原管理官事務所の近くにある2箇所を紹介しました。どちらも国道292号沿いにあり、花の咲いている近くに駐車スペースがあります。

志賀高原では、ほかにもニッコウキスゲの咲く場所があります。それらは改めて紹介します。

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

上信越高原国立公園の利用においては、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いや3つの密(密閉・密集・密接)を避けるといった「新しい生活様式」の実践をお願いします。また、上信越高原国立公園へお出かけの際には、上信越高原国立公園のページ、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認ください。皆様のご協力をお願いします。

厚生労働省「新しい生活様式の実践例」

<https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html>