中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

神秘の明神池

2020年06月29日
中部山岳国立公園

みなさん、こんにちは。上高地管理官事務所の小森です。

6月のある晴れた日、明神周辺の巡視を行いました。

明神地区は、上高地の河童橋から、左岸歩道を通って1時間弱、右岸歩道を通って1時間強の道のりです。観光客の方も多いエリアとなっていますが、片道3~4kmありますので歩きやすい靴で行動をお願いいたします。

※令和2年6月29日現在、明神池までの遊歩道は、通行止めもしくは利用自粛をお願いしています。状況を事前にご確認の上、行動いただきますようお願いいたします。詳しくは、本ページ下段を参照ください。

この日は、明神右岸側の『穂高神社奥宮』の中にある明神池を拝見しました。

入口から少し進むと、明神岳をバックに、一之池を見ることができます。

昔、明神地区は島々から徳本峠を越えて上高地へ入るルートの終着点で、上高地の中心として栄えていました。上高地へ到着した人々はこの明神岳を見上げ、様々な思いを巡らせたことでしょう。

さらに進んでいくと二之池を望むことができます。

明神池は明神岳から崩落した砂礫が堆積し、梓川の流路をせき止めて作られたものだと言われています。伏流水が常に湧き続けているため、真冬のマイナスの世界でも全面凍結することがありません。

足元にはゴゼンタチバナが美しく咲いていました。

季節を通じて様々な表情を見せる神秘的な明神池、明神に来たらぜひ訪れてみて下さい。

上高地から明神までの左岸歩道も素敵な道です♪

明神地区には宿泊施設や食事処もありますが、現在は休業しているところが多くあります。今年度の営業再開にあたっては、各施設のHPや上高地公式HPをご確認下さい。

嘉門次小屋

朝焼けの宿 明神館

山のひだや

***********************************

※令和2年6月29日現在、明神池までの遊歩道は、通行止めもしくは利用自粛をお願いしています。状況を事前にご確認の上、行動いただきますようお願いいたします。

最近、近辺で多発している地震と、梅雨時期の降雨により、上高地園内の遊歩道は、日々、状況が変わります。通行止め箇所が発生している可能性もありますので、上高地へお越しの際は、自然公園財団上高地支部のHP情報をご確認ください。

***********************************

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新しい生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。