中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

立山黒部アルペンルートが本日営業再開しました

2020年06月19日
立山

コロナウイルスの感染拡大防止のため、

4月18日から休業していた立山黒部アルペンルートが本日(6月19日)より営業再開となりました。

※おでかけの際は各施設のコロナウイルス対策をご確認ください※

 立山駅からはこちら→立山黒部アルペンルート

 扇沢駅からはこちら→黒部ダム・立山黒部アルペンルート

立山黒部アルペンルートはコロナウイルス対策のため、各乗り物の乗車定員を減らして運行するそうです。

希望する時間の便に乗れない可能性もありますので、時間に余裕を持ってお出かけください。

「マスクの携行・手指の消毒・対人距離の確保」をお願いします。

■室堂

開通前の施設点検のため、6月17日に上山した際の立山室堂みくりが池の様子です。

室堂平周辺の歩道上は雪解けが進みましたが、ところどころ雪がありますのでスニーカーより防水の登山靴や長靴の方が安心です。

■弥陀ヶ原

標高1930mの弥陀ヶ原。

天気が良かったので外回りを歩いてみました。

コースタイム上は内回り40分、外回り1時間20分です。

木道上は雪がないところがほとんどですが、地図の青で囲った南側はグズグズした雪が残っておりますので足元に充分お気をつけください。

弥陀ヶ原ホテルは今期営業を休止しております。

≪弥陀ヶ原歩道上雪の様子1≫

≪弥陀ヶ原歩道上雪の様子2≫

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、引き続き慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

なお、この投稿は「おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト」に基づいて実施しています。