中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

志賀高原のレンゲツツジ咲き始めました

2020年06月08日
志賀高原

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

6月8日のレンゲツツジ開花状況をお伝えします。志賀高原ではレンゲツツジは池や湿原の周りでよく見かけます。

■一沼(いちぬま)

国道292号を山ノ内町側から上ってくると、最初に出会う池です。

つぼみが随分と膨らんだものも見られます。開花が近いように感じます。

駐車は池を過ぎてすぐの所にあるサンバレー地区の駐車場をご利用ください。

一沼のレンゲツツジ

<デッキとベンチがあり、開花の盛期には大勢のカメラマンで賑わいます。今年の撮影の際はソーシャルディスタンスを心がけてください。>

一沼のズミ

<ズミの花が見頃です。池の縁に沿うように咲いています。>

■蓮池(はすいけ)

蓮池も国道292号沿いにあり、一沼から車で5分程度です。

一部開花し、つぼみも随分と膨らんでいます。

駐車は「志賀高原山の駅」の駐車スペースをご利用ください。

蓮池のレンゲツツジ

<レンゲツツジの「レンゲ(蓮華)」は「蓮(ハス)の花」のことだと言われています。このように、つぼみが重なり合った時に「蓮の花」のように見えると思います。>

蓮池の看板

<標識が設置されました。この周囲は、今は砂利ですが、芝を張り広場として整備する予定です。>

一沼と蓮池の位置です。

一沼と蓮池の位置

地理院タイルに池及び施設の名前を追記して作成

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府や各自治体からは、感染リスクを高めないような行動がお願いされています。上信越高原国立公園へお出かけの際にも、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。

なお、本事務所が属する環境省信越自然環境事務所では「#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト」を実施しており、外出しなくても国立公園を楽しんでいただくための情報発信を行っています。