中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

上高地の白い花々【春】

2020年06月08日
中部山岳国立公園

みなさん、こんにちは。上高地管理官事務所の小森です。

最近、晴れた暑い日が続きますね!上高地は標高1500m、下界よりは気温は低いですが、じりじりと照りつけるような日差しです。まもなく梅雨入りのようですので、この晴れ間を有効に使いたいですね。

上高地では続々と様々なお花が開花しています。

本日はその中でも、今年すでに見られた花の中で『白色』のものについてご紹介したいと思います。

【ニリンソウ】

上高地の春のお花、といえばニリンソウではないでしょうか。

真っ白なものや少しピンクがかったもの、花びら(正確には萼片)の枚数は通常5枚ですがもっと枚数が多いもの、茎の先に二輪の花が付くことから『ニリンソウ』という名前ですが、時に一輪しかなかったり、三輪以上の花が付いていることもあります。

一面のお花畑はまさに圧巻ですが、そろそろ見頃は終わりそうです。今年はみなさんにご覧いただくことが難しかったので、来年以降のニリンソウの開花にご期待下さい。

緑色のニリンソウが今にも咲きそうです。

花の中央のみ緑色で縁は白いもの、すべて緑色のものなど様々で、見つけることができたらラッキーです!

【ズミ】

上高地の春を代表する、もう一つのお花です。上高地では小梨(こなし)と呼ばれ、上高地にある『小梨平』はこの木が多いことから名前がつけられています。

つぼみの時は赤っぽい色をしていますが、花が開くと真っ白になり、秋になると赤い実をつけます。

【ツマトリソウ】

このツマトリソウはちょっとだけ縁がピンク色です。毎年、同じところにピンクがかったものが咲くそうです。

【シロバナノヘビイチゴ】

【マイヅルソウ】

【コミヤマカタバミ】

まだまだ紹介しきれないほど、白いお花はたくさん咲いています。

上高地ビジターのホームページでは、スタッフ日記をほぼ毎日更新しています。

野鳥や自然情報等、もっと知りたい!という方はぜひチェックしてみてくださいね。

上高地ビジターセンター

****************************************

中部山岳国立公園では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、引き続き慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

 なお、この投稿は「おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト」に基づいて実施しています。