中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

#STAYHOME 日に日に春めく志賀高原

2020年05月08日
志賀高原

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

緊急事態宣言の延長を受けて、長野県では外出自粛要請が継続されています。改めてのお願いですが、早期収束に向け皆様のご理解ご協力をお願いいたします。

さて、標高約1,500mにある志賀高原管理官事務所周辺でも、ようやく春めいてきました。

■「蓮池(はすいけ)」の水面全体が見えるようになりました

事務所のすぐ近くにある「蓮池」が最初に全面結氷したのは昨年12月5日でした。その後、いったん緩みましたが、昨年末の積雪で水面が隠れて以降、水面全体が見えない状態が続いていました。

4月になっても27日にはまだ大部分が氷に覆われていたのですが、30日には水面を覆っていた氷がすべて溶けて、水面全体が見えるようになりました。

蓮池の雪解け

左から12月5日、4月27日、5月1日の順です。

・4月27日や5月1日の写真で、手前や右側に残っている少し汚れた雪は、除雪により多量の雪がまとめられたため解け切らないもの。

・写真の左奥に見える山は志賀山。宿泊施設の奥にスキーゲレンデが白く帯状に見える。

■事務所への進入路脇の雪も随分と解けました

左が5月1日、右が5月7日に撮影したものです。雪解けが進んでいます。

7日時点では木々はまだ芽吹いていませんが、この陽気だとほどなくして芽吹きそうです。

事務所への進入路の雪解けの様子

■ミズバショウなどが見られる蓮池スキー場のリフト乗り場付近

事務所から徒歩5分ほどの所です。

5月1日はまだ雪が残っていました。雪が解けてミズバショウなどが見られるのはしばらく先だと思っていましたが、5月8日はほとんどの雪が解けて何株かの花が咲いていました。

蓮池スキー場の様子

<5月1日にはまだ雪が残っていました。>

5月8日の蓮池スキー場の様子

<5月8日は奥の斜面にまだ少し雪が残っていますが、雪はほとんど解けました。ミズバショウの花が早速咲いていました。白い苞の高さは約10cm。>

環境省信越自然環境事務所では「#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト」を実施しています。