中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

#STAY HOME 鳥・鳥・鳥

2020年04月28日
中部山岳国立公園

立山管理官事務所です。

なかなか外出できない期間が続きますが、おうちの中から野鳥観察はいかがでしょうか。

主に冬のものばかりですが、事務所周辺で見た鳥の写真を集めてみました。

キジ、ヒヨドリの写真

(左:キジ2019/12/6、右:ヒヨドリ2020/1/29

キジは毎年事務所の庭に現れ、うろうろと歩きまわっています。4月上旬くらいまで見かけました。

(左:メジロ:2020/2/27、右:シロハラ2020/2/10

立山町はのどかで自然に恵まれた場所ですが、住宅街などにお住いの方でも、スズメ、ムクドリ、ハクセキレイなどは比較的見つけやすいと思います。カラスも黒い中に白い羽が生えたのがいたり、個体差があるので見てみるのも面白いかも知れません。

では、中部山岳国立公園内でよく見かける鳥について。昨年撮影したものです。

イワヒバリ

(上:イワヒバリ2019/8 白馬岳

写真を撮っていたら、近くにいた人に「なんだ、ライチョウじゃないのか」とガッカリされてしまったのですが、鳥界のアイドルはライチョウだけではありません。

イワヒバリはなぜか、登山道で出くわしても飛んで逃げずに先を歩いて道案内してくれます。高山では一年中見られるので、今は我慢して、また会いたいなと思います。

***

中部山岳国立公園では、コロナウイルス感染拡大防止の政府方針を受け、当面の利用の自粛をお願いしています。早期収束に向け、みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

 なお、この投稿は「#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト」に基づいて実施しています。

#STAYHOME おうちで国立公園を楽しもう!プロジェクト