中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

レンジャー出前授業@伊勢市立小俣小学校

2019年08月29日
伊勢志摩国立公園

少し前になりますが、伊勢市立小俣小学校4年生125名を対象に

レンジャー出前授業として川の生きもの観察会をおこないました。

 

はじめに、伊勢志摩国立公園とレンジャーのことについて、

また今回の観察内容について少しだけお話しをさせてもらいました。

 

4年生の児童は昨年、学校教室でレンジャーの講座を受けています。

そのときはCODという指標を使って川の水質を調べましたが、

今回は実際に川に入って生きものを採集しました。

 

環境省のボランティアである自然公園指導員やパークボランティアから、

網の使い方や生きものの探し方、捕まえ方などを教わりました。

水深は浅いのですが、水草の陰や底の砂利の間にたくさんの生きものが隠れていました。

 

採集した生きものは種類ごとに分けて観察をしました。

魚が7種類(アユもいました!)、甲殻類は3種類、

水生昆虫が5種類、貝類が4種類見つかりました。

 

指標生物による水質階級の判定はⅡ(ややきれいな水)で、

CODによる判定と同じ結果になりました。

 

水質の調査や環境問題について知るだけでなく、

学校の身近なところに、それぞれ違った特徴を持った

たくさんの種類の生きものがいることのほか、

川で観察する際の注意事項などについても知ってもらうことが出来たと思います。