中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

朝日岳山開き

2019年07月16日
中部山岳国立公園

こんにちは、立山管理官事務所の中山です。

7月も半分を過ぎ雨の日が多いですが、いかがお過ごしでしょうか。

76日、7日に朝日岳の山開きに参加したので報告します。

朝日岳は北アルプスの中でも北部に位置し、富山県と新潟県にまたがります。

積雪量が非常に多く、高山植物が多く咲く魅力溢れる山です。

今回のルートは、北又小屋からイブリ山を経由して朝日小屋で1泊し、翌朝に山頂に登頂、登ってきた道を引き返すものでした。

7合目(10合目がイブリ山山頂)より上部は残雪が出てくると共に高山植物が開花していました。

【左:オオサクラソウ、右:シラネアオイ】76日撮影

20190706オオサクラソウ 20190706シラネアオイ

日中は霧が濃かったものの、6日の夕方から一気に晴れ、富山平野側は雲海と夕焼け、夜には満天の星空、さらには翌朝に山頂からご来光を見ることができました。

山で宿泊することの魅力が詰まった2日間であったと、強く実感しています。

【夕焼けで赤く染まる朝日岳】76日撮影

20190706朝日岳

【朝日岳山頂からのご来光】77日撮影

20190707ご来光

ご来光を堪能し朝日小屋で朝ご飯の後に、雪倉岳・白馬岳方面に向かう「水平道」も歩きました。

昨年、一昨年で歩道を新しく整備した場所があるため、その場所の確認を行いました。

アップダウンが少なくなり、歩きやすい道になっていました。

【新しく整備した水平道の様子】77日撮影

20190707水平道

朝日岳周辺(特に夕日ヶ原周辺や水平道等)はまだ多くの残雪があります。

雪に不慣れな方は、軽アイゼンやストックを使用されると良いと思います。

朝日小屋のHPに最新の情報が掲載されていますので、ご確認ください。